« リネージュ2 : 城下町で気が付くと友人を殴っていた私。 | トップページ | 種なしねずみ »

2004.04.19

自然とともに生きると言うこと

 60億の人間に分配できる自然など、もはや地上には存在し得ない。
 自然と一体化する。自然とともに暮らす。そんな観念そのもが、ごく一部のエリートにのみ許された贅沢なのではないか。
 自然を賛美する話を聞くたび、そんな風に思います。

 箱舟に乗れぬ報いは 切り倒され食い散らされ
 愛と言う言葉の裏側に 身代わりに捨て去られる
(『地上絵』より)

 デーモン小暮閣下の歌声が脳裏に響きます。

|

« リネージュ2 : 城下町で気が付くと友人を殴っていた私。 | トップページ | 種なしねずみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/464119

この記事へのトラックバック一覧です: 自然とともに生きると言うこと:

« リネージュ2 : 城下町で気が付くと友人を殴っていた私。 | トップページ | 種なしねずみ »