« ブリスターへ行って見た。 | トップページ | ミスラの不思議な旅 : 防衛作戦ガリスン。 »

2005.04.03

今週のブラッドオペラ(4/2)

 ルールが再び更新され、キャラクター製作時の決定事項の一部と、それに絡む<黒>の一部が公開されています。

 まず前回、特に詳しい解説のなかった用語ツールとギフトのうち、ギフトについて。
 ギフトはロアドのみが得られる特典(たぶん)で、<黒>の血筋だけが持つ先天的な才能。先ごろ公開された通り、ロアドは必ずどこかの<黒>の血筋に属していて、本人の意思とは特に関係なく<黒>から一方的に庇護を受けています。

 で。その<黒>の中でも大物が居るわけで。ロアドのPCは、作成段階で、有名どころの<黒>を選ばなくてはならず、その庇護を受けた血筋に生まれついた… と言う事になるようです。
 そのロアドは、選んだ<黒>の庇護と束縛(おそらくは行動時の制限や各種ペナルティ?)を受け、ついで守護する<黒>によって異なるギフトを与えられます。
 例示としての推測ですけど、<黒>にアナスタシアを選べば、殴り合いに強くなる(ギフト)けど、フェリオンを仕えなくなる(束縛)とか、そういうイメージになるんでしょうかね。

 また、選ぶ<黒>により、束縛は厳しいけど強力な支援を与えてくれる<黒>もいれば、束縛は少ないかわりに支援も乏しい<黒>も居るようで、行動の自由さをどこまで犠牲にする(あるいは留保する)か? と言う基準も、選ぶ際には忘れてはならないようです。

 今回公開された<黒>は三人。見ると、皆パンフレットの内側、見開きのモノクロイラストに姿が見えている人達です。してみると、まだあと6人か7人はいそうな風情ですね。
 順番に紹介すると、

アナスタシア(パンフ左端の眼帯の女性)
 六百年間ロシアの大地に根ざした凶暴な武闘派。勇猛と果敢を尊ぶ。武術・格闘が強化されるが、フェリオンを嫌う。

”人形師”イゾルデ(パンフ右端の頭蓋骨持った女性)
 ヨーロッパを根拠地とする。年齢不詳。フェリオン作成の秘術を蔵し、理知と狡猾を尊ぶ。彼女の血族は特に狙われやすいので、慎重に素性を隠すらしい。

殉教者(パンフ左から四人目のドレッドヘア?の男性)
 本名不詳。Alexaを創設した家系を守護する。非常時以外は棺桶で眠っているため、干渉や束縛は薄い。
 ここ百年近く眠りっぱなし。血族は錬金術師、科学者や医者を多く排出する。

 と言う風になっているようです。
 それぞれの<黒>のプロフィールを見ていると、どうやら今回は世界全体規模での話になりそうな感じもします。

 ところで、パンフに載っている人物は、左から順に

アナスタシア
・マフィア風葉巻の男+手下?
・黒眼鏡の男性
殉教者
・シスター+修道女達
・ブギー風怪人
・二刀流の男性
・半泣きの少女(+狼?)
・手袋メガネ
"人形師"イゾルデ

 の10人くらいと見積もれます。
 エルスウェアの2002年度作品『特命転校生evo.』でも、選べるPCの基本タイプ(特務高校)は10種類でしたから、まあ妥当なところなのでしょうね。

 そろそろスタートブックの申込をしなければ(まだなのか)。

|

« ブリスターへ行って見た。 | トップページ | ミスラの不思議な旅 : 防衛作戦ガリスン。 »

ブラッドオペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/3550150

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のブラッドオペラ(4/2):

« ブリスターへ行って見た。 | トップページ | ミスラの不思議な旅 : 防衛作戦ガリスン。 »