« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004.03.29

いずれ記念とともに回想されるであろう日。

 松井の初打席凱旋ホームラン、朝青龍の三十連勝優勝。
 きのう3月28日と言う日は、ひょっとすると平成のスポーツにおけるある記念日として後年振り返られる日なのかも知れませんな。

 そんな日曜日、満開の桜の下を墓参りした後、家に帰ってオープン戦見ながらリネージュをしておりました。

 <大相撲>横審・内館委員、横綱の手刀に注文

 三十連勝もした横綱を前に、品格云々を言っていた人達はほっかむりでもしてるかと思っていたら、これである。
 このまま朝青龍が勝ち続け、左手で手刀を切り続ければ、いずれ左手で手刀を切るのが伝統になるだろう。それがイヤなら、伝統を守りたい誰かが横綱を倒せばいいだろうに。

 伝統は常に破壊に晒されていなくてはならないと思う。
 それでもなお生き延びるものこそが伝統なのだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

コミック : 鉄人28号 皇帝の紋章

 鉄人28号・地上最強のロボット編と言うか、さりとて機動武闘伝鉄人28号と言うべきか、そういう展開の一編です。鉄人本編で登場した怪ロボット達は、第二次大戦後に各国政府が開発した秘密兵器、と言う扱いとなり、ナチス帝国の遺産をめぐり、サターンがバッカスが、ファイア二世がギャロンがブラックオックスが、日本を舞台に戦いを繰り広げます。日本がリングだ! いくら終戦直後だからってあんまりです。
 謎に満ちた鉄人操縦システムに、一定の回答を出そうとしているところは流石御大。誰もがスルーしたいであろうその問題に、あえてまともに挑むとは(笑)。

 待てよ。ドラグネット博士ってことは、ギルバートってひょっとして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミック : 鋼の錬金術師7

「敵に情けをかけるな
 だからお前は出世できんのだ」

 グリードの変身っぷりは、何気にアメコミの悪党っぽい雰囲気です。
 そして渋く格好良く悪っぽいブラッドレイ大総統。

 上の台詞、例えばヨキとかマスタング大佐とかが言うのとは色味の違う凄みがありますな。
 自分で命令を下し、しかも自分自身がその命令を忠実に遂行しているからこその凄み。

 この巻の見所はアームストロング少佐のフォローの厚さ。本編からおまけから完璧です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

ココログラプラス

 ちょっと違。

 個人的には。自分のページのトップをココログで置き換えにしてしまいたいので、レイアウト変更等含めてやってみたいところでありますね。
 アルバム機能はあんまり自分は使わないかも(汗。アクセス解析は面白そうですが、しかし寂しそうでもある。

 複数ブログの設置は意外に嬉しいところです。ブログを使ったPBeMの実験がようやく出来そうな感じ。
 具体的なやり方を考えてみますか。やらなきゃいけないネタもあることですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墓地とうちと

 うちはすぐ近所が墓地なので、ありようを言うと線路挟んで窓から見る視界の半分くらいが墓地なので、春分の日の前後となる昨日今日はお墓参りの人でごったがえします。
 一年で一番にぎわってるのは間違いない、と思う程の人人人。

 今日は非常に天気もよく、出店の人も声を威勢良く張り上げて並べた鉢植えもなんだか機嫌のよろしい感じなんですが、昨日は雨、聞いた限りでは埼玉辺りは雪だったらしく、非常に天気の悪い一日で。
 祝日でもあり、体調が悪い事もあって、僕は会社で仕事してました。誰も居ないかと思ったら営業さんが一人出勤してて、逆に虚をつかれてびっくりした。

 周りに人が居てもあれこれ頼まれてはかどらないものですが、周りに人が居なくてもなかなかはかどらないものです。集中力を維持するのは難しい。

 黒海は一敗はしたものの七勝で万全の折り返し。しかし今場所は全勝の横綱始め上位陣の成績が軒並み良いので、なかなか苦しいところです。優勝争いまで行ってほしいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.20

この話の続き : SoUなんですよ

 この話の続きみたいなものなんですが、ネヴァーウインターナイツ仲間のくな氏に続き、拡張パックのSoUことShadow of Undrentideを購入。
 TRPGであるAD&Dのルールの煩雑な部分を全てパソコンで処理させ、更にインターネット上でパソコンを接続させて複数プレイヤーでパーティプレイが可能、と言う、なんて言うかTRPG版全自動麻雀卓みたいなストロングな代物。
 SoUはそのNWNに、20時間以上プレイできると噂の新キャンペーン、追加の技能や呪文やデータパック、マニュアルだけ読んでると強いのか弱いのかよくわからないプレステージクラス5種(いや、アーケインアーチャーが強そうだとは思うけど)、はちきれんばかりのデータをぱんぱんに詰め込んだ拡張パックであります。

