« ROBO-ONE第八回大会決勝(一回戦後半) | トップページ | ROBO-ONE第八回大会決勝(準決勝~決勝~ランブル#2) »

2005.09.18

ROBO-ONE第八回大会決勝(二回戦~ランブル#1)

 お昼は屋台で五平餅と高山ラーメン。
 ラーメンの屋台が、人が一人だけだったので妙ーに時間がかかってしまい、皆さんをお待たせしてしまいました。とほほ。
 戻ってきてみると、会場では衝撃的なアナウンスが。

「ワシントンホテルの駐車場に、ロボットのコントローラーと思われる忘れ物があります」

 …何方ですか一体。それにしてもロボットのコントローラーと思われる忘れ物って。一体どんなものなのでしょう。

 昨日と同じように、スポンサー企業のPRと、KHR-1、ロボノヴァのデモが展開。
 いよいよ第二回戦に突入です。

【二回戦】

○ダイナマイザー vs ×はじめロボット

 追い脚鋭い、高速ロボット同士の対決です。珍しくはじめさんが、試合前にバッテリ交換を行っています。
 慎重に距離を詰め、先にかかったのはダイナマイザー。お互いに攻撃が交錯する展開です。横歩きや後退などが非常に早いダイナマイザーが機敏に動き、はじめロボットがなかなか動けない展開の中、攻撃ダウンからリングアウトし1ダウン。
 はじめロボット、後方攻撃モーションを放つも有効にならず。かなり絡みがちな展開になってきます。
 ダウン中に攻撃と言うことで、ダイナマイザーにイエローカード。さんざんあおられたせいか、今日は大目に出ております。
 攻撃軸が少しずれたダッシュ攻撃が打ち合いになります。なかなか距離に入らないのか、かちかちと当たってはいるんですが、ダウンにまで到達していかないのが厳しいところ。ダイナマイザーが時間切れぎりぎりに… いやぎりぎり終わってた気もしますが…… もう一撃入れてヒット。
 数少ないチャンスをものにしたダイナマイザー、2ダウンでの勝利でした。

2 ×レイジングゴッド vs ○テコンV

 似通ったデザイン、パワータイプの両機の対決です。韓国チームの声援の飛ぶ中、試合開始。
 レイジングゴッド、ダウンから頭を使っての起き上がりを見せますが、試合はテコンV優勢。自重のせいか、攻撃を受けてややあってから、ぐらりと崩れるようにダウンするレイジングゴッドが妙に格好良いです。その後、起き上がり中にリングアウトしてしまい、2ダウン。
 背が高いせいか、微妙な不安定さをかもし出すレイジングゴッド。最終的にはしかし、リング間際に引っかかった形でスリップダウン。自力復帰を試みればリングアウト必至、2ダウンなのでタイムも取れない、という情勢の中、そのまま10カウントでの敗北と相成りました。テコンV、準決勝へ駒を進めます。

○petit vs ×ivre02

 さあ、またも個人的に大注目の個性派対決です。もともと姿勢が低いのに、しゃがむともっと低くなるivre、防御面では万全。近場でダッシュ攻撃を放ったぺティが、頭が地面に突き刺さったような態勢のまま、直立して停止してしまいます。
 本日四枚目のイエローカードが出る中も、相手のダウン攻撃を受け流すivre。ここまで姿勢が低いと、ダッシュ攻撃を受ける面が横ではなく上になってしまうので、そのため吹き飛びにくく、ダウンしにくいんですね。
 しかしpetit、逆立ちからブレイクダンス風の大回転キックを放ちます、たまらず転がるivre、似た展開で立て続けに2ダウンを奪われる。petitもpetitで、逆さ回転キックの体勢から転がってしまっていましたが。。
 その後、攻撃から転がったpetitが転がった拍子に、ポールに脚が挟まるトラブル。ほとんどまたがるような格好です。
 これはタイムかと思いきや、なんと自力復帰! と思ったのも一瞬。やっぱり転落してしまったpetit、ivre02も1ポイント奪取をダッシュです。
 最後はなぜかivreの攻撃とpetitの攻撃がからまって、二人してコケてる体勢でタイムアウト。会場大受けの中、petitが勝利を収めました。
 ivreについては、防御面は万全なので、攻撃面で強化するとダークホースになるのでは、とのコメント。

×アエロバトラーペント vs ○オムニゼロ

 さっきはウサギ耳だったのが、今度は何故か真ッ赤角がついて登場のペントです。ペンギンって角があるものなんでしょうか。
 オムニゼロのラジオ体操パンチを受け流し、ペントが反撃する… も歩いてないと言われ、落胆の構え。ペントはしきりに長い腕で殴ろうとしますが、オムニの大回転パンチでなぎ倒されます。やはり頭が大きいのがいけないのか。
 無効のリングアウトで仕切りなおしの後、ペントが側面殴りに入るも、オムニゼロのカウンターで2ダウン目を喫する。その拍子にくちばしが取れてしまいます…… 重要な部品の脱落はダウンとみなすケースもあるそうですが、ちなみにこれはダウンではないそうです。
 最後、攻撃ダウンではあったものの、頭が大きくリングからはみ出した体勢で倒れてしまったペント。復活を試みるも起き上がりでリングアウトしてしまい、これで3ダウン。オムニゼロの勝利でした。

 帰り際に見たくちばしの取れたペントの姿は…… いっそ、不気味なものがありました。烏羽さんは横で「西洋のお化け風ですねえ」等とこう。

×R-blue vs ○アリキオン

 何故か菅原さんが一緒に登場のR-blue。これがいいほうに出ればいいんですが、とか言われております。
 アリキオンは今日もてきぱき声を上げて動き回ります。かわいー! と子供達の声が大きく響きます。

 しかし試合の方、二歩ルールの取り方でちょっと厳しさがあるのか、有効な攻撃がなかなか入りません。小刻みに歩いて打点を狙うアリキオン、ちょっと攻撃に移るタイミングで厳しさがあるようです。転んだR-blue、2、3度起き上がれず、カウント的に厳しい所まで追い込まれますがなんとか復帰。しかしアリキオンの攻撃で1ダウンを奪われます。
 そのまま両者、有効な打撃がないまま、終わってみると1ダウンでアリキオンの勝利でした。うーん。

 何故負けたんでしょう、との問いに、娘さんが生まれたのでロボットにあんまり関われなかったとの由。おめでとうございますー。

○HSWR-07 vs ×YOGO CUSTOM

 隠れたパワーロボットのヨゴに対するは、可変ロボットのHSWR-07。その07は、相変わらず試合前から異常な振動を見せています。本当に大丈夫なんでしょうか。
 HSWR、激しいダイブアタックと早い横歩きでポイントを掴みに行きます。足首をひねり、じりじりとまるでにじらせるかのように、小刻みに角度を変えながらの移動が可能。これでポジションを取ります。
 姿勢を落としての回転パンチを放ちつつ、足元を取りに行くヨゴ。互いになかなか決め手が入りません。ヨゴ、なかなか脚が取れず、攻め口がみつかりません。追い詰められたHSWR-07もリング脇へ脱出。細かい動きで、お互い有効打の間合いを避ける中、時間が切れて延長戦に突入です。

 延長戦。相変わらず振動がすごいHSWRですが、ヨゴが動きません。スタンディングダウンなのか!? カウントです。カウントに入りました。……スイッチ入れ忘れだったようです……。

 最後の最後に、HSWRがトランスフォームを披露。試合終了となりました。

○マジンガア vs ×Lancer

 大型ロボと小型ロボの対決。その自重差たるや、実に4倍です。ランサー、またさるぼぼがコーナーに乗っかっています。
 試合前に、片脚立ちでくるりと回転するランサー。あれ好きなんですよねー。マジンガアの大きな攻撃は的確にかわしますが、しかし何気ない軽い攻撃でころりと転がってしまいます。ランサー、起き上がりにちょっと手間取りますが、なんとか10カウント前に復活。
 しかしマジンガアの力は圧倒的でした。ダブルパンチでリングぎりぎりまで吹き飛んだランサー、首が吹き飛びます。立ち上がりの動作が、まるで瀕死のもがきの如く痛々しく見える中、しかし10カウント中に復帰もならず。
 …実際には操作ミスだったそうですが、まるで断末魔の痙攣の如く見えたのです… 勝ち名乗りを上げるマジンガアの背後で、ランサーはリングから静かに転落。そのまま試合は終了しました。

 さるぼぼは、えまのんさんからマジンガア隊の手へ。
 なんか変な闘魂伝承が行われています。まあ赤いですしね。

×ヨコヅナグレート不知火 vs ○トコトコ丸

 アリウスを破り意気揚がるトコトコ丸チームには、なぜか菅原さんの姿。勝ち馬に乗る戦術でしょうか。
 トコトコ丸、やはり動きが違います。あっという間に不知火から1ダウンを奪いますが、リング間際に背中を向けて追い込まれる。押し出そうとする不知火に抵抗を試みるも、横歩きが早すぎてリングから転落。
 激しい攻撃の応酬が続く。トコトコ丸、的確に場所をとっていきます。不知火、カウンターがクロスしたかと思いきや、リングから転落してしまい2ダウン目。トコトコ丸、ヘッドバットを放ちますがあまり当たりません。不知火、リング脇でおかしい動きをしています。すかさずトコトコ丸。狙いに行きます。
 時間10秒まで引っ張りましたが、最後の最後に繰り出したヘッドバットがヒット。トコトコ丸が不知火を制し、勝利を収めました。

 トコトコ丸、布の服が、衝撃を吸収する効果が大きいようです、との解説。ヘッドバットなどの大技を繰り出しても、自分自身へのダメージの波及を防げるわけですねー。
 また、相手の攻撃も、体当たり系の攻撃はクッションとなって、ある程度防ぐ効果も見込めるようです。これだけ丁寧に「服」だと違いますねー。

【ランブル #1】

 ここで、二回戦敗者によるランブルです。

 ペント、始まるや否や嘴も被ってきた帽子も取れてしまいます。ivreが何気なく落ちたりする中、ペントが次々と押し出していきます。レイジングゴッドvsランサーの図式が成り立った中、ペント、今度は自分が押され、後方に見事に反撃。しかし報いはやはり来たのか、ペント今度は自分がまわりに押されまくってます。はじめロボットに押し出されて、最後はペント転落。
 R-blue、転がってもがいています。起き上がりに失敗し転落。転んだランサーをはじめロボットが押しに押し、最後ははじめロボットが生存。ランブルの勝者となりました。

|

« ROBO-ONE第八回大会決勝(一回戦後半) | トップページ | ROBO-ONE第八回大会決勝(準決勝~決勝~ランブル#2) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/6026160

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE第八回大会決勝(二回戦~ランブル#1):

« ROBO-ONE第八回大会決勝(一回戦後半) | トップページ | ROBO-ONE第八回大会決勝(準決勝~決勝~ランブル#2) »