« 乾燥小屋の大乱戦(18日夜) | トップページ | ROBO-ONE GP in 飛騨高山【トーナメント編】※但し中途迄 »

2005.09.19

ROBO-ONE GP in 飛騨高山【開会~デモ編】

 最終日となる本日は、ROBO-ONE GP 2005 in 飛騨高山。GP第5回の開催です。
 11時からの開始となります。今日の解説は、学会帰りの先川原さん。皆さんしきりと「昨日はこうだったんですよー」「楽しかったんですよー」と煽りまくり、先川原さん物凄く羨ましそうな表情です。

 今回のGP、参加ロボットは10台。午前11時よりデモンストレーション、午後よりトーナメントで試合を行います。試合は2時終了予定とのこと。……不安だ。
 いやあ、実は吉日観光ご一行、帰りの渋滞に備えてバス出発の時間を繰り上げてもらっているのです。予定通り2時終了なら、最後まで見られるのですが……。結果はこのあと。

 さてさて。今日のGP、ルールで大きな動きがありました。なんと今回は(今回から?)、「同じ技を使ってのダウンは1度しか認められない」と言うルールが適用されています。
 同じダウン技が連発される、嵌め技状態の緩和のためだと思いますが、なるほど、GPで試験的にルールを採用する、と言うアイデアはいいですね。
 この動き、いずれ本戦にフィードバックされていくのかも知れません。テストケースとしての今回の試合、注目していきたいところです。
 なにはともあれ、まずはデモンストレーションからです。

【デモンストレーション編】

1.はじめロボット

 現在GP4位のはじめロボット。マイクがちょっと遅れて、先にロボットが動き出してからのコメントとなりました。
 まずはお約束の太極拳モーションから、はじめロボットと言えばこれ、がっしゃがっしゃと走行。素早い横パンチなどの攻撃、後方へのS字走行などを次々と披露。大技の後方蹴り上げキックでは会場から歓声が巻き起こります。
 昨日負けたダイナマイザーとの絡みですが、決勝まで行けば当たるとの事。雪辱戦は、果たしてあるんでしょうか。

2.オムニゼロ

 現在7位のオムニゼロ。GPでは幕張大会での、大回転パンチを駆使した大暴れっぷりが印象的でしたが、どうやら暴れすぎていたようです。周囲の声に配慮した結果、今回は足裏が軽くなっているのだとか。なるほど、決勝もそういえば、回転酔いみたいに倒れるシーンがありましたねー。
 相変わらず、動きは滑らかで力強さを感じさせます。自動認識でのマト当てモーションでも、ピンポン玉を見事標的に当ててきました。パワーをセーブしたとはいえ、強力さは本戦でも証明済み。活躍が待たれます。

3.アフロ

 GPには、アドではなくアフロで登場の菅原さん。今日は城間さんがセコンドについています。
 操縦すると喋りが少なくなるんですよ、と菅原さん。果たして大丈夫でしょうか…。見た目通り弱い、とご本人自らコメントする中、なんて言うか微妙なダンス風の動きなどを披露。
 続いてはお約束、手拍子からの泡吹きデモです。前回は操作ミスでしくじってしまいましたが、今日はうまくいくでしょうか。
 …大成功! 会場中割れんばかりの手拍子で、見事に泡を吹きましたよー。最後はぎりぎりになってから攻撃モーションを披露しましたが、前に転び後ろに転び、気が付いたら時間切れと言うラストでした。
 ちなみに現在の順位は?

「10位です」「あ、わりといいところですねー」「11台中10位です」

 ……むしろ11位が気になる。

4.グレートマジンガア

 第6位、本戦にはマジンガア、GPにはグレートで登場のマジンガア隊。今日の操縦は息子さんです。
 お馴染みマスタースレーブのデモに始まり、姿勢を落としてのその場走り。腕を一生懸命振っております。さらに攻撃、ラジオ体操パンチから片手突き、両手突きを経て、最後は、予選でもあった風船割りのデモ。但し、センサーで認識していた予選のマジンガアに比して、今日はマスタースレーブでのチャレンジとなります。同じデモを違う手法でと言うことですね。
 何度かチャレンジの結果ちょっと時間オーバーしましたが、見事に風船割りに成功。
 「一戦で当たるアフロはともかく」と言うことで、次に当たるトコトコ丸に照準を合わせているようです。

5.メタリックファイター

 現在9位、鉄の隻眼メタリックファイターの登場です。デモでは、昨日の決勝で出せなかった攻撃モーションを次々と披露。「今後禁止されていくであろう攻撃技のオンパレード」との事で、高速回転キック、後方起き上がり。爪で体を固定してからの逆立ちボディプレス。自動起き上がりから、両腕を大きく伸ばしてのヘッドアタックを次々と披露。
 最後はいったん有線化してPCと接続、屈伸モーションをその場で作り出すと言うデモを披露。その場でしゃがんだ格好をプログラムし、十数秒でモーションを作ってしまう、と言う、派手なアピールで〆でした。
 捨て身系のモーションは八種類、とのこと。予選のデモは、予め用意しておいたプログラムから、有効そうなものや当日有効そうなものをアセンブリして、当日にくみ上げるのだそうです。すごいなあ。
 第一回から、形は変えないけど出来る事を増やしていく。それがメタリックファイターのポリシーとの由です。

6.アリウス

 GP2位。頭の突起物が、今日も青く凛々しいアリウス。昨日はまさかの一回戦負けでしたが、GPではどうでしょう。
 まずは走りから旋回、リングぎりぎりで立ち止まります。スムーズな横歩きから8の字歩行を次々と披露しますが、リング脇での演技にお父さん心配そう。角を利用しての逆立ちから、姿勢を落としてのダッシュ、片脚バランスに移行。今日のデモは完全に自律式でした。
 ルール変更の影響がもっとも気になるアリウスですが、既に対応は済んでいる様子。ヘッドバットに加え、新技の用意があるようです! これはちょっと楽しみですよ。

7.ダイナマイザー

 大会ではコンスタントに上位を占め、GP1位のダイナマイザー。変幻自在の素早さ、リングをひとまたぎしかねない走行速度、身軽さはとどまるところを知りません。しかしフットワークを使いながらの攻撃がメインということで、攻撃モーションは少なめ。こちらもルール変更の影響が気になります。
 5mmのものさしを飛び越える、縄跳び風のジャンプを二回ほど行った後、片脚立ちから「命」へ。最後は大会で連発した大技、助走付きの回転浴びせ蹴りでフィニッシュです。

 最初の対戦相手はアリウスと言っていましたが… …実際にはメタリックファイターvsアリウスの勝者との対戦。既にメタリックファイターは負けたことにされているようです。むむ。

8.トコトコ丸

 今日もオレンジの髪、鞍馬天狗バージョンのトコトコ丸。なんと昨日から扇子が片方おかしくなったとのことで、今日は扇子は片腕だけ。左の扇子を開き、しかし片脚バランス屈伸などを行いながら、舞うがごとくの高速移動。決勝では出なかった扇子を使った攻撃、そして前後左右へシームレスに歩行する素早い動き、高速旋回を披露。最後は、回転しながらの舞で終了でした。

 昨日の優勝資金はどうするんですか? と言う問いに、「衣装を縫ってくれた人にミシンを。結婚祝いに」とのお答え。…いい話だ。

9.アリキオン

 再び登場のスミイファミリーの皆さん。GP4位のアリキオンで再度登場です。第八回予選で予選で見せた番号認識に、もう一度チャレンジするようです。慎重に証明の調整が入る中、デモンストレーション開始。
 その肝心のカード落としなのですが… しかし。今日もまた間違えてしまいます。予選の時もそうでしたが、全部違う処のカードを落としてしまうのも、またなんて言うか技ですね。
 気を取り直して、また攻撃モーションから走る回るを声つきで披露した後。最後はお約束の、自分でBGMまで演奏しての「UFO」で〆。そのUFO、予選では途中で転んでいたのですが… 今日は曲が途中までのショートバージョン。時間ぴったりに終了となりました。

10.ヨコヅナグレート不知火

 最後に登場するのは、GP3位のヨコヅナグレート不知火。しかし不知火、トヨタ大会をはじめ、第八回大会に合わせ、着実に調子を上げてきています。あとコントローラーのお札はトヨタ大会からだそうです。昨日、トコトコ丸のセコンドで出て来た時は、ちょっと位牌持ってるみたいで怖かったです。閑話休題。
 まずは昨日イエローカードの疑惑の技、どう見てもダウン攻撃な大上段からの振り下ろしを出した後、おなじみの空手の型へ。正拳ひじ打ち側面蹴り、一寸途中で転倒してしまいましたが、最後は大きく手を振るダンスで終了でした。

 捨て身技を持たない不知火。同じような技が多くなってきたので、と言う事で、新しいのを思いついたらやるかも、とのことでした。以前使っていた回転かかと落としは、完全に封印しているのだそうです。

【休憩】

 ここで一時間の休憩。ROBO-ONE関係者の皆さんは、脇の緑色のところでくつろいでいますよ。
 なにやら皆さん、リングを叩き出したかと思うと、イカロスさんが何気にサイコロイドを持ち出します。リングの上に。
 ……なんか5分くらい、非常に密やかに、関係者によるリングジャックが行われておりましたよ。リングを誰も見張ってないのもどうかと思いますが。

 昼食場所は込み合っているようです。烏羽さん達は、なかなか昼飯にありつけず、うろうろしていました。僕はレポートを打っていたわけですが。
 休憩時間中、リング脇のグリーンゾーンではずっとサイコロイドをおもちゃにして皆さん遊んでいられたみたいですよ。いいなあ。

 大阪で仕事をしているはずのろっかぁさんが、会場に駆けつけて隣に座っていた。ような気もしますが、ろっかぁさんはその時間、大阪で仕事をしている筈なので、きっと気のせいでしょう。シャトルバスは一人ぼっちでさびしかったと言ってました。

|

« 乾燥小屋の大乱戦(18日夜) | トップページ | ROBO-ONE GP in 飛騨高山【トーナメント編】※但し中途迄 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/6036613

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GP in 飛騨高山【開会~デモ編】:

« 乾燥小屋の大乱戦(18日夜) | トップページ | ROBO-ONE GP in 飛騨高山【トーナメント編】※但し中途迄 »