« USBキーボード ウルトラナビ付 | トップページ | 2月11日は牛丼蜂起の日 »

2004.02.11

SuicaとEdy

 Suicaで買い物も可能に、JR東日本が3月22日から64駅196店舗で開始へ

 ハードウェア的な部分はEdyと同じFelicaなわけですから、JR側の決済システムが完成すれば(それが大変そうですが)簡単にできるはず。先日から東京駅などではエリア限定で試験運用をしていましたが、本格運用の目処が立ったようですな。

 それはそれでありがたい話なんですが、問題はEdyとの住み分けや統合がどうなっていくのか、と言う事ですね。
 今はJR駅内の店舗で利用するスタイルなので非常にわかりやすいですが、将来駅の外にまで拡大した時に「この店ではEdyは使えるけどSuicaは使えない」もしくはその逆のケースが、当然のごとく起きてくるんじゃないかと。興味があって調べている人であれば大丈夫なんでしょうけど、パスネットとSuicaが使える範囲が違う事だって知らない人も多い訳ですからね。

 Edyの発行枚数は2003年12月現在で約330万枚と発表されています(リンク先PDF)。ちなみに当初目標は2003年度までに850万枚だったようです。
 それに対して、先程の記事によればSuicaの普及枚数は790万枚。大部分のSuicaは窓口で最新版に切り替えてもらう(無料)必要がありますが、既に対応済の最新版Suicaも、110万枚近く出回っているようです。今後、パスネットとの統合が進めば、さらにこの枚数は爆発的に増えていく筈。
 Suicaの対応がEdyへの援護射撃になり、電子マネーが一気に普及する結果になれば嬉しいんですが、援護射撃ついでにEdyまでも蜂の巣にしてしまう結果になってしまわないかどうか。「わかりにくくなってかえって不便」なんてアンケートに書かれてしまう状態になってしまわないかどうか。

 今後の経過を楽しみにしつつ、とりあえずSuicaを切り替えてこようかと思います。

|

« USBキーボード ウルトラナビ付 | トップページ | 2月11日は牛丼蜂起の日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/185213

この記事へのトラックバック一覧です: SuicaとEdy:

« USBキーボード ウルトラナビ付 | トップページ | 2月11日は牛丼蜂起の日 »