トップページ | 2004年2月 »

2004年1月

2004.01.31

一ヶ月目のまとめ

 ココログを開始して一ヶ月。blogの正しい使い方(そういうものがあるとしてですが)についてはこれっぽっちも勉強していない現状ですが、当初意図していたものよりもずっと使いやすく、しかも面白い代物です。

 最初は漠然としたイメージも持っておらず、「相互リンクする日記サイト」くらいの意識しか持っておらずに始めたわけです。
 ローカルの日記作成ソフトで記入し、HTMLに変換して転送、それらに関するコメントは近況報告用の掲示板で収集、と言うのが従来のページ運営のスタイルだったわけですが、ココログを使うことで、何種類かのソフトと何種類かのサービス、そしてそれらをつなぎ合わせるためにかけていた手間を、多いに節約することが出来るようになったわけです。
 入力環境も、日記ソフトの入っているノートに依存していた状態から、ノートでもデスクトップでも、会社のPCからでも入力できるようになるわけです。会社からはさすがにやってないですが。まだ。
 また、以前の日記ソフトの時にはわりと大変だったURLや画像の打ち込み、アップロードなども、えらく簡単です。URLがあって、それを掲載したいから一項目作る、なんてこともしばしばで、それが多分ココログの正しい使い方に近いんでしょう。

 知人であるおねむのくまった氏がココログを始めてからは「この話の続き」などと言うスタイルで、トラックバックを張って勝手に続きを作ってしまう遊びを現在実行中。これはココログをやってる知り合いが増えてくるとなかなか面白そうな感じで。

 他の人のココログと比較してしまったりすると、己を哀れみ、自己嫌悪に陥って、遠い遠いパケットの届かないところに旅に出たくなったりもしますが、それは日記の時代でもそうだった訳です。表現形式を手に入れたからと言って、書くべきことが急にできるわけではありません。
 いくらきれいな皿を買い便利な道具を取り揃えても、料理を作るのはあくまで自分なのです。
 とは言え、新しい道具を使いたい、新しい皿に並べた料理を見せたい、そういった他愛もないことが動機を与えてくれます。
 そして道具そのものの便利さが、動機を結果に変換する、その言うなれば変換効率みたいなものですか、そのアレを向上させてくれるわけです。

 さしあたり、書くべきことが急に増えるわけではないということは、単なる現実です。より多くを見て、より多くを考える、そのきっかけと動機付けとしてココログに取り組むべきでしょう。
 二月にはFOMAの新しいのが出るはずですから、そうなったらいよいよカメラ付きに機種変更するつもりです。多少は写真ネタが増えるといいと思いますな。

 内容のさらなる充実と、ココログ内での暗黙の了解(そういうものがもしあればと仮定して)を理解すること。それをしばらくは課題にしてみたいと思います。あれこれと遊びながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の後のプライベはまた格別と言う話。

 土曜日はもともと出勤人数が少なく、客も休みなことが多いんですが、今日会社に行って流石に吃驚。病欠(こないだ入院した人)、代休、代休、代休、代休…

「…まさか今日三人ですか」
「午前中はね。俺午後帰るから」
「二人!? ちょっと待って二人!?」
「…ですね」

 電話もかかってこない静かで理想的な環境の中、ちくちくもくもくと向かいの席の人と仕事。しかも二人で当番と言う当番をあらんかぎり背負い込んでいる事が判明した上、隣の課の人が途中から節約のために電気を消すとか言い出して。物悲しさムード満点の中で丸一日働いてました。二人して「自分も休めば面白かったのに」言い合いながら。

 定時ダッシュモードに突入して、文京プライベへ。職場がごく近所のR-志さんとエレベータ下で合流。たぶん気が付いてなかっただけで、一緒の電車で来てましたよ。とか言いつつ、いつもと違う部屋での開催だったので、部屋をしばし探す我々。
 到着した和室で、ホワイトボードを占領して始めたのが「PBMマスターダービー」。どのマスターのどのリアクションが一番に到着するか、どのリアクションが最後になるか。それを周辺状況から予想しようという、すげえ面白そうで笑えない遊戯です。
 タルザニアが開催したばかりだから、と言うことで、次回からタルザニアでマスターダービーを開催することになる可能性が発生。まあ、来月まで覚えてればですが。このネタを。

 真面目に東奉の打ち合わせをほんの少しだけして、風波さんをつかまえて真面目にタル2の打ち合わせを少しだけしたあと、ワイルドアームズのバカキャラについての話とか、光藤さんのオーストラリア旅行の写真を見せてもらったりする。しかしビーチで座っている男性を見て「たそがれてるー!」と大喜びする我々はなんなんでしょうか。日本おばかちゃん計画にやられちゃってますでしょうか。

 帰ってきてから大車輪モード突入。ベルファセットの〆切は今日中なのです。
 残る茶釜さんのアクションを大急ぎででっち上げ、送信寸前で字数オーバーだったことが判って一生懸命削り、なんとか送信完了。ああ焦った。

 そんなことをしているあいまあいまにプレイしている逆転裁判はついに第五話突入。一気に収斂の気配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.30

この話の続き : 樽2

 というわけでおねむのくまった氏をそそのかして、樽2(正式名称は確か瑛勇幻装曲2)に参加させることに成功。
 ただでさえ市場の狭いPBMで、「出遅れ」感は参加を見合わせてしまう大きな要因です。そんなこんなで片っ端から知り合いに樽2への参加を促してきたわけですが、いよいよ今日明日が初回アクションの〆切。
 果たして遅刻せずにリアクションは来るのか、そしてその内容はおなかいっぱいになる代物なのか。本題はこれからであります。

