« 近況と買い物 | トップページ | RNC : アジア大会、まさかの敗退 »

2005.06.03

RAMディスク、再び

リンク: ITmediaニュース:「RAMディスクの再来」により、Windows XPが高速ブート可能に.

 これはちょっと本気で欲しいですな。
 RAMディスクを仮想ドライブにして、キャッシュをそこに仕舞って高速化する、ってソフトが前によくありましたが、それを見るたびに「RAMが4GBくらいあれば、そこにウィンドウズがインストールできちゃうんじゃないの?」と思ったものです。もっとも、当時は4GBのメモリーなんて脳がとろけるほど高価だったんですが。

 そんなことをすっかり忘れきった頃に、こんな道具の登場です。肝心要のメモリー価格ももう現実味のある価格を通り越して、値崩れ半端ない状態。
 怪しい事は判っていますが、一度は試してみたいもの。怪しいお店に入荷されるのを楽しみにしてみたいと思います。

|

« 近況と買い物 | トップページ | RNC : アジア大会、まさかの敗退 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Macの世界では、10年くらい前からそういうのがありました。
Initというデバイスドライバみたいなもので。
あまり使われなくて廃れたんですが...大容量メモリが安い昨今、再び見直される技術なんですかねー。

投稿: Aruyo | 2005.06.04 02:35

 あー、そうなんですか!? さすがはマック、と今始めて(失礼)思った瞬間でした…。
あんまり使われなかったってところに、なんか一抹不安を感じますが。

 とにかくこれ、実際に動いているところを見てみたいですね。
 ノートパソコンに実装するのはたぶん無理でしょうけど、PDAを押しのけるほどのスピードで起動するXPなんてのは、金払ってでも見たいかも知れません(笑)。

投稿: sn | 2005.06.04 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/4396690

この記事へのトラックバック一覧です: RAMディスク、再び:

« 近況と買い物 | トップページ | RNC : アジア大会、まさかの敗退 »