 死悶の病とカルトの襲撃に揺れたネヴァーウィンターの街から、遠く遠くソードコーストを北に離れた雪深い土地。引退した偉大な大冒険家である老ドワーフのもと、修行に励む将来有望な若者達。
 ある夜、前触れもなく起こったコボルド達の襲撃から始まる最後の試練。倒れた師匠と奪われたアーティファクト、仲間達と共に駆け巡る運命の先に待ち受けるものは墜ちたる古代都市の影なのか、とかそんな感じの話であります。

 インストールしてみてちょっと驚いたのは、次回ローカライズ予定のホード・オブ・ジ・アンダーダークのデータが一部入ってるっぽいこと。キャラクター製作画面で選べるクラスの中に、見慣れないクラスがちらほらあります。

 いつかこのキャンペーンも多人数でやることになるのかなあ。と思うと、とっときたい気分も少ししますが、でもやってみたいんだよなあ。ハーフリングのバーバリアン(バカ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.17

ジェイコムとデジタル放送

 こないだ加入したばかりのジェイコムさんが、地上派デジタル放送の本格的な配信を4月から開始されるそうです。
 さすがに申し込みが殺到しているのか、サポートダイヤルがつながりにくい状況が続いています的テロップがJ-comチャンネルでひっきりなしに流れています。

 個人的には地上派デジタルもさることながら、STBが新型に切り替わることのほうが興味津々だったり。たぶん申し込むと、これになるんじゃないかと思うんですけどね。
 単純なテレビ放送であっても、画質が向上してくれるんじゃないかな、してほしいなあ。むしろしろ。と願ってやまぬ昨今です。

 …いや、むしろ個人的には、外部から(具体的にはPCから)チャンネルを変更できるような機能が欲しいかも知れません。パソコンのキャプチャソフト(もしくはHDDレコーダのチャンネル制御)と連動させられるような奴を。

 最近はMTU2400FXで録画した番組が勝手にasfファイルになってくれるので、通勤時間帯にザウルスで視聴できてとっても快適です。この調子でいきたい。ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

土俵とマウンドの上に立つとき、人はいつもひとりぼっち。

 ココログプラスにも興味津々ですが、とりあえず。
 大相撲三月場所、黒海は四連勝とこれまた絶好調。露鵬のほうは三連敗の後、本日やっと初日と苦戦のスタートです。

 そしてオープン戦、阪神は向かう所敵無しの連勝街道まっしぐら。少し押さえたほうがいいんじゃないかとはらはらしどおしです。
 それにしても、どこかのチャンネルで阪神のオープン戦の中継とかやっていて、ケーブルテレビに入って良かったと心の底から(たぶんジャスティスリーグをチェックして以来初めて)感じた瞬間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.14

目覚めざる週末の二日

 金曜日、辞める人とか異動になる人がぞろぞろいるので送別会に行って来る。
 とどのつまり、うちの会社どうなっちゃんだろうって話に。あと転職の心構えみたいな話をあれこれ聞き込む。む。
 頭もノドも痛いので、抑え目にして帰宅。

 土曜日。仕事を休みにしてもらって、かなり寝込む。
 目覚めてどうにか活動可能になったことを確かめて、木曜くらいに見かけたステレオイヤーセットを確保しに行くも、既に完売。
 そんなに売れてるもんなのか、と驚きつつ、咳き込む。

 本屋に寄ってX-MEN9とビクトリーファイブの二巻を購入。
 リーグの日本語版も出るのかー、アルティメッツはいつになるのかなー、とか、スーパーロボットコミック休刊しちゃったけどビクトリーファイブの続きってるのかなー、とか、色々思いつつ熟読し帰宅。

 ちょっとだけリネージュ2で豊かなドワーフライフを送った後、NWNのオンラインセッションに参加。いよいよ第二部も大詰めです。

 日曜日。
 床屋に行った後祖母の見舞いに行く。状況は変化無し。つまり順調に悪化。
 帰ってきた後、巨人阪神のオープン戦を見ていて、ケーブルテレビって素晴らしい! ビバ! と思っていたら、いつのまにか寝ている。疲れてるはずないのに。
 かなり勇気を振り絞り気味にしてFFXIに接続、ご無沙汰している人達に挨拶。今サッカー見ながらこれを書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新着記事一覧って面白い。

