« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.31

軽快電話11

2005013101

 なんかどうも、オートフォーカスが動いているとき変な音がしているような…。

 それはともかく、ふらふらする頭をなんとか動かして、仕事をしたあと軽快電話11を購入。\1,980-也。
 意外にこだわりがあるとか言うわけではなく、前からこのシリーズを使っていて、住所録のバックアップもこの形式でとってあるので、書き戻すのに最新版が必要だったと言うような、そんな按配で。

 設定終わって住所録なおしたら寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.30

そろりと外出

 朝方ものすごく頭痛がしたので、昼過ぎてからかなりのんびりしたペースで外出。お墓参りです。
 昨日かなりむきになって動いていたので、今日は相当にのんびりしたムード。SH901iを少しだけいじってみるものの、FOMA用の接続ケーブルがどこかに行ってしまっていたため、電話帳の復元などは断念。新しいソフト買ってきましょうねこの際。本体に比べれば大した出費にあらず。

 一週間で忙しかったので、ほったらかしにしていた雑務を本当に少しだけ処理。しかし変な咳が出るので、なんかぜんぜんゲームはしていない。そんな日で終わる予定。

 あ、今週はヨコズナグレート不知火が出ますよ。ワールド☆レコーズ見ておかなきゃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

29日:水の章あるいはベルファセット打ち上げ飲み会

 金の章から続く。
 板橋駅でのごたごたで多少遅刻気味になりつつ、ベルファセットの剣影のファイナルイベントに参加。昨年から一年間にわたり開催されたPBeMの第二部です。
 正確には午後からファイナルイベントの一次会があり、そのあと飲み会だったのですが、自分は午後仕事だったので飲み会からの参加と相成ったのでした。一次会に旧知の人が来ていたと聞き、行きたかったと。なんで行かなかったのか自分と。しくしくしく。

 自分とこの担当マスターの正体は、夏コミの時点で知っていたわけで、今回は心おきなく終了後の裏話のはずだったのですが。裏話と言うか単に裏な話へどんどん突っ走っていき、最終的には「裏エルロイ本をマスターが書いて来年の夏コミに出す」と言う話に。信じてますよマスター。低俗は力なり。
 気になる第三部は、実行委員会を取り巻く諸条件(特に人材的な問題)が解決すれば挙行可能、とのこと。やっぱりみんな仕事持ってて忙しいですからのう。

 エルスウェアが八月から新企画を再開するらしい? と言う未確認情報を受けて、あれこれ話をしているうち。「エルスの新作では老若男女万人の胸を突くような美少年キャラクターを作ります」と言う、かなりアレなタスクが自分に発生。さらに周囲から段階的に「おでこの美少年キャラクターですね」と付加と念押しをされてしまう始末。だから僕はおでこの人ではないとあれほど言

 散会の後、スープカレー屋に行った一同で新宿へと移動。風波さんお勧めのお店で本場ものなギネスをぐびぐびぐびーとこう。いいですなギネス。液化した黒い宝石。あんなに黒いものが、美味しくないわけがない。

2005012902

 終電間際まで飲み続けた後、再び散会。帰ってきた時にはもちろん日付が変わっていまして。僕もくまった氏の状態と同じような有様になっておりました。

 かくして長い一日が終わり、
 ぐてー
 としております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.29

29日:金の章あるいは板橋駅での出来事。

 土の章から続く。
 電車が板橋駅にさしかかり、停車している中… 突然ホームから「待ちやがれ痴漢!」とものすごい怒号が。
 え? と思って結構込み気味の電車からホームを見ると、一瞬視界を影のように何かがよぎって走り抜けていきます。…人? と思っていたら、散発的にと言うかフォーメーションを組んでと言うか、追いかけていく駅員さん達が。
 痴漢なんですかねえ、と一緒に乗っている先輩と話をしていて、しばし待つこと… しかし、電車は動きません。反対側の電車もそれは同じ。待っていると、車内アナウンスが流れます。

「現在、線路内に人が立ち入った関係で確認作業を続けています」

 …まさかさっきの人とは関係ないよね… しかし反対の電車の車内アナウンスでは、

「現在、線路内に不審者が立ち入った関係で…」

 と申しております。
 走っていった駅員さんが持ち場へダッシュへ戻り、また携帯で話をしながら反対方向へダッシュをしたり、あわただしい動きをかたずを飲んで見守る中。
 しばらくして、ようやく電車は動き出しました。但し、普通に比べるとかなりスローな最徐行運転です。さっきのホームの騒ぎとは関係なかったんですかね、と言う話をしているところに、再びアナウンス。

「板橋駅構内から人が線路内に降りたとの通報があり…」

 …さっきの痴漢言われてた人だ!

「…駅員が確認作業を行いましたが、確認できなかったため…」

 って、逃げ延びた!?

「…安全確認しつつ、最徐行運転を行っております」

 …あー。そういうことだったのか…。

 …げんなりしつつ、駅に着。一緒の電車に乗っていた乗客の人がけたたましく話しているところでは、かの人物は電車の中も猛ダッシュで逃げていたのだとか。
 結局のところ、その人物の正体はわからずじまいでした。

 水の章に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

29日:土の章あるいは仕事。

 火の章から続く。
 …職場に行って仕事してました… だって終わらないんですよ… ひどい一週間だったけどここまで引きずるとは…。
 来月から異動になってくる人達のPCの設定にナチュラルに駆り出されたりして、うわ自分の仕事よく終わったよな4時間で、と言う感じでした。

 帰り道に一緒になった先輩とマジックスパイスの話をしたりする。下北沢周辺に住んでいる人だけあって、興味深々の様子でした。
 しかし電車が板橋に差し掛かったその時、事件が起きました。

 金の章へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

29日:火の章あるいはスープカレーの会

 木の章から続く。まったく携帯がないと、待ち合わせに大変不便です。
 下北沢駅で風波さんやくまったさん達メンバーと合流(もしくはちょっと待機)したあと、三名で繰り出したのはマジックスパイス下北沢店。mixi発信の超小規模イベント「スープカレーを食べに行く会」の予備オフ会です。
 小雨がぱらつくかぱらつかないか、と言うくらいの天気の中、開店15分ほど前のマジックスパイスにははや開店待ちの行列が。とは言え、オープンすれば皆入れるくらいの程度。オフ会で狙うには、やはりこのくらいの時間のほうが良さそうです。
 店の外見は、思わず何事かと思うほどに真っ赤。何か異常な建物だとは思うものの、これがカレー屋だと思うかどうか。駐車場に「お車及びUFOでご来店のお客様へ」とか張ってあったりして、期待が変な風に高まります。

 お店の中はひろびろしていて快適です。マガジンスタンドに普通にムーとかあるあたり流石はと思いましたが。
 店内のテーブルのビラも、なんだか突っ込みたくてたまらない風景なんですが… メニューを見ても「フルーツアイスコーヒー」とか、お冷にヒランヤパワーとか、テーブルの上に完備されている「MS初めてのお客様に」と言うチラシで、お店の自慢が「システム、形態、風味、波動」だったりとかこうですね。
 来店客のほとんどは女性。男性は我々三人と、あとちょいちょいくらいでした。土曜日と言う日程がそうさせるのかも知れませんが。
 知人が札幌のマジスパに通っていた、と言う風波さんからのアドバイスを元に、悶絶~涅槃(辛さ強度3から4)を三人で注文。最初の一口で既にのけぞる人なども出る中。辛い! 汗が! しかしうまい! と、大騒ぎしながら平らげました。

2005012901

 結論から言うと、大満足でした。これは定期的に通って色々試すしかない。と言う事で、スープカレーオフ会を定期的に開催することに決定。

 今回の挑戦で、幾つもの教訓や教示を得ました。即ち、

1)行くなら開店30分くらい前。開店待ちの行列に加わろう。
2)トッピングは、とりあえず何か頼もう。涅槃から上は野菜が増えるようなので、悶絶の場合は野菜系を足すといい感じ。
3)ティッシュ必須。ハンドタオルorボックスティッシュ推奨。汗腺がチャクラのように開きっぱなしになります。
4)初挑戦の人は悶絶くらいからスタート。辛くてもOKと言う人は涅槃からスタート。ビーフだと、チキンよりもちょっと所謂カレーっぽい風味です。
5)辛くて耐えられなくなりそうになったら、テーブルのマジック酢をちょっと垂らしてみましょう。かなりマイルドな味わいになります。

 こんなところですかなあ。写真とかはのちほど追記します。
 下北沢の駅前で、ベルファセットのファイナルに参加する二人と別れ、自分は…
 土の章に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

29日:木の章あるいはSH901iについて

 土曜日。朝早く出動。新宿の量販店に開店直後に飛び込み、水没したP900iから機種変更を申し込み。30分以内に終わらせないと、次の約束に間に合わないち言う我ながらあんまりな状況下ではあるものの、機種も決まっていたしドコモショップで必要な事は聞いていたし、と、ほとんど私情抜きじゃないかくらいのペースで淡々と申し込み。

2005013001

 写真だと判りにくいですが、銀色のSH901iです。赤い方がよかったんですが、職場で赤SHを持っている人がもういるのと、うっかりミスで破壊したP900iの事を忘れないようにと。なるべく似た配色で。
 回収を依頼したところ、ドコモショップでの受付になる、との事。前は機種変更済の端末、お店で引き取ってくれたんですけど、ルールが変わったようですね。まあ個人情報とかありますし。

「お客様の目の前で破壊してくれますので、安心ですよ」

 …まあ個人情報とかありますし… そうなんですけど… 号泣。
 いっそ止めは僕の手で刺させてくれなんなら金払ってもいいさ、そんな感じです… なんて不憫なP900i…

 20分ほど機種変更待ち、と言うことでぎりぎり間に合いそうです。
 店内を物色してうっかりこんなもののPVを延々と見てしまい、勢いで購入してしまう。画面に「ポ」の字だけ光ってるのをバックに異常なまでにソウルなダンスを見せられてしまったらちょいと。洗脳風味濃い目に完成、みたいな。
 そんなうっかり買いをしているうちに、機種変更終了。「このままで宜しいですか?」と差し出されて、普通にポケットに突っ込むのは普通の作法だったんだろうかといぶかしみつつ。

 このままじゃ間に合わないー。と下北沢へダッシュです。火の章へつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.28

mixiプレミアム

mixiが有料オプションサービス、フォトアルバム機能や容量拡張など(INTERNET Watch)

 待ってましたっと! と言うか、外部blogであるココログを利用している時点で、既にプレミアムに申し込む意味合いはやや半減するわけですが(日記の容量増加とHTMLタグは外部日記使用のため無関係。アンケート、mixiモバイルによるメッセージ送受信は可能)…
 あ。フォトアルバムが可能かどうか試していません。後でやってみたあと追記します…。

 まあそんなことよりも、自分はイーマーキュリーさんに支払いをしたかった訳で。mixiを利用させていただいているペイをなんらかの形で行いたかった訳なので、そういう意味合いでプレミアムに申し込む所存です。
 知り合いの人も(特に外部でblogを書いているわけではない人は)、食いつきがいいですねー。一人一月315円、わずかな金額では有りますが運営の足しにしていただきたいものです。

 また、mixi特製福袋やiPod Photoが抽選でプレゼントされる。mixi特製福袋は100名分用意され、そのうち1名にはmixiスタッフが直接届けに行くという(海外・離島を除く)。

 これ、絶対miklyの記事ものです。知ってる人当たらないかなー… 自分は普通の福袋でいいので。ええ。

(追記)

 申し込んでみました。とりあrず、フォトアルバムを実験。
 フォトアルバム内に、容量の範囲内でアルバムを複数作ることができ、アルバムごとに複数の写真をアップロード可能。コメントは写真単位ではなく、アルバム単位でつけられます。公開範囲はアルバムごとに設定でき、「全体に公開」「友人にのみ公開」のほか、パスワードをかけて閲覧を制限できます。

 たとえば何かのイベントに参加した時とか、写真をまとめて貼って置き、イベントの参加者にだけメッセージでパスワードを通知する、みたいな使い方が便利そうです。

 容量は200MB… って、結構使い出がありますなこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不便を託つ。

 ドコモショップに行って「機種変更するしかないですね」と言われ、腹を据えて標的をSH901iに定めるも。
 量販店さんが開いている時間帯に帰る事も出来ず、今日も調達はできませんでした。

 いや、携帯が無いと不安で不安で仕方がない、と言うほど携帯頼りでも依存的な訳でもなく、さりとて、携帯がなくても別に困らない事に気付いた。便利な道具のように思えても人間が道具に使われてはいけないんですね、とか、そういう文明批判的な展開に軽く転がしてみるつもりでもなく、まあ純粋に少し不便なのです。
 携帯電話とは言うものの、自分は通話に使う事はあまりなく(とは言え、自宅に居るときでも家の電話よりもよく使いますが)、それに携帯からメールを打つのも、どうにも苦手で。

 メールのチェックであり、時折のwebの確認(特に最近はmixiモバイルを休憩時間に覗いたりとか)。デジタルカメラとしての、またフォトビューアとして。単純に時計、それもアラームをやたらと登録してのリマインダとして。
 どの機能もより高機能であり、また洗練された専用のデバイスがあるものばかりですが、「専門の道具には劣るけど」程度のレベルのものが、一つの機械にまとめて実装されていると言うのは、やはり改めて考えてみると、感じ入るところ大であります。

 そんな高機能を誇る複合デバイスが、何気なく持ち歩かれ、街角で使われていても誰も注目もしないほどにありふれている、と言う事実に、改めて思い至るとなんかくらくらきます。
 ノートパソコンのほうが携帯電話よりもはるかに以前から存在するのに、電車の中でノートパソコンを開いている人は未だに珍しいけど、携帯をいじっている人は車内に必ず3人か4人はいるはずです(あ。マナーは守りましょうね :)。

 すごいぞ携帯。ビバ携帯。
 …そんなすごいものを、どうして壊しますか自分…。

 明日はカレーオフ+PBeMファイナルイベントだと言うのに連絡もつかない上に写真も取れないじゃないですか。ああもう。写真は任せた!(誰にさ)。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.27

携帯電話を水没させてみる実験。

 ふむ。電源が入らなくなるんですね。これは興味深い。

 なんか通電はしているみたいで、バッテリをつけたまんまだとフォトライトが狂ったように光りっぱなしになります。ソーファンタスティック。
 ドコモショップのお姉さんも、中身とか見る前から「水没ですと修理はしかねますので機種交換のご案内に」とおっしゃいましたよ。

 つまりあのですね。
 おっことして壊したって言うか。
 うっかり丸洗いって言うか。
 
 …もうなんか完全に煮詰まりきって、土曜出勤になるかならないかの瀬戸際に何やってるんだ自分と… 発売日に行列までして手にいれたP900iだろうがと…。そりゃあ年末にiモードfelica対応端末が出たら買い替え時かも、と思ってましたけど! 900iを使いながら、901iの出てくる年末ごろにはちょうど十カ月だとか思ってましたけどですけど、ええ、そうなんですけど! 現代のテクノロジーの固まり、至高の産業生産物、オートフォーカスもmpeg4ハードウェアエンコーダも搭載したポータブルスーパー機械を、一瞬のうっかりでダメにしたかと思うと。んぐぬぬぬぬヌ。そんな自分に腹が立つー! ー! ーー!

 とりあえず携帯がないと日常生活にかなりリアルに支障を来すので、機種変更してくるしかないんですが。…もう一度P900iでもいいんだけど、またむこう十カ月機種変更できなくなるしなあ…。この際、ipod shuffle買うつもりだった資金を取り崩してSH901iを…。

 前から欲しかった、隙あらば買おうと思っていた筈なのに。楽しいこと考えてるはずなのになあ。こんなに心浮き立たない散財は初めてです。tohoho ← なぜか外人さんに通じた言葉(本当)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.26

本を読んだら理解もしたい。

2005012601

 「知能の謎」をようやくなんとか読み終える。読み終えると言うよりも最後まで辿りついたと言ったほうが正確で、内容はじゃあどんなん? と聞かれると、てへへ、と頭を掻いてしまうわけですが。

 本を読むと言う事は、感想なりレビューなりを書けないと読んだことにならないかなあ、と思う昨今。何かについて理解したのであれば、それを自分なりに別な表現に置き換えることが出来る筈であり、本を読んで内容をなるほど理解した、と言うのであれば、それを要するにどういうことか、と自分で編み出した言葉で置き換えられなくてはいけない(それが合っているかどうかは、また別の問題として)。

 文中にクオリアと志向性の話がある。神経の感覚から脳へと上っていくボトムアップの刺激、言葉になる以前の刺激がクオリアで、それに対して、「言語」として整理されているような、脳内の情報ライブラリのようなものが志向性(ああこのあたりかなり把握いいかげん)。
 赤い花を見たとき、「赤い!とにかく赤いから!」と言う見たまんまの情報が目から脳に行く。脳からは目に「赤いって言うとこういう感じ」って言うイメージを呼び起こす作用が働き、この二つがコンバインしてようやく、目が見た「赤い花」が情報処理されて、脳内に浮かび上がる、と言う按配。…これって「シゾイド人間」とかで見た、要するに「人間は見たまんまの世界じゃなくて、誰でも現実からちょっとだけずれた「自分のイメージの世界」に生きている」って話と、ちょっと似てるな…。でもクオリアの話って、「ロボットの心」だともうちょっと難しく書いてあったよな、とか。
 そうそう。ときどき電話口で聞き違いとかをしているのを見ていると、人は他の人の話を「聞いている」んじゃなくて、途中まで聞いた段階で「類似の知っているもの」「自分が期待しているもの」を探し出して当てはめてるんじゃないか、って思うことがよくありますな。これも志向性の話にちょっとつながってるのかな。と思ったり。
 読書をするととりとめもないことを考えます。と言う話でした。

 そうそう、ipod shuffleを買うかも。でも買わないかも。と思い、試しに手持ちの機材だけで同じようなことをやろうと思ってみました。WindowsMediaPlayer10からポータブルデバイスに転送、ってのをやってみたんですが、適当にやったらルートフォルダに音楽ファイルが落ちちゃったりして、なんかあんまり便利をよくするには工夫がいりそうな感じではないですな。
 今度、仕事が一段落したらiTuneを落としてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.25

ココログブックスはフクダカヨ絵日記さんに決定!

 人気のココログが本になります! と言う触れ込みのキャンペーン、ココログブックスが結果発表。
 本になるのはフクダカヨ絵日記さんに決定されました

 ココログ新年会の記事(行きたかった…。うじさんは行かれた由ですが…)を見て初めて気付いた次第(正気ですかーっがノミネートされてることすら始めて知った)と言うほど、スルーしてしまっていたわけですが。今更ですけど、フクダカヨ絵日記、面白いですなあ。
 しみじみと言うか、味がありすぎます。お袋に読ませてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.24

本当にあったmixiみたいな話。

 いやー、本当にこういうことあるんだ、と言う話で。
 知っている人とあれこれ無駄話をしていたら。話題に出て来たその人の知り合いが、全く異なる方面で自分が名前を知っている有名な人だった、と言う。
 職場だとか学校だとか狭い範囲内でならよくある話ですけど、全く何の接点も無いとしか思えない別分野ですからね。正直言って、びびりました。

 そんなわけで、三月は私情込みである人達を応援したいと思います。うわ意図的にやったとはいえこれでは一体なんのことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.23

ミスラの不思議な旅 : ホラ穴砦の十八人

 Sylph@mixi、プロミヴォン=ホラ攻略作戦…

2005012301

 3PT18名、全滅!

 13人と言うやや変則的な人数から、途中5人のPTさんと合流すると言う運命のめぐり合わせのような展開。18人フルアライアンス構成に。

2005012302

 召喚士さんが三人体制となり、暴れ回る三匹のフェンリル
 本当ですか? 本当なんですか? 本当ですええ。もうこの世の終わりかと思いました。それでも撃破にてこずる、道中の雑魚も雑魚ですが。

 ボスの強いこと強いこと。集中し過ぎてSSも撮っていません(汗。
 事前に経験者の方から入念にアドバイスを頂き、物資も用意していたにも関らず。
 途中まではいけると思ったんですけどねー。前衛さんが二人倒れた時点で、ボスのHPゲージはほぼ3ミリ以下。これなら押し切れるかも、と思ったのが素人の浅はかさでした。三手同化でHPの吸われること吸われること。後衛さんが回復してくれる自分のHPが、どんどんボスに吸われていきます。
 アニマも百烈拳も使い切り、サポ忍者なのでターゲットを取ることも思うにまかせず、後衛さんの間を駆け回るボスを追い掛け回す自分。

2005012304

 というわけで、力戦むなしく全滅。
 LSに「負けましたー」と言うメッセージが流れた直後、「うちもですー」「うちもー」と次々流れる敗北の報告。

2005012303

 うなだれる皆さん。(本当はヒーリング中)

 お手伝いいただいた人に申し訳ない思いをしつつ、ジュノに飛んで解散。一同、リターンマッチを誓いましたとも。鼻息荒くその日のうちに、と言う説もあったくらいで(物資供給の問題で頓挫したのですが)。

(おまけ)

2005012305

 りじさん(手前の人)から一時種族装備をお借りできました(笑)。
 やっぱりいいなあこれ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.01.22

shuffle売りの兄さん。

 仕事帰りに新宿のビックにちょっと寄り道して、噂のipod shuffleの実機に触ってきました。
 ちいさーい、と言う以上に、薄いー!? と言うのが吃驚ポイント。まるでガムかキャンディのパックのような有様です。中に本当にキカイ入ってるんですかこれ、と思ったのは、VAIO505エクストリーム以来です(や、さすがにあの時のほうが吃驚しましたが)。

 お店の人ももちろん売る気まんまんです。macコーナーでは専属の兄さんがマイクパフォーマンス付きでアピール。「たったいまお一人お客様がご予約されました!」と絶好調。お父さんのお小遣いにも優しいお値段、と力強く価格面からもアピールする中、お客さんからの質問もさばく営業具合。さすがだなあ、と思っていたら、おお、また予約の人が。(ちなみに、現在も入荷はしているけど予約のほうがはるかに多いため、「追加入荷分の予約を受け付けている」と言う状態だそうです)。

 お父さんと話をしていて商談成立、予約また一件かと思っていたら兄さんがふと。

「おひとつでよろしいですか?」

 えっ。

「……………じゃあ、もうひとつ」
「はい、お二つご予約。ありがとうございます」

 え。え。え。すげえ!
 乗せたほうが上手いのか乗せられたほうがスキがあったのか。ご一緒にポテトもいかがですか並のナチュラルさでもう一個販売です。しかも入庫待ちの商品を。店員さんオーバーキル気味にグッジョブ。
 でもいいじゃないですか父さん。お子さんもきっと喜ぶに違いないし、余ったらホラ自分で使うとかすれば! などと笑いを堪えつつ、その場を離れた一瞬でした。
 予約はまたこんどします。あの店員さんに乗せられると、下手したらimac miniくらい買っちゃいそうだ自分。

 因みに、ここにいたるまでの今日の仕事ぶり。
 書類を一枚シュレッダにかけようと思ったらシュレッダが詰まる。蓋を開けたら中から紙くずが溢れ、掃除機を持ち出して戻ってきたらすぐ脇の書類棚が閉まらなくなっているのを見つけ、同僚と修復しようと思ったら勢いあまって引き出しを引っこ抜き、なんとか修復して放っておいた掃除機でシュレッダまわりを掃除していたら、掃除機が何か変な音がする? と思ったらパックが一杯で。ノズルを抜いた瞬間に圧縮されたゴミがばあっと散らばり、さらに掃除をしている最中、ゴミ袋を掃除機で吸ってしまい軽くひっくり返し。途中、携帯を落とす事だいたい二回。

 今日は何が一体どうしたと言うのか。夕方にもなってから、Mr.ビーン級のベタベタなボケを30分以上にもわたって展開してしまいました。
 書類を一台シュレッダにかけたかっただけなのになあ。とほほ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

CMカット、しなくてもダメ?

マンション用録画装置は違法、在阪民放5社が提訴(YOMIURI ON-LINE / 社会)

 訴状によると、このシステムは3月末に入居開始予定の大阪市内の分譲マンションに導入され、録画を指示した番組は共有のサーバーに保存し、1週間以内なら、入居者がいつでも再生、視聴できる。同時に5局の番組を録画でき、サーバー1台で約50世帯が使用可能とされる。
 民放側は「集団的複製、利用行為という私的使用の範囲を逸脱した違法行為で看過できず、提訴に踏み切った」としている。

 んーむ。要はVAIOのTYPEXみたいなものですな。
 これだけ聞くともっともらしく聞こえますが、ちょっと前に言ってた「CMカット機能も著作権法違反」と言う問題の事を思い出すと、引っかかりますな。

CMカット機能「著作権法違反も」 日枝・民放連会長
 (散財心理学実習講義200X、11/12のエントリ。ってニュースサイトへのリンクが切れちゃってるので参考になりませんが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.21

ファンタスティックフォー、9/5日本公開

 「ファンタスティック・フォー」公式サイトオープン(Planet Comics.jp)
 Fantastic Four Movie Official Site(英語)

 ミスター・ファンタスティック!
 インビジブルガール!
 ヒューマントーチ!
 そしてザ・シング!

 宇宙旅行の事故により、超能力を身につけた四人の男女。持ち前の超能力とMr.ファンタスティックの頭脳、そして固く結ばれた友情と家族の絆を武器に、彼等は今日も、宿敵ドクター・ドゥームや宇宙魔神ギャラクタスに、そして未知なる世界と宇宙に立ち向かう!

 X-MENやスパイダーマンと同時期(70年代中盤)にマーヴルで誕生したヒーローチーム、ファンタスティック・フォー。日本でも「宇宙忍者ゴームズ」と言うタイトルでいにしえにアニメが放送され(何でもドクタードゥームの和名は「死ね死ね博士」だったとか)、ムッシュムラムラ!と言うザ・シングの(日本版アニメでの)口癖は、十数年を経てネタとして有名にもなりました。
 マーヴルは基本的に世界がつながっているので、ヒューマントーチとスパイダーマン、そしてX-MENのアイスマンの三人は親友同士だったりもします。長年続いているヒーローの常で、彼らも死んだり生き返ったり異世界に行ったり戻ってきたり世界がリセットされたり色々あった様子ですが(正直、自分が把握しているのは『ヒーローズ・リボーン』くらいしかないんですけど)、その彼等、Mr.インクレディブルにちょっとだけ先を越されちゃった元祖家族ヒーローの登場です。

 のびのび天才科学者のMr.ファンタスティック、バリヤーを張れて透明にもなれるインビジブルガール、炎の塊になって空を飛ぶヒューマントーチ、怪力の岩男ザ・シングと、元祖らしくわかりやすい能力を持つ彼等。
 ほかのヒーローと彼等が最も異なるのは「正体を公表している」と言う点。スパイダーマンがピーター・パーカーとスパイダーマンの二つの顔を使い分けているのとは正反対に、Mr.ファンタスティックことリード・リチャーズは、いつでもMr.ファンタスティック。もちろん住所も公開していて、どこからでも見えるほど大きいファンタスティックフォーのマークをどてっぱらに貼り付けたビルに本拠地を構えています。
 正体を秘密にしているスパイダーマンとは丁度正逆の立場で、正体を公表しているからこそ巻き込まれるさまざまな人間模様。その辺りも映画の脚本に組み入れられていると言うことで、これはまた楽しみですね。

 最後になりましたが、日本での公開は、夏休みも過ぎた9/5です。
 今年もアメコミ映画の年になりますか? うずうずうず。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

しまった時間切れ。

 仕事して帰ってきて、PBeMのアクションをひねり出していたら、あっと言う間に今日が終わってしまいました…。
 色々やらなくちゃいけないことが明日まわしに。て言うかもう今日です。あうう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.20

RNC : タカラの家庭用ロボット「TERA」

 RNC向けのネタは結構たまってるんですが、まずは今日のニュースにあったこれから。

 タカラは、東京国際フォーラムで開催中の「コナミ・タカラ新製品合同発表会」で、2006年に発売する計画の家庭用ロボット「TERA」(テラ)を参考出展した。 (ITmedia)

 家庭探査機、って言うのがぐっと来ますね。カメラつきラジコン掃除機と言う発想が◎です。
 こういうのは後々からのアップデートも期待したいところ。たとえば掃除(もしくは巡回)するルートを予め入力、とか出来たりすると面白いかも知れません。

 残る問題は価格かも知れません。全くの新規ジャンルなだけに高いとも安いとも判りませんが、さすがに「ちょっと手を出してみようかな」と言う域からはかなり上を行っているような…。

 家電をまとめて何かでコントロールする、インテリジェント化された家の中枢に置くもの、みたいな発想なのかも知れません。デジタル家電ハブから家電ハブへ。みたいな。
 家の家電製品を集中統率するものをロボットと呼ぶとすれば、人と機械を仲介する存在になるわけですね。
 いわゆる二足歩行のロボットとは全く違うものですが、こういうロボットにも興味ありありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.19

プレイやん予約受付開始

プレイやん(任天堂公式サイト)

 GBAを動画再生&MP3プレイヤーにしてしまうプレイやん、いよいよ2/21から発売開始の由。
 本体は\5,000、SD-VIDEO形式(.asfファイル)動画作成ソフト、MediaStage Ver.4.2 for Nintendoとセットで\6,000。ただしSDカードは別売りなので要注意。1GBまで対応する由です。また、mp3エンコーダも別途用意の必要あり。WMP10があればいいわけではありますが。
 DIGAなんかの松下製品や、カノープスのXpack2でもコーデックが入れられるので便利です。

 カノープスと言えばX Pack Premium Editionを使えば、他社製TVチューナ搭載のPCでも、録画したファイルを自動変換してくれる環境が作れるようです。まあ、予想価格\9800とお高いんですけどね。

 GBASP(又はニンテンドーDS)+SDカード+プレイやんと言う組み合わせは、ポータブルな動画再生デバイスとしては、かなりな価格破壊になりそうな勢いです。プレイやん以外はその辺に余ってるのを貰ったり中古を買ったりして補ったりしてもいいわけですからね。

 尚、素のGBAは対応しないとの事で、このへん要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このクエストは何でしょう。&速報アル・タユ

スクウェア・エニックス、インテル発表会に「FF XI」をデモ出展(Game Watch)

 えっ。

 さて、昨日の話の続き。
 英語のクエスト名で、わかりにくいもの&日本語が想像しにくいもの、それに素直にコレいいなあ、と思ったものを列挙など。どのクエストのことか分かりますか?

(一問20点)

1. Shoot First,Questions Later
2. Minesweeper
3. Catch it if You Can!
4. Glyph Hanger
5. The Singpost Marks the Spot

 正解の方には、大変粗な品がプレゼントされる可能性がゼロとは言えないかも知れません。
(Sylphサーバまで受け取りに来られる方限定)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.18

ミスラの不思議な旅 : 外伝・クエストの英名

 外人さん部隊と組んだ挫折の経験から、購入したファイナルファンタジーXI電撃4コマインターナショナル
 何故かその後、外人さんとは縁がなくあまり組んでいないわけですが、そもそもパーティ戦をあんまりやってないわけですが、それはともかく。
 本のかなり最後の方に乗っている、用語・例文名に、英語で言うクエスト名やミッション名が乗っています。日本語で言うと趣きのあるミッション名が英訳するとあっさりしてたり、またその逆もあったりで、実用性はともかくふーむふむふむと面白がって読んでいたわけですが。

 「競売所の手紙」の英名は、"The Postman Always K.O's Twice"と書いてあるのを見た瞬間、/wait 5。
 あんたそりゃ郵便配達は二度ベルを鳴らすじゃないですか。
 競売所の手紙は、競売所の配達員がモンスターにやられて、落とした手紙を拾い集める、と言うクエスト。なるほどねえ、と思い、他のクエスト名も見直してみます。泥棒ミスラことナナー・ミーゴに彼女のお気に入りを貢ぐクエスト「仲良くしたい?」は、"Mihgo's Amigo"に。脚韻を踏んでるわけですな。ふむふむ。
 そして来た! と思ったのが、「名探偵誕生?」の英名、"Inspector's Gadget!"。名探偵の扮装(本人たちはあくまで本気っぽいですが)をするための「つけひげ」を作るクエストなので、探偵役の小道具、なわけなんですけど、これはやっぱりゴーゴーガジェット! のガジェット警部に相違ありません。
 うわー、これ面白い。他にもどれだけ元ネタがあるんだろうと思うとわくわくします。

 そういえば、こないだ「go go gadget!」って言いながらとんずらを発動させている人を見かけましたが、よっぽど/tellで突っ込もうかと思いましたよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

素直にいいなあ、と思った話。

 ぽつぽつっと更新される古田選手のblogは、とてもいい感じです。Sさん(不確定名)さんには批判がましいことを申して申し訳なく。
 ロサンゼルスで初めてblogの反応を聞かれたそうですが、きっとシーズンが始まったら「ブロガー! ブロガー!」のコールがスタンドから巻き起こる事でしょう。…誰かやったら面白いな。いやいやいえイヤですな。ええとっても。

 有名人のblogってトラックバックしにくいなあ、と当然の如く思ってしまうんですが、しょっぱなに「打倒眞鍋かをりのトラックバック」とか言われると、じゃあトラックバックしなきゃ、って気になるわけで。そこでトラックバックを入れると、後が気になってRSSリーダーに登録したり日参しちゃったりするわけで。
 文章を読んで、ああ、素朴にいいなあ、と思う反面、やり方うまいなあ、さすが、と感心しちゃったりもする昨今です。

 トラックバックしたノストラダムス氏のブログに何か反応してくださらないか、わくわくしながら待っておりますが、さて…(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.01.17

フォトストレージサービスを探す。

 ある用途で使いたくなり、フォトストレージサービスを探して見ることに。とりあえず仮にYahooフォトを覗いてみましたが、うーん、と言う感じ。
 こういうサービスの機能比較ってあんまりないのかなあ… と思いつつ。

 あんまり使ってない自分のサイトにアップロードしちゃうのが、たぶん一番いいんでしょうけどね。ゲホ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.16

ミスラの不思議な旅 : 鬼ごっこ、釣り大会

 今日はmixi内のSylphサーバコミュニティでのイベントの日。ふたつあったコミュニティが統合されると言う記念のイベントです。もちろん全部PLさん主催運営。
 二部構成のイベント、第一部はバストゥーク鉱山区を舞台にした追いかけっこ。スコットランドヤードみたいな雰囲気で、追い手と逃げ手に分かれて大追撃戦を展開します。
 ペアの相方さんの奮戦のおかげを蒙り、5チーム中二位の入賞でした。

2005011701

 第二部は場所を移動して展開。動かなくなった人をここぞとばかりにいじってみたり(いや、落ちたんじゃないかと心配してたんですが)。

2005011702

 その第二部は、セルビナ-マウラ間の機船航路で釣り大会です。自分はなにしろ釣りをしたのが今日が始めて。竿は折れる餌は取られる… どころか、魚にスルーされ、餌すらとられない有様です(笑)。
 普通なら嫌がる海賊の襲撃や海のNM(こないだぶち殺されたあれ)の出現を、心待ちにしている皆さん。

2005011703

 日差しが綺麗ですねー。

 シーホラーも海賊も出ず、平穏な航海が続き。甲板で記念写真とって解散しましょうか、と写真を撮った直後に、奴はやってきました。

2005011704

 総攻撃!
 上はレベル70オーバーからいるパーティ(しかもアライアンス)だったので、鎧袖一触の超スピードで撃破でしたよ。

 非常に楽しい一日であると同時に、示唆に富む一日でありました。
 いいプレイヤーは、ゲームを遊ぶだけじゃなくて、ゲームで遊ぶことができる。それを使ってどんな風に遊べるか、それを遊び、それを楽しみ、それに価値を与える事を自ら行う事が出来る。そしていいゲームには、それを受け入れる度量と余裕がある。
 MMORPGの数は陸続と増えていますが、「バッグボール」と言うゲーム内競技が生まれてしまったUOの懐の深さには、やはり何か別格の趣を感じています。とは言いつつも、既存のシステムも、使い方次第で新しい遊び方は出来る。 

 ただゲームを遊ぶのではなく、ゲームで遊ぶ。そんな風に自分もなりたいものだと思った、楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.15

自己顕示欲か、備忘録か

 調査から浮かんだ平均的なBlogユーザー像は、

 「週に2~3回」の更新で「生活一般」の内容を「自分の備忘録として書き残す」というもの。(IT mediaエンタープライズ)。

 だそうです。

 今ちょうど、mixがどんなものか紹介するサイトなりblogなり作れないかなあ、ってちらほら原稿を書いていたのですが、古田選手のblogが更新されていて、そこに関連しそうな話題がありました。古田選手が知り合いの方にblogの話をした時、との事。

S「日記を人に見てもらいたいって気持ちが理解できない。ちょっとおかしいんじゃないかな?」

古「そ、そ、そうかな?」

S「よっぽど自己顕示欲が強くなきゃあんなことしないでしょ!」

古「そ、そ、そういうつもりはないんだけど・・・」

 いやでも古田選手の日記ならそりゃ読みたいですよ先生と言う本音はさしあたり置いて、昔からよくよく言われた話がまたしても。と言う感じですが、mixiと通常のblogの違いを考えるのにも興味深い話でした。

 ちょっと前に良く聞いたwebページの宣伝文句は、「ホームページを開設して全世界の人に情報を発信しよう」とか、そんな感じのものであるかと思います。
 自己顕示欲が~ と言うのは、「日記を全世界の人向けに公開する」=「ちょっとおかしい。自己顕示欲がよっぽど強い」と言う風に展開したのでしょう。
 もっとも、web上で日記をつけている人やblogを書いている人は、それが事業として成り立つくらい居るわけですから、ものすごく多いわけですからね。goo blogだけで10万人でしたっけ。

 さてwebページやblogは「全世界の人から見られる可能性のあるところに情報を公開する」と言う感じなわけですが、もちろんその内容までもを「全世界向け」にする必要が、かならずしもあるわけではありません。逆に、2,3人の読者(つまりは友人なり、知人なり)に見てもらえればいい、と言う程度のものでも、webページに置くと、全世界の人が見られる格好になってしまう。これがちょっと具合が悪い、と言うケースも少なくありません。
 mixi内部での日記公開は、その公開する範囲を、ある程度まで柔軟にコントロールが出来る。これも特徴です。このことは紹介文に書いておかなくてはいけませんね。いそいそ。

 それはそれとして本音の方に戻ると。古田選手には頑張って欲しいと思いつつ、気楽に書いて欲しいとも思います。
 もう本業で充分すぎるくらい大変なわけですから、気抜きに、くらいのつもりで続けていただきたいと思いますー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミスラの不思議な旅 : 海蛇洞の斗い

2005011501

 ちいさく前へならえー。

 と言うのを見ながら、じっとPT待ち。
 こう聞かれたらこう、と外人さんとのやりとりをシミュレートしつつ、マクロもユニバーサルモデル(って大げさな)に修正しつつ。LSの会話をチェックしながら、ぼんやり待機。
 外人さんからTEL頂くも、行ったことのないガルレージュ要塞からのお誘い。もちろん地図も持っていません。困ったな、と思い、「私はそこへ行ったことがなくて地図もありませんけど、OKですか?」と尋ねてみる。I haven't been to that area、とかそんな感じ。
 問題は答えるのに(正確には答えの文章を編み出すのに)えっれえ時間がかかってしまった事。答えた頃には他の人が入ってしまったらしく、「ごめん、PTいっぱい」とのお返事が。

 そのレベルで要塞はちとキツいかったから結果的にはよかったんだよ、と励まされつつ、どすーんとしていたら、日本語でお誘いが。
 結局、海蛇の岩屋へ向かう事になりました。途中、うちのルータがFFXIのパケットだけ流さなくなる、と言う謎のトラブルに見舞われたりもしたものの、モンクのレベルもひさしぶりにアップ。海蛇の鍵もロット勝ちしてゲットしました。ふふーん。

 またノーグに来るのも時間がかかるので、ここでPT待ちをするのも一考かなー、と思う所存。
 それにしてもテレポとまでは言いませんが、デジョンくらいは使えるようにしておきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.14

よいレビューとは

Xboxゲームレビュー「メタルウルフカオス」(GAME Watch)

 勿論さまざまな評価軸はあると思います。思いますが、あえて言えば。書いている人がレビューする対象を好きすぎて、なんか中の人の具がはみ出ちゃってる感じのレビューっての、すごい大好きです。例えるなら、こういうふうなの。
 「いいからとにかく黙って買え」の一歩手前でぎりぎり踏みとどまってる感じ。スタパ斉藤氏の文章みたいです。

 レビューと辞書で引くと、「評論、批評、書評」とある。
 評論は「物事の善悪・価値などについて批評し、論じること。また、それを記した文。」
 批評は「事物の善悪・優劣・是非などについて考え、評価すること。」
 書評はもちろん「主に新刊の書物の内容を紹介・批評すること。また、その文章。」

 評論と書評は批評の結果であり、批評は物事の善悪について論じ評価する事。つまり好きすぎるものをレビューする人は、それが好きだからこそレビューを書いているわけですから、当然その内容は善を讃え美を羨むもの。中の具がはみ出ちゃうのもむべなるかなです。

 それがレビューしている対象の欠点や短所を覆い隠してしまうとすれば、レビューとしては問題があるものなのでしょうが。
 つい気持ちがはみ出ちゃったレビューも、それをつい書いちゃった人も、僕は好きですね。少なくとも悪口やそれを書く人よりも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.13

RNC : shall we dance(但し会津磐梯山)?

HRP-2、人間と一緒に会津磐梯山を踊る(PC Watch)

 とにかく聞いて驚く見て驚く。動画だとこんな(同上)。出渕豊さんもきっと驚かれたはずです。

 ポイントは「単にモーションキャプチャーしました」とかじゃなくて、ちゃんと動作を計算して打ち込んでいるところ。
 次はぜひ演武に挑戦してほしいものです。重心のバランスを計算して、倒れそうになっても自分で「踏ん張る」ロボットがであれば充分可能のはず。
 ロボットの正拳中段突きとか見てみたいものですねー。あれです。ちゃんと腰の入ったやつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.12

UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE

 UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE

 究極のキャラクターゲーム、究極の原作追体験ゲームがとうとう登場です。スターウォーズギャラクシーズとも似ていましょう、「既存の背景世界を使う」と言うキャラクターゲームとして、MMORPGは究極の形だと思うのです。古に多数存在した、既存の作品に準拠した… 有名どころではM.E.R.P.とか… TRPGが、あたかも現代版にリニューアルされたかの如くに。

 …と言っているわりには、こう。続報があんまり入ってこないんで、存在そのものを忘れかけてましたが。自分。てへ。

 GAME Watchの記事によれば、サービス開始は来月2月14日との由。ですが、まだあんまり具体的なゲームの情報は出てきていないですね。とりあえずゾゴックは出るらしいということは分かりましたが。

 「ガンダムのゲームが出るのならコロンブス級の艦長がやりたい」というのが長年の夢でしたが、さすがに艦艇の艦長は難しいでしょうね。ガンペリー級などの輸送機パイロットなど熱いかもしれません。

 とまれ、MMORPGをいくつも並行して行うのは、無理とはいいませんがかなり難しい形です。
 FFXIを再優先シフトなのは変わらずですが。そうですね。毎週一日はガンダムの日とか決めてみたりして。

(1/13 追記)

 トラックバック頂いたTime's blogさんの記事によると、βテストの段階では、かなり完成度的には厳しい状態だったようです。公式ページのワールドガイドにオーストラリア大陸しか載っていないのは、やや引っかかってはいたのですが…。

 氏の仰るとおり、一ヵ月後に素晴らしい宇宙世紀が見られる事を願って止まないですな。
 「ガンダムの世界でうろうろできるって本当!?」と、ここからMMORPGに参加を決める人もきっと多いはず。いや僕だってきっとやりました。それがガンダムにとってもMMORPGにとっても、もちろんその人にとっても残念な結果になってしまわないことを切にこう。

(1/26 追記)

 Time's blogさんから再びトラックバックを頂きました。正式公開は夏ごろまで延期とのことです。βテスターの人達から厳しい意見が相次いだだけあり、むべなるかな、と言う気はします。実際のところ自分としては、オーストラリアだけでも別に構わないような気もするんですが、そういうわけにもいかないんでしょうねやはり。
 急激な正式発表から、急激な再延期(だってきのうヨドバシとかにポスター貼ってありましたよ予約受付中って…)と、方針軸がふらついている感じがしますが。いっそ今から来年を見据えるくらいの性根を据えてでも、きちんとしたものを作って欲しい… もしくはきっぱりと中断してほしい… ものだと思います。

 とりあえず、こんな厳しい状況下でもゾゴックを実装しようと言う心意気やよし。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

RNC : ミスターVTR?

 きょうのロボットニュースクリップ略してRNC。2005 International CESにロボット出現です。(写真:PC Watch)

 …キン肉マンに出てましたよね確か。こういうやつ。
 言うまでもないですがロボットじゃなくて単なるオブジェみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古田敦也公式ブログ

 古田敦也公式ブログ

 so-netがノストラダムスブログに続いて放つ秘密兵器、本邦稀に見る本格将棋ブログです。そもそも間違っている上に比較対象がそれか。
 各界の人のブログは面白いですねー。新聞のコラムを購読するみたいな感じでしょうか。

 プロ野球界、激動の2004年の後、2005年もまだまだ波瀾があるかも知れません(ないほうがいいですが)。
 今年一年でめっさり男を上げた選手会長の発言を、今年も注視していきたいと思います。

 RSS登録ッ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.01.11

何故か社長が。

 仕事中、社長とえらい人たちが15分ばかり事務所に出現。きのうまでそんなこと言ってなかったのでやや吃驚。
 客先周りの途中にふっと立ち寄ったみたいですけども。

 先週パパになったばかりの人と色々打ち合わせしたりしつつ、普通に仕事。定期が切れて更新しなくちゃいけなかったのをすっかり忘れ、思い出して寄ったらもう営業所が閉まってたり。ああ。

 昨日の混乱を踏まえて、とりあえず電撃の旅団インターナショナルを購入。
 四コマのほうは電撃の旅団vol1~2でさんざん読んでわりと覚えているので、割合に入りやすい(はず)。本はぼろぼろになるまで読むほうだった過去を思い出して、まずは読みましょう。

 大体が、昔の人が英語力をつけようと思ったのは「必要に駆られて」だったはず。それがゲームであるとて、今まさに英語の必要に駆られておるのです。自分は。
 低俗は力なり。きっかけは多少ナニであっても、これを機に努力しましょう。

(おまけ)

 セブンアンドワイで足軽の本を探していて見つけた変な
 誰か度胸のある人買って読んでください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.10

ミスラの不思議な旅 : 外人部隊は往く

2005011001

 すごくすごく久しぶりに、そうだ、レベル上げしよう、と思い立つ。
 さっそくユタンガに行って、はちあわせした元凱さんと立ち話をしていたらすごい勢いで誘われた… のはいいんですけど、

 自分以外はみんな外人さんのパーティでした。
 むしろ自分が外人さんのパーティです。

 すごい勢いで英語その他(ome-とかoka-とか普通に言ってる人いるし)が飛び交う中で、意図が通じてるのか通じてないのか、微妙なラインで戦いを繰り広げておりました。
 壊滅も壊走もせず、危なげなく戦ってましたけど… ………疲れた………(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これぞ自家製強襲揚陸艇… 中国で摘発成果の展覧会

エンジン7台の密輸船など展示 中国で摘発成果の展覧会 - asahi.com : 国際

 とにかく記事の写真を見て欲しいと言うか見て下さい。くらくらくるほど直線的な発想です。
 下の写真の装甲密輸船とか言うものも強烈ですね。これが機能的なのか、それとも加工しやすい単純な形なのかは判断しかねますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.09

第七回ROBO-ONE、及び観戦関係について

 しばらくチェックを怠っていたら、第七回ROBO-ONEの正式な日程が発表になっていました。
 お台場の日本科学未来館、日時は3月19~20日との事。一ヶ月伸びたんですね。
 仕事も押し迫る年度末も年度末ですが、見に行きますええ見に行きますとも。

 そんなこんなで、朝っぱらからあれこれ強化。ROBO-ONE応援サイトのRobot-fan様にリンクさせていただきました。

Robo-One 二足歩行ロボット応援サイト

 ついでにmixi内でコミュニティ、ROBO-ONE観戦会を作成。
 ROBO-ONEで検索してもロボワンで検索しても何も出てきませんでしたが、きっとすごい勢いで重複してるんだろうなと思うと今からわくわくします(するな)。

 ちなみにワールド☆レコーズ、次にROBO-ONEが取り上げられるのは1/16の放送だそうです。(fuRo様の記事で認識)。マジンガア再びお茶の間に降臨ですよ奥様。

 そうそう、丸の内の本屋で知能の謎も確保です。こちらもfuRo様の記事により。
 『ロボットの心』を読破した烏羽さんにも薦めてしまいましたが、実は僕はまだ読んでいなかったんですな。自白。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスラの不思議な旅 : ゴブリンのかばんpart3

 タロンギでお札を探しつつ素材を集めつつ弓スキルを上げつつ忍者のレベル上げをして、レベル15到達。
 8万ギルほど投下して、かばんクエストも無事クリア。

2005010901

 見ての通り、かばんが第三段階です。

 昨日の晩、イギラ装備、つまり黒魔道士なのに両手斧を背負っている人を見かける。仰天。
 こっそり「じっと見つめる」をやってみると、ルーンチョッパーなる斧だとか。色々あるんですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

ubicast bloggerから初投稿。

 MoneyLookの記事を探していて、ふと目に止まったubicast blogger
 説明記事を読んでいると、ブログ投稿の支援ツールのようです… と言うよりもほとんどオフライン管理ツールのような様子。 vectorで絶賛されていたのを見て、これは便利かも? と思って導入してみました。

 インストールしてそこから記事を書いてみている昨今です。

 

 試しに画像を入れてみたり。
 動画も入れられるみたいなんですが、手ごろなのが手元にないですな…。また実験してみます。

 本日は自宅で色々と整理とか掃除とか、年賀の挨拶の返事とかをやっておりました。
 今にして思えば、なんか体調が良くなかったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.07

動揺して反省して突っ込まれる。

 担当の同僚が休んでいると言う。聞けば奥さんが出産されるとのことで、病院に詰めているのだと。
 年末からそんな話は聞いていたものの、今週だったとは。と、他人事ながらに、はらはら。
 しかしお客さんから入っている問い合わせは、その人が途中まで打ち合わせをしていた上に至急のものであり、連休明けには書類が届いていないといけないのであり、つまり今日中に済ませないといけない仕事であり、はらはら。

 今日に限って、その人担当の仕事ばかり問い合わせや至急処理が舞い込み、はらはら。
 いつももこれくらい飛び込んでくるのかも知れないけど、彼は何事もないように処理しているのだろうか、と思うと、普段の自分の仕事ぶりにはらはら。

 午後も遅くなってから、ようやく連絡がついて「無事に産まれました」との第一声が。それに続く言葉は「寝不足で死にそうです」とのこと。偽らざる感想だろうなあ。
 そんな状態の人生の一大事まっただなかの人に仕事の話を始める自分を省みて、人間としてかなり反省。

 そんな誰にともなく反省している最中、パートさんとなんでもない話をしている最中に、息子さんが2ちゃねらーらしくアスキーアートの話を聞かされる、と言う話をされる。どうも自分の普段の行動から(と言っても、パソコン絡みの問題であちこちから仕事を押し付けられているだけなのだけど)「そういうの判りそう」と判断されたようだけれど… ええと。

 とりあえず会社で「さいたまの歌」の話を聞くとは思いませんでした。ええ。

 因みに2ちゃんねるは見ない、と言うかあんまり興味が湧かないタイプであります。「電車男」も、本になってから知ったクチですし。ただ、オンラインゲームの攻略情報とかはその辺産の情報が多いと思いますから、「全く利用していない」とは言い切れないでしょう。兄はそういうのが大好きらしく、たまの休みに帰ってくると、色々フラッシュを見せられます。そりゃもうげっぷが出るほどに。
 アスキーアートもあまり使わない… と言うか、カタカナのノとシが「手を振っている」と言う意味である、と言うのをwikipediaで調べて知ったくらいのクチでありまして。
 時折、「なんとなく判るような」でコミュニケーションをとっていることもあるような。そんな昨今です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックボール付きキーボード、FKB7412-351

 製品写真
 記事(【入力デバイス】の項目)。
 (AKIBA PC Hotline!)

 1インチトラックボールを搭載したコンパクトキーボード。

 富士通コンポーネント製のポインティングデバイス一体型キーボードです。
 この手のデバイスは大好きなんですが、価格を見ると流石に二の足三の足。
 USB版は安いのかも判りませんが、安価なキーボードの実に10倍、IBMのウルトラナビ付でも二枚は買えちゃうお値段では、さすがにちと…。
 と言うよりも合ってるんだろうかこの金額。早速実地に見てこなくては(またそれか)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.06

アカウントアグリゲート

Gポイント - ポイントプログラム管理機能付き、複数口座管理ソフト「MONEY MAP(マネーマップ)」

 ネット銀行、使ってますか?
 当たり前ですが、最優先で狙われる所だけにパスワード管理にもっとも気を使う部分です。もちろんパスワードは金融機関ごとに別々に設定し、定期的に変更した方が安全なんですが。正直言って、管理どころか把握するだけでも大変と言う人は多いと思います。
 ましてあちこちのサイトでユーザー登録などを行って居る人は、それぞれのサイトで別々に設定されるIDやらパスワードやら、把握するのも困難で登録するのもいややと言う風になっている人も多いと思います。鍵束が多くなると、探すのにも時間がかかる道理です。

 正確には違うと思うんですが、アカウントアグリゲートサービスは考えようによっては「その人用のマスターキー」を提供するサービスとして使えると思います。あらかじめどこかのプログラムなりサイトに、各サイトにログインする為のIDとパスワードを登録しておき、一つのパスワードで一斉にそれらにログインできるようになる、と言うサービスです。
 利便性は高くなりますが、その分そのマスターパスワードが露見したときのリスクも大きくなります。このあたりの折り合いをどうつけて「安全性」と「利便性」の両面をアピールするかが腕の見せ所ですね。

 ジャパンネット銀行MSNマネーで使われているアグリッパが有名ですが、やはりオンラインにIDやパスワードを置いておくのは不安があるものです。
 そんなわけでローカルにデータを置いておくタイプのMoneyLookを愛用している自分ですが。どうやらGポイントなる会社で、MoneyMapなる新サービスが始まる様子。
 ポイントサービスが上位乗換え可能など、気になるポイントがいくつかあります。様子を見て導入してみるかもです。《むむむ》。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RNC : ロボットスーツ開発最前線

夢の技術が現実に
~ロボットスーツ開発最前線~(クローズアップ現代)

 今日のRNC要するにロボットニュースクリップは。
 …見逃しました。切腹。

 こちらですね。分類的にはロボットと言うよりパワードスーツ、もっと噛み砕いて言えば強化外骨格と言う感じでしょうか。我が身は既に介護完了。

 筋電位計測システム等と聞くとわくわくしてきます。超義足と言う感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ミスラの不思議な旅 : 汽船航路の大惨劇。

2005010601

 Sea Horrorにぶち殺されました。

 この間の事情を恐怖小説風に書いてみようかと張り切っていたんですが、完成間近でブラウザが落ちたので中断です中止です。きー。

 それはそれとして、戦士がレベル25に到達。

2005010602

 ダブルアタックは爽快であります。
 さて、次はかばんクエストか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

リード・リチャーズとミセス・インクレディブル

「Mr.インクレディブル」のおかげで作り直しとなる映画 ( eiga.com [ニュース&噂] )

 7月1日の全米公開予定に向けて順調に製作されていたアメコミ超大作「ファンタスティック・フォー」が、突如、大幅に作り変えられることになったらしい。

 確かにインクレディブル夫人は伸びすぎでしたからなあ… びくびくしていた事態がだんだん現実に。うううう。
 リード・リチャーズ(注:ファンタスティックフォーのリーダー、ミスター・ファンタスティック。『ゴム人間』とあるが、ルフィとは違って伸びっぱなしに出来るので「伸縮自在」と言ったほうが正しい)もイラスティガールに感謝することでしょう。本編コミックでそういうシーン描かれてそう。

 独立記念日の週に公開と言うことは、お正月映画級の超大作。楽しみですが不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から仕事の物語。

 結局、ちゃんと復活しましたC1MZX。
 各種設定はまっさら状態なので、なんだか新鮮な気分でいじりまわしています。まずはいらんソフトを削除かな。

 言い忘れてましたが兄夫婦はおととい帰宅。きのう一日インターバルを置いて正月ムードもやや脱却。今日から仕事始めです。
 とはいえ、あっちこっちに電話をするたびに、まるで先手を競うかのように「今年も宜しくお願いします」の応酬。みんなそんなに忙しくないな。キラリ。

 毎年は仕事はじめの初日、関東圏の社員を集めての新年会をやっていたんですが、今年は経費等の都合からお流れ。もっともえらい人は新年会をやっていたようで、うちの責任者も午後不在でしたが。

 今日くらいはスローペースで過ぎるかな、と思っていたら、帰り間際になってあれこれと問題が発生。あーもう。
 しかも初日くらいはと皆早く帰るので会社から追い出されてしまう。あーもう。明日いそがしいなあ。

 帰路、知能の謎 認知発達ロボティクスの挑戦を軽く探してみるも見つからず。イーエスブックスで頼んじゃおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.04

一月の菊、そして今年最初の散財

 書物庫と化した部屋を取り崩して少し整理。昔のPBMとネットゲームのリアクションの出てくること出てくること。
 予想通り読みふけり、最後の日に少しくらい整理しよう計画はかろやかに頓挫。まあ、予想通りではある。

 庭の菊がいつのまにか一輪だけ開いている。たまには普通に被写体っぽいものも撮ろうとぱしゃり。横では白梅の花もややほころび気味です。

2005010401

 正月二日に完全におかしくなったVAIO-C1MZX。正直あまりヘビーに使うことはないものの、あるとないとでは便利さが全く違う、と、リカバリを決意して秋葉原へ。
 …なんていうか、だんだんものすごいことになっていく気が。現金を準備する為にドンキ内ATMに向かったら、普通にエスカレーターに完全メイドな人がすいーと乗ってたりとか、綺麗に整備された駅内に貼られた看板と言う看板がことごとくあっち系だったり。
 永遠にハレとマツリが続く街、非日常が日常がすりかわった街、きれはきたない、きたないはきれいが常態と化した世界。なんだかそんなはちきれ気味な空想にひたりつつ、結局ツクモのパソコン館で発見し確保。

2005010402

 PCGA-CD51/A

 只の16倍速CD-ROMドライブ、しかもPCカード接続、中古品。値段はちょいと張って桁外れといってもいいところですが、実はこれが隠れた人気モデル。
 数年前から発売されていた1スピンドルのVAIOなら、ほとんどのモデルでリカバリに使えるため、「いざと言うときの非常用」に確保していく人が非常に多いそうです。そんなこんなで、入荷してもすぐに捌けてしまうのだとか。
 …まあ、早急に復帰させたかったので、値段は諦めました。ええ。

 ようやくうまく動いてくれて、現在C1は現在リカバリ進行中。
 いーのーちーさーずーけーよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.03

正月の日々

 正月はずっと兄夫婦と一緒に母のところに転がり込んでました。まあ飲むこと飲むこと。

 きのう二日は、家が気になったので昼から帰宅。あれこれファイル関連の整理や大掃除をしていました。
 ところがこれが罠だった。VAIO C1のもろもろがにっちもさっちも行かないほどに調子が悪化し、リカバリするしかないのかと言う段階で母の所に呼び戻され放置状態。今でもそのままです。

 三日は恒例の親戚一同の新年会に一家揃って参加。兄夫婦の初披露なんですが、なぜか実弾が自分のほうにも飛んでくるので困ります。従兄弟の子供らもずいぶん大きくなったなあ、と、ころげまわる一歳児を見てなごんでみたり。
 駅伝で東海大と駒沢の行方を見守りながら(後、区間新なのに謝り倒してゴールした早稲田のアンカーの人を見守りながら)、また飲むこと飲むことを繰り返し、帰宅。

 いま平成教育委員会とか見ながら書いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.02

Mr.インクレディブルを見た時に気になっていた謎。

 あのマークなにかに似てると思ってたんですけど、
 コレでしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

RNC : ビクターが二足歩行ロボット - asahi.com : 経済

「ハッスル」だって得意 ビクターが二足歩行ロボット - asahi.com : 経済

 ロボットニュースクリップ略してRNC。今日のロボットは日本ビクターの開発した小型ヒューマノイド。
 足回りはどこかで見たような? と言う印象を受けますが、火星大王みたいな寸胴の胴体とツインアイが特徴的。画像を転送できると言うことは、外部から無線LANやFOMA経由で操縦する事も不可能ではないはず。
 留守番というか、操縦可能な監視カメラと言う感じですが、面白そうですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンフーハッスル!

 強く悪であるものが栄える混沌の世情。法も秩序も、強弱と言う事実の前に力を持たない時代。弱く貧しすぎるがゆえに平穏だった貧民街に、強くあろう悪であろうと願うチンピラが現れる。
 彼が最強最悪のギャング・斧頭会の名を騙り、折悪く本物の斧頭会が姿を表す事で、しかし黙認の上に成り立つ平和は破られる。身を守る力もないと思われた住民の中から立ち現れる三達人。次々と立ち現れるカンフーの達人達の繰り広げる決闘の最中。悪と善に引き裂かれ、チンピラの心は目覚めのきっかけを待っていた…。

 この映画、大マジです。
 小林サッカーがまずもってアクションコメディを目標にしていたとしたら、カンフーハッスルが目指しているのはカンフー映画の再生。ハリウッド映画で言う、往年の名作のリバイバルと言う視点で捉えるべきなのかもと思います。
 ここで頼りないのは自分がその辺りの映画を見ていない事なんですが。むしろ「ジャイアントロボの十傑衆や、シャッフル同盟の動きを実写にしたらかくのごときか」と思うのも。今川監督作品の中の、香港映画な部分に似ていると思う所以なのでしょう。

 映像的な衝撃度は増量ものですが、やはり見る方として身構えてしまっている分は割り引かれてしまいます。むしろ派手な演出よりも、三達人や家主(特に亭主のほう)の、軽く重く凄みのある立ち会いに引き込まれます。豚小屋砦のミニチュア感や、迫る刺客の陰と言った地味な部分の気合の入り具合にも。

 何も考えずに突拍子のない映像を目当てに見に行くことが正解、とは言い兼ねるかも知れません。それで楽しめるか楽しめないかは、人によるところ大。ただ、「あれはこうなのかな」と考え込むと、深く静かに面白い。なんていうか宣伝のされ方のせいで損してないかなあ、と思うそんな映画です。

 あ、パンフレットは見終わった後に読んでください。これ絶対。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

元旦、お台場へ散歩に行く。

 元日だけあって、起き出すのは皆遅いです。爆笑ヒットパレードとか見つつ、お屠蘇なのにビールとか空ける一同。
 早朝の部屋からは富士山がきれいに見えます。

2005010101

 その後、どこに行こうか決め兼ねるまま出発。高幡不動に行くと言う兄達と途中で別れ、そうだお台場行こう。となんとなくお台場まで大移動。ありえないくらい誰も乗っていないりんかい線にびびりつつ。

2005010102

 行って見るとアクアシティの上に神社を作ってしまった旨のポスターがあちこちに。本気で? でも神社には初詣に行かないほうがいいと言われてるけどなあ。とにかくも行ってはみることにする自分。

 ジョイポリスの前を通り、レインボーブリッジの絶景を眺めながらアクアシティへ。

2005010103

 メディアージュのほうでソニースタイルにひっかかったりしながら、連絡通路を探しているとシネマメディアージュの前を通りかかる。
 あ、カンフーハッスルだ。

 …40分くらいあったので、券だけ買ってアクアシティの屋上に行ってみることに。エスカレーターで上がっていくと、なんか普通に屋上駐車場の一角を占めて神社設置されてました。

2005010104

 冗談か企画で作ったのかと思ったらどうやら本当だったようで。電子機器の安泰も保証してくれると言うので、ちょっと拝んできました。
 お御籤は大吉。ただし「特になにもせず時を待て」だそうです。なんだこのおみくじ。

 で。カンフーハッスル見て帰ってきました。筋肉バトルを見ております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年。(12/31→1/1)

 2005年を迎えました。
 喪中につき新年のお祝いは遠慮させていただきますが、本年も宜しくお願い致します。

 思えばココログを開始したのが昨年の1月1日。やっとこさ二年目です。
 思えば昨年はいろいろと起こりすぎた年でありました。本年は昨年に比べて世間は平穏な、自分自身はいろいろ変化に(それも自分から呼び込んだ変化に)富んだ年にしていきたいと思っております。

 お付き合いのほど、宜しくお願い致します。

 と書いているのはおふくろの家。ふむぬー。

(追記)

 大晦日の出来事いろいろ。
 今年のクエスト今年のうちに、を合言葉にFFXIに本年最後のログイン。あらんかぎりクエストを片付けようと、キーアイテムを調達してあれこれ。コルモル先生の懐の深さに触れてみたり、いきなり出てきた罪狩りのミスラにしびれたり。
 しかし「ゴーレムのまなざし」と「最後の護符」のコンボが自分的には強烈。
 シャントット博士曰く、「ボスディン氷河のルクスス院長に新しい魔法の使い勝手を聞いてきなさい」。
 天の塔前のガード曰く、「ルクスス院長が北の地からお戻りになっています」。

 …問題解決? そんな風にはうまくいかないらしいです。
 mixiの書き込みを見て、クフィムでPT中の元凱さんにリンクパールを宅配。後からクフィムに来られたAruyoさんにもご挨拶したところ、急に出かけることになりクフィムのど真ん中でどきどきしながらログアウト。

 外は雪雪大雪、毎日吹雪吹雪氷の世界。でかけるのキツいなあと思いつつも、年越し蕎麦のために出撃。
 というのも親戚が蕎麦屋さんで、毎年そこへご挨拶するのは恒例のイベントなのです。
 雪を踏み踏み出動するも、最寄の駅で合流するはずの家族が来ない。携帯も出ない。母と二人「まさかこの雪でどっかで転んだとか」と心配してわざわざ家まで行ってみると、携帯が置き去り。
 猛り狂う母をなだめつつ、断続的に遅れたり停まったりする電車を乗り継いで蕎麦屋へ。いつもは車で行くので駅から歩いていくのは始めて… と行ってみたら、普通に素直に着きました。ところが店内にはいつのまにやらちゃっかり先に来なかった家族が。
 なにー!? と思ったら、電話帳で住所を調べて歩いてたどり着いたのだとか。自分とか母の携帯の番号は携帯にいれてあったので、置いてきて連絡が取れなかったのだとか。そんな行動力があるのなら電話帳に携帯の番号くらい書いておいて頂ければ。と思っていると、兄夫婦も到着。いつのまに結婚したんじゃワレ、といじりたおされる兄夫婦を尻目に、その場であったかいのと、年越し用の冷や麦を頂いて、積もった雪の中を帰宅。

 母の家に集まって、テレビ見ながらつまんだり酒飲んだり。しかし第九→男祭り→K-1→でぶやkui-1って、なんか紅白に格別の恨みでもあるんだろうかってコンボで。
 アビディの忍耐力と戦闘竜の健闘に感じ入りつつ(ボビーはKOされなかっただけでキャラ的には勝ちだと思う)、でぶやの他の番組を積極的に利用しようとする番組作りに素で感動。よその特番の仕出し弁当を確保してスタジオに持ち帰る、って無茶だろそれは。

 頂きもののお酒を皆で頂く。兄にはこの酒を頂くに至った経緯を説明し、「…ああ」と納得してもらう。
 日本酒はあんまり、と言っていた義姉さんにもおかわりを要求されたりして。
 なにか、細くかすかではあるけれども、縁のつながりが続いていることを感じました。いかにもあの人らしく、這いうねって。

 そんな風にしんみりしつつ、頭痛を抱えているうちに年越しまで10分を切る。のんきに風呂で鼻歌の兄貴を引きずり出して、若干遅れ気味に年越し蕎麦を。

 そんなこんなで、2004年は暮れました。
 新年は本年。今年もいろいろやっていきたく。宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »