« ハバナイスディ | トップページ | 風の吹き跡。 »

2004.04.09

「日本人メジャーリーガー」ということば

 日本人メジャーリーガー。と言う言葉に何とも言えない座りの悪さを感じる昨今です。

 個人的にはジャイアンツの松井は好きじゃなかったけどヤンキースの松井はビバ!最高!てな感じで、要するになんだ君は巨人が嫌いなだけじゃないのかそうなのか、とか詰め寄られそうな感じなんですが、まあその通りなんですが、それはそれとして。

 日本人メジャーリーガーと言う言葉を使う際、篭められる意味はたいてい「野球の本場アメリカで日本人が活躍してるんだぜすっげえ」と言う風になります。人によってはこのあと「ざまあみろ」とか付くかもしれませんが、ここには暗黙の前提として「日本人メジャーリーガー」=「日本人の代表」=「日本人」と言う図式があるわけなんですよね。
 そうなのかなあ。と思います。
 大松井にしろ小松井にしろ、野茂にしろイチローにしろ、脱日本野球、ひいては脱日本人を目指してそれを成し遂げた人達です。日本のチームを出てアメリカに行く際には、チームからファンからマスコミから、否のほうが多めの賛否がいろいろあった。個人的にも、「イチローは器用だから成功したけど松井はパワーヒッタータイプだからどうかねえ」とか散々言ってた覚えがあります。ええありますとも。
 石持て追って出て行った若者が、外で成功すると我等が代表。そんな都合のいい虫の良さ、居直りを常にちくちく感じさせる言葉が、「日本人メジャーリーガー」と言う言葉なのです。

 ささやかなこだわりとして、イチローや大小松井を応援するとき、「日本人」メジャーリーガーではなく、単にメジャーリーガーとして。アメリカの代表であり誇りとして、スーパープレイヤー達を拳ぶんぶん振り回しながら応援したいと思うのです。

 ね。
 今まだこういう問題起きてないですけど、「日本人メジャーリーガー」が、アメリカの市民権とか永住権とか取ることになったら、日本のマスコミは一体どういう反応するんでしょうな。

 やっぱり「売国奴」なのかな。

|

« ハバナイスディ | トップページ | 風の吹き跡。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/418508

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本人メジャーリーガー」ということば:

« ハバナイスディ | トップページ | 風の吹き跡。 »