« BOSSPRESSO | トップページ | 映画 : マスター・アンド・コマンダー »

2004.03.05

50人鼾オンステージ

 鼾は「いびき」と読む。

 それはともかく。仕事が立て込んだせいで、前々からいつかやろうと思っていた事を実行に移す羽目に。つまりラクーアに一泊すると言うことです。
 なにも今日じゃなくてもいいんだけどなァ等と思いつつ、夕食場所を探した挙句結局牛丼屋に入り、そこで色々と妙な人を見かけ… いやその、並一個平らげてから「並もう一つお願いします」って追加オーダーしたりとか、ビール(いや発泡酒だけど)飲みながら入ってきて、げっぷしてから注文したりとか、普通なんでしょうかひょっとして… ながら、食事を済ませてラクーアへ。
 11時半過ぎ、入った時には既に「込み合っていて仮眠スペースが不足しています」との掲示がエレベータに表示されておりました。まあ仕方ないか、と思いつつチェックイン。風呂につかりサウナでサッカーのUAE戦を見たりしつつ、仮眠スペースへ行ってみると。ここも大テレビでサッカーを見たり、小テレビでサッカーを見たりしている人で一杯でした。昼間はカフェのカウンターやマッサージチェアのあるあたりまで床にマットが敷き詰められ、そこを揃いのたっつけの人がうろうろしている様は、なんていうか強制収容所気分の如き有様。

 インターネットスペースをちょい借りてチャットで挨拶だけでも。と思っていたんですが、予想通り占有されていて使用できず。ちなみに端末は三台あり、全てDell製です。OSはXP、ブラウザはIE。
 仮眠スペースにももはや空きはなく、仕方なく、一番奥のミニシアターへ。仮眠スペースとして開放されていて、椅子もリクライニングチェアなので床で寝るのに比べればはるかに快適です。
 ザウルスを持ち出し、途中スタイラスの頭だけどっか行っちゃうとか言うトラブルに見舞われてロッカーとシアターを二回往復したのち、ちょっとだけ挨拶。キーをぺちぺち叩く音がまわりに妙に響いたような気がして、一言だけ。
 じゃあ挨拶も済ませたし、ほぼ寝るか。と思ってからがわりと大変でした。

 ええとですね。寝てるとこミニシアターなんですよさっき言った通り。結構音響がいいんですよこれがまた。ここまではいいですね。
 そしてそこのステージに寝るのが目的の人が詰め掛けているわけなんですよ。数えたわけじゃありませんが、まあざっと少なく見積もっても50人くらいは。その人達が一斉に寝る訳ですね。あっちからぐがー。こっちからぐごー。ぐがーぐごーごーぐーがーごごー。
 …雑魚寝ってこんなに辛かったんだ。と久々に思い出したように知らしめられた瞬間でした。
 結論として、ラクーアで安眠するためには安眠セット(館内の自販機で発売中。アイマスクと耳栓がセット)が必須であろう。という結論に。

 そんなこんなで夜中にニ三度目が覚めましたが、起きるたび周囲の人が増え、ついには床やステージ上にまで肉体が散乱する様は、ちょっとした感慨すら覚えた有様。

 そうこうしているうちに朝の七時。館内放送で朝食のご案内と、九時に営業終了のお知らせが流れます。思った程安眠できなかったかも… と思いつつ、折角だからと朝食もいただくことに。
 普通のホテルの朝食、と言う感じの洋食セットでしたが、東京ドームあたりの風景を見下ろしながら食べるのはなかなかの気分でした。深夜とか、早朝とか、あるいは雪の日とか。普段と違う街の風景は、なんだか好きですな。

 退館前に一ッ風呂浴びて、髭剃ってから意気揚々とチェックアウト。
 今日は休日と言うことで、冷やかしに会社に寄ってから帰ろうかと思ったものの、思いとどまって次の目的地へと素直に移動した。そんな日でした。

|

« BOSSPRESSO | トップページ | 映画 : マスター・アンド・コマンダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/270083

この記事へのトラックバック一覧です: 50人鼾オンステージ:

» 映画 : マスター・アンド・コマンダー [散財心理学講義ノート]
 ラクーアで一泊した後、向かった先は六本木ヒルズ。南北線なので麻布十番で下車し、久々に来たなあと周りをひとしきりきょろきょろした後、徒歩で映画館へ移動です。  ... [続きを読む]

受信: 2004.03.06 22:31

« BOSSPRESSO | トップページ | 映画 : マスター・アンド・コマンダー »