 素直に、新着記事一覧って面白い。と言う話。

 最近はIEのホームページと言うか開始したときしょっぱなに開けるページをココログナビに設定しております。普段のブラウズとかチャットは主にOperaで、Operaだと表示や挙動が怪しいページだけIEで開く、と言う方向性で動いている訳なんですが。
 いきおいIEを立ち上げるとココログナビが目に入り、新着記事一覧が目に入るわけなんですが。タイトルを見て、お? と思って覗いて見たりするわけです。
 「あー」とか言って止まっちゃう事もありますが、自分の知らないような事を書いていて、お、お、お、とリンクやらトラックバックやら、もちろん過去の記事やらをあれこれたどっていく事も多々あります。それで最初の目的を見失ったりとか。
 気になるトラックバックをたどっていくと、いつか見たページにたどりついて、あれ? と思う事もあったり。初めてウェブを見て検索エンジンで遊んでいた頃の、あの漂っていく面白さを追体験している感じです。

 ふと思いついたのが、新着記事一覧で「自分の一つ前の人」にコメントをつける運動とかやってみたいなあ。とか思ったり。ペイフォワード状態ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

体調の悪い一週間

 でした。

 微熱状態で仕事を休むほどではなく、しかりしこうして絶好調にはほど遠く。
 明後日休んで休養取ります。そんな忙しくなかったはずなのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

DVD : リーグ・オブ・レジェンド

 出たら買う、と決めていた割に、たまたまコンビニに寄ったときはじめて発売に気付いたと言うていたらく。リーグ・オブ・レジェンド略してLXGのDVDであります。

 アルティメットエディションのほうにはブックレットがついてくるらしいと知り、コンビニではパスしてビックカメラで購入。原作版コミックや、登場キャラクタ達の出典の説明、さらには出典作品の原作者達の生涯にも詳しく、あれこれ調べるきっかけになりそうな入門書です。
 個人的にはカットやコミックをグリヒルさんが描かれてたのがちょっと嬉しかったり。そんな昨今です。

 特典映像とか結局見ない人である僕なんですが、監督とキャストのコメンタリ版がなんか面白くてはまってしまいました。主にショーン・コネリーのエピソード紹介みたいな感じですが、

(付き人に)「教えて欲しいんですが、ショーンの前でしてはいけないことは何かありますか?」
「二つあります。一つ目はでしゃばるな。二つ目はでしゃばるな。とにかくでしゃばるな」

 なんて話が延々と続いてくすくす笑えます。ゴルフボールの裏に007って書いてあったって、本当の話なんだろうかそれは。

(追記)週刊買っとけ! DVDでリーグ・オブ・レジェンドが紹介されてました。考えるな! 感じるんだ! と言う意味において全面的に賛同。
 個人的にはやはり、アルティメットエディションのほうをお勧めします。DVD化された映画全部に、劇場公開時のパンフがつくのならともかく。こういう「もっと楽しめる」的な親切なガイドブック付きと言う方向性は多いに歓迎されるべきと考えますサー。

 …ただ… その… 松本零士書き下ろしって言うところにあんまり期待しすぎるとナニかも、って言うか… 僕も「ええっ」って思って買ったので結構アレだった、って言うか、その…。
 いやその、カットがグリヒルさんだったって辺りで、差し引き勘定がかなりプラスだったんですけどね。個人的には。ええ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.10

狼が敢えて羊の皮を被るが如く

 何気なく買って来た日経トレンディ。巻頭特集が携帯電話の話題でした。
 90x系FOMA。今後、3月中に900i全モデルが出揃った後、4~5月に機能追加した機種(P900iVとかF900iTとか)、夏頃にFelica搭載型が登場し、年末に次世代の901i系が出回る、と言う寸法になっているようです。地上波デジタル放送の受信機能の話はそういえば出てませんでしたが。

 夏頃Felica搭載型が登場するのであれば、ハイエンドモデルと同じタイミングで、F672i後継のモデルが出てきて欲しいものだと思います。
 会社の最寄のコンビニはEdy標準装備のam/pmであり、比較的近所の山王パークタワーなんか地下街一体でEdyが使えタリしてこっちがびっくりするくらいですが。
 Felicaを搭載した端末、と言っても、ただのEdyとして使う分には決して複雑なものにはならないと思います。感覚として慣れるまでがちょい敷居高い、と言うだけで。
 慣れてさえしまえば、使う事自体に問題はないはず。Suicaは従来型の定期券の置き換える事に見事に成功しているわけですし。
 …まあ、実際、定期券以外のSuica使ってる人どのくらいいるんだろうとか、Suicaを定期以外の乗り越しにも普通に使ってる人がどの位の割合に達してるんだろうとか、要するにSuica定期券の「定期券」の部分だけ使ってて「Suica」
の部分は使ってない人結構いるんじゃないかなあ、とか疑問に思う事はありますが。

