« 第三回ROBO-ONE Special観戦記【ステアーズ編】 | トップページ | 第三回ROBO-ONE Special観戦記【ボール編】 »

2005.08.07

第三回ROBO-ONE Special観戦記【ダッシュ編】

【ROBO-ONEダッシュ】

 そんなわけで、13時からスタート。2メートルのコースを、二台ずつ組になってダッシュし、タイムを競います。動作はスタートの合図以外はすべて自律。
 ロボットが寝転んだ姿勢からスタートし、起き上がって半回転したのちに、スタートラインを通過して2m先のゴールまで走り、そのタイム(完走しない場合は走った距離)を競います。とにかく走る5月のダッシュとまた違う、いわゆるROBO-ONEダッシュのスタイルですね。
 前回、花やしきの大会では、ステージが曲がっていたせいでみなコースアウトしてしまい、完走者ゼロと言う惨憺たる結果だったわけですが…。

■×ありまろ4 vs ○ぺンギン2号
 ありまろ、素早い立ち上がりを見せましたが、右に曲がりコースアウト。ペンギン2号は完走コースと思いきや、惜しくもゴールラインに達する寸前で左コースアウトでした。完走ならずもペンギン2号の勝利。

■○マギ vs ×IDA
 すごい勢いでスタートを切ったマギですがしかし、同じくらい壮絶な勢いで右へ旋廻しコースアウト。ゆっくり回転して立ち上がったIDAはしかし、スタートライン直前で転倒。マギの勝利でした。

■○ヨコズナグレート不知火 vs ×QT5
 あれは寝ていると言えるのか、とにかく横倒しの姿勢からアームで起き上がる、人工衛星ロボQT5。そのまま片足を軸に180度回転し前進…! と思いきや。あれれ。その場でくるっと360度回転してしまいます。後方にダッシュしかけた!? と思いきやくるっと回るQT5。なんとか前進コースに乗ったとはらはらしながら見ているうちに、不知火がゴール。19秒16で不知火の勝利でした。

■○マジンガア vs ×オムニゼロ
 いきなりの実力者決戦です。立ち上がりの差で先行したマジンガアを、驚異の追い脚オムニゼロがぐんぐん追い上げる。白熱した展開の末に、文字通りハナの差でマジンガアが先にゴール! あと10cmでもコースが長かったら、オムニゼロが勝っていたかも判らない、そんな対決でした。16秒68でマジンガアの勝利です。

■×オートギア vs ○PETIT
 オートギア、リタイアによりPETITの不戦勝。

■○アリウス vs ×アリキオン
 これこそ運命の悪戯ってなもんでしょう。スミイファミリー同士の対決がここで実現です。
 アリキオンも安定した立ち上がりと回転を見せていたんですが、ダッシュの体勢に入ったときには、もうアリウスはゴールに駆け込んでいました…。タイムは14秒31。

■○ランサー vs ×剛王丸
 剛王丸、動作不良により不戦敗。
 直接関係はありませんが、ランサーはずっと製作者えまのんさんの名前で間違えて呼ばれておりました。「製作者えまのんのロボットえまのんです」みたいな。この間違いが訂正されるのは、もうちょっと後のこととなります。

■×E-FAN vs ○ファイマン2
 ファイマンのエアさんがなんと行方不明。千葉工大のロボットであるE-FANに先川原さんが不戦勝を出しかけるも無情のダメ出し。エアさんが見つかるまで、色々つなぎに入ります。
 さっきも話があった通り、どうも地磁気の様子がおかしいようで、地磁気センサーを積んだロボットの様子がおかしいのはそのせいみたいなんですが…
 そうこうしているうちにエアさん復帰。理由は結局わからずじまい。ようやくレース開始… となるも、とりあえず、両者、起き上がれず。立ち上がり段階でつまずき、両方ともスタートラインを越えられないため、勝者を決めることが出来ず再トライ。再トライしてみるも… うーん。…ぴくぴく動いてはいるんですが…。
 結局、審査員預かりとなりました。そう言われても困ってるんだろうなあ。「僕が決めましょうか」と言ってみて、再び駄目を出される先川原さん。結果。より動いていたということで、ファイマン審査による勝利です。

■×ペンギン2号 vs ○ダイナマイザーJr
 ここから二回戦だったんでしょうか? 一回出走したロボットと、新規のロボットの組み合わせが続きます。
 両者、進路の曲がりを想定し、コースに向かって斜め向きにセッティング。しかしペンギン2号、コースアウトしてしまいます。Jrは斜め設置がぴたりとはまり、曲がりを吸収する形で完走。26秒32でした。

■×マギ vs ○HAX3
 つくば工科高等学校、HAX3が登場。ちょっとアフロっぽい頭はどうやらスポンジのようです。寝転がった状態から、ごろりと寝返りを打って起き上がる、独特の立ち上がりでダッシュ。一瞬、マギとコースが交錯しかけましたが、見事に完走を果たしました。マギは一回戦の時と、ほぼ同じ体勢でのコースアウトでした。

■○ヨコズナグレート不知火 vs ×クリオネ
 不知火とぶつかるのは、超小型ロボット・クリオネ。名前通りと言うのか、とにかくその小ささに注目が集まります。歩幅の差をどう埋めるのかなど、見所だったのですが… クリオネはスタートラインで転倒するなど苦しんでいるうち、不知火が難なくゴール。タイムは19秒41でした。

■×マジンガア vs ○ダイナマイザー
 コースアウトしてしまったマジンガアを見ているうち、非常に何気なくダイナマイザーがゴール。早すぎ! タイムはなんと11秒72でした。

■×PETIT vs ○アリウス2
 てきぱきと立ち上がったアリウス、しかしちょっと様子がおかしい。起き上がって2,3歩進むとつんのめる、そんな動作を繰り返した後、かなり進んだ後でコースアウトしてしまいます。
 PETITがそこまで進めば勝利なのですが… ゆっくり、ゆっくり。髭ダンスみたいな手つきで進みます。ところがだんだん左に旋廻してしまい、しまいに半回転してスタートラインの手前まで…
 1分40秒ほどかけてさらに回転し、タイムアウトの瞬間、綺麗にスタートラインで静止。精密に計算したかのような偶然に、もう会場ったら大受けでありました。

■○ランサー vs ×ファイマン2
 さっきまでずっとえまのんさんの名前で呼ばれていたランサー、ここでやっと名前訂正です。
 えまのんさん製ロボットによくついている、足裏の回転版でくるりと半回転してランサー順調にスタート… するも、スタート直後に転倒してしまいます。
 ファイマン2は先ほどと同様、手前で転んでしまったため、スタートを切れたランサーの勝利です。

■○ダイナマイザーJr vs HAX3
 先ほど完走を果たした二体だけに、接戦が期待されたこの勝負。しかしてHAX3は起き上がりに失敗して後頭部を強打。しまいに側転してスタートを切れず止まってしまいます。一方のJrも、なんだか微妙に転んだままの姿勢で静止してしまいましたが… かろうじて足がスタートラインから出ていたため、辛勝です。

■×ヨコズナグレート不知火 vs ○ダイナマイザー
 とにかく走り出すと早いダイナマイザー。立ち上がりはほぼ等速、走り出しもほぼ同時にも関らず、走れば走るほどダイナマイザーが引き離していきます。圧倒的な速度差で、ダイナマイザーが圧勝。12秒11でした。

 ここで一通り一巡。このあとは準決勝となります。

■○ アリウス2 vs ×ランサー
 アリウスがここに至っていよいよ本領発揮。安定した動作で突っ走り、完走を果たします。
 ランサーも負けずに完走したのですが、歩幅の差は埋まることがありませんでした。アリウス2のタイムは15秒47、ランサーは24秒46でした。

■×ダイナマイザーJr vs ○ダイナマイザー2
 スミイファミリーの夫婦対決に続いて、今度はスギウラファミリーの親子対決が実現! スタートラインに二台のダイナマイザーと、スギウラファミリー・ブラザーズが並んだ光景は結構圧巻。ダイナマイザーは相変わらずの高速移動ですが、ゴール前に右にそれてコースアウト。一方のジュニアはスタート直後の転倒から最後まで復帰できず、ダイナマイザー2の勝利でした。

 そして、三位決定戦と決勝戦です。

■×ダイナマイザーJr vs ○ランサー
 度重なるフライングに、「二回で失格」と言うルールが急遽発生です(但し非公認)。
 起き上がるなり、足裏のターンテーブルでくるりと回る。立ち上がりの早いランサーをジュニアが追う展開になるも、ジュニアはやはり中途でコースアウト。小刻みな歩行を確実に行ったランサーがゴールに至り、24秒53でした。

■○ダイナマイザー vs ×アリウス
 それぞれ家族内予選(違)を勝ち抜いた、高速ロボット同士の対決です。ちょっとコース取りにあぶなげの見えたダイナマイザーでしたが、コースアウトする寸前にゴール脇ぎりぎりを見事に突破。タイムは11秒81。アリウスの方もゴールを果たし、タイムは13秒43でした。

 見事優勝を果たしたダイナマイザー。スギウラファミリーのお父さんのお話によれば、デジタルジャイロコンパスの調整に手間取っていたので、それで調製に時間がかかったとのこと。なんでもコースのど真ん中で磁場が90度曲がっていたそうなんですが… 磁場ってそういうものなんでしょうか。ちょっとびっくり。

 ここで2種目が終了。次はROBO-ONEボール、2時から開幕です。

|

« 第三回ROBO-ONE Special観戦記【ステアーズ編】 | トップページ | 第三回ROBO-ONE Special観戦記【ボール編】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

AIR@ファイマンです。
ネットで捜しものをしてたら第三回ROBO-ONE Special観戦記【ダッシュ編】を見かけました。 当日の僕は行方不明だったんですね
( ̄▽ ̄;)\ 呼ばれるのを待ってただけだったんですけど 次回はがんばります。

投稿: AIR | 2005.10.21 19:40

 コメントありがとうございます!

 自分は観客席に居たので、詳しい事情は判らなかったんですが。あの時は見つからない見つからないとステージ上大騒ぎだったのです。
 隙を見て先川原さんが不戦勝を出しかけたりするのを回りの方が押さえると言う。そんな展開になっておりました。

 今後ともあれこれ見学させていただくかと思います。勇姿を楽しみにしております(笑)。

投稿: sn | 2005.10.22 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/5354685

この記事へのトラックバック一覧です: 第三回ROBO-ONE Special観戦記【ダッシュ編】:

» 楽しかったです [Robot-Fan.net]
J-Class、SP共に最高に思い白かったです。予定していたSpotロボットは使 [続きを読む]

受信: 2005.08.08 09:22

« 第三回ROBO-ONE Special観戦記【ステアーズ編】 | トップページ | 第三回ROBO-ONE Special観戦記【ボール編】 »