« 妖怪大戦争を見に行きましたよ。 | トップページ | ROBO-ONE GP in キャラホビ【試合編】 »

2005.08.21

ROBO-ONE GP in キャラホビ【開会~アピール編】

 さて、今日はROBO-ONE GPの日。
 幕張メッセで開催中のキャラホビ2005内のイベントとして、ROBO-ONEが招来されたわけなんですねー。そんなわけで朝早く起きて出かけた… ものの。
 ちょっと電車のつながりが悪かったばっかりに、西船橋から京葉線に乗り換えるのに30分も待たされる羽目に。もう二度と西船橋経由で幕張メッセには行きません。行きませんとも。

 うあー間に合わないーと思いながら… なにしろ、前にキャラホビに行ったときには… なんで行ったんだっけ? そうそう、去年ですね。くまったさんが面白そうなこと言ってたから行ったんだっけ… 入場するまで、余裕で1キロは行列してた覚えがあったんですが、行ってみると… 行列して。ませんでした。

 あれ?
 と思いながら、とにかくイベントが始まるまであと5分も切っていたので、大急ぎで入場。メインステージに向かうと、そのまわりには黒山の人だかりが。
 このあいだはこれにすっかりだまされた訳ですが、もうこのくらいでは驚きません。何故なら、この人の山は次のイベントの入場待ちをしている人達だから。前回来た時に学習しました。しましたとも。あの時は恥ずかしかったさ。

 本当にROBO-ONEの観客だったらすごいんだけどなあ。と、一抹の期待を抱きつつ観客席を見渡すわけなんですが… いません。人が。本当に。
 わりと広めの折椅子が並んだ観客席に、かぶりつきのあたりにわずかに人がいるばかりで、あとは延々と空席です。そのまわりには、次のイベントを… あとで判ったところでは、ガンダムSEED Destinyのライヴだかイベントだったそうですが… 待っている人たちが、ぐちゃーといます。

 この状態を例えるなら。ローマのコロセウムでまるで、ライオンが放たれる寸前のキリスト教徒がキリエエレイソン歌ってるような。そんな閑散ぶりでした。

 そんなこんななので、席に向かうといきなりENNUIさんとのんのんさんを発見。ご挨拶して近くに座りますが… 見た感じ、…常連さんばかりです。自分も含めて。
 司会の方々も実にやりにくそう。「まだまだ空席ございますので!」の声が響くたびに痛々しい感じを覚えます。まずは開催前に、妙に豪華な合成の映像とともにROBO-ONEの解説が入ります。背景映像は過去の名勝負や名場面をつないだもの。マイロの片足立ちは何度見てもすごいなあ、と思っていると、はじめロボットがマイロからダウンを奪った、あのシーンもしっかり出てきます。
 まわりで見て入る人をちょっと見回してみると… 興味具合は、やはり今ひとつ。ここで実機を見たらきっと意見も変わるかも。と、物事を前向きに捉えなおしてみます。

 10時54分頃。気合の入ったCGでのカウントダウン、そしてライトアップの後、蝶ネクタイ姿のリングアナの方による気合の入ったコールの後、ばーっとスモークが吹き出てレディバグによるテーマソングが流れます。この辺豪華です。さすがキャラホビのイベントらしく、と言うか、素直に言ってROBO-ONE離れしててこう。

 コールに応じて、登場ロボット9体が登場。ロボットにそれぞれ大仰な肩書きがついているところが、はりきりすぎてる感じでナイスですよ。「赤い彗星」はじめロボット、「青い稲妻」ダイナマイザー、「一撃王」ヨコズナグレート不知火、このへんは判るんですが、「流星の騎士」アリウスと「白銀の妖精」アリキオンはちょっと謎。アリウスはまだしも、アリキオンは白銀じゃないような。いや、うろおぼえなので間違ってるかも知れませんけど(汗。
 ところで、びっくりしたのがトコトコ丸。なんと着物が一重で浴衣バージョンになっています! 頭も烏帽子じゃなくて赤いリボン。うわ可愛いッ。

 ロボット総登場のあと、特別解説としてレディバグの面々が登場。西村委員長の挨拶のあと、いよいよ大会開幕です。
 まずは9体の登場ロボットによるアピールのあと、本戦、そしてランブルと、お約束通りの流れで今回も進みます。

【アピール編】

1:レイジングゴッド

 スポンサーでもあるバンプレスト製のロボット。KHR-1似の素体の上に、赤いプラパーツで(ちょっと戦隊ものの合体ロボっぽい)デコレーションがされています。胸元に光るのは、もちろんあのバンプレマーク。
 後でバンプレストのブースでのアンケートなどを見る限り、どうもバンプレストさん、この形の二足歩行ロボットにOGのロボットのガワをかぶせて発売する、そんな計画があるようです。
 足が長くてかっこいいんですが、ちょっとそのせいか足元にぎこちなさが。フックからアッパーにつなげるなど、上体の動きはかなり綺麗でした。
 動かすだけで精一杯らしく、ちょっとアピールは弱め。

2:アフロ

 会場に菅原さんのお母さんもいらっしゃっていました、黄色いみつばちアフロ。今日も影さんはおりません… 万博の仕事が相当お忙しいようです。
 秋葉原大会では操作に大苦戦した菅原さん。いきなりスリップしてはらはらしますが、「これがサタデーナイトパンチで」とトークしつつ動かしていきます。
 このまま例の手拍子で泡を吹く動作まで持っていけば会場のつかみは完璧… と思っていたら、なんと先に泡が出てしまいます。何事!? どうも操作をちゃんと覚えていないようです…
 わかっている観客一同が手拍子の体勢に入りますが、ピークに達しないうちにまた泡を吹いてします。手拍子! 手拍子がまだですアフロ!
 結局タイムオーバーになりつつも、とりあえず手拍子は完遂。ううん、外で見ているお客さんには何が面白いのかわからなかったに違いない。残念です。あれ初めて見たときは、涙出るほど笑ったからなあ。

3:はじめロボット

 奥さんと一緒に登場のはじめさん。ゆっくりと非常に安定した太極拳モーションから、一気に素早い挙動に展開。さらにお家芸、走るの披露にレディバグの皆さんも大喜びです。

 最後にとっておきの新モーションを披露… 「三瓶です」。誠に申し訳ないんですが、横で同じポーズを取っていたはじめさん本人の方が、アップグレードに面白かったです…(笑)。

4:アリキオン

 仇名するなら「スカート付き」、スミイファミリーの赤いロボット・アリキオン。ちょっと振動が大きめなのが心配です。
 マイクパフォーマンスでしゃべっていることをアピールするんですが、なにしろ会場の音響はただ事じゃないのでちょっと聞きづらかったのかも知れません。

 ちなみに新作のダンスモーションを披露。このときの会場ではよくわからなかったんですが、あとでバンプレストブースで明らかになったところによれば、このダンス、振り付けはピンクレディのUFO。しかも曲を自力で演奏&歌いながら、アリキオンは踊っていたようです!
 腕が胴体の真後ろまで回っている! 腰振ってる! と、あまり見かけないモーションに驚いていたんですが、そういうことだったんですね。

 攻撃モーションとしては、腕伸び付きの攻撃モーションも披露。ちなみに、あの腕の白いアームは「剣」なんだそうです。知らなかった…。

5:トコトコ丸(浴衣ver.)

 夏バージョンの、トコトコ丸。操縦はなされず、自動でデモが行われます。もうあれですね。もともと縫いぐるみのように可愛いトコトコ丸ですが、夏らしく軽快な服装がこれがもう。袖をひらひらさせながら、袖口から扇子を出して回る踊る。しかも足元には鈴がついていて、回転モーションでそれがちりちりんと鳴る小技つき。
 会場は撮影禁止だった由なんですが、ああもうなんで撮影禁止なのさ! と惜しまれる可愛らしさでしたよ。排熱効率的にも都合がよさそうな感じもしたんですが。

6:オムニゼロ

 一つ目の赤いロボット・オムニゼロ。胸に特徴的な黒いパーツが増えています。全体的にも前に見たときに比べ、追加パーツ(黒いところ?)が増えた気がするんですが…。
 前田さんの丁寧な解説とともに、歩き、パンチ、自動起き上がりと、基本的な動きから解き明かされます。一見さんにはこういうのが嬉しいですよね。いつも軽いロボットだったので、今度は重いロボットを作ってきた、との由。
 最後にスチール缶をつぶすアピールが。一回は缶を蹴飛ばしてしまい失敗しますが、二回目のチャレンジでは、腕を振り下ろすモーションだけで、缶がぐしゃッと潰れました。後で明らかになったんですが、今回のオムニゼロのパワーたるや、相当なものがあったのです。

7:ダイナマイザー

 軽量級の雄、ダイナマイザー。アピールの通り、とにかく動きに途切れがありません。斜め前進、斜め交替、途中で方向を切り替えてのS字前進から、起き上がり立ち上がりの速さ、先川原さんが「この一ヵ月半で見違えるように早くなった」と言う通り、ありとあらゆる動作が速いです。このあと横歩きも見ましたが、これもすり足のような動作なのに早いこと早いこと。
 定番の匍匐前進も披露。そのあと匍匐後退までも。皆さんからも「後ろ向きは初めて見た」と言う意見がありましたよ。

8:ヨコズナグレート不知火

 白いロボット不知火です。正拳突きなどの動作モーションは、相変わらずかっこいいですねー。力強い突きのあと、しっかり「止め」が入る。動きのメリハリがばっちり効いています。
 アピールではなぜかサタデーナイトフィーバーのポーズも披露。そういえばダイナマイザーもやってました。局地的にブームって、本当ですかそれは。

 不知火と言えば(製作者Dr.GIYさんの)お母さん、と言うことで、先川原さんからまたお母さんネタが振られます。「お母さんの方が有名になってしまいましたねー。会場に来られてますか?」
 来られてました。「まさか来てるとは!」と皆さん爆笑でありました。

 もうひとつ不知火といえば、トランクを押し出す電車道。なんですが、どうも調子が悪い… 「足が小さくなったから」とも言っていたような…? らしく、今回は見送りでした。

9:アリウス

 かっこいい突起物は100円ショップの生産物。蛇行前進に前転、シェーのポーズと披露しますが、やっぱり操縦しているのがお嬢さんと言うところに話題が集まります。アリキオンを操縦しているのが奥さんなので、勝ち進んで勝負になったらお父さんはどちらの味方をするのか? と。夫婦関係ならコメントをさせてほしい、とレディバグの人も巻き込んでコメント合戦をやっているうち、肝心のアリウスは調子をおかしくなったのか、タイムアウトの合図で眼をやると、お父さんが黙々と裏蓋外して整備してました。なんて事だ。

 さて、全9体のアピールが終わったところで、いったんインターバル。
 試合内容やルールについての解説が行われている間に、準備に入ります。

 ここで休憩して競技説明。準備に入ります。

|

« 妖怪大戦争を見に行きましたよ。 | トップページ | ROBO-ONE GP in キャラホビ【試合編】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/5572609

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GP in キャラホビ【開会~アピール編】:

« 妖怪大戦争を見に行きましたよ。 | トップページ | ROBO-ONE GP in キャラホビ【試合編】 »