 ともあれともあれ。カメラとかFelicaとか、目玉となる機能であればあるほど、付加価値ではなく標準機能として扱って欲しいものだと思います。一部限定モデルのハイエンドに主に自慢用の機能として実装するのではなく、最初のモデルから、上記らくらくホンとかにも、使い方ガイドや、「なじめない人の為の使い方の提案」までも含めて搭載してほしいものだと。そう思うのです。
 どかんと売れなくてもクチコミで徐々に売れるようになるかも。とか思います。近場の経験では、近主婦及び商店主の人はかなりの確率でらくらくホン持ってて、しかもそれが徐々に徐々にご近所に感染してました。
 こういう機種がニッチではなく市場となっていき、そしてそういうハイエンドとは別の市場にも、標準とすべき機能を枯れる前から搭載していく。
 携帯電話でFF2ができるようになるよりむしろ、そんな風になってほしいと思います。

 F672iについて検索していたら、View-Net神奈川シンポジウム 2003のアンケート結果を発見。
 こういう意見が会社にちゃんと吸い上げられるといいと思います。と思ってまとめようと思ったんですが、F672iと言う端末が存在していること自体、こういう意見がきちんと吸い上げられている結果なのかも知れません。いいぞー、富士通ー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.09

オーバースペックだからこそ

 会社で見渡しても、知人の話を聞いても(固定電話持ってなくてAirH''でPSOやってたとか言う人に至るまで)、FOMAはまだあまり人気があるとはお世辞にも言い難い様子であり、ぶっちゃけ知人友人で持ってるのは僕を含めて一名です。つまり僕だけって訳。同じ職場に持ってる人がもう一人居る、と風の噂には聞きましたが。
 
 こういうのがFOMAで出てくれるといいな。とか思います。
 これをFOMAで出す意味があるのか、とか。MOVAからFOMAに変えるとどう変わるの? とか。
 テレビ電話とかFFとドラクエとか高速通信とか、目につくそういうことをひとまず脇に置いてでも。らくらくホンを愛用しているような人達にこそ「だからFOMAのほうがいいってな寸法なんですよご隠居」と胸を張ってお勧めできるような。そんな風なオーバースペックの使い方、提案の仕方が出てこないかな。とか思いもする昨今です。

 …いや、お袋がなんか、僕の携帯狙ってたんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.08

My Yahoo!アプリ登場、なれど

 iモードでMy yahooできるMy yahoo!アプリが本日お目見え。
 新し物好きとしては見逃せない話と早速もってDLしてみましたが、正確にはしようとしてみましたが、504i及び505i用とのことで、機種確認画面ではじかれてダウンロードできませんでした。
 …もうすぐ900i用も出ることでしょう。大人しく待ちます。いやでもむしろ、Opera用のYahooツールバーを先に出してほしいような気もしなくもなく…。

 電車の中で、撮り溜めたテレビ番組をZaurus使って30分ほど見てみました。
 恥ずかしい。
 と言う以外に特に問題点はありませんでした。キー操作による早送りも快適でしたし。

 …いやまあ公平に言って、恥ずかしいのは見ていた番組が原因なんでしょうけれども。ええ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.07

環境移設。

 あれこれと環境移設を実施。
 シュリケンプロとかアウトルックエクスプレスとか、軽快電話9とかで分散して持っていた住所データを一本化できないかと思い立つ。
 要するにエクセルのファイルで一本化してデータを持ち、適宜それぞれに吸い上げられるようなcsvファイルを作ればいいわけですな。というわけで、あれこれ細工をしてみた日でした。気が付くと日が暮れていた、そんな日で。

 結局のところシュリケンプロをメインのメーラにすることに決定。ベクターで何故か六時間近くダウンロードできなかった苦難を乗り越えて、なんとか環境移設に成功。

 長年愛用したVAIO C1から次々とメインのソフトとかを切り替えているわけで、なんだか複雑な気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

P900i : テレビを見てみよう。

 こっそり仕入れてきたX Pack Plus Kitを使って実験開始。
 ちょっと首をひねりながらMTU2000FXをインストールし直し、試しに取っておいた「みんなのうた」をSD-VIDEOに圧縮してみる。…おお、成功。だいたい2分30秒のファイルで10MBほど。30分の番組を圧縮すると90MBほど(設定を「長時間」にした場合)。128MBのminiSDカードがあれば、30分の番組を入れてまだまだ余裕。

 実際、圧縮した番組は、普通にディスプレイとかテレビで見ると少し厳しいものがありますが、P900iとか、Zaurusとかのポータブルデバイスの液晶で見る分には必要十分以上。これ以上細かくても見えないかも知れませんな実際。音声はちょっとばかりくぐもった感じになりますが、まあ気になるほどではありません。

 ちょっと判らずに困ったのが、asfファイルをiモーションとしてP900iに認識させるには、MOL***みたいな特定のファイルネームをつけなくてはいけないこと。説明書にはちゃんと書いてあったんですけどね。ええ。

 iモーション再生の際、変則的な再生を行う場合はいったん一時停止をかけてから行います(コマ送りは普通にできます)。倍速(再生無し)とかスライダーで再生位置を指定したりもできるので、CMを飛ばすのもなかなか便利。
 早送りをしようとして次のファイル再生に切り替わっちゃうことが時折ありましたが、勘をつかめばなんとかなりますか。

 X Packを回しっぱなしにさえしておけば、録画直後にSDファイルを自動作成する設定にしておくことも可能。全く同じファイルをザウルスでも設定できるところがまたぞろ便利で。

 問題はやはりヘッドフォンでしょうか。ビックに行ったら売り切れたんですよね… とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NWNオンラインセッション : これがレインボーアーマー。

2004030701.jpg

 きのうのNWNセッションで拾ったのはこんな鎧でした。
 いや加工して無いですよ! ホントにこんなデザインなんですって!

 他のメンバーにつっこまれまくったので、保管することに決定。

 勝負服として。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

P900i : カスタムジャケットのこと(続)

 マスター・アンド・コマンダーを見てたちょうどその頃、パナセンスで注文したカスタムジャケットがおうちに届いていた様子でした。ストライプレッドとドットブラック、最初からついているクリアホワイトとあわせて基本色コンプリートです。

2004030601.jpg

 これはストライプレッド。こんな感じのブリスターに入っています。

2004030602.jpg

 で、裏側。専用ドライバーと予備のネジが見えます。

 交換方法は3G的。さんに詳しいです。ネジをなくさないようにとか、変なとこ触らないようにとか、基本に忠実でさえあれば、非常に簡単だと思います。
 そのネジも、カスタムジャケット一個につき予備が四個ついてますから、一個や二個なくなってもびくともしません。むしろ、ドライバーがすべってジャケットや本体に傷をつけてしまわないよう、そっちのほうに神経を使いそうです。

2004030603.jpg

 これが噂の専用工具。先端が六角錐みたいになってるミニドライバです。

2004030604.jpg

 こんな感じになりました(例:ドットブラック)。
 裏側が白いのはいたしかたありません。

 それで。説明書の中に入っていたQRコード、初めて使って、その便利さに感動でした。カメラで撮影して読み取ると、パナセンスのDLサイトのURLが直で表示されて、そこに行けばカスタムジャケット用の壁紙データやフラッシュをダウンロードさせてくれます。
 紙媒体とURLをつなぐこんな手が、しかも前からあったなんてー。と思わず。雑誌の広告にももっともっと乗せればいいのにー、と思ったり、これ液晶媒体で出したらリアルタイムで変わるQRコードとか出せるのかな、とか思ったり。

 ちなみに、カスタムジャケットのパッケージ、捨てないで取ってあります。使わないカスタムジャケットを収納するのにかなり丁度良かった(ネジのところを切っちゃえば重ねられますし)故。

 さて、赤いのをつけたらどうなりますことか…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.03.06

USS コンスティテューション号

 サプライズ号の時代に建造されたフリゲート艦が、立派に現存しているそうです。その名はUSSコンスティテューション号。鉄の脇腹を持つ軍艦。
 
 ボストンかあ… いつか見に行きたいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 : マスター・アンド・コマンダー

 ラクーアで一泊した後、向かった先は六本木ヒルズ。南北線なので麻布十番で下車し、久々に来たなあと周りをひとしきりきょろきょろした後、徒歩で映画館へ移動です。
 目当てはもちろん、マスター・アンド・コマンダー
 さすがに公開から二週間も経った朝一だけあって、ど真ん中の席が開演10分前でも悠々取れたのであり、つまりそのすいません。結構がらがらでした。

 大西洋波高し、時まさにナポレオンが大陸を席巻していた疾風怒涛の近世欧州。ちなみに日本では江戸時代の文化文政年間の初期。
 フランスと死闘を繰り広げるイギリス海軍にあって、”幸運ジャック”と異名を取る不敗不屈の名艦長ジャック・オーブリー。フランス私略船アケロン号を撃破せよとの命令を受け、勇躍大西洋へ躍り出たHMSサプライズ号。
 オーブリー艦長以下、乗組員197人は立ち向かう。暴風、凪、乗組員の不和、そして幽霊船の異名を取る神出鬼没の強敵アケロン号。はるか南太平洋へと続く壮絶な追撃戦の果てに彼等を待ち受ける運命や如何に。

 いやもう、すっごい好き。すっごい好きだけど、これは確実に見る人を選ぶ映画だと思いました。
 物語は最初から最後まで、ごく一部の例外を除いてサプライズ号の艦内で終始。他の映画であれば、時々はたとえばロンドンだとか、ナポレオンだとか、あるいはアケロン号の艦内とかのシーンだとかありそうなものですが、これはもう徹頭徹尾サプライズ号と、サプライズ号の乗組員が居る場所だけが舞台です。たぶん原作通りなんだろうなあ、と思っていたら、あとで調べたらピーター・ウィアー監督と言う人はこういう作風が得意と聞き、心の底から納得。

 そんなわけでこの作品の主役はサプライズ号そのものです。
 艦長から幹部乗組員、海尉から一介の水兵に至るまで、200人弱が暮らす我が家。何かの本の解説で読んだ受け売りですが、海洋冒険ものでの船とは、ふだん主人公達が暮らす快適な(あるいは快適にしようと努力している)家であり、乗り物であり、それがそのまま戦場にもなる、そんな珍しい存在です。
 人でごったがえすサプライズ号の艦内は、映画として美化されているだろうにも関わらず、そこに人がぎゅうぎゅうに押し込められた雰囲気と言うか息苦しさというか匂いというか、そういうものを感じます。下層水兵たちの食堂と、幹部乗組員の詰める船内食堂の広さや雰囲気の違い。そういったものが戦闘時や訓練時には、壁一枚が取り払われて砲列が並ぶ戦場へと早代わりしてしまう。
 やけに会食のシーンが多いような気がする今作なんですけど、この快適な我が家、日常を過ごす空間である船が、ひとたび戦闘となれば容赦無く粉砕される。冒頭でアケロン号の奇襲に遭い、滅多打ちの目に遭うサプライズ号、直後に総出で緊急修理してたりするんですが。
 船が主役。と言っても、そこに人の存在を感じさせない神話めいた何かのような感じじゃありません。オーブリー艦長やスプリング副長を主とした、乗組員全体の共同体と言う魂と、砲門28門搭載のフリゲート級と言う肉体、それが結びついたサプライズ号が主人公であると言う、なんかそんな印象を受けるのです。はい。

 …と、べた褒めしているんですが。原作のジャック・オーブリーシリーズこそ読んだことこそないものの、数年前に「ボライソー」シリーズを10巻ばかり読んだからこそ、こう思うんじゃないかと言う気はすごくします。
 あるある、こういうシーン! とか、文章だとこうだけど実際はこうなのかー、とか、読んでいたからこそ感嘆するシーン(冒頭の「バイ・ザ・マーク!」でいきなり気持ち持っていかれました)が次から次へと。裏を返すと、暗黙の了解のような事項の説明は、たぶん興味のなかった人にはかなり不足気味だったんじゃないかと思うのです。「どうして? どうしてどうしてどうして?」を連発してるんじゃないかと。僕のま後ろに座ってた人は実際そうでした。トホ。
 …映画のコピーだけ見た人は、「なんで子供が軍艦に乗ってるのか」が、作中で理由付けなり謎解きなりされるだろうと思ったんでしょうなやっぱり。ラストの終わり方も、僕は「おおー、おおー」ってな感じでしたけど、後ろの人は「…え? あれ? 終わりなの?」って感じでしたし。

 パンフレットの文章も、熱が入っていて面白かったです。一般の人おいてけぼりな感じはしましたけど、映画はそれでいいのかも知れない。
 映画が終わり外に出て、入れ替わりに並んでいたお客さん達の目当てはイノセンスでした。
 これも早く見なきゃ。と思いつつ、売店に並んでいたグッズの一つに思わず爆笑。
 (たぶん)作中に出てくるドッグフードと、おんなじ箱に入ったミルククッキー。これはドッグフードではありません、の注意書きつき。本当にドッグフードでもよかったような気もしますが、たぶん前代未聞ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05

50人鼾オンステージ

 鼾は「いびき」と読む。

 それはともかく。仕事が立て込んだせいで、前々からいつかやろうと思っていた事を実行に移す羽目に。つまりラクーアに一泊すると言うことです。
 なにも今日じゃなくてもいいんだけどなァ等と思いつつ、夕食場所を探した挙句結局牛丼屋に入り、そこで色々と妙な人を見かけ… いやその、並一個平らげてから「並もう一つお願いします」って追加オーダーしたりとか、ビール(いや発泡酒だけど)飲みながら入ってきて、げっぷしてから注文したりとか、普通なんでしょうかひょっとして… ながら、食事を済ませてラクーアへ。
 11時半過ぎ、入った時には既に「込み合っていて仮眠スペースが不足しています」との掲示がエレベータに表示されておりました。まあ仕方ないか、と思いつつチェックイン。風呂につかりサウナでサッカーのUAE戦を見たりしつつ、仮眠スペースへ行ってみると。ここも大テレビでサッカーを見たり、小テレビでサッカーを見たりしている人で一杯でした。昼間はカフェのカウンターやマッサージチェアのあるあたりまで床にマットが敷き詰められ、そこを揃いのたっつけの人がうろうろしている様は、なんていうか強制収容所気分の如き有様。

 インターネットスペースをちょい借りてチャットで挨拶だけでも。と思っていたんですが、予想通り占有されていて使用できず。ちなみに端末は三台あり、全てDell製です。OSはXP、ブラウザはIE。
 仮眠スペースにももはや空きはなく、仕方なく、一番奥のミニシアターへ。仮眠スペースとして開放されていて、椅子もリクライニングチェアなので床で寝るのに比べればはるかに快適です。
 ザウルスを持ち出し、途中スタイラスの頭だけどっか行っちゃうとか言うトラブルに見舞われてロッカーとシアターを二回往復したのち、ちょっとだけ挨拶。キーをぺちぺち叩く音がまわりに妙に響いたような気がして、一言だけ。
 じゃあ挨拶も済ませたし、ほぼ寝るか。と思ってからがわりと大変でした。

 ええとですね。寝てるとこミニシアターなんですよさっき言った通り。結構音響がいいんですよこれがまた。ここまではいいですね。
 そしてそこのステージに寝るのが目的の人が詰め掛けているわけなんですよ。数えたわけじゃありませんが、まあざっと少なく見積もっても50人くらいは。その人達が一斉に寝る訳ですね。あっちからぐがー。こっちからぐごー。ぐがーぐごーごーぐーがーごごー。
 …雑魚寝ってこんなに辛かったんだ。と久々に思い出したように知らしめられた瞬間でした。
 結論として、ラクーアで安眠するためには安眠セット(館内の自販機で発売中。アイマスクと耳栓がセット)が必須であろう。という結論に。

 そんなこんなで夜中にニ三度目が覚めましたが、起きるたび周囲の人が増え、ついには床やステージ上にまで肉体が散乱する様は、ちょっとした感慨すら覚えた有様。

 そうこうしているうちに朝の七時。館内放送で朝食のご案内と、九時に営業終了のお知らせが流れます。思った程安眠できなかったかも… と思いつつ、折角だからと朝食もいただくことに。
 普通のホテルの朝食、と言う感じの洋食セットでしたが、東京ドームあたりの風景を見下ろしながら食べるのはなかなかの気分でした。深夜とか、早朝とか、あるいは雪の日とか。普段と違う街の風景は、なんだか好きですな。

 退館前に一ッ風呂浴びて、髭剃ってから意気揚々とチェックアウト。
 今日は休日と言うことで、冷やかしに会社に寄ってから帰ろうかと思ったものの、思いとどまって次の目的地へと素直に移動した。そんな日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.04

BOSSPRESSO

 BOSSPRESSOが最近好き。と思っていたら、会社に行く途上、キャンペーンハガキと一緒にボスプレッソそのものを配っていてかなり面食らう(でも貰う)。
 なんとなく申し訳ない気分になったので、帰り道にコンビニで一本余計に購入して還元しておくことに。とか言う口実でコーヒーに耽溺する日々です。

 今度のボス電はP900iなわけですが、このカスタムジャケットだけでもプレゼントしてくれないかなあと思う昨今です。お袋にその話したら「当てて私によこしなさい」言われるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.03

P900i : カスタムパネルのこと

 朝方メールチェックしたらコメントを頂いていました。パナセンスにカスタムジャケットが入荷していた由。
 頭上に「!」点灯。メタルギアソリッドのように(まだ言うか)。
 早速サイトを開き、携帯電話のオプションがAV機器のカテゴリに入っている事実を忘れていてしばらくサイトを放浪した後、目当てのものを発見。迷わずストライプレッドを選び、迷わずブラックカムフラージュを選んだら横にXがついていて、既に品切れでした。早。
 朝の段階で、既にブラックカムフラージュ、サイクロンブルーそれにZENが品切れ。
 昼にチェックしてみたら、それに加えてクリアホワイトも完売。
 今見てみたら、カムフラージュとピンクブロッサムも終了していました。なんだかイナゴに襲われたような売れ行きっぷりです。自分もその片棒を担いでいる訳なんですがそうなんですが。

 結局、ストライプレッドとドットブラックの基本セットニ種を購入。発送をわくわくしながら待つ現在です。

 仕事はわたわたしていて昼間はわりとそれどころではなかったんですが、夕方帰りがてら、ビックカメラで再び偵察行動。目当ては二つ、カノープスのX Pack Plus Kitと、ソニーのステレオイヤーセット
 携帯電話でテレビを見よう的計画のために、前者は必須、後者は確保しておきたい一品です。赤い奴をストライプレッドと組み合わせられると中々こう…。

 などと喜んでいたら、インプレスにP900iのレビューが。
 …なるほど、以前はNユーザーだったので(と言ってもN501の時代でありはるかはるか大昔ですが)、そのせいであんまりおかしな気がしないのかもですね。あんまり関係ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.02

白と黒

2004030201.jpg

 牛つけてみました。
 Gatewayの置き土産。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の調査結果

 3G的。様からトラックバックをいただきました。

 やはりブラックxクリアホワイトのゼブラーマンモデル(ウソTM)が関東圏では一番人気のようでした。
 実はぎりぎりまで悩んでいたのです。裏蓋側の色が変えられないと、カスタムジャケットをつけたときに、どうしても色が白-黒-(カスタムジャケット)のトリコロールになってしまいそうなので…

 品切れは未だに続いているようです。直営のパナセンスでも品切れの様子。
 まさか一人で全部買っていく人もそうそう居ないだろうとは思いますが、なんとなく二枚くらいは買っておこうかとか、そんな気分になっています。とりあえず一枚は赤いのを。

 そしてスターバックスカードの謎がようやく解けました。やはりビックカメラ独自の販促企画との由。これってやっぱりEdy? と変なことを気に病んだりしています。

 一緒に買ってきた軽快電話9、まだP900iの対応状況は調査中のようです。
 N900iの設定を使えばデータ転送など一応はできるみたいですが、怖いのでまだもう少し様子を見守ることに。
 なんでNと? Fじゃダメなの? と首をひねっていたのですが、P900iのソフトウェアはNECとの共同開発
とのことなので、そのせいなのかも知れませんね。

 電波状況、誰に聞いても「電波が悪いんじゃ」と聞かれますが、地下鉄の駅や地下街が圏外になっている(新宿でも)ほかは全体的にMOVAとあまり変わらない雰囲気です。
 まあ、もともとヘビーユーザーというわけでもないので、このへんはあまり困らない雰囲気。

 ちょっと困ったのはサウンド関係。
 自分としては携帯は基本的に音は出さず、プライベートモードで使っています。肌身離さず持っている上、そもそも通話するよりもメールの送受信やブラウズが主な用途なので、バイブレータだけ入れておけば大体用は足りるのです。
 但し僕にとって携帯の重要用途の一つが目覚ましなので、アラームだけは必須。普通に鳴ってもらわないと困るのです。

 さて、P900iの着信音量をいじってみます。とりあえず説明書も読まずに。
 「各種設定」→「着信」→「着信音量」から変更でき、「電話/テレビ電話」と「メール/メッセージ」の二種類を別々に設定できます。両方とも着信音量をゼロにして、アラームを入れてみると、音が鳴らない。
 頭上に「?」点灯。メタルギアソリッドのように。
 どうやらアラームやスケジュールで鳴る音量も、着信音量に呼応して大小しているようで。着信をゼロにするとアラームもゼロになる。アラームを鳴らすと着信音もがんがん鳴りまくる。あーこりゃどうすりゃええのー。

 …冷静になって考えれば、着信音を「なし」にすれば、それだけでよかったんですが。
 そのときは全くそのことに気付かずあれこれいじりまくり、しかしこりゃいかんわい、説明書を取り出すか… と思っていたら、違うルートでの解決方法を発見。
 「着信」から入る「マナーモード」の中に「オリジナルマナー」というメニューがあり、ここからマナーモード中の所作を細かく設定できる由。ここでアラーム音量をあらんかぎり高くしました。実にまわりくどい方法で問題解決。

 サウンドつながりで、P-SQUAREから無料着信音を引っ張ってきたりして、日暮れまで遊んでおりました。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.01

これは一体?

2004030101.jpg

 いかん縮めすぎたかも。
 ともかくもリネージュIIの文字とマッシヴなイラスト。いったいこれは?

2004030102.jpg

 正解はコーラでした。ただし韓国の。
 韓国旅行に行った人のお土産を、カメラつきの携帯を手に入れた喜びの勢いでつい撮影。自分がもらったわけでもないのに。
 P900iを手に入れて喜んだ勢いでの行動ですが、やや呆れられがちな私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »