« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

2004.04.29

この話の続き・実践編 : ジェイコムとデジタル放送

 この話の続きなんですが。
 今月頭くらいに申し込んでいた、J-comの地上波デジタル対応端末への切り替え工事が本日行われました。

 とりあえず魔界と化した配線をはずしておかなければ、工事どころではありません。あっちをはずしこっちをはずし、ついでに時ならぬ大掃除にまで乗り出して、なんとか撤去予定の現行STBが地上に露出。

2004042901.jpg

 黒地に赤で実に良いです。もとい、本当にこれなのか、と軽くショックを受けたのを思い出しつつ、待機。

 どうせSTB取り替えるだけなんだろうなあ。とかたかをくくって待っていたら、電気工事車が来ちゃったのでまた泣きそうになりました。て言うか、考えてみれば配線の必要な工事も、必要ない工事も、同じサービスの人が回ってるんでしょうから当然なんでしょうが。また予告無しにご近所通行止めにしちゃったかと、軽く焦る自分。

 工事そのものは特に大きな問題もなく、STBとケーブルモデム(双方向通信用のものだそうで)を設置、D4端子にケーブルを接続してみたら、普通に映りました。…いやデジタルハイビジョンは流石に綺麗ですな、と柔道を見ている横で、15分ほどで工事もテストも書類等手続きも無事終了。ふと見ると工事の人が持っている携帯がP900i、しかもシルバー×ドットブラックだったりして。

 パソコン関係の配線をしなおしつつ、じっとSTBを見る。

2004042902.jpg

 説明書の型式を見るまでもなく、明らかにこれですな。従ってリモコンも

2004042903.jpg

 これでした。

 背後には映像出力がD4/S2/コンポジットと3系統5本、音声出力が2系統と光デジタル出力端子。他にiLink端子が二つ、アンテナ出力と入力、電話回線の入力端子、10BASE-TのLAN端子、それにIr出力端子がついています。最後のは、外部機器のコントロール用。付属品にIrシステムケーブルと言うのがついていて、
それをDVDレコーダーとかのリモコン受光部の近くに(両面テープとかで)固定する事で、STBがリモコン代わりになって、録画予約等の際にビデオデッキをコントロールするようです。ソニーだとAVマウスって呼んでるのと、多分同じようなものですな。

 D4端子は普通にテレビに接続、S2端子はMTU2400につないでキャプチャ用に。iLinkは説明書に「iLink対応パソコンなどを接続すると誤動作する場合があります」とか書かれているのが牽制を感じますな。Ir端子は… 対応機器が手に入ったら考える、と言うことで。
 10BASE-Tの端子は、一緒に設置されたケーブルモデムと接続。家族の家にあるJ-COMネット用のケーブルモデムと見たところ同じもののようですが、横腹に「J-comTVデジタル専用モデム」とか書かれたシールが張られています。なんか違うんでしょうかね。
 屋内に引き込まれたケーブルは、分配器で分配されて片方がSTBに、もう片方がケーブルモデムに接続。従って電話回線の端子は使用せず。残った光デジタル出力は、5.1chのスピーカとかが手に入ったら考えると言うことで。

 リモコンは「地上波デジタル」「BSデジタル」「CATV」の切り替えスイッチでまず受信する系統を選び、次にチャンネルを三桁で入力する、と言うシステム。それぞれの系統ごとに最後に見たチャンネルを記憶しているので、地上波でNHKを見ていた後、ちょっとBSやらCATVに切り替えても、もう一度「地上」のボタンを押せば地上波に戻ってくれます。
 もっともチャンネル数は多すぎるほどある上、PPVや有料放送などで視聴できないチャンネルなども引っかかってしまうので、昔のSTBのようにチャンネル順送りしていると、それだけで暇つぶしできるくらい時間がかかります。
 リモコンの設定をちゃんとすれば、電話の短縮ダイヤルのようにワンボタン切り替えができるようになるので、設定しなおしは必須と言えましょう。もっともその前にチャンネルリストをじっくり眺にゃいけませんが。

 ものは試し。とCATVモードにして、S端子経由で「ジャスティスリーグ」とか録画してみましたが、特に問題もなく録画もasfファイルへの圧縮もうまくゆきました。
 ワイド映像と普通の映像を切り替える時、ウィンドウサイズが自動で調整されず、画像が縦長になってしまうのがちょっと気になりましたが。MTU2400がS2端子に対応していないのかも知れないですな。今度調べてみます。

 そうそう。Tナビは使えないように設定されていました。工事のとき、ネットワークの設定を修正して、ホームページでJ-comのページを表示するようにしていたので、そのせいでしょうな。
 このあたりの設定を修正しなおせば、Tナビを使えるようにもなりそうですが… また今度やってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.28

こりゃまたうっかりくん

うっかりしていたのではないか=民主党代表の国民年金未加入問題で首相

 さすがにこれはかっこ悪いな。

「うっかり角さん。…今日からお前はうっかり角さんだ」
「ははは、しようのない奴だな」

 何故か江戸むらさき特急が脳裏をよぎります。
 そしてこの記事を書くために江戸むらさき特急を検索したら、なんか映像化されていたことが判り動揺する私。

 能力がありさえすれば殺人者でも重用する、と言ったのは確か曹操だっただろうか? 例として呉起が挙げられていたような気がするのだけれど。

 私見として、政治家には清廉さが必要だとは思っていない。自分や周囲に黙認している些細な嘘偽りを、「政治家」と言う職業だからと言って超人的に必要だとは思わない。能力が無いがゆえに善良な善人よりも、悪であるがゆえに有能である人間が、群れの統率者には相応しい、と思う。…もちろん、自分の悪い部分を言い逃れる程度の能力は、最低限の必須として。

 イスラム圏では、無能な善人よりも有能な悪人がリーダーとして望まれる、と言う。
 無能な善人は、彼自身は天国に行けるかもしれないが、国を富ませることはできない。有能な悪人は、国を富ませてくれるし、本人はどうせ地獄に落ちて報いを受けるのだ、と言う、どうやらそういう理屈らしい。

 もちろん、有能な善人がいてくれれば、それほどリーダーに相応しい人は居ない。でも次善のものを選ばなければならないとき、有能か善良か、を問われれば、それは有能さを取るべきだと自分は思う。畢竟、自分も「政治家だから」と言うだけの理由で人を面罵できるほどろくな人間でもないのだし。

 自分が現役の子供だった頃には、○×式教育の弊害とか言う言葉をよく聞いたものですが。一つのスキャンダルで人間の価値を全否定する人間のありかたは、○×式教育のもたらしたものなのかも知れませんな。思いつきのくせに大きく出たよこの人は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.22

ウルトラナビ付キーボードの使い心地。

 すでに使い始めて2ヵ月半にもなろうと言うウルトラナビ付USBキーボード。

 使いすぎて既にAのキーが半分ばかになりつつあるような気もしますが、全体的に絶好調で満足しきりな逸品であります。

 寝かせるとあまりに薄いので、スタンドを立たせて使うのが普段のスタイル。大きめのスタンドと小さめのスタンドが二箇所ついており、キーボードの傾斜が二段階につけられるシステムになっています。自分の場合、椅子が机に比べてやや低いので、キーボードを最大傾斜にして、パームレストに掌の腹をべたっと乗せるスタイルで主に使用中。

 つい最近になって気が付いた(でもIBMのページにはちゃんと解説が載っていた)んですが、Thinkpadにつないだ時しか動かないんじゃ、と思っていたFnキー、他のマシンでも一部だけちゃんと動くようです。
 Fn+F4でスタンバイモード移行、Fn+NumLockで電卓起動。どちらも使用頻度がわりと高めなだけに覚えておくと便利な感じです。まあわりと忘れがちなんですが。特にスタンバイモード。

 ファンクションキーの上あたりに並んでいるボリューム大小とミュートは普通に動作。あたりまえですがマスターボリュームを操作してくれます。特に夜中にあちこちのwebを見ているとき、突然すごい音量でFlashやら作動しはじめたときに重宝しますな。
 そしてボリュームの横にあるAccess IBMのキー、何気なく押してみたらシステム情報が立ち上がりました。うちだけなのか、他所でもそうなのかは、今のところ謎です。

 キーボードは、普通のキーボードと比べると、まあストロークが絶対的に浅いのは否めませんが。出来のいいノートだと思えばさすがに絶品です。強く叩きすぎると早めにキーがダメになっちゃいそうな、不安な感じはありますが…。

 トラックポイントは、なんていう名前なのか、真ん中の窪んだタイプのものをずっと使っています。昔からあるタイプに比べると、こう、あんまり汚れたり指がへこんだりしないのがいい感じで(笑)。人差し指の腹がくぼみにぴったりフィットするので、変にずれたり力んだりもせず非常に快適。
 ネヴァーウィンター・ナイツやリネージュ2といったオンラインゲームもトラックポイントで操作してますけど、キーボードから手を離さないで済むのは実に快適。…リネージュはこないだから「ジョイスティックでプレイしたい」なんて願望が頭をよぎってよぎって困ってますけども。

 ふと思い立って。Aのキーのゴムを換えられないか、と思って裏蓋のネジを全部はずしてみたのですが、どうやらキートップの下のどこかでもネジ留めがしてあるようで、解体できませんでした。今度入念に準備を整えてから、チャレンジしてみたいと思います。…それか、大人しく修理に出します。そのほうがいいか。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種なしねずみ

雄なしで子ども誕生 卵子だけからマウス

 下品なタイトルをお詫び申し上げます。
 なんだかせつない話ですな。あの人と同じ名前かと思ったらメスだったらしいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.19

自然とともに生きると言うこと

 60億の人間に分配できる自然など、もはや地上には存在し得ない。
 自然と一体化する。自然とともに暮らす。そんな観念そのもが、ごく一部のエリートにのみ許された贅沢なのではないか。
 自然を賛美する話を聞くたび、そんな風に思います。

 箱舟に乗れぬ報いは 切り倒され食い散らされ
 愛と言う言葉の裏側に 身代わりに捨て去られる
(『地上絵』より)

 デーモン小暮閣下の歌声が脳裏に響きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.18

リネージュ2 : 城下町で気が付くと友人を殴っていた私。

 いや事故なんですよ、ええ。
 リネージュ2、スパイン山脈で蝙蝠を狩って素材を稼いでいたら、アルトヴィント氏からコールが入る。勢いでグルーディオ村まで出て、槍の出物を探してうろうろしている氏と合流することに。
 買い物の情報収集に集中している氏のまわりでしばらく遊んでいたものの、飽きた自分は街の外でそぞろ狩りを始める始末。なんか買い物についてきた子供みたいで我ながらコドモコドモしてんなあ、と自己満足に浸っていると。氏から、盟主の方がグルーディン村にいらっしゃるとの事伺い、挨拶に行くか、との事。

 二つ返事でグルーディンまで20分ほどマラソン大会開始。途中、思ったほど敵にも出会わず、ましてアクティブの敵にからまれることもなく、通行人の人達の装備を見物しながら町の近くまで行ったところで、氏が立ち止まって動かなくなる。

「どうしました」
「…地面見えないんですけど」

 …グラボのいたずらか、空中を駆けていた氏。
 氏が再起動するのを待ち、アドバイスを受け入れてグラフィックオプションを最軽量に切り替え、いよいよもってグルーディン村へ突入。
 あまりの人の多さにリアクションに悩んでいると、後方からかねて伺っていたお名前の方が。盟主のヒルディライザさんに初見参であります。
 ここは込むから、と村の門を避け、村近くの大木の下で血盟加入の儀式を、とやっていたら、承諾したとたんにリネージュ2のクライアントが停止。…あれ? …ちょっとちょっと。…おいおい。
 数十秒の間まったくうんともすんとも言わず、タスクマネージャを起動したり色々していたら、2,3分もしたあとようやくまた画面が映り…

 紫ネーム(他のプレイヤーを攻撃しているとなるステータス。PvP状態)の自分が、何故か素手でアルトヴィント氏を殴り続ける光景が。

 たぶん自分が一番びっくりして動作停止。クライアントがフリーズしていたことをあわてて説明する。どうもチャット入力中に、何かを承諾したり加盟したりするとそういう症状が起こるらしい… んですけど、なんでまたアルト氏を殴ってたのかはまったくの謎。
 盟主にご挨拶するのに抜き身ぶら下げては失礼だろう、と武器をしまっておいたのが、まさか本当に功を奏するとは思いませんでした。妙なこだわりは持つものだ。

 ごたごたのあげくクランに加えていただき、この近くで相応しい狩場は、と言う話を伺う。廃都がいいのでは、と言う話を聞き、廃都がどういうものかわからないので、ついていって教えてもらう事に。起伏のはげしい地形を超えると、そこはゾンビやスケルトンが徘徊する地域。
 ああ、廃都って感じだなあ。と思いつつ、ヒルディライザさんに周囲の敵の強さ(自分から見ての相対的な強さ)を報告していると、近寄ってきたゾンビにアルト氏が襲われる。…襲われて… 死んでるし!? 何事!?

 即死攻撃ありなの!? とか本気で焦っていたら、どうも原因は違うところにあったらしく。アルト氏、移動中に高いところから転げ落ちて落下ダメージを受けていたようです。そこにゾンビの一撃を食らって即死、と…。

 レベルが下がったと嘆くアルト氏を囲み、ヒルディさんが殴られているあいだに残りの二人が攻撃、と言うスタイルで、自分よりもレベルの高い敵を刈り倒す戦術に出た一同。黄色や限りなく赤に近い(自分から見ると相当に強い、ソロだとまず勝てない)相手を次々なぎ倒すのはなかなか快適。
 そうこうしているうちにアルトヴィント氏のレベルも18に復帰。葉月さんのPCであるところのマリンカリンさんも合流されて、柵にもたれてスケルトンを殴り倒しながらしばし歓談する一同。

 夕食と言うことで、途中ワープしたり行方不明になったりするアルト氏を見守りながら、一同解散いたしました。早くレベル20になるように、との激励と言うか命令と言うか貰ったことですし、頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.17

残る二名も無事解放 : 邦人人質事件

 残る二人のメンバーも解放される。

 まずなによりも無事を祝うと共に、人はその立場から離れて行動することは出来ないのだ、と言う事もまた思い知らせてくれた話だと思います。
 その意図や行動がどんなに立派なものであれ、日本人であり日本国民として行動している限り、その所属する集団に影響を与えない訳にはいかない。日本政府には自国民を見捨てると言う選択肢は存在し得ないのです。そりゃこの人だってキレるわなってな感じで。

 特にボランティアの人達の行動が現地での日本人の評価を高めていることは間違いないでしょう。ちょっと前までよくあった、「旅の恥はかき捨て」を海外旅行で実践した日本人が、日本人全部の評価を落っことしたことの、まったく正反対が起きているんでしょう。
 そんな立派なことをしている人達にケチをつけるのは、良識も正気も疑われてしかるべきなんでしょう。僕も当人や家族の人達を前にそんなことを言える度胸も正統性もありません。

 僕の言う事は正しくも倫理的にも間違っててディスプレイ越しに物事を見ている現実を見ていない平和ボケの意見なんでしょう。なら言いますが、目的は手段を正当化はしないはずです。
 今回救出された五人の人達の取ってきた行動に、賛成はしません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.16

火事で重体の漫画家・横山光輝さんが死亡

火事で重体の漫画家・横山光輝さんが死亡

 いろんな意味で、4/15は忘れがたい日になってしまった様です…。

 新作アニメの鉄人28号がこれまた素晴らしい出来なだけに一層こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.15

人質無事解放

<イラク人質>日本人3人を解放 アルジャジーラに元気な姿

邦人人質3人解放を政府が確認、ヨルダンに移送へ

人質解放に安堵 政府、拘束経緯を解明へ

 MXテレビで阪神広島戦を見ていると、いきなりだしぬけに臨時ニュース。
 「うおッ」とか叫んで家族のところに行って固唾呑んでテレビ見てました。

 あと二人の人は大丈夫だろうかと思いつつ。この状況のために努力したり又はさせられたりした日本とイラクとアルジャジーラとその他の人達に敬意を表し、頭を垂れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法学園アヴィリオン

ブイシンク、FOMA 900i用MMORPG「魔法学園アヴィリオン」
クローズドβテスターを先着順で募集

 携帯電話でMMORPGと言う試みも無謀でステキですが、アバターレンタルシステムが面白げ。
 要するに、プレイしていないあいだの自分のキャラが、他のプレイヤーのパーティメンバーとしてレンタルされるシステムのようです。

 オフラインのあいだキャラクターが何か活動している、と言うシステムがいかにも面白そう。他のMMORPGと時間がかぶることもないでしょうし、ちょいとベータに行ってみたい気満々です。

 公式ページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.14

病棟の夜、眠りの朝

 いろいろあって深夜に病院に呼び出され、戻ってくるとはや朝。
 会社に事情を説明するのもわずらわしくなり、カゼひきましたとか言い訳して午前中ぐうぐう寝てから出勤する。

 なんとか大丈夫そうなのが安心の種なんですが… ううん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大航海時代online

コーエー、「大航海時代 Online」の発表会を開催
日本以外はクライアントを無料配布、2004年冬正式サービス予定

 おお、きたきたきた!
 公式ページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.11

他人事として物事を捉えるのは本当に間違いなのか? : 邦人人質事件。

 解放報道が流れた事を一つ喜びたいと思います。「おおおー!」って感じで。
 次は本当に解放される事を、その次は真相が明らかになることを。そしてその次は、同じような事件がまた起きないような状況になることを願いたいと思います。それが自衛隊撤退になるべかどうかはまた別として。
 この状態に至るまでの、日本とイラクとカタールと、やや控えめにアメリカの人達にも感謝を捧げたいと思います。

 報道2001で煽りに煽ったオープニングのあと「大きな動きがありました」と、ネットでは既に既報の人質解放のニュースが流れる。
 混乱しているのは仕方ないんだろうけど、いかに煽ろうとしているのか、番組の作り方が判りやすく透けてしまったオープニングではありますな。「タイムリミットまであと13時間、解決の糸口はまだ見えない」って直後に「大きな動きが」ってどうかなあって。

 この件で反戦系のブログの人達の意見をあちこち見ました。コメントなりトラックバックなりつけるのが見てそれについてコメントする以上は礼儀だと思うんですが、おっかないのでやりません。笑うなら笑え。
 だからリンクもトラックバックもしないし、特定のサイトの名前も出さない方向で。

 ただ「他人事として今回の事件を考えるのは間違っている」と言う意見は完全に正しいのかどうか。と思います。自作自演の意見と同じくらい間違っている(個人として自作自演の方は「説得力のある間違い」だと思いますが。思考法のチェイサーとして非常に重要だと思いますし)。
 今回の解放報道に関しては、家族の人達やその同僚の人達、それに関係の度合いがさまざまの人達の個人的な働きかけ(アルジャジーラへのメールとか)が大きな役割を果たしているようです。上記の考えが間違いとは言えない。
 と言うよりも、個人の考え方を束にすることが圧力として、短時間に効率的に本当に駆動した、そんなケースのさきがけになるのかも知れません。
 ならばそんな中でも。一歩引いて見ることをモニター越しの意見として決め付ける事はやはり間違いだと思う。当事者とは違う立場だからこそ、当事者と同じ感情になることは決して出来ない事を忘れない事。モニター越しに見ていると言う意識を忘れて過剰に感情移入するのではないか。と言う意識を忘れない事。そんな考え方も重要だと思うのです。

 自作自演ではないとは思いますが、韓国人牧師一行の例から考えると、身代金交渉に切り替えた、と言う考え方はある程度あるんじゃないかなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.04.10

秋葉原の三人男

 ひょんなことから、風花店長とおねむのくまった氏とで、秋葉原オフ会と言うか春の買い物アイランドキャンペーンと言うか、そういったものを急遽開催することに決定。前日の深夜に。

 とにかく時間通り起床して、待ち合わせ場所に向かう最中、風花店長から電話が入り「二度寝した」との由。待ち合わせ時間を変更して移動再開、する途中、駅でへんなものを発見。

2004041001.jpg

 …スーパーベルズ?
 思わず窓口の駅員さんに「パスネット一丁。レオレンジャーのやつお願いします」と衝動エフェクトしたのち、今度こそ移動再開。…ブルーが新型車量でイエローが元からあるタイプの車輌、それでレッドは特急レッドアロー(正確に言うとニューレッドアロー。但し車体の下半分は従来のレッドアローを流用しているとか言う話もあるが)なのであろう。うむうむ。

 納得しているうちに秋葉原へ到着。ベッカーズで900iのマニュアルを読みながら時間をつぶしているうちくまった氏から電話が入り、とりあえず二人で合流して駅周辺を合流したりガジェット自慢をしたりする。そうこうしているうちに風花氏も満を持して登場。三人揃ったところで秋葉原を後にする。…後に? え?

 その理由は何かといえば、カノープスのモデルルームを冷やかすため。ではなく、日本橋で九州じゃんがら日本橋店に行く為でした。ラーメンで行列するのって始めてだなあ。とか思いつつ、先輩であるところのくまった氏の助言を聞き入れて無心に食う我等二人。その二人を尻目にくまった氏は替え玉注文したりして余裕なのでした。

 満足して準備も整ったところで、改めて秋葉原へ再出撃。風花店長の新マシンの部品調達のため、チェックリストをつけた店を片っ端から走破することに。あっちで店を探し、こっちで店を探し、くまった氏の土地勘に主に頼りながらあちこちの店を捜索。

2004041002.jpg

 途中見かけた建設中のマンションの風景。ダイビルやこのマンションが完成する頃、秋葉原はまだ電気街でいられるのだろうか。と言うかすかな痛みと懸案を他所に、auの販促のお姉さんの制服について熱く語る風花店長。そしてくまった氏は歩きながらややお疲れモードに。

「服がメインでありますか」
「だって着る人には個体差があるじゃないですか」
「ううむ、予想以上に最低な答え」

 そんなことを言いつつ。あと「あなたが落としたのはこの金のHDDですかそれともこの銀のHDDですか。どっちにしろクラッシュして水浸しだけどな」とか「金のヒートシンクなら欲しいなむしろ」とかそんな話をしつつ。
 全ての店を回り、ついでに探したリアルヴァナ・ディールがかなり強烈に奥まった場所にあることに気付き、滅亡寸前のアソビットシティの凋落に涙を誘われながら、成田さんの新刊
を人数分(既に買っていたくまった氏除く)購入。
 さて価格調査も終わり実際の購入に、と計画は次のフェイズに移行。した瞬間、目をつけていたグラボがいきなり売り切れていると言うショックに見舞われるものの。計画を小幅に修正(したらしい)し、まとめての調達で、秋葉原半周ほどで購入は終了。
 「こんなとこにイエローサブマリンがある」などと驚きながら入った喫茶店で、CDだとか「リーグ」のコミックだとか、GK21(チェコかどこかのアサルトライフルのことではなくアニメだったらしい)のDVDだとか現金だとかを受け渡し。PBMのことだとかムラマサ見てたらノートが欲しくなったとかデジタルガジェットの話とか成田さんと猫の日記を見たりして数時間。

 外が暗くなり寒くなってきたところで、店を出て。それぞれ一同、電車で流れ解散でありました。一日歩いてひさびさに脚が疲れたけど、でも楽しかったなも。
 そして次はオンラインでNWNのセッションをする我々です。そも、風花氏の分のSoUを確保するのも目的の一つだったわけですし。
 やあれ、こんな珍しい日もあるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邦人人質事件。

 家族の人の心痛はいかばかりか、関係者の人達が自衛隊の即時撤退を訴えるのは人情から言って当然のことであり、僕もたとえば兄とかが誘拐されれば間違い無く訴え叫び吼え猛る事でしょう。

 しかし関係者でもまして肉親でもない人間がすべきことなのは、肉親や関係者の気持ちが判ったような気分になってその声を増幅する反響板になることではないはずです。

 他人の気持ちを理解することは絶対的に出来ないのです。それはだから理解しなくていい、と言う事ではありません。理解する努力を止めてはならない、しかし「絶対にその気持ちには一致することはありえない」と言う視点を見失わない事であり、一緒に嘆くのではなく、状況をどうすればいいのかを、違う立場であるからこそ考えるべきなのです。

 「他人の気持ちが理解できないなんてことはありえない」との反発は当然あるはずです。しかしそれが、現実の人間、事件の関係者に対して、あたかもドラマの登場人物に対するがごとく『感情移入』すると言う意味においてなのであれば、それは理解しているのではなく、他人の気持ちを楽しんでいるだけだ。としか言いようがありません。現実のニュースを消費され忘れ去られる娯楽として捕らえるのであれば、それは全く肯定されるべき考え方なのですが。

 さすがにあちこちのblogでこのニュースについての書き込みを見受けますが、サイレントヴォイスさんの記事に深く頷くところ多でした。見ず知らずの方ですが、リンクさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.09

風の吹き跡。

 風の吹き跡。

 知人の風波氏をblogに引っ張り込むと言うか巻き込むことに成功。あたかも塊魂の如く。
 て言うか一週間前に巻き込んでおいて今の今までほったらかしと言うところに、自分の適当さがほの見えて、なんて言うか、衣の下から覗く鎧と言う感じで。そんなに嫌いじゃありません(反省しろ)。

 PBeMでのつながりとか、ネットでのつながりと言うのと、通常日常生活での知り合いがほとんどかぶらない自分ではありますが、その意味では昼と夜の二重生活みたいでややいかがわしい感じもして、そんなに嫌いじゃないですが。氏はネットでも会えば道端でも会う、そんな珍しい知人であります。最近引っ越された由で、さすがに休日油断して歩いてるところをばったり、なんてことは、少なくなるかとは思いますが。

 ネットでの人間関係は希薄であり危ういものであるのかも知れない。それは現実なのかも知れませんが、しかしそれがなければ知り合う事すらもなかった人が世に多く居るのも、また現実。
 そんなわけで知り合いのblogは積極的に紹介していきたいしネタ拾っていきたいとか思った昨今なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本人メジャーリーガー」ということば

 日本人メジャーリーガー。と言う言葉に何とも言えない座りの悪さを感じる昨今です。

 個人的にはジャイアンツの松井は好きじゃなかったけどヤンキースの松井はビバ!最高!てな感じで、要するになんだ君は巨人が嫌いなだけじゃないのかそうなのか、とか詰め寄られそうな感じなんですが、まあその通りなんですが、それはそれとして。

 日本人メジャーリーガーと言う言葉を使う際、篭められる意味はたいてい「野球の本場アメリカで日本人が活躍してるんだぜすっげえ」と言う風になります。人によってはこのあと「ざまあみろ」とか付くかもしれませんが、ここには暗黙の前提として「日本人メジャーリーガー」=「日本人の代表」=「日本人」と言う図式があるわけなんですよね。
 そうなのかなあ。と思います。
 大松井にしろ小松井にしろ、野茂にしろイチローにしろ、脱日本野球、ひいては脱日本人を目指してそれを成し遂げた人達です。日本のチームを出てアメリカに行く際には、チームからファンからマスコミから、否のほうが多めの賛否がいろいろあった。個人的にも、「イチローは器用だから成功したけど松井はパワーヒッタータイプだからどうかねえ」とか散々言ってた覚えがあります。ええありますとも。
 石持て追って出て行った若者が、外で成功すると我等が代表。そんな都合のいい虫の良さ、居直りを常にちくちく感じさせる言葉が、「日本人メジャーリーガー」と言う言葉なのです。

 ささやかなこだわりとして、イチローや大小松井を応援するとき、「日本人」メジャーリーガーではなく、単にメジャーリーガーとして。アメリカの代表であり誇りとして、スーパープレイヤー達を拳ぶんぶん振り回しながら応援したいと思うのです。

 ね。
 今まだこういう問題起きてないですけど、「日本人メジャーリーガー」が、アメリカの市民権とか永住権とか取ることになったら、日本のマスコミは一体どういう反応するんでしょうな。

 やっぱり「売国奴」なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.04

ハバナイスディ

 Domino'sPizzaのチラシで何故かハバネロの名前を確認。
 新メニュー「ハバネロ・ロブスター」に加えて、お好みのピザに暴君ハバネロとコーラ(又はダイエットコーラ)の1lペットがついてくる「暴君との密約」セットが250円也とのこと。
 「暴君」の後にRがついてるのが妙ーにおかしいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リネージュ2 : 豊かなドワーフライフ。

 僕をリネージュに引っ張り込んだ張本人であるところの風波さん。その氏のキャラであるアルトヴィンド氏とあれこれ打ち合わせし、氏にスパイン山脈までお出で願って、共同で狩りをすることに。

 ココログプラスに切り替えたこともあり、マイアルバムのリネージュ2のSS日記を作成。氏とのなんだかんだはこのへんに掲載と。
 これからもリネージュ関連のSSはここに… 権利関係大丈夫なのかな。あとで調べておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四月を期して。

 四月ということで節目です。何か気持ちを切り替えて新しいことに挑戦しなくちゃいけない季節なんですが、三月末からの忙しさを一時期引きずって、あんまり思い切りの良くないスタートでした。

 4月1日はエイプリルフールネタを仕掛けようとして、すっかり忘れていて失敗。PCうぉっちとかブリタニア観光案内所とかのいかれっぷりを見物しておりました。

 4月2日に「諸般の都合により真に勝手ながら本年はエイプリルフールを中止させていただきました」とかやろうと尾思ったものの、時期を逸したと思い、それもロス。

 3日。うらうらと上野公園に出かける。昨日の雨で桜は散ったかしらん、と思っていたら、桜も人もさすがのにぎわいでした。酔っ払いも多し、外人さんも多し。屋台の列がいつのまにか骨董市になっているところがご愛嬌。
 露天骨董屋の店員さんが、外人さん相手に「ワン、ツー、ゼロ、ゼロ、イェン」とか言ってお題を説明してました。なんかすげえパワー英会話。
 帰りに日本橋コレドを冷やかして帰宅。

 帰ってきてからNWNオンラインセッションに参加。全八階のラスカンタワーを殺しては上り上っては殺す大殺戮の道行き… だったんですが、メイジの本拠地だけあって敵メイジの魔法連発はあまりに強烈。こちらにも多くの犠牲者の出る大乱戦でした。
 いよいよ次回から第三章。楽しみであります。

 そして4日。基本的には予定通り家でうらうらしておりました。午後から豊かなドワーフライフを送ったりしましたが、それはまた別伝にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »