« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004.11.30

さらなる光の力

NTT東日本:フレッツ|Bフレッツ ハイパーファミリータイプ

 シェアする回線の最大領域が1GBになる、と言うことで、一回線あたりの最大通信速度は100MBのままなのですな。
 もっとも状態がどんなに良くても100MBなんか出る訳がないので、上流回線の余裕が出来るのはいいことです。近所でBフレッツ申し込む人が増えた時のことも考えなくちゃだし。

 また工事の人が来るのかと思うと、やや憂鬱ですけども… 前にBフレッツを頼んだ時には、何故か高所工事車輌が三台くらい来て泣きそうになったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うかつなことを言ったばっかりに。

2004113001.jpg

 きのうの話を会社でしたばっかりに、同僚に確保するよう指示を受けましたとさ。
 とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.29

トロールのいる風景 ムーミンズランチ

 会社の同僚の机にきっちり並んでいて、あまりに出来がいいので前から気になっていたシリーズ。
 帰り道コンビニでそれっぽいのを発見したので、試しに一つ購入してみました。

2004112901.jpg

 ムーミンズランチ2

 そうそうこれこれ。
 出来のよさにほれぼれしたのはいいものの、ムーミンをそろえるのもなあ… と思案投首。
 結局母に献上にすることにしました。

 あ、一個\252-也であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.28

ミスラの不思議な旅 : お見送り。

 プロミヴォン=メアに出陣する、mixiのコミュニティの皆さんをお見送り。
 行きたかったんですが、手伝わなくちゃいけないことが色々あったそんな日だったので。

 こういう「ただ見送る」だけでも結構楽しいのが、MMORPGの不思議なところかも知れません。

2004112801.jpg

 待っている皆さん。
 話題はやはりニンテンドーDSやPSPのことに。

2004112802.jpg

 ミスラな人達。

2004112803.jpg

 参加者一同様。総勢12名の2PT制。

2004112804.jpg

 そして皆さんは戦場に向かわれました。
 ぽつーん。

 マウラに寄って、ライチャード氏に配達してから帰りました。
 皆さんの首尾の程、如何だったのでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ

 血液型番組:「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ

「ほとんどの番組は、いい加減なデータでレッテル張りをしている。血液型という生まれつきのもので他人を判断することは不当だ」

 「でもなにか関係があると思う。実際に身内だと当たっているし」と言う人は、「血液型で性格が決まるのではなく、『この血液型はこういう性格だ。そうに違いない』と言う周囲の思い込みや期待が、子供の頃からその子の性格決定に影響を与えている可能性は無いか」と言う事について思いを馳せてほしいものです。

 子供心に何か根拠のあるような事を言われて「この子はきっとこういう性格だ」「こういう性格に違いない」といわれ続ければ、自己実現して本当にそういう性格になる方が自然だと思う。生まれつきがどうかとかは、この際関係が無いのだと。

 例えば、友人で血液型が不明だと言う人が居た(調べたことがないらしい)が、この人の性格はどうなるのか。

 有名な話で、骨髄移植を受けると血液型が一部変わるが、こういう人の性格はどうなるのか。移植を境に性格が変ると言うのか(骨髄移植と言う生死に関る経験をすれば、多少性格に影響が出るのはむしろ当然として)。

 「こういうのは話の種で言っているだけで本気で信じているわけではない」と言う人も居ます。その精神的な強靭さには、正直頭が下がります。
 自分はそういうものに影響を受け易い、知らないうちに心のどこかで本気で信じてしまいかねない、と思うからこそ、否定的な証拠を集めて理論武装しようとしている訳で。A型のやることですから見逃してやって下さい信奉者の方。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ザッシュより地球人へ

 ザッシュより地球人へ かわいそうな地球人たちへのメッセージ

 またなんかフライハイなの発見。
 物事は始めるより終わらせるほうがずっと難しいと言いますが、行く末を片手間に見守りたいと思います。

 …て言うか荷造りして帰っちゃうみたいですけど… えええ!? 終了!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.27

スカイキャプテン

 1939年、N.Y.を謎の巨大ロボットが襲撃-
 応答せよ、スカイキャプテン、応答せよ!!

 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 公式ページ

 町角でポスターを見たときから「やっちゃったー!」という雰囲気をひしひし感じていた映画。どんなものすごい代物だろう、とわくわくしながら本日見て参りました。

 1939年、曇天。雪のニューヨーク。ヒンデンブルグ三世号が超高層ビルの天辺に連結する(本当)中、またも発生する世界的科学者失踪事件。部長の心配をよそに事件を追う敏腕女流記者の前に現れるは、空を覆い地を埋め尽くす不気味なロボット軍団だ。
 警察のタンクも歯が立たない(一部嘘含む)怪ロボットの侵攻に、摩天楼の命運もここに尽きるやとその刹那。見よや指させ彼方の空を。覆う黒雲切り裂いて、空から来るP-40。我らが勇者、スカイキャプテンの登場だ!
 操縦技術と愛機の力が難無くロボットを撃退するが、敵は黙ってはいなかった。鍵を握る科学者に、基地に仲間に群れ為す敵の魔の手が迫る。スカイキャプテンの運命や如何に!

 と言う感じで、メカ戦、秘密基地、秘密兵器に心強い味方。秘境探検に卑劣な裏切り、狂気の天才科学者が企む大陰謀、と。全編覆うノリはまさに冒険少年探偵小説の世界。押川春浪原案とか横山光輝先生原作、とか言われたら思わず納得しそうな。鉄人28号と言うか海底軍艦と言うか、とにかくそういう世界です。
 レトロフューチャーと言う表現はなるほどと思います。スチームパンクが19世紀の皮をかぶった世紀末小説だとしたら、これは魂までも古風。古臭さを残したままにしたことが、話の軽さも合わせて気張り過ぎないいい雰囲気になっています。

 ビジュアルイメージはそのくせ豪華。脳内の具がほどよくはみ出てている感じで、現実味とはかなり異なる「この世界のリアリティ」に堅苦しいほど忠実です。冒頭のニューヨーク、どこか霞のかかった光と闇の強調されたセピアで薄暗い世界。世界に冒険が広がってい行くうち、いつのまにか広がっていく色彩、鮮明になっていく画像。イメージをそっくりそのまま画像化したかのような、ミニチュア感溢れる世界はとても心地よいものです。長距離を移動するシーンは、一度は見てほしいです。なにーって感じで。

 重厚なビジュアルと、古く良く、軽くちゃかちゃかしたシチュエーションコメディっぽくもある物語仕立て。きっと映画サイトの評価では1つける人も多いと思いますが、僕は好きですなこれ。ひどく好きです。きっとDVDも買う。

 …それにしても、アンジェリーナ・ジョリーが、メイクのせいかきんどーちゃんに見えてしょうがなかったです… 何故だ。唇のせいか。

2004112702.jpg

 なぜか懐かしのソフトグライダーもついてきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

くどくどと言っていたわりには

2004112701.jpg

 割とあっさりと買ってきている自分。ダメかも。ダメなのか。
 一緒に映っているDVDはヨドバシで買ったらついてきたもの。はて、何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.26

明日はドラクエの日です。けど。

 しかれども気持ちの今一つ盛り上がらぬ輩がここに一匹居ります。むむう、このままだと買いそびれて家に帰りかけ、やっぱり帰り道急激に欲しまって最寄のコンビニで買おうとし、結局買えずにふてくされそう。何でしょうかこの細かさ。

