« windowsでSD-VIDEO形式asfファイルを再生する方法。 | トップページ | 米MS、新キーボード・マウスを発売--指紋リーダー内蔵モデルも - CNET Japan »

2004.09.08

blogを使ってPBeMが出来ないか? と言うことを考えた日。

 いやちょっと仕事が煮詰まってたので。
 普通のPBeMとはかなり違うスタイルのPBeMを作れないか、と言う検討事項。
 スレッド式の掲示板でPBeMのリレーシナリオのようなことをやったことがあるので、それも参考にして。

 まず、マスターがブログを設営する。いたずら防止にプレイヤーしかアクセスできなくするのもいい。たとえば「この記事はこの人にだけ編集を許可します」みたいな柔軟な設定ができると、もっといいんだけれども。

 次にいわゆる行動選択肢と初期情報を兼ねた記事を、選択肢一つにつき一個の親記事を立てることで設置。プレイヤーは一個の選択肢にコメント形式でアクションを書き込むことでアクション成立となる。つまり、かけたアクションは完全オープンになる仕組み。
 当然、後からアクションをかける方が、前者の行動を知って行動できるわけで有利となる。但し、アクションは締め切りまでのあいだ、何度出しなおしをしてもかまわない。それこそブラフアクションを投入しておいて、他のPLがそれに続くアクションをほぼ出し切ったところで、前提を引っこ抜いて新たなアクションを送ってもいいわけである。
 但し判定としては、時間的に前に提出しているアクションの方が常に優先として処理される。同じ行動をしていても、取り掛かりが早いほうが成果を挙げられる理屈である。

 言うまでもなく、アクション締め切り時刻後に送信されたアクションは、どんな理由があっても無効。

 …いたずらやなりすましに対する対策さえ取れれば、面白い仕組みになると思うんだけどなあ。
 どんどん後出しするスピード感で勝負。
 

|

« windowsでSD-VIDEO形式asfファイルを再生する方法。 | トップページ | 米MS、新キーボード・マウスを発売--指紋リーダー内蔵モデルも - CNET Japan »

PBM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/1391154

この記事へのトラックバック一覧です: blogを使ってPBeMが出来ないか? と言うことを考えた日。:

» Play by Weblogを考えてみる [Speakeazy]
Weblogを使って遊ぶ場合、各Weblogをライブゲームの島に見立てる、というのはどうでしょうか? [続きを読む]

受信: 2004.09.15 07:40

« windowsでSD-VIDEO形式asfファイルを再生する方法。 | トップページ | 米MS、新キーボード・マウスを発売--指紋リーダー内蔵モデルも - CNET Japan »