« ミュシャ展にもういっぺん。 | トップページ | 万博開業あと間近 »

2005.03.06

ハーレイ&アイビー

 バットマン:ハーレイ&アイビー JIVE AMERICAN COMICSシリーズ

 いやー、面白い面白いですこれ。
 アニメ版バットマンを手がけたスタッフ達の手で、バットマンからスピンオフしちゃったミニシリーズが、ありえないくらいのスピード(原書出版は2004年4~6月)で日本語訳です。
 アニメシリーズをそのままコミック化した感じの、書き込みはそりゃ少ないけど躍動感とポップさが魅力な絵柄です。

 で、ハーレイ&アイビーって一体誰? と言う感じでしょうが。ハーレクインとポイズンアイビー、二人とも「バットマン」に登場する敵役の女性キャラです。
 なんの因果かコンビを組んだパワフルな二人が、珍しい植木鉢を盗もうとしたことから巻き起こる、事件騒動またトラブル。たまにバットマンも巻き込んで、ゴッサムで、中南米で、あげくのはてはハリウッドで、繰り広げられる珍道中。悪女二人の運命やいかに!

 とまあですね。コメディとか言うよりきっぱりギャグですこれは。こういえば判る人にはわかりますけど、獨伝把マスター入ってます(笑)。

 片割れのポイズンアイビーは一応「怪人」と言うに相応しい外見&能力(緑の肌の美女で、キスした男を自由に操る)、自然を愛するあまり人間を憎悪する、と言うファナティックな性格と備えています。こう書くと、まともな話になりそうなんですが。
 一方のハーレクイン、あのジョーカーに入れ込んで押し掛け女房状態になっていると言う、けなげと言うかおかしいと言うか、とにかくめげない人。だってあのジョーカーをストーカーしてるんですよ。さすがのジョーカーも時々イヤになって本気で殺そうとするらしいのに、どっこい生きている実力者です。

 おかしいくらいの大失敗を繰り返しながら、めげる気配も見当たらないハーレイに振り回されて。悪人のはずのアイビーが、なんだかものすごく可哀想な人に思えてきます。褒めてるときの言葉が「あんた、見た目よりバカじゃないじゃない」だもんなあ。

 同スタッフの手がけた、ラーズ・アル・グール(エトリガンも)の登場する短編も、一緒にバインド。
 非常に面白い… んですけど、アメコミ好きの人はもう読んでるだろうし、アメコミに興味のない人に勧めるには濃い&高いし、微妙ですねこりゃ。

|

« ミュシャ展にもういっぺん。 | トップページ | 万博開業あと間近 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/3195867

この記事へのトラックバック一覧です: ハーレイ&アイビー:

« ミュシャ展にもういっぺん。 | トップページ | 万博開業あと間近 »