« 秋葉原の三人男 | トップページ | 大航海時代online »

2004.04.11

他人事として物事を捉えるのは本当に間違いなのか? : 邦人人質事件。

 解放報道が流れた事を一つ喜びたいと思います。「おおおー!」って感じで。
 次は本当に解放される事を、その次は真相が明らかになることを。そしてその次は、同じような事件がまた起きないような状況になることを願いたいと思います。それが自衛隊撤退になるべかどうかはまた別として。
 この状態に至るまでの、日本とイラクとカタールと、やや控えめにアメリカの人達にも感謝を捧げたいと思います。

 報道2001で煽りに煽ったオープニングのあと「大きな動きがありました」と、ネットでは既に既報の人質解放のニュースが流れる。
 混乱しているのは仕方ないんだろうけど、いかに煽ろうとしているのか、番組の作り方が判りやすく透けてしまったオープニングではありますな。「タイムリミットまであと13時間、解決の糸口はまだ見えない」って直後に「大きな動きが」ってどうかなあって。

 この件で反戦系のブログの人達の意見をあちこち見ました。コメントなりトラックバックなりつけるのが見てそれについてコメントする以上は礼儀だと思うんですが、おっかないのでやりません。笑うなら笑え。
 だからリンクもトラックバックもしないし、特定のサイトの名前も出さない方向で。

 ただ「他人事として今回の事件を考えるのは間違っている」と言う意見は完全に正しいのかどうか。と思います。自作自演の意見と同じくらい間違っている(個人として自作自演の方は「説得力のある間違い」だと思いますが。思考法のチェイサーとして非常に重要だと思いますし)。
 今回の解放報道に関しては、家族の人達やその同僚の人達、それに関係の度合いがさまざまの人達の個人的な働きかけ(アルジャジーラへのメールとか)が大きな役割を果たしているようです。上記の考えが間違いとは言えない。
 と言うよりも、個人の考え方を束にすることが圧力として、短時間に効率的に本当に駆動した、そんなケースのさきがけになるのかも知れません。
 ならばそんな中でも。一歩引いて見ることをモニター越しの意見として決め付ける事はやはり間違いだと思う。当事者とは違う立場だからこそ、当事者と同じ感情になることは決して出来ない事を忘れない事。モニター越しに見ていると言う意識を忘れて過剰に感情移入するのではないか。と言う意識を忘れない事。そんな考え方も重要だと思うのです。

 自作自演ではないとは思いますが、韓国人牧師一行の例から考えると、身代金交渉に切り替えた、と言う考え方はある程度あるんじゃないかなあ。

|

« 秋葉原の三人男 | トップページ | 大航海時代online »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 迂闊なことをして知らない人に迷惑をかけた気が。
 反省。かなり反省。

 本記事はこちらの記事を見たときに衝動的に書いたものでした。

http://rokusei-so.cocolog-nifty.com/syosai/2004/04/post_12.html

 後で山ほどついていたコメントを見て、さらに消沈と言うか反省。
 一度口から出た言葉は削除できません。とほほ。

投稿: sn | 2004.04.17 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/423766

この記事へのトラックバック一覧です: 他人事として物事を捉えるのは本当に間違いなのか? : 邦人人質事件。:

« 秋葉原の三人男 | トップページ | 大航海時代online »