 ちなみに、不明な用語が出て来た際には真実之書を参照されることをお勧めしましょう。フィードバックも忘れずに。僕もですが。
 PBMポータルの目指すべき一つの形はこういったスタイルなのだと僕は思いますな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.29

Episode 1~ 牛丼の静止する日

 2004年1月29日は長く記憶される日となるかも知れません。牛丼が日本から消え始めた日として。いやたぶん。ひょっとすると。

 狂牛病は少し違いますが、SARS、鶏インフルエンザと、動物起源のウィルスによる伝染病が増えているようです。少しカテゴリは違いますが西ナイルウィルス、一時期はエイズもそう言われていた時期もありましたか。

 じゃ次は豚。とか言わないでくださいましよ…。
 でも豚は人間と動物のウィルス両方に感染するらしいからなあ… 臓器の仕組みが近いから、遺伝子操作で移植用の臓器作るベースにとか言う話、どっかで聞いたような気がするし…

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2004.01.27

いかん! …が開きっぱなしだ!

 今回のお題は「まちがって覚えていた言葉」であります。ちょい下品な話ですがご勘弁を。

 中学生の頃、生物の時間。「瞳孔」の仕組みの話をしていた時に、友達が不意に「おぉー」と長嘆息。
 何やら長年の謎が解けた風情の彼に聞いてみると、

「いや、ボクシングとかでノックアウトされた人とか、『いかん、瞳孔が開きっぱなしだ!』とか言うじゃん。
 俺、あれずっと、
『いかん、膀胱が開きっぱなしだ!』って言ってるんだって思ってた」

 あれから十何年経ったか判りませんが、未だに忘れられません。

 自分の場合は、月極駐車場を「月極さんがやっている駐車場」と思い込んでいた事が思い出深いでしょうか。当時の自分には、月極さんが世界の駐車場を牛耳るコングロマリッドみたいに思っていた事でしょう。
 いつだったか杉浦日向子さんもテレビで同じ様な事を言っていたので、これたぶん多数ネタなんでしょうね。

 そういえば、今日の百式も、話の枕がそんな感じでしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.26

プロバイダーを問わないIP電話サービス「livedoor SIP フォン」

 回線に番号を持たせるのではなく、電話機に番号を持たせると言う発想みたいです。

 これがこのままブラッシュアップされると面白そうなんですが、レポートの記事を読んでると不安のほうが膨らみます。大丈夫なのかエッジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武装錬金(1)

 心待ちにしてたつもりですっかり忘れてました。ルーチンワークで立ち寄った本屋で発見して確保。日ごろの見回りが大事だと言うことですね(違)。

 連載開始当初、しばらく気が付かず完全にスルーしていた作品だったんですが、途中でふと見て、ああこれ頭から読みたい単行本早く出ないかなー、と待っていたのでした。
 厭味なく骨太な展開で、いい意味で古き良き少年バトル漫画の王道に真正面からぶつかってる感じが非常に好感です。正統派具合では『BLEACH』とどっこいじゃないかと。

 タイプは全然全く違えど、どちらも主人公のなんと格好良いこと。
 ワンピースといい、現役の子供がうらやましくすらなる昨今であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.25

■病院でカレーを食べ損ねた話。

 仮面ライダー剣の第一話を見る。なぜか毎年オープニングが好きなんですよね… 5年も続いてたらひとつくらい嫌いなのがあってもよさそうなものなのに。そして今年のOPも気に入りました。知らないと言う罪と 知りすぎる罠♪

 毎年毎年、途中でつまずくと「録画ばっかして見ない」状態になっちゃうんですよね… 今年こそ最後まで見たいと思います。はい。心を入れ替えて。
 とりあえず、あのカードの出てくる武器のギミックはすごいですな。ちゃんとあのままおもちゃになってるし。

 午後から出かける。母が言う病院の場所と名前がいまいちはっきりせず、電話ごしに何度も確認。日大と日本医大を間違えていたことが判り、ようやく出発が可能に。長かった。
 きのう文京プライベに行ったばっかりなのになあ。と思いつつ、ほぼ同じルートをたどって東大前へ。目的はお見舞いでした。
 大叔母の件で、八丈島でお世話になった人が、昨年暮れから入院して東京に来ていた事を知り、まずはご挨拶に。さすがに疲れた様子は、一年前あれこれお世話になったときの貫禄豊かな姿とどうしても比較してしまい、人間って病気になるとこんなに衰弱するのか、とちょっと愕然としつつお見舞い。
 たまたま来ていたご長男さんに詳しい事情を伺い、八丈島の医療事情の絡みで移送が大変だった由の話を教えてもらう。たまたま同日に急患の人が居て、しかも受け入れ先の病院の打ち合わせが済んでいたからこそ、普通は出来ないヘリ移送に乗れる手はずになったものの、しかもまたその日が台風が来るか来ないかと言う前日。なんて言うかもうプロジェクトX状態の波状攻撃。
 辞去して適当に食事をした後、今度は祖母の病院へ見舞い。前年暮れに緊急再入院してまた病院暮らしでしたが、どうにか明日には退院して、元の老人ホームに戻れるとの由。入れ歯がないので言葉は不明瞭ですが、島の人の話題が出るとさすがに嬉しそうですな。

 ところで。今日はつまりお見舞いの梯子をしていたわけで、ある野望を暖めて行動していたわけですが。
 先の病院では喫茶店はあったもののメニューはサンドイッチだけ。後の病院ではそもそも食堂の類そのものがなく、ああつまり、「病院でカレーを食う」ことが出来なかったのです。
 自慢したかったのに。今日の見出しは「病院でカレーを食う」になるはずだったのに。ああ。