 そういえばドラクエ7の時もあやうくスルーしかけたかなあ… とか。
 FFX-2も買ったけどたぶんプレイ時間一時間にも達していないなあ… とか。
 スーパーロボット大戦の新作は事前情報は頭悪い程チェックするくせに結局クリアしてないなあ… とか。
 …まさか買ってきて開封してないゲームはないよな… さすがにそれは大丈夫。しかし兄にメトロイドを巻き上げられたままであることに、今気付きました。

 やはり自分、ゲーマーの看板は随分前に下ろしてしまっているようです。そうさ僕は退役ゲーマーさ。
 MMORPGは滞在時間はあっても、何故かレベルも上がらなければ進展もなかったりします。人間観察、と言うとなんかすげえ偉そうですが、人が通り過ぎていく、そこここで何か話をしている。その風景の一部になっているのがなんとなく楽しい、と言うか。
 雑踏をただ散歩して、色々な人が行き交うさまを、ただすれ違うのがやけに楽しいことがありますが、その心理なのかも知れません。

 昔の吉田戦車の四コママンガが頭を過ぎります。ポストペット開発のきっかけになったとか言う奴。

「しなくていいゲームはないかな」
「ゲームをやりたくないんですか、ドクター?」
「いや。やりたいんだ。やりたいんだけど最近やるのがおっくうなんだ。だからさあやろうと思ったとき、やらなくてもいい、そんなゲームはないかなあ」

(うろおぼえ)

 決して説明できないけれど、妙に判るような気がするこのニュアンス。
 …好きなものを好きかどうかも判らなくなると言うのは、あれでしょうか。魂が衰えるとかそういう奴でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.25

ノストラダムス戦慄のブログ

So-net blog:ノストラダムスブログ

 先生、お忙しそうな様子だと思ったら( 参考画像:GAME Watch )、新連載を始められたようです。

 もうそろそろみんな忘れてあげてもいい頃なのにあえてこんなネタひっぱってくるあたりがたまりません。
 なんか一コマ目がオチと言う感じですが、どこまで引っ張って走り続けるのでしょうか。
 皆さんは細木数子女史を引き合いに出しますが、やはりここは五島勉先生辺りにコメントを入れてみていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティーン・タイタンズ!

 カートゥーン・ネットワークで、22日からティーン・タイタンズの日本語版を放送しています。
 録画だけセットしていて見てなかったんですが、オープニングだけでも見てみようと再生してみてびっくり。歌が日本語? しかもどっかで聞いたような脱力系の歌声。

 なんとびっくりPuffyでした。

 Puffyアニメ、全米でスタート ( Planet Comics.jp )

 本国版ティーンタイタンズのサイト。Themeのところに、確かにPuffy AmiYumiって書いてある!

 とのことで、この方たち今アメリカで大人気なんだそうです。そんなことになってたんだ…。

 スタイルは日本にいる時そのままで、派手な登場ではなかったものの、ある種のリスナーの心をゲット。

 ある種?(笑)

 カートゥーンネットワークといえば、KNDハチャメチャ大作戦も気になっているけど結局見ていない作品の一つ。
 カートゥーン横丁さんに詳しい解説が載っていたんですが、うーわー面白そう。
 ナンバー1の紹介はツボに来ましたヨ。それじゃダメだろ、みたいな感じで。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

色々の意味で聖なる土地

 あした休みだから少しくらい長居してもいいか、と思ったチャットが、不意に蟹の打ち上げチャットのようになり、予想外の長居。楽しかったけど寝て起きたら案の定すごい時間でした。

 午後からのろのろ起き上がり、どこともなく外出。お茶の水で降りたら、秋葉原で工事しているタワーがかなり出来て来ているのが見える。そういえばもう何カ月も行ってないなあ、と思い、聖橋を渡って移動開始。

2004112301.jpg

 途中、湯島聖堂の前を取り掛かると「神農祭」の文字が。気になって緑の敷地内をさくさく散歩。孔子像の前では、外国人の旅行者とおぼしき人に、ガイドさんが孔子の説明をしようと一生懸命になってました。しまいに「フェイマスチャイニーズ」って言ったら旅行者の人は納得してたみたいですが、大丈夫だったのか。
 神農祭はいわゆるお祭りではなく、本当に粛々と祝詞を捧げる類いのものだったようで、行ったらもう片付けの最中でした。毎年秋に行われているのだとか。人に百薬を教えたとされる技術の神たる神農さんが、湯島聖堂に間借りしているというのもおもしろいものですな。そうそう、絵馬が下がってましたけど、牛面人身、ミノタウルス風の神農さんではなく、赤ら顔の老人という普通の人の絵姿でしたよ。

 何げなく秋葉原に行って適当にうろうろしていると、ツクモロボット王国の入ってるビルにたどり着いていました。通り過ぎるべきではない、と思い三階へ。いきなり2体のKHR-1のお出迎え。
 実機の展示があったり、レゴのマインドストームがあったり、実際に使われたものと同一なのかロボワンドアの実物があったりもちろんビデオ上映があったりと、静粛ながらも異質で熱い空間。わけても印象的だったのは、むかし古本屋やゲームセンターによくあったようならくがきノートがぶらさがっていたこと。客層の雰囲気を感じます。
 中で見かけて驚きかつうれしかったのは、アクリルのボディにシャフトで動力を伝達する四足歩行ロボットのキットが展示されいたこと。もうものすごくむかし、近所の図書館で見かけた「アクリルロボットの作り方」と言う本のことを思い出しました。その本に載っていたのと、ほぼ同じもの。おおお。

 何も買わずに帰るのも失礼だと思い、ロボワン委員会作成の二足歩行ロボット製作ガイドを入手。…ううう。やってみたい。滂沱。

 帰り道にVAIOのGT-1(中古)を久々に見て、パーソナルキャストの思想はBLOG全盛の今ならもう一度生きるなあ、と思ったり、スーパーロボット大戦GCのデモ映像で引っ掛かって止まったりする。進歩ないぞ自分。

 秋葉原の風景はなんかそこはかとなく変でした。携帯ショップのお姉さんがジャンパーの下に着てるのが明らかにエプロンドレスだったり、あちこちでよくSPAMで見る、謎のCATVチューナ売ってたり。

 帰宅途上。ザウルスで日記を打っていたら、どこかの子供が横で「ディーエスだ」言っていた。残念だがそれは違う少年よ。もしそうなら僕だって欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チェイン・オブ・メモリーズのことばかり考えてみた。

 やってない人にはなんのことだかさっぱり判らない話です(汗。

 最初に部屋に入ったら敵を掃討しつくしてから動く。掃討し終わったと思っても部屋を移動して戻ってくるとまた湧くことがあるので、慌てず漏らさず。雑魚はだいたい数パターンの出現なので、最初の部屋を掃討するあたりで、対策を作っておく。
 雑魚は基本的にリロード前に片付けること。地上の敵はキーブレードを投げつけて往復でダメージを与えるレイド系(ファイヤレイド、ブリザドレイド、ストライクレイド等)で掃討。範囲攻撃で、自分の位置が動かないので連射できるのが強み。
 前者は魔法属性なので、攻撃範囲が広くて物理防御の硬い相手にも大ダメージが入るが、魔法を使う敵にはたいてい吸収されてしまう。おまけに一枚目がマジックカードになるため、リロードが出来ないが痛いところ。
 後者は物理属性で、当てた相手が気絶するおまけもつくものの、カード制限が合計24~26と厳しく(9・9・9だと合計27でザンテツケンになってしまうので)、攻撃範囲が魔法系に比べて(縦方向に)やや狭いのが難。ただ使うのがアタックカードだけなので、ハイポーションを組み込んでおけばかなり連発が効く強みがあります。

