« 岩隈、楽天へ | トップページ | ファンタジーアース続報 »

2004.12.25

クリスマスデイ

 それは冬至の祭。
 ミトラ教の「復活の日」を取り込んだのだとか、ローマの豊穣神サルトゥヌスの祝祭を取り込んだのだとか、いやいやゲルマンの儀式だとか、ケルトの信仰だとか。聖ニコラウス信仰はもともとクリスマスと関係なかったのが巻き込まれて取り込まれたのだとか、聖ニコラスもオランダだとか小アジアの人だとかドイツが本場だとか、色々言われています。

 まあとにかく、

「君達もキリスト教徒に改宗し給え。うちの神様スゴいんだから」
「いいけど冬至のおまつりやらせれ」
「よしじゃあこうしよう。今まで黙っていたが実は12月25日はキリスト様の誕生日だったんだ。だからお祭りしても全然オッケー」

 みたいなやりとりがあって、異教徒を改宗させる際の方便として「冬至の祭り」はキリスト教に取り込まれたんでしょうな。たいがいの人はお祭りは好きですからの。
 そんなキリスト教と言う船に乗り、ツリーとサンタとトナカイを伴って、はるばる日本までクリスマスはやってきました。お父さんが残業を切り上げて帰るのも、恋人達がこの日を先途と臨戦態勢に突入するのも、稼ぎ時到来とそこらじゅうのお店で大商戦を繰り広げるのも、まったくもって正しいのです。キリストの誕生日と言う方便を与えられた、この日は寒い日の中のお祭りの一日なわけですから。

 もちろんこの日一日だけ人類への愛情に目覚めて、ほんの少しばかり喜捨を行ったところで、誰も悪い気はしないでしょう。偽善者多いに結構、今日はクリスマス。
 知らなかったのですが、アメリカではクリスマスはキリスト教の儀式とみなされ、公共の場ではツリーは飾っちゃダメとか、そもそもクリスマスツリーって呼んじゃダメとか。毎年問題になるようです。特に今年は保守系キリスト教団体… ブッシュ政権を支える強固な支持基盤ですが… が発言権を増し、いつにも増して問題が大きくなっているのだとか。

 キリスト教と言う船に運ばれながら、器はさておいて「冬至の祭」と言う具を素直に受け取っている日本なんかのクリスマスは、ひょっとすると冬至の祭りを楽しんだいにしえの人々の精神を、(まったくもってそれと意識せずに)偶然受け継いでしまっているのかもしれませんな。それがことさら持ち上げるべきことかどうかはちょっと謎ですが。

 なにはともあれ、メリークリスマス。
 
…さて、ビールでも探してきますかな。まったく殺風景な話でございまして。

|

« 岩隈、楽天へ | トップページ | ファンタジーアース続報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/2366855

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスデイ:

« 岩隈、楽天へ | トップページ | ファンタジーアース続報 »