 逆転裁判、第二話の途中までクリア。ノリは相変わらずでステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ちぼうけ食らった人の話も聞いてみたい。

 「ダアワ」違いで飛び入り会合に=事情分からぬも和やかムード-イラク先遣隊

 担当者の人、あとでめちゃくちゃ怒られたんだろうなあ。
 待ちぼうけ食らったイスラム・ダアワ党の人は普通に考えれば怒ってるんじゃないかと思うんだけどどうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.24

■ひさびさに文京。

 ベルファセットの準備を着々と進めつつ、逆転裁判3をちゃくちゃくと進める日。
 午前中いっぱい、3Dアナライザ関連の作業その他をあれこれマシンで処理した後、思う存分長風呂を楽しんでいたら。上がった後に居眠りしてしまって案の定外出が遅れて。
 あまつさえリアコピーを取ろうと思ったらキンコーズは混んでおり隣のセブンイレブンは500円硬貨が使えない上こちらも混んでいると言う有様。これ以上遅れるわけには、と言うわけで晩飯は後回しにして文京プライベに急行。

 みつきまさゆきさんにベルファセットへの入金でしくじった話をしつつ、久々にプライベ参加のレヴィ氏らと、東奉の話から派生して「かなりイヤなシナリオ」の話になっていく。なんでみんなイヤな話だとこんなに盛り上がるんだろう。実際に参加はしたくないなあ、と言う意見が多数。

 いつものことながら、当面のシナリオ傾向には全く貢献しない事を話し合ったのち、帰宅。中途、新宿でようやっと豚丼にありつく。牛丼より心持ち辛くないような感じで。肉の塊は大きめですが重量は多分同じくらいな感じで。でも牛丼より気に入りそうな感じが少しします。次はキムチ豚丼を試してみますかな。
 ゴマが入っています、って大きく看板に書いてありましたが、ゴマってアレルギーに関係あるんですかねやっぱり。ムスリムのお客さんは困ってるんだろうなあ、と、営業会議でも話題にならなかっただろう事を心配したりする。

 大急ぎで帰ってきたのち、NWNのオンラインセッションの準備。接続してさあ開始、と思ったら、サーバ提供のパンキーさん宅の回線が調子悪くなってしまった様子。
 様子を見ても回復の見込みは薄く… と言うことで、今回はお開きになってしまいましたが。こんなの初めてださすがに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使い方も是非ご一緒に。

 さすまたが全国的に売れているようです。
 長柄で取り回しがいいですから、素人さんでも扱いやすそうに思えます。値段も手ごろですし、そんな辺りで安心感があるんでしょう。

 ただこれも武器ですからね。置くのであれば、余計な怪我人を出したりとか、置いたことで油断をしたりすることのないよう、きちんとさすまたの扱い方を心得て、正しく扱って欲しいなあと思います。
 「武器を学校に置くのがいいのか」とか「こんなご時世だから」と言う意見がネット上では多いようですが、もしいやいやながら置いていて、使い方をおろそかにして武器だけ並べているような状態であれば。そのうち「さすまたで侵入者が大怪我」なんて話になったときに、さすまただけが悪者にされかねません。

 きっかけがなんであれ、それがさすまたと言う武器であれ、見慣れないものが学校に置かれる、という事自体は、考えるとなんとなくわくわくするものです。いや当事者は大変なんだと思いますが。勝手なこと言ってすいませんが。

 何年後かに、「スポーツさすまた全国大会」とかが開催されたら、是非見に行きたいなあ。とか思う、棒術入門者なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この話の続き : FFXiベンチ

 この話の続きなんですが

 EfficeonでFFXiベンチが動くのなら、Crusoeでも動くか、それとも否か。と風花店長から照会があり、早速手元のPCG-C1MZXを持ち出してレッツトライ。
 もぞもぞとセットアップし、英語(なのか)のページにびびりながら準備を整えてみましたが、"Error while injecting dll into target process"とか途中で出てきて、起動前にあえなく停止。

 自分の踏んだ手順にどうにも自信が持てないもんで、いまいち機械やソフトのせいにしきれない昨今。
 いやまあ、MZXでFFXiやる気は流石にありませんが。かなり前に試しにUO動かしてみたら、結構気息延々でしたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.23

■豚丼はるかなり。

 松屋で豚丼が始まるよ。と言う話は知っていたものの、看板を見かけたのは何故かこの日が始めてで。
 新宿から会社へ行く途中へ見かけ、一階試そうと思っていたわけですが。仕事して逆転裁判3を入手したのち、夜中に通りかかったら何故か妙に混んでいたので、断念。
 帰りに地元の松屋で食べればいいや。と思って降りていってみたら、メニューに載ってすらいねえ。

 …まだ全店舗で始まったわけじゃないという話は、帰って首をひねりながらを開いたときに初めて気付きました。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.22

まさかダイヤルだなんて。

 お言葉に甘えてトラバっくれさせていただきます(造語)。

 忘れもしない数年前。母がパソコンを買うとか言うので、当時まだ日本で展開中だったGateway2000さんのマシンを買って据え付けました。ついでに入ったGatewayネットのアクセスポイントの番号を設定。余裕で鼻歌で、晩飯までには帰れらあ、クリスマスまでには戦争も終わるさ、てな気楽さで接続してみたら、はて、つながりゃしません。

 いじりまわしてもなだめすかしてもさっぱり判らず、週末まで引きずって挙句、兄まで引っ張り出して調べてもらい。…所要時間5分。

「ここダイヤル回線だろ。」

 モデムの設定がプッシュ回線になっていたので認識してなかったと言う、ただそれだけの話でした。
 いやだって! まさか! 新築のマンションなのに電話回線がダイヤルだなんて…。

 いらぬ恥をかいた上、兄にさんざん厭味を言われたという、そんな話でした。今思い出してもトホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/22

 代休を取った同僚が、今日も休んでるな… と思ったら、課長が朝礼の時、全員を集めて「身体は大切にしましょう」みたいな話をちょろっとする。
 何だろう一体急に。猛烈に悪い予感がしてきおったわい。と思っていたら、案の定「緊急入院で月末まで来られません」との由。

 つまりなんだ、人が減っても仕事量保存の法則ですから、仕事増えましたよー? とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四角い土俵のジャングルに。

 戦闘竜さんPRIDEに参戦ですってよ奥様。

 大相撲ってなあ形式にとらわれてるけどあれで強ぇんだなかなか、とか言う台詞を思い出す。グラップラー刃輝だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誘発。

 主にネット上での友人であるおねむのくまった氏がブログを始めたとのことで、早速トラックバックを送っていただきました。

 この場合、なんか面白そうなことやってるってんでカムカムと言う感じなんですが。自分のしていることを人に勧めるにはどんな方法があるのだろう。と、ふとそんなことを考えてみる。
 『「わかりやすい表現」の技術』と言う本に、受け手の熱意の読み違い、と言う項目がある。漫画によく出てくる、説明大好きで話がフキダシに収まらないような博士とかを思い浮かべると判り良いですな。
 自分が面白いと思ったものを人にも勧めたくなるのは人情とはいえ、やられる方はそれなりに迷惑なわけで。PBeM「ベルファセットの剣影」に参加する人をなるべく増やそう。とここのところ宣伝活動に無許可で従事していたものの、上述の本を読み返してやや反省すべきかと思った昨今でした。

 思い出した。あの本、ホームページ作るときの参考にしようと思って買ったんだ。
 『「わかりやすい説明」の技術』のほうもお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.18

■新作に備えて下準備。

 開始間近の新作PBeM、ベルファセットの剣影の為にあれこれ下準備。アイデア段階だったPCを登録したり、サイトを整理したり、入金準備を整えたりする。
 夕方から外出して(またかよ)入金も済ませ、準備はほぼ完了。これであとは… アクション考えるのこれからかよ! がょーん!

 帰り道にビックカメラへ。今頃になって日本ブレイク工業のCDを買ってきたり、今後の計画の為のPCソフトにあれこれ手を出してみたりする。
 …カップリング曲、あんまり話題にならないみたいだけどいい曲だなあ… と感心しきり。

 新しい未来を築くそのために 壊した方がいい ためらわないで♪

 一緒に買って来たDay After TommorowのCDは当然ながらCCCDでした。ううむむ不満。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.17

■春日文京雪見風呂。

 起きる時間寝る時間がコントロールできないのが、自分のどうも最大の問題点のようです。いや暖房で体温が一定以上になると自動的に休止状態になりハイバネーションに入ってしまうようで。いかんなあ。

 というわけでいつものごとく夕方になってから起動と言うか再起動。ちらほら、かすかに雪が降る街中、かなり遅れてジムに行ってみる。…同じようなエクササイズメニューをやってる前を通りすぎると言うことは、つまり先週と同じような行動パターンを取っていると言うことですな自分。進歩ないな。

 軽く腹筋をつらせそうになっていると時間ギリギリ。大江戸線に乗ってラクーアへ行ってみると、なんと入場制限のかかる大混雑。
 エレベーターの前でお行儀良く待つことしばし。上は限界いっぱいまで人が居たらしく、予約客やジムの利用者(ラクーア上階のあれですな)の人だけを乗せてエレベーターが行き来する状態がおおよそ20分ほど。何回か行きましたが、こんなに混雑したのは初めて見ましたですよ。
 横の人の会話によると、K-1の須藤元気選手が横合いを通過した由なんですが、うええ残念。ゲームやってて気がつかなかったとは。かなりの不覚。

 しかして、非常にのんびりと。露天風呂でかすかに雪見風呂を楽しんできたりました。
 帰ってきたらば、倒れたように寝込みまして。それで終了でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.16

嵐と帆と帆船が目に入っちゃったらもう終わり。

 何気無くテレビを見ていたら気になる映画の予告編。なにやら帆船同士の対決のような。
 調べてみたらマスター・アンド・コマンダーの予告編でした。

 数年前に海洋冒険もののPBMに参加した時に、元ネタ用として読んだボライソーシリーズに軽くはまって以来、帆船ネタと聞くと静かに血が騒ぐ最近。普通の船にすら滅多に乗らず、本物の帆船に乗ったことは勿論無いですし、夢を見続ける為には乗らないほうがよさそうですが。
 パイレーツ・オブ・カリビアンも大好きですが、あれはあれ、これはこれで。2/28公開ですよ。待ち遠しいなあ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.01.15

■同期の問題。

 ココログと日記の同期について、ささいな問題発生。
 日記は数日分まとめてアップロードしてもちゃんと日時別に別れますけど、ココログはあたりまえですがアップロードした日の日付にデータが入るわけですな。
 なんとも間抜けな話ですが、これは15日の日記です。てことで。

 同じ課の人の親族が亡くなり、通夜に列席。
 もっとも課の人間がほぼ総出で出かけたので、残った人の仕事量が心配な本日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ひさびさに逆転裁判。(1/14)

 3の発売ももうすぐ、と言うことで2を持ち出してぼちぼちプレイ。
 一回クリアしたので正解を知っていると言うことが、別口なもどかしさを与えてくれます。一足飛びに結論に達したくなるけれども、その前に(たいていは忘れている)段階を踏まなくてはいけない、と言う辺りが特に。

 現在第二話の最中。パターンの美学ってやっぱり素敵だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■病院へ行った日。(1/12)

 祖母が再入院した病院へ行き、医者とあれこれ打ち合わせと言うか話を聞く。
 状況は良くはないものの、悪い中では一番良いと言う感じでした。まあ、経過をもう少し見守ると言うことで。

 かなり久々に第二次スーパーロボット大戦αを持ち出してみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイワ二月攻勢

 アイワが満を持して発表しました製品群。ちょっとすごいんですよ。
 たとえばこのヘッドフォン、なんと音楽が聴けます。

 製品はいいんですけどアイワのホームページの製品紹介がflash使ってていまいち見にくいんですな。その点が残念無念。
 興味のある向きはこちらから。

 しかしこの液晶つきヘッドフォン、ステキ過ぎ。どう考えても自分で見られないところについている辺りが格別に。
 周りの人に「いまこの曲聴いてますよ」ってアピールしながら歩くわけで、ある意味面白い自己アピールの道具ですな。

 念のためですけど、褒めてますよ。僕一個欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二千百年の弾劾 前漢時代の古文書が出土

 前漢時代の公文書が大量に出土したそうです。
 長沙と言えば、有名な馬王堆も長沙市でした。今回の出土品も、誰かの副葬品だったんでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.13

戦闘竜web site

 戦闘竜さんは引退されるようです。
 知らなかった。お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒海三日目で土。

 今場所注目の力士と言えば黒海露鵬であります。
 黒海はグルジア出身、露鵬はロシア出身の力士。なんでまたグルジアやロシアの人がおすもうさんに、と思っていたら、レスリング出身と聞きやや納得。(いやしかしその間のミッシングリンクはいったい)。
 ハワイ、モンゴル、そして中央アジアと、新しい血がどんどん大相撲をかき回していってほしいものだと思います。そういえばセントルイス出身だから戦闘竜って言うおすもうさんも居たはずなんですが。元気かなあ。

 そんなことを考えながら見ていたgoo大相撲が何気に面白いです。力士検索だけでもしばらく楽しめる事必至。ブラジル出身の力士がいるなんて知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土足で演壇に登ると器物破損だそうです。

 こういう新成人を、よってたかって潰してどうするんだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.11

テムザックT52援竜

 レスキューロボがついに実現ですよ。テムザックT52援竜

 一瞬レゴかと思ったけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.10

■気力のネジを巻きたい気分。

 午前中から午後半ばまで活動する気力をかき集める事が出来ず、こまごまとした雑事をこなしつつもほぼ無為に過ごす。
 そして出かける段になるとその無為に過ごしたことが原因でさらに気力を減じて、まさに悪循環ここにあり。

 ともあれ、ようやく気力を振り絞って出かける。ジムに行ってやったことのないエクササイズマシンに挑戦したら、あやうく腹筋が攣りかける。
 …攣るんだ、腹筋て。本当に。話には聞いてたけど。

 帰り道に本屋に行ったのが運の付きで、もう見る本見る本欲しくなる事欲しくなる事。成田さんのbow-wow!をはじめあれこれ購入してふと気付く。最初に買おうと思っていたのは刑法の本だったはずだ。…図書館行きます。とほほ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ひと段落。

 会社のコンピューターが昼ごろトラブルになり、担当者も出払っていて大車輪気分。なんかうちの機械よくおかしくなるなあ…。

 生命保険の絡みで担当の営業さん(つまりは保険のお姉さん)とあれこれ打ち合わせ。やや脱線気味。いつもうちの会社に営業に来ているときは時間外なんですと言う話を聞いてかなり驚いたりする。
 しまいに「仕事やめたいって思ったことないですかー」なんて話になってみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000人に聞きました

 へんなニュースを発見。

 リサーチ結果をニュース記事にするときには、「何の目的で行われたリサーチか」を併記したほうがいいんでしょうねきっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.09

■パソコンを可愛さで選ぶという話。

 仕事中、他のフロアの人から外線がかかってくる。繋がったとたんに誰に電話したのか忘れちゃった向こうの人。よくありますなこういうことは。
 誰に用事があったか思い出すまでしばしトークでつなぎにかかる我々。「今年パソコン買った?」とか言う質問をされる自分がどうかとは思いますが。

 そこからつながったのが、最近はパソコンが可愛くなった、と言う話。つまりルックス的に。その人(女性)は電気スタンド型パワーマックをルックス買いしそうになって、値段を見て思いとどまったそうですか。可愛いパソコンが多くなったねー、と言う話をしていました。サイズ的って言うんじゃなくて、デザイン的な問題ですな。
 ルックス買いというものはどうも僕の想像を超えたものがあるようです。

「最近パソコン買ったって言う友達がいるんだけど、メーカー聞いても知らないし、デスクトップかノートか、って聞いてもわかんないって言われた」
「黒ければIBMとか、紫っぽかったらソニーとか、そういう感じでうすな」
「きっと店員さんの口車に乗ったんだねー」
「『これが当店で一番在庫の多い機種でございます』とかいう紹介で」

 最後は景気がよくなってるってことですよ、とつないだところで、めでたく本題を思い出して落着。

 …しかし本当にそういう人って多いんだろうかなあー、とか思うと、ちょいと眩暈な日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.08

○機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY

<セガサターンのアクションゲーム「機動戦士ガンダム外伝」のノベライズ版。一年戦争中の地球、連邦軍MSパイロットのユウ少尉は、所属不明の青いジムに襲われる。やがてその青いMS《ブルー》に乗る事になった彼は、謎のシステムEXAMを巡る戦いに巻き込まれていく。>

 というわけで。たぶん地上最強のジム、BD一号機が大活躍するガンダム外伝のノベライズ版です。小説と言うデバイスだけあって登場人物の生活のディティールが細かく書き込まれているのが嬉しい所。豊富な脚注はおまけを超えてトリビアの粋。いやもう是非一読を。巻末のミナカ・ユンカース講演録だけでも結構ですから。ええ。
 アクションゲームのノベライズと言うのは難しいんでしょうが、ユウとライバルであるジオンの騎士(自称)、ニムバスの性格付けと対比は実に鮮やか。なんかガトーを連想しちゃうんですけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.06

■体重の導くがままに。

 実に判りやすく新年明けは体重が増加しております。ここからスタートするには適していると言えましょう(まけおしみ)。

 年始が始まったばかりと言うことでそんなに忙しくは無く。と言う空想に浸ってみるものの、本格始動した客先の問い合わせに追われる有様で、正月はもはや昨日で終わったかのような状態でした。既に二日目からフル回転です。
 どうにも自分は一度に考える事が増えると駄目なタチなので、一度に考える事はひとつに絞る。をモットーに、なるべくストレスを分散させる方向で行こうかと思っております。

 厳格にスピーディーに残業しない。を目標にしようかと思いましたが、三日坊主どころか二日目で既に破綻ですよ。とほほ。

 帰ってきて、ふと気付くと「神封」が最終回でした。
 案の定死亡しておりましたうちのPC。他に戦没していたのが刑事さんと言うのがどうにも。三途の川を小突きあいながら進む刑事と犯罪容疑者のコンビが目に浮かぶようです。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■お仕事開始と思わぬガンダム。

 今日より仕事始め。社長の挨拶とか色々あった後、ごくごく普通に仕事。ただ年末にものすごい勢いで仕事を処理してたことや、そもそも年初めでお客さんも始動していないこともあり、ゆったりめな一日でした。
 夕方から会社主催の新年会に参加。ホテルの宴会場を借り切っての豪華な代物ですが、明日から休みの忘年会と、明日から本格始動の新年会とでは、やはり身の入り方が違うと言うか。少し飲んだのち、パソコンを買う買うと変に張り切っている後輩と熱くエゴをぶつけ合いつつ駅へ。

 「BLUE DESTINY」を読んでいるせいか、意識が妙にガンダムづいている昨今。こういう小説の嬉しい所はガンダムを架空歴史ものとして読めるところですな。放っておかれがちな社会やテクノロジー、モビルスーツの意義等のディティールが書き込まれているところが嬉しいところ。スパロボは平気なのにSDガンダムはどうも敬遠している自分ですが、ちょっと判ってきた感じもします。
 つまりガンダムを歴史ものとして捉えようと言う態度が自分の中にまずあるから、「ガンダム」と銘打ったゲームだとオリジナルとどう辻褄を合わせているのか、が気になるわけです。ガンダム系作品のみでチョイスしているSDガンダム系よりも、スパロボのほうが辻褄の合わせ具合が自分の体質に合ってるんでしょう。あるいはどうせ東映まんがまつり状態だから、とはじめから辻褄合わせを期待していないせいかも。

 そういう意味で自分が欲しているのは、異論や俗説を取り込み選別した、再び書かれた正史なんでしょうなきっと。たとえば「ギレンの野望」なんかは、確実にその一里塚になりうる存在であります。
 ガンダムと言うのはまるで寄せ集めた作品群で、その存在同士を継ぎ合わせて共存させようとすると、それを試みた人間なりの解釈がどうしても必要になります。そういった、読む人の勝手な想像がいくらでも入り込む余地がある、言い方を変えれば自然発生的で乱雑で隙があるからこそ、ガンダムと言う作品群は進化を続けていけるのでしょう。ディジェに乗っていたアムロが実はゼータプラスA1に乗っていて、さらに宇宙に出てからゼータの何号機だかに乗っていた、と言うような話が、いつのまにか流布しているように。
 先のガオガイガーは緻密で辻褄合わせが完璧で非常に好みなんですが、そういう意味では、建て増しに建て増しを重ねた乱雑さを、ついに持ち得ない作品なのかも知れません。

 とか言うことを考えてふと寄ったコンビ二で、見ちまいました。買っちまいました。

○トイブックコレクションシリーズ ガンダムオペレーション ア・バオア・クー 1 (\1143)

 …衝動って言うか、なんて言うか…。買っちまったものはしょうがないんですよう。うう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.04

■休暇の終わる日。

 店長やくまった氏と長々とチャット。PBMのポータルサイトの可能性について色々と考慮。要するに、会社を離れてPBMと言うジャンルそのもののポータルと言うか相談窓口のようなサイトですな。
 ただ、そこまで出来るボランティアプレイヤーが、果たして今居るのかどうか? と言うところまで考えると、どうにもこうにも。結局のところ動かすのは人なのですから。

 正月休みも今日で終わり。なので一日家で大人しくしてました。家にあったものの解体されて長年使われてなかったベッドを、家族に断って自分の部屋に運び込んでせっせと組み立てたり。
 休みも終わりともなると、やることがあれもあったんじゃこれもあったんじゃという気にもなってしまいますが。今年は兄が早く帰ってきたこともあり、恒例の新年会が元旦だったこともあり、いつもよりも賑やか目に過ごさせていただきました。また仕事ですよ。あーあー。

 久々にゲームばかりやって過ごす日。いつかやろうと思っていた第二次スーパーロボット大戦αを持ち出し、兄がPCを占拠していたため動かせなかったFFXIを立ち上げる。世の中の変貌ぶりに少しばかり驚き。引退したリンクシェルの知り合いの人がいつのまにか戻ってきていたりして、驚きの日でした。
 新規開設、テレポサービスの範囲を拡大すべく、補給クエストに挑戦することを決めて、とりあえず挨拶だけでログオフ。

 買い忘れていたあれこれを買い足して帰宅。帰ってきてテレビをいじっていると、ジャスティスリーグの新エピソードをやっている由。
 冒頭でスーパーマンが殺害され、ジャスティスリーグのメンバーをはじめ世界が戸惑い混乱に陥っていく。そのころ死んだと思われていたスーパーマンは意外なところに… と言う話。ちょっと猿の惑星風味な展開です。ドクターフェイトやナイトウィング、アルフレッドにロイス、レックス・ルーサー(しかも大人しくスーパーマンの葬儀に列席してる)など、サブキャラも満載でおなかいっぱいなお話でしたよ。あ、そうそう。ロボも出てましたよ。なんか弱かったけど。

 組み立てと大掃除で出たゴミを始末しつつ、ページのほうも少し整理整理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.03

■個人的には偶然。

 考えてみれば当たり前と言う話で。
 午前中いっぱい結果的に休養に当ててから外出。東京駅から有楽町に抜けようと思ったとき、鍛冶橋の交差点で妙に人だかりがあることに気がつく。
 巡査殿が何人も出てぴーぴーと交通整理。横断歩道にはロープが張られ、と思っていたら白バイが走り抜けて、短パンの人がたったかたーと走り抜けていく。
 まさか? と思っていたら、そのまさかでした。狙ったわけでもないのに、箱根駅伝先頭の駒沢大学通過の瞬間を目撃。
 思わず家に電話して確認しちまいましたよ。「今短パンの人走ってったんだけどさ」「それ駒大」

 そのまませめて東洋大が通過するまでは、と思って、たまたま持ってたデジカメまで持ち出した訳ですが、選手もさることながら交通整理するお回りさん達に感動してしまいました。
 いやだって、外堀通りなんか普通に車通ってるんですよ。そりゃ三が日だから車の通りも少ないですけど、それでも途絶える事なく車は通る、道端の人間は言うこと聞かず赤信号でも渡り始める。「早く通せ!」と怒鳴りつけられながら、物分りの悪い通行人をあくまで丁寧に追いやる巡査っぽい人に、頑張れ、とちっちゃく心の中でガッツポーズ(やや間違ってます)。

 駅伝で最後の選手が通過すると、最後に横に「交通規制終了」ってでっかく横断幕垂らしたパトカーが通過します。それを見て、皆さんやれやれ、と言う感じで、横断歩道を遮ってるロープを外したりお仕事終了と言う感じ。お疲れ様でした。
 それにしても駅伝の選手が走ると言うのはすごいですな。一瞬目を離すと、もうたったかたったか遥か先に行っちゃってます。あのペースでずーっと来てるのかと思うと。

 後で聞いた話では、東洋大は六位に入ったのだそうで。大躍進だょいやっほう。

 有楽町であれこれ買い物しつつ、指輪物語の10をぼちぼち読み薦める日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■おしゃべりな機械たち。

 古今東西、喋る車を並べてみると。
 そもそも自分の中でイメージの原点は『ナイトライダー』のナイト2000、キット(あとカールも)。喋る車、と言うイメージからは少しずれるものの、後に続く勇者シリーズへの布石も込めて『トランスフォーマー』も。特に勇者シリーズでも『勇者警察ジェイデッカー』が一番喋る車成分的には好みな感じです。超AIって言う要素が重要なんでしょうなきっと。なんとなく人の顔に見える車のフロントに、表情つけちゃうのがこの作品の面白いところでしょう。
 本放送を見てなかったので名前だけしか知りませんが、『サイバーフォーミュラ』のアスラーダもこのテーマを出すなら外しちゃいかんのでしょう。車が嫉妬して襲い掛かってくるパニック映画があったはずだけど名前忘れてしまった。仮面ライダーシリーズのバイクの中には喋らないけど自意識持ってるらしいのがたまにありますな。BLACKのバトルホッパーとかアマゾンのジャングラーとか。SFじゃないしアクションですらないけど『機関車トーマス』も一応。あー、全く全然車じゃないですが、『レイズナー』のレディはコンピュータって感じの受け答えが最高でした。待て。ずれてるずれてる。

 喋って自分で走る車と言うのは永遠の夢ですが、そこにまつわる安全性や運転者の責任もまた永遠の問題なんでしょうなあ。「ロボットの使用者の責任を法的に考える」とか面白いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○勇者王ガオガイガー2005 獅子の女王

<ホビージャパンに連載されていた勇者王ガオガイガーの外伝小説「獅子の女王」に、書き下ろし短編一本が加わった文庫版。ガオガイガー本編の主人公・獅子王凱の従姉妹で、同じくサイボーグであるルネを主人公に、本編後半の原種大戦編と並行してフランスで起きた大事件を描く。>
 ゲームや小説など多方面に展開している作品では、よくそれらの作品が本編に関係ない「番外編」として扱われがちですが、ガオガイガー関係の作品群は明確に本編の一部とされているのが嬉しい所。本編以外の設定や登場人物は最終的に「~FINAL」で収束していきますが、この小説中だけでも、こんな騒ぎなのに凱やGGG本隊は何してんだろう、とかと言った辻褄がきちんと合っていて、とっても丁寧です。
 そしてSFアクションのガジェットとして、自分は「喋る車」にとっても弱い、と言う事を再発見。ナイトライダーの刷り込みは強い様子。一台欲しいなポルコート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.02

■正月二日の初詣。

 チャットで店長達にちょっと年始の挨拶をしたのち就寝。

 起きると箱根駅伝が始まっていました。一区の最後あたりを見たあと、母校東洋大の躍進を見てしばし驚愕。まあ瞬間的だったんですが。
 それにしても往路六位はわりと最近にない記録ですな。毎回シード権獲得が目標みたいな感じですが、今年は復路にも期待であります。

 と言うのは帰ってからニュースを見て知った事。最後まで見てから出かけると言う母をなだめすかして午前中から初詣に出かけるものの、指定した時間に自分が寝ていて叩き起こされると言うオチに。兄と三人で例年のごとく東伏見稲荷へ出かけてみると、一日違うとここまで違うのかと言う空き具合。みんなして「こりゃ来年から二日に行ったほうがいいねえ」とか言い出す有様でした。僕なんかたこ焼屋の行列を初詣の行列と勘違いしかける有様でしたよ?

○カラーだるま(黒) \250-

20040102.jpg

 を、道の脇で見かけて勢い購入。これは職場に置いておくことにしましょう。
 例年、平とか凶とか続くおみくじですが、今年は吉でした。箱から出てきた筮竹の番号が読めなかった母が、適当な番号の札を引くと言う暴挙に出た事を詰りつつ、吉祥寺に行くと言う兄と、帰ると言う母の意見から、一同解散。
 一路新宿に向かい、代々木まで歩いて明治神宮へ参拝。さすがに一日に比べると人は少ないですな。と言っても例によって入場制限はまだ行われてましたが。警備をしている警察官の人たちを見て、後ろの女性がふと一言。「大変ねえピーポ君達も」。ピーポ君ですかそうですか。
 吉とか凶とか書いてないので有名な御神籤を引き、玉砂利をさくさく踏みながら代々木駅へ。初売りににぎわう秋葉原を一応偵察。お店の人の声は普段の五割増しって感じでしたけど、なんか正月でもあんまり雰囲気の変わらない感じでしたよ。まあスーパーロボット大戦MXの予告にまんまと引っかかる自分がいつも通りなんでしょうが。

 そうそう、福袋はありました。ホームシアターキット一式で百万くらいの奴。いやその、買えませんて。そうそう、新宿のヨドバシには、ThinkpadX40のオプション全部入りで60万のセットってのがあって。本体19万ちょっとなのに、オプションで40万近くって、すっげえ。

 結局ここでは何も買わず、再び新宿へ。
 一応ヨドバシを覗いて、ビックピーカンを覗く。いやでもD505iとかが\1とかで売られてるのを見ると、物の値段ってなんだろうって言う気になってきますな…。Thinkpadマークのキーボードも気になったんですが、踏ん切りがつかず帰宅。
 帰り道の本屋で、年末に噂を聞いた成田さんの新刊を探すも、出版社も聞いてなければ正式なタイトルも聞いてなかった事に気付いて、じゃあ仕方ない… と思って帰ろうと思って、ふと本棚を見ると指輪物語の補稿なるものが。そこであれこれ欲しかったものを思い出し、気が付くと買い込んでいる羽目に。

○勇者王ガオガイガー2005 獅子の女王 (\580-)
○指輪物語10 追補編 (\900-)
○機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (\752-)

 成田さんの本はまた明日探しに行きますよ。年末の買い物を受け取りに行かなきゃいけませんし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.01

■新年会の日。

 いつもは三が日の2日とか3日にやっている新年会が、今年は元旦でした。
 と言うわけでお屠蘇を済ませ兄貴が起きるのを待ち、一同打ち揃って大宮の親戚の家へ。叔父夫婦、従兄弟三兄弟とその家族衆総勢15人強で新年会を開催。下は三ヶ月から上は60過ぎまで色々です。大晦日に従姉妹の子供に子供が生まれたとか言って九ヶ月の子供を可愛い可愛い言ってきたばかりで、妙に赤ん坊づいた年末年始。
 運転するので酒が飲めない兄貴を尻目に、かぱかぱ日本酒を開ける母と僕と従姉妹衆。お陰で帰り道は車の中でぐーぐー寝てましたよ? まったく腹立たしい話で(お前だよ)。

 そんなこんなで帰ってきて、スターかくし芸大会とか見ている自分です。…隠し芸大会見るのって実は初めてだったりして自分。

 あ、新春最初のメールはスパムでした。侮られてる私。

 UOは、今年も初詣神社が設立されていたとの由。Wrongダンジョンの前に出来てると言う話なんですが、大体がWrongダンジョンの前に辿り着けないで大挫折。なんか知らん間にフェルッカに迷い込んだりとか、エティンやトロルに追い掛け回されたりとか。
 いいのかそれはと思いながら隠し芸大会をずっと視聴しつつ、映画は何を見に行こうかとネット上をしばし彷徨うそんなゆっくりな時間。「ドラムライン」はいいですな。ちょっと個人的に懐かしい雰囲気で。「デイ・アフター・トゥモロー」はミュージシャンとは何の関係もなかろうとは思っていたものの、古の映画「デイアフター」とも関係ない様子。ニューヨークが氷河期になる映画なんだそうで。見てみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■天かける猿のように。

 孫悟空?
 忙しい忙しいと言うのは万能の言い訳なわけで、今年はなるべく忙しいとか言わない方針で行きたいものですな。

 じゃあ今年の目標1ってことで。

今年の目標1 : 「なるべく忙しいって言わない」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ブログ始めました。

 というわけで年初記念に初めてしまいましたココログ。自分のサイトでの日記とココログに基本的に同じものを載せていく方針でいきたいと思います。
 面白そうなものは生齧りでもやってみたくなるのが人情。そんなわけで今年最初の散財は、

○@Niftyへの会員登録(月\250-)

 でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2004年2月 »