« ヴァイサーガ派だったそうです。 | トップページ | ファミコンミニ ディスクシステムセレクション »

2004.08.10

RSSリーダーの試食

 実は新し物好きの癖に食わず嫌いかも知れない自分。なんだかよくわからない話題は一回スルーしてしまうとなかなか食いついていかない悪い癖があります。
 そんなある日、いつものようにtcup掲示板を巡回していると何やら気になるちっさいアイコンが。
 RSS?
 リンクを開いてみると、なにやらページのソースのようなものがずらずらとページに表示される。そういえばRSSとかRSSリーダーって、しょっちゅう名前聞くけど一体どんなものなのだろう。ニュースグループ(これも一回スルーして以来「よくわからないもの」に分類されてしまったもの)の如きものなのだろうか? ヘビーユーザーではない自分みたいな人間にも便利なものなのだろうか。
 等と思い、ちくちくと調査。ウィキペディアさんによれば、RSSとはページやブログの更新情報を簡単に記述するフォーマット、とのこと。ヘッドラインの如きものでしょうか。と読んでみて、しょっぱなはNetscapeのチャネルサービスだった、と聞いて、なんとなく感じがつかめてくる。
 確かNetscape4.0の頃から搭載されたチャンネルサービスや、同時期にIEに装備されるようになり、いつのまにか聞かなくなったアクティブデスクトップ等は、当時プッシュ型サービスと呼ばれていたもの。普通のブラウジングをプル型サービス、つまり情報を自分で探して引っ張ってくるのに比べ、自動的に欲しい情報が送り込まれてくる、と言う意味でプッシュ型サービス、と呼ばれていた。
 当時はインターネットの大革命みたいな呼称をされていたけれど、いつの間にかプッシュ型サービスと言う単語を聞かなくなったのは、それが当たり前になったからなのか、死後になったからなのか。

 個人的にはiモード(特にiモードメール)はいい意味での理想のプッシュ型サービス、そして今日日々脅威となりつつあるスパム洪水被害は、イヤな意味でのプッシュ型サービスの実現のような気がするんですが、脱線しすぎですね。そうですね。
 とにかくプッシュ型サービス=RSS=「ニュースが押されてくる手がかり」、くらいの理解で、次はRSSリーダーを物色。
 現在、掲示板のチェック用にフリーの巡回ソフトを使ってるんですが、すごい便利なんですけど、これがちょいバージョンが古くてやや不安定気味。teacup掲示板にRSS機能がついたと言うことは、あわよくば置き換えに使えるはず。そんなつもりでまずはここにと、飛び込んだのはココログツール集。一番理解しやすそうだったcococさんをチョイスかつセレクト。

 つまるところ特に悩むこともなくあっさりと動いてくださったわけなんですが、「おおーっ♪」と言う感じでありましたよ。普通に掲示板の自動巡回できる上にblogのチェックまで。まさに驚愕しきりでした。驚くところのレベル低いですか。そうですね。

 本当のところは違うのかも知れませんが、つまりRSSとは自動巡回機能の手がかりにも使えるものだ、と納得し、次はVAIO C1にもcococさんを仕込もうとしている、そんな23時です。

|

« ヴァイサーガ派だったそうです。 | トップページ | ファミコンミニ ディスクシステムセレクション »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/1167595

この記事へのトラックバック一覧です: RSSリーダーの試食:

« ヴァイサーガ派だったそうです。 | トップページ | ファミコンミニ ディスクシステムセレクション »