« 残る二名も無事解放 : 邦人人質事件 | トップページ | 自然とともに生きると言うこと »

2004.04.18

リネージュ2 : 城下町で気が付くと友人を殴っていた私。

 いや事故なんですよ、ええ。
 リネージュ2、スパイン山脈で蝙蝠を狩って素材を稼いでいたら、アルトヴィント氏からコールが入る。勢いでグルーディオ村まで出て、槍の出物を探してうろうろしている氏と合流することに。
 買い物の情報収集に集中している氏のまわりでしばらく遊んでいたものの、飽きた自分は街の外でそぞろ狩りを始める始末。なんか買い物についてきた子供みたいで我ながらコドモコドモしてんなあ、と自己満足に浸っていると。氏から、盟主の方がグルーディン村にいらっしゃるとの事伺い、挨拶に行くか、との事。

 二つ返事でグルーディンまで20分ほどマラソン大会開始。途中、思ったほど敵にも出会わず、ましてアクティブの敵にからまれることもなく、通行人の人達の装備を見物しながら町の近くまで行ったところで、氏が立ち止まって動かなくなる。

「どうしました」
「…地面見えないんですけど」

 …グラボのいたずらか、空中を駆けていた氏。
 氏が再起動するのを待ち、アドバイスを受け入れてグラフィックオプションを最軽量に切り替え、いよいよもってグルーディン村へ突入。
 あまりの人の多さにリアクションに悩んでいると、後方からかねて伺っていたお名前の方が。盟主のヒルディライザさんに初見参であります。
 ここは込むから、と村の門を避け、村近くの大木の下で血盟加入の儀式を、とやっていたら、承諾したとたんにリネージュ2のクライアントが停止。…あれ? …ちょっとちょっと。…おいおい。
 数十秒の間まったくうんともすんとも言わず、タスクマネージャを起動したり色々していたら、2,3分もしたあとようやくまた画面が映り…

 紫ネーム(他のプレイヤーを攻撃しているとなるステータス。PvP状態)の自分が、何故か素手でアルトヴィント氏を殴り続ける光景が。

 たぶん自分が一番びっくりして動作停止。クライアントがフリーズしていたことをあわてて説明する。どうもチャット入力中に、何かを承諾したり加盟したりするとそういう症状が起こるらしい… んですけど、なんでまたアルト氏を殴ってたのかはまったくの謎。
 盟主にご挨拶するのに抜き身ぶら下げては失礼だろう、と武器をしまっておいたのが、まさか本当に功を奏するとは思いませんでした。妙なこだわりは持つものだ。

 ごたごたのあげくクランに加えていただき、この近くで相応しい狩場は、と言う話を伺う。廃都がいいのでは、と言う話を聞き、廃都がどういうものかわからないので、ついていって教えてもらう事に。起伏のはげしい地形を超えると、そこはゾンビやスケルトンが徘徊する地域。
 ああ、廃都って感じだなあ。と思いつつ、ヒルディライザさんに周囲の敵の強さ(自分から見ての相対的な強さ)を報告していると、近寄ってきたゾンビにアルト氏が襲われる。…襲われて… 死んでるし!? 何事!?

 即死攻撃ありなの!? とか本気で焦っていたら、どうも原因は違うところにあったらしく。アルト氏、移動中に高いところから転げ落ちて落下ダメージを受けていたようです。そこにゾンビの一撃を食らって即死、と…。

 レベルが下がったと嘆くアルト氏を囲み、ヒルディさんが殴られているあいだに残りの二人が攻撃、と言うスタイルで、自分よりもレベルの高い敵を刈り倒す戦術に出た一同。黄色や限りなく赤に近い(自分から見ると相当に強い、ソロだとまず勝てない)相手を次々なぎ倒すのはなかなか快適。
 そうこうしているうちにアルトヴィント氏のレベルも18に復帰。葉月さんのPCであるところのマリンカリンさんも合流されて、柵にもたれてスケルトンを殴り倒しながらしばし歓談する一同。

 夕食と言うことで、途中ワープしたり行方不明になったりするアルト氏を見守りながら、一同解散いたしました。早くレベル20になるように、との激励と言うか命令と言うか貰ったことですし、頑張らねば。

|

« 残る二名も無事解放 : 邦人人質事件 | トップページ | 自然とともに生きると言うこと »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/459779

この記事へのトラックバック一覧です: リネージュ2 : 城下町で気が付くと友人を殴っていた私。:

« 残る二名も無事解放 : 邦人人質事件 | トップページ | 自然とともに生きると言うこと »