 空中の敵、及びレイド系をガードする敵は、ファイナルブレイクを主に使用。要求されるカードのコストが全体的に低い(数値で合計10~15)上、基本的に六段ヒット、さらにある程度範囲巻き込みがある上に驚異的なホーミング性能がある(なにしろ中途までヒットしてそのときターゲットした敵を倒したら、画面の反対側まで跳んでいって次の敵に切りかかる)ため、空中の相手への攻撃に最適。ストライクレイド同様、使うのがアタックカードだけのため、ハイポーションで全部リロードできるのも頼りがいがあります。
 似たような数値のカード(3~5、4が最適)を、各種類並べて配置すれば、ハイポーションが無くなって適当にリロードしても連発可能。まだ試していませんが、多段攻撃なのでボスにも有効のはず。試してみます。

 最初に入ったワールドでは、とりあえず宝箱を二回とモーグリを一回は必ず出しておく。ボス前の部屋は「一時の休息」にしておくと、負けたとき再挑戦するのが楽。一度開けた部屋でも、もう一度扉を叩けばルームクリエイトしなおせるので、「安らぎの宝」カードを何回も投入して宝箱を回収したり、敵を掃討しつくした部屋をもう一度エンカウント可能にも出来る。
 ボス戦は… 最終的には何もかも使い切ってカード一枚になり、一回殴ったらひたすらリロード、とか言う事態に陥りがちなので、なんとも言えません(汗。

 只今、七階。がんばるぞう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

OMC受領

 OMCに依頼していたイラストが、本日納入されました。
 以前よりの知り合いには既に言わずと知れた、前に参加していたPBMのPCのイラストなんですが… うおーわーと思わず取り乱すデキでありましたよ。すすす。すごい。
 依頼文等の詳細はこちらに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.21

きょうのワールド☆レコーズ。

 九州大の2325RXvsアド。前回大会の予選一位対決勝一位の組み合わせです。
 アフロまで含めるとイメージより大きいアドに少しびびります。例の拍手→泡吹きコンボを披露。そして一番気になっていた九州大チームの冷却システム、ROBO-ONEの時にはうちわと手持ち扇風機だったものが冷却スプレーになってました。なるほどー。

 勝者アドでしたが、お袋はなんでアド勝つねん可愛いけどさ(意訳)と複雑な感想を述べていました。応援しているのかいないのか。

(11/28修正)

 番組名が力強く間違っていたのを訂正しました。
 …ワールド☆ツアーズってなんですか自分。罰として★★★。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ土日のゲーム事情

 金曜は原稿上げたあとで気がぬけて、だらだらライフを実施。
 帰り道にナイトメア・ビフォア・クリスマスGO!GO!ガジェットのDVDを購入。一枚買ったら一枚プレゼントセールに見事に引っかかりました。一枚あたり1250円だなんて信じられない
 その後、チャットに長居しすぎて、疲れて寝てました。

 土曜日は一日中ダウン。ときおり思い出したようにMaster of Epicにログインしてみたりしておりました。キャラはくなろぐで暴露されてますがエルモニー。いやだって二人ともエルモニーやれって僕に。パンツァ・ダルマ、略してパンダです。

 今日日曜日は、午前中に外出してあれこれ買い物。移動時間にはキングダムハーツ チェインオブメモリーズをぼちぼちプレイ。正直言って最初のハードルが高いですが、デッキの使い方が飲み込めてくると、俄然面白くなってきますよん。現在レベル26。

 ちなみに敵はマップごとに出現回数が決まっているので、腰を据えて殲滅してから次の部屋に移ったほうが効率がいいです。
 後、もう開けた部屋でも、一回外に出たあと扉を叩くと、もう一回ルームクリエイトが出来るようになります。条件のうるさくない扉を使って何回もルームクリエイトしなおすと、あまりがちなマップカードを活用できて便利。と言う事実に僕は全く気付かなかったのでここに書き記しておきます。

 午後からはCancer Rexのまとめ作業。総集編的リアを製作してUPしました。
 さてタルザニアの総集編ももう時間がないぞと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

あしのないくも

 mixi内のかなりばかな話を発火点にして、文章を一本書いてみました。
 われながらよくわかりませんが、とりえずかわいそうな話のように読めます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.19

"Cancer Rex"最終回公開

 大幅に遅れた自家製PBM、通称”蟹"ことCancer Rexの最終回を、きのうようやく公開できました。
 人生が航海だとすれば〆切は呪いのかかった碇だと誰かが言ったように(大嘘)、重荷だけど楽しい、楽しいけど重荷、遅刻をしてからはなおさらそうな運営の終了。まあ実際にはまだ仕事がいろいろあるんですが、印象深いものがありますな。

 普通にプレイヤーとして参加していたベルファセットの剣影も、前回が最終回。
 孤児院・エルロイの家の孤児だったオルファも、思いもかけず10年後まで話が跳んだりして。なんていうかもう、予想を超えて満足な完結。

 まだ総集編の投稿もありますゆえ。飲酒などしながら考えてみたいと思います。
 それにしても楽しかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

自分vsバス

 今朝のバス。運転手さんが停留所を一個飛ばした様子。車内表示も一個ずれたままだった。
 ずれた直後の停留所で降りてしまったが、運転手さんはどこで気付いたのだろうか。興味は尽きません。

 どうやら二勝一敗となった様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクウェア・エニックス、「ファンタジーアース」の最新スクリーンショットを公開

スクウェア・エニックス、「ファンタジーアース」の最新スクリーンショットを公開( GAME Watch )

 これも気になりますな…。
 パーティを組んで戦闘を繰り返す、と言うリニアな楽しみ以外にも(いやそれがいやだと言う訳ではないんですが)、いろんな遊び方の出来るゲームになってくれるとよいのですが。
 パーティを組む、と言うだけでどすーんと気が重くなり緊張するんですが、それはMMORPGに向いていない性格だと言う気がしなくもなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男臭さ:原因物質はアンドロステノン ライオンが特定

男臭さ:原因物質はアンドロステノン ライオンが特定(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

 “男臭さ”の原因物質は、男性ホルモンが化学変化してできる「アンドロステノン」。興奮時や緊張時に脇の下などの汗腺から分泌される。思春期から壮年期の男性の分泌量は女性の数十倍になる。「運動部の部室のような汗臭さ」(同社女性社員)がする。

 こういうときこそあの台詞。『な、なんだってー!?』
 それにしてもアンドロステノンとは、こういってはなんですが名前からして結構キツそうな感じですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

メキシコ人装った空き巣容疑者逮捕 間違い国歌見破られ - asahi.com : 社会

メキシコ人装った空き巣容疑者逮捕 間違い国歌見破られ - asahi.com : 社会

 前にもこんな事件があったような。と思ったらニュースの中で言及されてました。
 間違いだと言う事が取調べの席ですぐ判った辺り、国家を歌うのは国籍特定の手段として認知されてるみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その名は901- ドコモ、新型FOMA端末「901i」シリーズ発表

ドコモ、新型FOMA端末「901i」シリーズ発表(ケータイWatch)

 iモードFelicaの搭載が目玉になる、と思っていたんですが、どうやら五機種のうちニ機種には搭載されないようです。
 搭載型はF、N、SH。非搭載型がDとP。P900iを使っている身としてはちょっとばかり残念なお知らせです。

 分けても注目はSH901i。ニ軸回転カメラやドキュメントビューアと言った900iの特徴に加え、シャープだけあって液晶の画質をさらに向上。さらにはどうやらmpeg4エンコーダらしきものを内蔵させたらしく、本体にビデオケーブルをつなげて、miniSDカードに直接録画可能と言う荒業をやってのけるようです。iアプリで録画予約まで出来るのだとか。おまけにFelica対応。力技にもほどがあります。
 それにしてもカーディナルレッドの格好良い事。赤との対比で黒がさらに映えますよ。しかも黒いところにはドットらしきモールドも見受けられます。これはこれは。

 Dはスライド式端末。ソフト面ではF901iとよく似ていると言う記事が。ソフトを共同開発しているとのようで、どうやらD901iとF901i、丁度N900iとP900iのような関係にあるようです。
 Fはお家芸の指紋認証と背面有機EL液晶を搭載、クレードルにUSB端子を搭載しカードリーダーいらずの一品。
 Nはテレビ電話機能強化とのことですが… 他に比べてちょい地味かも? アークスタイルは相変わらず、本体が抗菌コートされているとのことで手触り感が気になります。
 最後はP901i。カラーバリエーションは4色になり、カスタムジャケット装着可能の特徴も継続。901iではカスタムジャケット無しでも使用可能とのこと(900iだと、カスタムジャケットを外すと液晶が剥き出しになるのです)。
 ただ900iと901iはカスタムジャケットに互換性はないとの由。まあ、写真を見ても明らかに形が違うので無理っぽいです。

 またiモード全体として、添付ファイルのサイズ制限がゆるやかになり、画像や動画のやりとりがよりスムーズに行えるようになるようです。通信料は通信料ですが。

 年末に向けてこれからまたぞろ情報が出てくることでしょうが、待望の複雑系携帯の行方に注目したいと思います。

 …かえすがえすも、P901iがFelicaに対応してくれればなあ。発売日に行列までしたPなのに。
 くそうくそう。SHに浮気しちゃうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.16

悪魔の埼京線

 今日びっくりしたこと。
 朝方ラッシュの埼京線から首を持った人が降りて来ました。いやもちろんマネキンの首で、反対側にギターっぽいものを抱えて居たので小道具だろうとは思うんですが。朝っぱらから剥き出しで首。しかも小脇に抱えるとかじゃなくて、なんていうか手のひらの上に捧げ持つスタイルで首。
 朝っぱらから肝を冷やすと同時に、これが新宿じゃなくて池袋だったらデュラララ!ネタになったのになあ。と一寸がっかり。

 首のことさえ別にすれば、すっきりと涼しい青空で、バスも昨日と違い快調です。こんなスムーズに行くなんておかしいな。と思って居たら、一瞬油断した隙にバス停を一個乗り過ごしましたよ。

 …バスとの対決はまだまだ続きます(現在二敗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.15

PSPを見た! Zenに触った!

 今日は。最寄りの駅から会社まで30分かかりました。
 そのうちの15分はバスを待って居たという… バスおそるるべし。バス侮るなかれ。

  何げなく一日仕事を済ませ、ワンピースの意外な展開に驚いて居たら。なにやら新宿の中央通路のあたりに警備員さんが立っていますよ。
 何だろう?と思い近寄って見ると、壁に何やら小型の液晶が。はた、と数日前に見たニュースで、駅構内で実機を展示しますと言う話があったことを思い出し。さてはさてはとにじりよって見たところ、やっぱりPSPの実機でした!

 エンドレスに各ソフトのムービーを流すそのさまは、当たり前ですが引っ掛かりも一切無く実にスムーズ。アクリルのケースで半分壁に埋め込まれるようにして展示されて居るので、触るどころか裏面を見ることもかないませんでしたが。映像の合間合間に、メモリースティックDUOのアクセスランプが赤くちかっと点灯するのを見ると、おおおお動いてる、とへんな感慨を覚えます。そんなところに。
 上下左右と○△□×の各ボタンはクリアパーツ。下の筺体の黒が透き通ってなかなか奇麗です。LRボタンも雑誌の写真だとどこにあるんだろうと言う感じでしたけど、実は結構大きかった事が分かります。横の「耳」のとこの上についてる感じですね。
 アナログスティックは滑らせるタイプと言う話でしたが、はてあの表面のモールドどこかで見たような、と考え、はたと推測に到達。あれはまるで、そう。でっかいトラックポイントと睨みましたよ。トラックポイント派に思わぬ朗報です(夢見過ぎ)。

 全体のイメージはやはり「細長い」と言う感じ。横からちょっとだけ見られましたが、厚さは二つ折の携帯を畳んだくらいのようです。液晶画面の横長さが細長さを強調するのかも知れません。…指紋がつくか気になったので、触れなかったのは心残りですね。むー。

 ちなみにリッジレーサーV、もしぴったん、みんなのGOLF、どこでもいっしょのデモを確認しただけではやっていました。永瀬女史らしきシルエット(というか目)も一瞬。写真を撮りたかったんですが、警備員さんの目が痛く、カメラを取り出すことすらなく断念。しょうがないんです人として。

 すっかり気をよくしてビックカメラに行ってみたら、やはり予約受付未だでした。始まった瞬間に締め切られそうで怖いなあ。
 そのビックで今度は、SL-C3000とZenの実機にご対面。SL-C3000はデモで動画再製をしていましたが、見慣れた750にも勿論劣らぬ様子。聞けばチップの変更で描画性能はややおさえめになっているようですが、ソフトの改良でMPEG-1動画やWMA形式の音声も再生できるようになっているようです。むむう、こういうとこもっとアピールすればいいのにな。
 一方のZENは、でかい&分厚いと言うのが第一印象で… あー、先にPSP見てしまったのが身の不幸かも知れません。こっちは触れたんですが、ボタンのクリックが固いなあとか、画面がやや暗い(もとの画像が暗かったんでしょうが)なあとか、分厚いなあとか分厚いなあとか分厚いなあとか、なんか妙にネガティブなとこが目についてしまいました。
 もっとも動作そのものは、ちょっといじっただけでコツがつかめるほど簡単そう。近日入荷予定になっていましたが、これも楽しみな一品です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

相手が悪かった!勝ノ浦親方殴打の男逮捕 福岡

相手が悪かった!勝ノ浦親方殴打の男逮捕 福岡( MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件 )

「むしゃくしゃしていたのでやった。誰でも良かった」と話しているという。

 って言ってもいくらなんでもなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボットバトル世界一決定戦!第2弾

『ロボットバトル世界一決定戦!第2弾』(ワールド☆レコーズ)

 ワールドレコーズにROBO-ONE再び。なんかROBO-ONE Specialの次の日か何かの収録だったようで、そりゃお疲れだよなあと言う感じ。
 マジンガアとアリウス2の対決、勝者はアリウス2でした。

 アリウスの頭はツノなのか鼻なのかそれともドリルなのか、そこのところの話があったようなんですが聞き逃した様子。ううん残念。

 来週は九大天王(違)と泡吹きアドさんが出ますよー。予告を見ているとスタジオで泡を吹いていたようなので、こりゃ楽しみですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

すーぷかれー?

 とんとろ豚まんを買いに行ったサンクスで、勘定を済ませ振り返った瞬間に発見したアイテムそれは。

2004111305.jpg

 マジックスパイスですって?

 …本物のスープカレーにありつけないうちにこんなものを発見してしまうとは。不覚(なのかなあ)。

2004111306.jpg

 黒い袋はお好みに応じて入れて下さいのスパイスだそうです。
 ちなみに辛さは「涅槃」級とのことですが… どのくらい!? 涅槃ってどのくらいなんですか!?(汗

 ちなみにハバネロは入っていないようです。
 びくびくしながら食べてみます。

追記(2004/11/23)

 MaeMuki.comさんからトラックバックを頂いたのを機に、あれこれ調査。

レビュー:
レトルトカレーミュージアム
公式ページ:
なし

…いや本当です。サークルKサンクスの公式ページにも明治製菓にもニュースリリースすら。謎。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

とんとろとろとろ

 妖精日記さんの記事を見て、かなり食べたくなった、とんとろ豚まん
 おとなりの駅にサンクスがあったはず、と出かけて買って参りました。

2004111302.jpg

 本当は三つ入手して「ぴらみっどー」とかやりたかったんですが、丁度二つしかなく断念。
 しかしレジの次の人もとんとろ豚まんを所望していたので、そそくさとその場を立ち去りたい気分でした。

2004111303.jpg

 後ろから見るとしっぽもありますねー。

2004111304.jpg

 さっくり。

 中身は中華風ロールキャベツって感じでした。うまうまです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

押入れから十万円。

2004111301.jpg

 さすがにびっくり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.12

CMカット機能「著作権法違反も」 日枝・民放連会長 - asahi.com : 経済

CMカット機能「著作権法違反も」 日枝・民放連会長 - asahi.com : 経済

 日枝会長は「放送は1時間すべてが著作物と考える学者もいる。いろんな問題を含んでいる」と語った。

 私的利用のために。
 編集するのも。


 著作権法違反だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『たかが選手』と言う言葉

清原、移籍の可能性を示唆=起用法などの不満伝える-プロ野球

 あれだけ軽蔑した「たかが選手が」と言う言葉が、口をついて出そうになったのは我ながらどういうことか。

 「番長」と人は言うが、この行動が番長の仇名に相応しいのかどうか。堀内監督が選手とのコミュニケーションが不足していると言うけれど、他の選手達の話もしたのだろうか。我が身を置いてまず子分後輩を立てる、それでこそ番長の名に相応しい。あるいは長者として、堀内監督と選手達との間を持つ立場を買ってでも出るべき立場でもあろう。たとえ双方から睨まれ嫌われるとしても。その行動は「番長」の名に相応しいとは言えまいが。
 「巨人の」清原だからこそ、人気もあろう。だがその表書きを捨てたとき、どうなると言うのだろうか。佐々木のように、新庄のように、松井(小さいほう)のように、独力で輝く光が今だ内に備わるか。

 颯爽たる西武の清原は、少年の日のヒーローの一人だった。あんなにも格好良かった清原は、もはや保護され、さらには自ら保護を求めすらする存在と今は目に映る。
 推測として麒麟が老いたのか、事実として自分が少年ではなくなったのか。
 いずれにせよ、悲しい事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本明子、アラファト死去で思い出される突撃取材

松本明子、アラファト死去で思い出される突撃取材(ZAKZAK)

 松本がイスラエル・ガザ地区の議長府で議長と対面したのは1995年2月。日本テレビ系バラエティー番組「進め!電波少年」の特番企画で、アラファト議長と「てんとう虫のサンバ」の替え歌で「アラファト(と)私が夢の国ぃ~」のデュエットを目指した。

 そんなことしてたのか。

 手元の資料(と言っても例によって『中東戦争全史』なんですが)によれば、ラビン首相がユダヤ人の強硬派によって衆人環視のもと殺害されたわずか三ヵ月後。パレスチナ側でも対イスラエル強硬派が勢力を増し、ハマスに加えてイスラム聖戦が活動を活発化させていた頃。オスロ合意の和平ムードが、急速に冷え始めた頃合の様子。
 なんていうかよく無事だったなあと言うのもあるとして、本人達がどういうつもりにせよ、「極東からわざわざ会いに来た」と言う事実もまた残るわけで。
 アラファト議長がもしなんかこの訪問を勘違いされていたとしたら、ずっと勘違いしたままで天国に召されていればいいなあと。そんな風に思う昨今です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

アラファト議長死去

アラファト議長死去 主治医が確認(Sankei Web)

 イスラエルのラビン元首相が同じイスラエル人の手にかかって亡くなったのは、9年前の11月4日でした。

 市民のコメントを地下のラビン首相はどう聞いているものでしょうか。
 そして後継者の言葉も。

 地上のクリントンさんは、どう聞いているんでしょう。

「アブラハムの子供たち、イサクとイスマエルは今、手を取り合い、勇敢な旅を始めました。今日、私たちは心を一つに呼びかけます。シャローム、サラーム、そしてピースと」

(1993年9月13日、クリントン大統領によるパレスチナ暫定自治協定調印式閉会の辞。『中東戦争全史』より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

ライトアップ

2004110901.jpg

 点灯されてましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NTT東西、1GbpsのBフレッツ新プラン。戸建て向けに0AB~J対応IP電話も

NTT東西、1GbpsのBフレッツ新プラン。戸建て向けに0AB~J対応IP電話も

 ほむほむ。
 金額次第ですが楽しみですな。
 そんな帯域あっても使うのかよって言う苦情はともかくとして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

おすすめレビューに思うこと

 mixiのお勧めレビューに、読んだ本のレビューを片端から書くようにしているのですが。
 どうにも自分の書くレビューは「全てのレビュー:一件」とかが多くて困ります。つまり一件とは自分のレビューだけであり他の人がレビューを書いていないことを意味します。唯一の例外は「電車男」ですが、あれは果てしなく件数増えてますけど、レビューかどうか怪しいしなあ。

 読んでも全ての本にレビューを書いているわけではなく、

1)もう先人の書評が山ほどあって今更自分が書くと恥を曝しそうでガクガクブルブル。なのであとで書こう。
2)自分の知り合いの範囲だとみんな読んでいそう。なのであとで書こう。
3こりゃ難しい。)あと2、3回読んでからでないとうかつに書けない。なのであとで書こう。

 と言うケースの場合、あとで書こうと思って結局書かない事があります。まあ、

4)お勧めしません。

 と言うケースも無い訳ではありませんが、ごくごく少数。
 褒め称えるか、さもなくば沈黙する。そういう態度で行きたい昨今です。

 …それにしても、だぶらないなあ。EsBooks!のコメントでもそうだし…。

 それはそれとして今日のお勧めは「武士道の逆襲」。お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.07

Zaurusはやはり便利でした。

 ROBO-ONE観戦記を、会場の花やしきでZaurusで書いてました。競技と競技の休憩時間の間に。
 出先で文章が書けるツールって、やっぱり便利。打ちたいことが山ほどあるう、と言う状況では、キーボードの辛さもあんまり気になりません。
 出先でココログの更新まで出来るのが便利ですが、通信を始めるとバッテリが急激に減るのが、仕方がないといっても課題点ですのう。ううむ。

 それにしても鞄の中に入れておきたいものが多すぎて困ります実際。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBO-ONE special 二日目。

 二日目、ボール。11時より予定どおり12時きっかりで終了。
 停止状態から自律動作だけでポールの上にあるピンポン玉を掴み、180度反転してダーツの的のような標的に当てる、と言う競技です。
 チャレンジは二回。一回のチャレンジごとに二回ずつボールを投げ、高い方の点数を採用。二回のチャレンジの点数を合計して、総得点を競います。

 ボールをつかむ、という段階で取り落としてしまうケースも多く各者苦戦する中、やはりヨコズナグレート不知火が安定した強さを発揮。とにかく四回投げて三回的に当てたと言う命中率で、うち一回は10点ゾーンに着弾し、トップ。
 二位のΣは、ボールを掴んだ後、機体正面が的から見て真横を向いた状態で投げると言う独特の投げ方で高得点をマーク。一回目のチャレンジが終了した時点で7点とトップ通過しており、ヨコズナグレート不知火の追撃が期待されたが、第二チャレンジの二投目の最中であえなくフリーズ。非常に残念な二位でした。
 面白かったのは、条件未達成のためにデモ演技となった爺夢初号機。フレキシブルな三本指で物をつかむ仕草は、まさに一般的に流布するロボットのそれそのもの。どんなハイテクなのか、と意気込んで聞かれたインタビューでは、指部に限って言えば原価が百円単位しかかかっていないと判り皆さん仰天。

 ものを掴む部分である指そのものを柔らかい素材で作ることで、いろんな形のものを掴めるようになる、と言う発想に深く感得することしきりでした。
 後はデモンストレーション参加となったマジンガアとアド、本日も大人気。マスタースレーブシステムを駆使してボールを投げるマジンガアでしたが、これはこれで結構難しい。特にボールを掴む、マジンガアの場合、腕につけたコップ状のパーツにボールを落とす、のが実に難しく。人間が操縦するとなると、完全自律とは違う難しさがあると言うことを感じます。
 アドは、ええとその。なんかすげえことになってました。午後のイーグルへの出場が楽しみです。

 ドア。
 操縦可で、通路の真ん中にあるドアをノブを回転させて開け、通過した後でドアを閉めてゴールする、という競技。制限時間は3分だったものが5分に延長。
 第一回大会では通過者ゼロと言うから、高難度競技です。しょっぱなから無線や機体の不調が続き、アリウス2はドアオープン用の腕が煙を上げる豪快な事態に。
 上半身を主に使う競技ということで、期待がかかったのはマジンガア。先程のコップ状のパーツを使い(同じもの?)ドアノブに手をかけ、開けるところまでは持って行ったものの、惜しくも開けたドアを手をかけ引く時に閉めてしまい、結局タイムアウト。
 Σはどうしてもドアノブに手をかけることが出来ず、スタートラインから再スタートを繰り返すもののこれも時間切れ。バックができないと言う意外な弱点が披露されました。
 最終的に取ったのは、無線トラブルから復旧したヨコズナグレート不知火。下腕部に装着した、開閉自在のくちばし状のパーツ(まるで勇者ロボの武装合体パーツのごとく)を駆使してドアを開け通過するも、閉める際に転倒しリングアウトすること三回。そのたびにリスタートを繰り返し、最後は「ドアを体で押して閉める」と言う強行手段に訴えて無事クリア。ドアを開けた反対の腕にも用途不明のパーツがあり、それを使ってドアを閉めるつもりだったんでしょうね。ううむ見たかった。

 さ、最後はイーグルです。
  一言で言えば、ROBO-ONE式サスケ。パイプを滑り降り、スポンジ質の床の上に着地した後、、ターンテーブルで回転している床を通過したあと、シーソーの上を通ってゴールする、という四分間の演技。
 これも最初のポールを降りるのが難物で、滑り降りた後パイプから手(もしくは手に相当する部位)が離れずリスタートになる選手や、着地した後、転倒した姿勢から起き上がれず、やはりリスタートとなって時間切れになってしまう選手が続出。
 昨日に比べ床の状態は大きく改善され、もはや問題無しといってもいいレベルでしたが、解説の人から指摘されていた通り「ポール用の腕をつけていたので、立ち上がりの感覚がいつもと変わってしまい起き上がれなかった」と言う問題が大きかった様です。
 マジンガアがここではマスタースレーブシステムの強みを発揮、スムーズにパイプからの分離を達成して2分04秒の好タイム。どっちが前なのか分からないと評された、あー、複雑な形状のロボットQT4も、まるで半回転しながら進むかのような特徴を生かして通過、ヨコズナグレート不知火はやはりスタートで出遅れが起き、通過はしたもののタイムはぎりぎり3分50秒でした。最後の挑戦となったダイナマイザー2、パイプからの落下後に転倒、あわや起き上がれない悪夢にはまったかと思った刹那お父さんが息子さんからコントロールを代行。見事な起き上がりでレースを続行し、二位での完走を果たしました。

 両腕と、顔に突き出たトレードマークの角(ドリル?)の3点でパイプに機体を固定したアリウス2、両腕を小刻みに動かし、人間さながらの動きでパイプをつたったMAGI、それに片足を着地点にぶつけることで落下の衝撃を和げようとしたU-knight、みんなかっこよかったんですが、惜しくも時間切れでした。
 そして異彩を放ったのが… 放ち倒していたのが… アドでした。

2004110701.jpg

 見よやこの勇姿。
 なんとヘリウム風船の下に重さ60gの下半身がついていると言う、驚愕の「跳びはねるロボット」です。パイプは鳥が止まり木に止まるように、上につかまって通過。屋外と言うことで不意の風に煽られて変な方に飛んで行ったりして、あえなく時間切れにはなりましたが。最後まで見たいと言う要望があり見事ゴールするまで演技が続きました。いやもうこんなおもしろい代物そう滅多には。

 つまるところ、競技はマジンガアが圧倒的タイムで優勝。審査のあいだ余った時間を利用して、アドの菅原さんが見事なしゃべりでロボワンオンステージを展開してました。本業はなにしてるんだろうこの方、と疑問に思うほどの見事な司会っぷりで、定番「子供たち体験ロボ操縦」もやってました。ちびさんたちのリアクションがあまりにローテンションで、爆笑を誘いましたが。
 最後は表彰と撮影会で〆。いやあ面白かったー。
 次は2月末、科学未来館と言うことで。これも非常に楽しみですー。

 そうそう。11月14日のワールドレコーズでも放送されるようですよー。皆さん要チェック。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.06

コクド、西武球団売却の方針--200億円台を提示

コクド、西武球団売却の方針--200億円台を提示 MSN-Mainichi INTERACTIVE プロ野球

 流れ弾頂戴いたしました…

 主力のレジャー事業の不振に加え、西武鉄道の有価証券報告書虚偽記載問題に端を発した西武鉄道株の急落で財務体質の悪化が進行。

 人気とか黒字とか言う問題じゃないよ…

 orz ってこいうとき使うのかな…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ROBO-ONE Special in 花やしき-一日目

 花やしきってどこだよう。と、浅草雷門前をさまよい歩きながら。やや遅刻して会場着。
 入り口から入ってすぐの屋外ステージですでに展開してました。屋外だけあって強烈な外見の内装。観客席も少なめですが、回りには関係者っぽいから人から明らかに通りすがりと言う感じのご家族連れまで、かなり人が群がっています。

 最初はデモンストレーションとエキシビジョンマッチ。ステージがでこぼこしているせいで足場が大変に悪いらしく、どの方も姿勢取りに難儀されていました。ヨコズナグレート不知火は転倒して調子を悪くしてしまう始末。大丈夫でしょうか。

 そんな中、異常な安定性を発揮していたのがダイナマイザー。片足屈伸から後転起き上がりまで披露し、自動起き上がりを披露しようにも「転びませんねえ」と悩むどすこい下限。見物のお子様からもすげーの声が上がる中、勝ち抜き戦とランブル(結局3ON3になってましたが)で負け無しダブル優勝。午後にも期待がかかります。

 お昼休み中。お客さん相手にまったりとつなぎがつづきます。
 ヨコズナグレート不知火、オープン練習中。

 来週のワールドレコーズで再びrobo-oneをやるらしい。楽しみ。
 本大会の第七回は2月末開催予定とか。また川崎なのかな。

 まずは1300からステアーズ。エントリー20体の中、実際に参加は10体でした。

 マジンガア完走。時間ギリギリでコスチュームはなしでしたが、観客大喜びの大人気です。
 そのマジンガアや安定性抜群のダイナマイザーでも、階段の昇降はいったん両足をそろえてから次の段にかかっていたものが、アリウス2はいきなり一歩ずつではなく普通に階段上る。すげえ。下りで苦戦でしたがびっくりです。
 ところがこれをさらに上回ったのが、最後に登場したヨコズナグレート不知火。なんと上りどころか下りも足をそろえることなく普通に降りて、0分54秒のタイムをたたきだす。練習では40秒まで行ったと言うから驚きです。

 好評に応えての再チャレンジでは途中で調子悪くなったのか止めちゃいましたが、ご愛嬌でありましょう。それにしてもすごいこと。

 1340頃終了。
 次は1430からダッシュです。

 1415。
 現在ステージ上で、各ロボットがダッシュのトライアル中。

(以上ザウルスにて現場で打ち込み。その場で送信するつもりでしたがバッテリがなくなりました)

 と言うわけで浅草花やしきでの開催となったROBO-ONE special第二回大会。花やしきは狭いとか古いとか言うんですがむしろ何て言うか、過剰なまでに込み入ったその密度感がかなり強烈な風味を出している、そんな空間でした。

2004110602.jpg
(何かと思ったらソニックブラストマンだった。)

 ジェットコースーターが走りぬけ上には観覧車らしきものが廻る廻る空間の中、ものすごい飾りつけのステージ(なんて言うか紙芝居のミニステージって感じの)での開催となりました。このステージがただしどうにも水平ではなく、のちのち問題を招くことになるのですが。

2004110601.jpg
(ものすごい飾りつけのステージ)

 今日の教義は全五種目のうち二つ、規定の階段を2分以内に上り下りするステアーズと、完全自律動作で、うつぶせの状態から起き上がり、180度ターンして2mの距離を走りぬけるダッシュ。
 ステアーズは10体の参加者のうち、完走はマジンガアとヨコズナグレート不知火の二体、ヨコズナグレートはタイム、動作ともに圧倒的でした。
 一方のダッシュの方は完走者ゼロ。と言うのも、ステージの歪みがロボットの走りに影響を及ぼしてしまった(と言うか地形に足を取られて途中から曲がってしまい、コースアウトして失格になってしまった)ため。一度動かすと手を離していないといけないので、曲がり始めても軌道修正が効かないからなのです。
 基本的に1対1で、最初にジャンケンでどちらが奥のコースか手前のコースかを決めるのですが、どうやら奥のコースを選んだ方が必ず勝っていたようです。
 MAGIやアリウス2、ダイナマイザーやマジンガアといった強豪が惜しい(特にMAGIは、起き上がりと180度ターンを同時に行う、と言う大技を披露していただけに)コースアウトで失格していく中、やはり決勝まで進んだヨコズナグレート不知火、Dr.GIY氏はジャンケンで勝ったのに、手前のコースをあえて選んだ様子。つまるところアルフォンス氏が優勝したんですが、氏の漢気を感じた瞬間でした。

 明日は後半戦です。わくわくわく。

 帰りは仲見世通りを見物した後、帰宅。ビックカメラでコレを見つけてしまって、かなり心が動きましたがなんとか自制。everioも見かけて実機に触りましたが、このままジャンルに育って欲しい商品ですなこれ。

 「バッカーノ!1933(下)」(成田良悟)、「武士道の逆襲」(菅野覚明)、途中まで読破。

 補記;

2004110603.jpg
 花やしきで見かけたあやしのキカイ。これは一体…。

 追記;

 見ている方は楽なものですが、運営側の皆さんはやはり大変だったようです。
 それにしても当日のNHKおはよう日本、誰か録画してないかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

交通情報?

2004110501

 いや違う。絶対に違うし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.04

ココログアフィリエイト

ココログアフィリエイト(ブログ:ココログ:ココログ通信:@nifty)

 ココログでもアフィリエイトサービスが始まったようです。今のとこ対応は@niftybooksとAmazon.comの様子。
 Amazonの方だと、mixiに書いたレビューがそのまま流用できそう(Esbooksで今やっているように出入りが無い)ので、便利なんですが… ううん。始めたばっかりでもう切り替え、ってのもなあ。mixi内からでないと、イー・マーキュリーさんの売り上げにはならないわけですし…。マイリストを流用するので、本ががーっと縦にならぶのもなんだかなあと言う感じではありますし。

 もう少し考えてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大統領選挙

 共和党でしたか… ううん。

 しかも議会でも共和党が勢力を伸ばしたと言うあたり、大丈夫なのかこれからと言う意を強くします。
 3日は他の作業をしつつ、ずっとBSの選挙特番を見ておりました。曰く、ブッシュ側はイラク戦争を最大の争点から外し、道徳的な問題… つまり人工中絶だとか同性愛婚だとか… と言う問題に、議論の重点を置くシフトを置いたのだとか。キリスト教保守派らしい色合いを濃く持ってきた争点なんでしょうが、横合いでちょろっと聞いた「イラク戦争は四番目の争点に過ぎない」と言う言葉が、妙に空恐ろしく耳に響きます。
 日本で絶えず言われ続けているような、「イラクを巡る選挙」だけでは決してなかった、と言うことでしょうか。

 CNNの特集によれば、ブッシュ候補支持派とケリー候補支持派のあいだには、出自から経済状態から求める政策に至るまで、かなりくっきりした差異があります。ケリー候補が敗北宣言を早めたのも、分断状態が長く続くことを恐れたからでもありましょう。
 選挙人の数だけではなく、総得票数でもケリー候補を上回ることに拘ったと言うブッシュ候補。
 共和党の大統領になるのか、アメリカの大統領になるのか。それとも世界の大統領にまでなろうと言うのか。
 彼の行き道にびくびくしつづける四年間が始まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.03

ニンテンドーDSをビックカメラで予約した場合。

ニンテンドーDS、各店舗で予約受付を開始。対応は店舗ごとに異なる

 新宿のビックカメラで予約してみました。
 お一人様一個、完全内金。つまり先払いで今日の時点でお金を払わないとダメです。予約伝票を貰って、これを来月2日に引き渡すと実物が貰える寸法です。
 ちなみに価格は税込\14,800(+ポイント10%還元)。

 PS2の新型も見てきましたよ。あの小ささたるや、実物のインパクトは格別です。ノートパソコンより小さい也。FFXIできなくなるって判ってても欲しくなるほど。
 サードパーティ製で同じサイズの液晶ディスプレイとか出ないかな。

 後、武刀の天地も買ってきました。ある意味義務。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷲は舞い降りた!

【楽天市場】東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト

  The Eagle Has Landed! アポロ11号着地せり!

 「新球団の誕生は、とてもうれしい。だが、ライブドアの堀江氏への感謝を忘れてはいけない。彼が手を挙げなければ、パ・リーグは消滅していた」(WebHochi)

 先行者ライブドアへの敬意を払いつつ、生き残った鷲が飛ぶ未来を楽しみにしたいと思います。
 その未来は、もう半年も待てばやってくる。

 …アリアス、イーグルス行くかもって本当なのかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスラの不思議な旅 : しまったなんて答えれば。

 昔の漫画とかによくあったじゃないですか。政治的に正しくない言い方をすれば原始人的なキャラクターで、「ほかの人の言ってることわかるんだけど、自分では喋れない」って言う人。喜国雅彦風に言えば、「なぜだかカタコトの日本語を話せる日本人をただ黒くしただけみたいな現地の娘ー!」って言う。
 まさに今の自分はそんな感じです。トホ。

 「野兎の毛皮」が4枚手元にあって、あと一枚でラビットマント完成と言う状態。移動中たまたまウサギを見かけたので、行きがけの駄賃にと2,3匹狩り、やれうれし毛皮が出て合成に入ったところで、「何でウサギ倒してるの?(英語)」と質問されまして。
 毛皮が一枚だけ欲しかったんです、と答えようとしてTabキーを押したまま焦ること数秒。ばしーんと合成に成功し、「ラビットマントが一個合成できた!」の文字。質問した人は、「Ahhh,nvm^^」と仰って納得されたようです(たぶん)。nvmがよくわからなかったんですが、^^って付いてたから分かってくれたのかも。と一人決め。

 …ただ今調査。never mind で「なんでもないよ」って事ですか。「了解、そういうことね」って感じでしょうか。やっとこさ納得。

 ギデアスから出たところで「ホルトト遺跡はこっちでいいですか」聞かれたこともありました。この時は「こっちはヤグードの町です。内ですか外ですか?」「ミッションでイププと言う人を探していて」(正確にはクエスト)「このへんに入り口があってそのへんに…」と言う感じで比較的スムーズ。でも自分の英語はカタコトを通り越して相当変でした。

 そういえばハロウィンの初日は、どうやって仮装するのか結構聞かれました。「とりあえずこれで」って渡したジンジャークッキーを自分で食べちゃった人がいたり。

 もはや一番上みたいなキャラ付けを自分に強いるしかないのかもとか思い始めている昨今です。とっさに出ない必要な一言。とほほ。

 外人さんとはまだパーティを組んだことは… と、ありました。もう二年近く前ですが、モンク二人という謎なパーティが発生したことがあります。タロンギでひたすらダルメルを倒したり。あれも楽しかったですけど、意思の疎通的にはかなり問題が…

 …二年間進歩してないってことですね… うううう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

くなろぐ: ミュシャのフィギュア

くなろぐ: ミュシャのフィギュア

 むむ。ならばこちらも。

2004110101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

香田さん追悼、若者ら官邸前で集会 自衛隊撤退求め - asahi.com : 社会

香田さん追悼、若者ら官邸前で集会 自衛隊撤退求め - asahi.com : 社会

 もうずいぶん昔に勉強したのでうろおぼえですが。
 刑事政策的に、犯罪被害における被害には一次被害と二次被害があって、一次被害はまず犯罪そのものによる被害。財布が盗まれたとか、殴られて怪我したとか。
 二次被害はそれに伴って発生する、たとえば事件の報道で関係無いプライバシーを暴かれたとか、そういう関係のもの。
 殺害された香田氏の行動を非難するのか賞賛するのかは置いておいて、氏が一次被害に遭って命を奪われ、いまやその死を政治的に利用され、本来明らかになるべきではなかった過去や思想を暴き立てられつつある。

 たとえば、小泉首相がギレン総統みたいに、香田さんの死を利用したら、世間の人はどう思うだろう? 「人の死をこんな風に利用して」という風に、眉を潜めたり怒り狂ったりとかすると思う。僕もそう思う。
 ならば、『若者たち』が同じことをしているのを見て、肌が粟立つのを感じたのも、少しは理解していただけないでしょうか、と思う。
 ニュースを見る人、作る人。そのまた草鞋を作る人。我々は… 嫌な言い方だねしかし… いまや一丸となって、ヨルダンのテロリストに殺害された同胞に、更に鞭打っているのだ。

 素朴な疑問として、自衛隊がイラクから撤退したら、その後どうなるんだろう? と思う。もちろん自衛隊が居たところで治安維持にさほど役立つでもなく、役立っていたらそれはそれで問題で、少しばかり雇用を作り出している位だとは思うのだけど。
 自衛隊がイラクから去り、報道陣もイラクから去り、僕の生活の俎上にイラクの文字が再び遠い世界の出来事として踊るようになったとき、それは「平和」なのだろうか? たとえば春先に人質になった人だとか、最後まで踏みとどまるだろう外務省の人だとかは、イラクに残り、活動を続けるのだろう。その人達の事を『内地』で耳にすることは、格段に減るはずだろうけれど。
 又その人達が今回のような事件に巻き込まれた時、相変わらず国内では「悪いのは米軍」「あのとき自衛隊を派遣しなければこうはならなかった」と言うのだろうか。

 ええと。4月からのまとめなんですが。どんな理由があれ、国外で邦人が危険にさらされれば、全力で救助に当たるのが国家の義務であるとは思います。そのためにかかった費用を請求するとか、ケチ臭い事を言う必要はあんまりないと思います。そのために予算取ってる訳ですし。…なんだろう。「助けられて当然」と言う意識を剥き出しで感じたのが、何か違和感を感じたのかも知れません。

 政府のやり方を批判して、違う方策で行動を起こすのは立場として立派な事で、それはある種、日本人であると言う立場を超えた行動、あるいは越えようとした行動であるのだと思います。NGOの人達と政府とでは日々揉め事多めでしょうし。
 ただ、4月や今回のような事件に巻き込まれて政府機関が動き出した時、それはそれまで身を置いていた世界市民的な立場、「日本人」から抜け出した立場から、一気に日本政府に保護される立場、一日本人と言う立場に引き戻される瞬間だったのかも知れません。救出されてなお政府を批判するその姿に超国家的な… もしくは超国家的であろうとした、超国家的であると思い込んでいる… 姿を見た事が、自己責任論の一端ではなかったかとも思うのです。
 ずっと考えるに、自分が自己責任論に、さらにいえば一日半ほどのあいだ自作自演説に加担したのは、つまるところそういう理由だったように思います。

 いよいよ大統領選挙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »