« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005.10.31

惑星大怪獣ネガドン

リンク: 自主制作CG映画『惑星大怪獣ネガドン』情報.

 な

 なんなんですかあこりゃああ!?

 全部CGを使用して撮影と言うか作画というかとにかく製作された、平成の怪獣映画の由です。予告編とかもう凄過ぎ。昭和百年(西暦2025年)[※1]を迎えた近未来。 とか言う煽りだけで、もう鼻血出て倒れそうです。

 サンドマンさんに教えて頂いたこの正直いかれ情熱に満ち溢れた映画。もちろん見に行きます見に行きますとも。

 11月5日21時か…。文京から直行ですよ。兄弟(誰)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

半分部外者は行く

 土曜日はROBO-ONEの練習会に参加と言うか見学というかさせて頂き、あれこれ見させて頂きました。

 ちょろっと思ったのですが、自分の立場というのは、ことほど中途半端なもので。間近で見学させて頂いている割には、笑えるほど機械には詳しくないし、かと言って最近、自分の書いたレポートを読み返していると、だんだん「省略」が増えてきたような気がするのです。

 「いつものデモ」とか書いちゃいかんよなあ、とりあえず。「アフロのいつものデモ」と言えば、まず菅原さんの前説の後、観客の手拍子をアフロが音響センサーで感知。手拍子に合わせてダンスを踊り、だんだんとテンポアップしていって。最後には頭のノズルから盛大に泡を吹く、と、詳しく書くとこういう感じなんですが。こう書かないと見たことのない人にはわからないのに、ついつい「いつものデモ」とかで纏めてしまうと言う。

 自分がレポートを書くのは、まず第一に書きたいからであって、見たもの聞いた事を忘れてしまわないうちに、可能な限り記録に止めておきたいからであり、読む人の事を一寸でも考えているかって言うと、えー。その。正直てへへへへって感じなんですが(苦笑)。
 今でも機械は素人以下であり、クラス分けで言うとむしろ阿呆階級なんですが(サーボとモーターの区別が、しっかりついていなかったことが昨日発覚)、ROBO-ONEをまったく観戦した事がない頃に書いたレポートの方が、もっとこう、変な執念があったような気がするのです。しかし、省略は一度癖がつくと、なかなか抜けるものではありません。

 これをまとめる方向は何かないのか?
 例えばROBO-ONEの主だったロボットや、製作者さんの名鑑、それに競技のルールの事などを判りやすく纏めておけば、勢い任せのレポートも、少しは咀嚼しやすくなるやも判りません。

 またタスク増やして自分はどうするつもりだ、とか思いますが、今後の課題ということで(苦笑)。

 実際問題、もっとたくさんの人に見てほしいんですよね。ROBO-ONE。
 確かにあちこちで紹介はされている、僕も些細ながらこうやって書いたりしてみております。でも、しかし、写真を見ても文章を読んでも、その上で、本当のものを見てほしいと。写真は、フレームの外にあるものを映せない。文章は、それを書く人の限界を超えられない。それは削ぎ落とされ整理され圧縮された情報でしかないのですから。

 実物と言う無圧縮を、もっと多くの人に見て欲しい。そういう点でいえば、僕は読む人に訴えたいのだと思います。

 俺すごいもの見たんだよ! 本ッ当なんだよ!って。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.30

【ミスラの不思議な旅】砂丘に揺れる連邦旗

 色々忙しくて、最近なんだかご無沙汰気味のFFXI。ハロウィン期間に突入しており、街の人は恒例のモンスター衣装に仮装しております。
 なんだか赤いフォークがもらえるそうなんですが、詳細もまだよくわかっていない状態でとほほ加速中。

2005103003

 火気厳禁っぽいもの飾ってます。

 さて、毎週各国の支配地が変わるコンクエスト。今週は、港町セルビナを含む地方、ザルクヘイム地方がウィンダスの支配となりました。
 ザルクヘイムはバストゥークとサンドリアの中間に位置する交通の要衝。歴史的には、「人類同士の最後の戦争」と言われるバスvsサンドの第二次コンシュタット会戦が行われた土地でもあり、コンシュタット高地で製粉される小麦粉は、協定に応じて両国に配分されています。
 まあ重要なのは、ここがウィンダス支配になると言うことは滅多にない、と言うことです。ここ2、3年で初めてのことかも知れません。
 そんなわけで。補給クエストをこなしつつ、早速ガードの写真をぱちり。

2005103001

 ひさしぶりに来た砂丘はわりと閑散としていて、レベル上げパーティの姿もあまり見かけませんでしたよ。
 まあこれで、セルビナにもタブナジアにも、比較的行きやすくなったというわけです。

2005103002

 薄暗がりの中を発する機船。ともる灯りがまた趣き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるJ:COM

リンク: J:COM決算、「J:COM NET 光」正式サービス開始。HDD搭載STBも投入予定.

 実はかなり前からJ:COMさんにお世話になっている自分がおります。まあテレビだけなんですけどね。
 アンテナがいいかげん陳腐化していて、普通のテレビも下手をするとろくに映らない身の上なので。地上派デジタル放送が始まるタイミングあわせで加入した次第。
 そんなライトJ:COM者に、気になる話題が二つ。

 一つはHDDレコーダ内蔵型STB。

HDDレコーダ機能を搭載したSTBも12月から提供する予定。チューナーを2基搭載し、裏番組の録画も可能という。メーカーは韓国ヒューマックスを採用し、端末はリースで提供する。料金は現在のテレビサービスの月額料金に800円程度上乗せする程度となる見込み。

 テレビチューナやHDDレコーダも、ほとんど搭載しているのは地上派&BSチューナ。タイムシフト視聴といっても相当手間をかけて実現しているのが現実なわけで。
 CATV会社純正のSTBでタイムシフト視聴が出来れば、多チャンネルの利便性が一気に呵成に向上ですよ。
 欲を言えば、キーワード録画に対応して、EPGの番組表がもっと見やすくなってくれれば(これはJ:COMのネット番組表にも言えることなんですが…)、相当便利に使えそうですね。なにも録画した番組を、PCに書き出せるようにしてくれ、とは言いませんので。

 もう一つは、ウィルコムとの提携。

また、サービス価値向上の面から、ウィルコムとの提携で「J:COM MOBILE(仮称)」を2006年3月に開始、モバイル事業にも進出する。

 J:COMとのサービスとまとめることでの割引や、J:COM PHONEと通話する場合の利用料減免などが発表されております。
 一つ気になるのは、すでにウィルコムと契約している人の場合。利用期間や番号を繰越して、J:COM MOBILEに乗り換えられるのであれば、乗換えを検討してもいいところなんですが。
 通信アダプタ型は当面出さないとのころですが、W-SIMにしてしまえば、さしたる問題にもならなさそうですしね。

 STBレンタルの方は、早ければ年内にも開始とのこと。使用感やレポを待ってからになるかとは思いますが、便利そうであれば乗り換えてみたいものですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.29

ROBO-ONE東京組練習会

 本日は初の試みがありました。関東圏に住むロボット製作者の皆さんが集まって、合同で練習会を行おうと言う企画です。これを名付けて、東京組練習会。
 自分はと言えば勿論ロボットは持っていないわけなんですが、皆さんのご好意に甘えて、見学させて頂いた次第であります。

 本日の会場は代々木アニメーション学院、声優フィギュア館。新宿南口のほど近くです。余裕を持って家を出る予定だったものが。出発間際に、鍵はどこかね。なんて定番のボケをやっていた所作故、新宿到着は15分前。
 うわあまずい絶対迷うよ。と思いながら新宿に急行すると、意外にすんなりと会場を発見。外観からして、最早それに間違いないと断言しうるビルであります。

 まあ時間通りに来た処で、人はあんまりいないわけですが……。

 会場で、今回の場所取りに尽力頂いたアニメイダー先生とかがりさんにご挨拶。しばらくはすることもなく、建物の中を見ていましたが… すごいことすごいこと。なぜ廊下の目立つ処にガンプラが飾ってあるんでしょう。しかも一番目立つ処にズゴックが。その物陰にはゾゴックが。
 先生の解説によれば、フィギュア課の授業の初期段階で、ガンプラを作る授業があるのだそうです。なるほどねえ。校舎内は教室というより工作室の雰囲気むんむん。特撮系合体ロボやプラモの箱、資料や材料、道具類などが壁の棚にびっしりです。横に備え付けられた機械は、自分にはなんだか判らなかったんですが、来る人来る人正体を見抜いて感心していました。素材になんかする機械のようです。うわあまるで判ってない台詞だ。
 後、物陰にいろんな作品があって正直ビビりました。部屋の隅の棚の上に、エイリアンのフェイスハガーみたいにこうなんか生まれつつあるものが飾ってあって。それを見に行ってふと横を見ると。機械の陰になって、部屋のほかの処から見えない場所に、等身大のゾンビがのそっと立ってたりしましてギャー。

 ……暗くなってから、来たいところじゃないと思いました。

 12時頃。
 午前中からぼちぼちと人が集まり始め、12時頃にはすっかりにぎやかになっておりました。コントローラの組み立てに余念のない石川さん(ロボットえんぱくはお留守番)をはじめ、道楽さんのか~る、ナベダム(プロトタイプ風カラー)、そして代々木アニメーション学院のセガリオンも組み立てに調整にかかります。セガリオン、ちょっと歩くたびに外装ががんがんはがれて、なんか痛々しい雰囲気ですが……。
 頭の四角いメカボンBさんもリング上でくるくる演技。頭頂部の平面を地面につけて倒立する…… 要するに一点倒立…… のは、微妙に倒立ではないような気もしますが、これはこれで。

 ヨコヅナグレート不知火のDr.GIYさんは、明日大阪でMAGIの記録を2秒以上破る、と宣言。これはどういうことかと言うと。毎週日曜、大阪は万博公園で、ロボットのアスリート大会があるのです。
 現在はMAGIが300cm走のタイトルホルダーなのですが、その記録を明日更新する、と気張っているわけです。「これで不知火に記録破られたら、また大阪行かないとなあ」とぼやくZIPPONさん。

 部屋の端にだあーっと並んだ机で、皆さん作業をしています。天井からタップがぶらさがっていて電源は十分。
 部屋の3/1ほどが練習スペースに割かれ、机の上に卓球台の板を乗せ、さらにその上に1/4リングを乗せた第一リング、床に卓球台の板を置いた第二リング、そして道楽さん持参のブロックカーペットが、直線コースに組まれます。
 くだんのアスリートの練習用に組まれたものですが、実際に参加された方によれば、どうも感じが違うもののようです。

 皆さん、どちらかと言うと練習よりも作業に没頭されている様子。
 確かに、邪魔が入らないで作業が出来る時間も、考えてみると貴重なのやも知れません。

 14:00頃、皆さんと一緒に出かけたお昼から帰還。なんでもKHR-1のサーボに、交換用のアップグレードパーツが出るとのことで。差し替えになる現用のサーボが大量に余るのでは、との事。
 この今後発生する中古サーボを使って、何か作れないか、と言う話題中心でした。

2005102901

 活発に動き始めたのは三時頃。ペンギンの着ぐるみを(取れない頭以外)排除、嘴もとれてしまい、なんだか怖くなったなぐさんのペントと、MAGIが激しいぶつかり稽古をしたり。JinSatoさんの持参されたほんとに小さいロボットが人気を博したり。
 そうこうしているうちに。道楽さん設置のコースで、タイムを取ったら楽しいんじゃないか、ということになり、急遽「代アニダッシュ2000」が開催。
 ブロックカーペットの上か、もしくはその横の床の上を、ロボットをタイル7枚分(210cm)走行させ、タイムを競う競技。ちなみに、つまさきが通過した段階でタイム確定。極端なコースアウトや電池切れはリタイア。そんな感じです。

■カーペット上組

ヨコヅナグレート不知火
1回目 9.9
2回目 9.2
MAGI Type 01
1回目 8.3
2回目 8.5
3回目 8.4
か~る
1回目 コースアウト(2分30秒ほど経過後)

■床上組

お助けジャパン
1回目 48
2回目 23
Ivre-03
1回目 47
石井さん機
1回目 27.88
アエロバトラーペント
1回目 21.5
メカボンB
1回目 36

 カーペット上では、MAGIがヨコヅナグレート不知火をかわすと言う結果が。毛足が長いので足をとられやすく、難度がそこそこあったようです。か~るは歩幅小さい横歩きで、必死に頑張ったんですが…

 さて練習会の最後は、皆で何か協議をやりたい。ということで、その場で開発されたルールで「バトルフラッグ」を行う事に。
 卓球台の板を二面つなげてフィールドを作成、その四隅に紙コップを設置。ロボットが4体ずつ2組に分かれます。これで準備完了。

 要するに、相手の陣地にある紙コップを蹴落とすか掴むかして倒せば良いのですが、もちろん妨害が入ります。相手チームのロボットへは(あんまり意味がありませんが味方のロボットにも)攻撃は自由。但し、リングアウトしてしまった場合には、自軍の側へ引き戻してからの復帰となります。攻撃側は、相手に発見されるのを避けつつ、ゴールを狙う展開となるわけですね。

2005102902

 ランブルと同じように乱戦が展開されるため、ここがこう、と感想を述べるのは難しいんですが、こりゃ面白い! と、自分も含め皆さん爆笑しつつくんずほぐれつの乱戦でした。一戦だけのはずがもう一戦になり、しまいに5分休憩を挟んでもう一戦。時間さえ許せばもう一戦行きかねない勢いだったのですが、借りていた会場はそろそろ終わりの時間。
 最後に集合写真を撮った後、後片付けして解散。最後の最後に新競技まで生み出して、第一回練習会、上首尾での終了となりました。
 練習というよりも調整といった度合の濃かった感のする今回ではありますが、ゆっくり集中してロボットと向き合える時間がある、という事も、あまりないことではと思います。
 ゆるやかな空気もまた貴重。来月の開催時も、今回を目標に。こんなふうになれば、と思っておりますー。

 ちなみに自分はその後、飲みに行くのにちゃっかり付いてゆきました。とさ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.10.28

OMC+MMO

リンク: ITmedia +D Games:自分だけのオリジナルキャラクターのイラストが注文できる -トリックスター.

 成程こう来たのか、と言う感じですな。
 ちなみにオーダーメイドCOMと言うのはここ。

 一言で言うと、「イラスト描いてください! こういうのでこういうのでこういうの!」と言う発注文をメールで送ると、イラストレーターさんが大体その通りに絵を描いてくれる、とそういうサービスです。
 イラストレーターさんは基本的にOMCと契約している人で、なんかもうものすごい人数の人が登録されている様子。ある意味これは、一種の仲介業的な感じですね。

 以前から、あちこちのゲームやサイトとのタイアップサービスを実施しているOMCさん。エルスウェアとのタイアップからこっち、一部PBMプレイヤーの皆さんには既にお馴染みとなっております。
 破産するんじゃねえかって位に突っ込んだ人の話もあれこれ聞きますが。
 他人事みたいに言ってますけど、自分もいろいろ頼んだ口なわけですが。

 いよいよと言うか今度はと言うか、MMORPGとの提携に乗り出して来た様ですな。直接人間を動員するだけあって、サービス単価は正直安いとは思いませんが(イラスト一枚で\4,000-也)、その辺りまで含めて。

 このOMCと言う、なんだ、天井知らずに世にもニッチなサービスが、MMOの世界でどこまで受け入れられるのか、非常に興味深い処です。

 個人的に非常に面白く、かつ興味深いのは、依頼が「文面で行われる」と言う処ですね。
 依頼者はビジュアルイメージを一度文章に打ち出して、メールで送る。それを読んだイラストレーターさんが、その文面を元に描きあげる。それ以外には一切の打ち合わせのない一発勝負です。

 上手な発注文を書き上げるには、イメージを正確に、要領良く、文章にまとめる能力が必要になります。それを鍛える訓練にもなりますしね。何しろイメージ伝達に失敗したら、もろに失敗が形になって出てくる訳ですから。
 依頼先の人がどんな知識を持っていて、どんな知識を持っていないかも判りませんから、略語や参照に頼るのも、最小限にしなくてはいけません。そしてもちろん、文字数には制限があります。

 短い文面で、プロファイルの判らない受け手に。あろうことか自分の空想を効率良く伝達する努力。…………ある意味、磨いても自慢にならないスキルではありますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.27

トランスフォーム!合体!パワーアップ!!

リンク: ITmedia +D PCUPdate:「射程距離に入った」「てーーーー!」──タカラがつくるとPC向けパーツはこうなる (1/2).

サンダーイーグル全機発進! 敵機を殲滅せよ! 「ファイヤーランチャー」
敵機襲来! 発射準備OK! 「ストームブラスター」
非常事態発生! 敵機、レーダーで確認!「グリッターパネル」
もはや最後の手段……最終兵器「エマージェンシーボタン」

 大変だッ。タカラがホリ電子になってしまったッ。
 説明すると、タカラがWPCEXPOで発表したUSB接続機器の総称、それが「秘密基地をつくろう!」シリーズである。
 ランチャー型のランチャ。せり出し式扇風機。ビットマンみたいなグリッド液晶。そして自爆装置型シャットダウンボタン

 言うなればPCデコパーツですなこりゃ。シュリケンプロの… あえて言えば無駄な演出が大好きな自分としては特にたまらない感じですが、こういうものはあれなんですよね。見せびらかしてこそ華。ううん。

 むかし兄貴のDOS/Vマシンのオーバードライブボタンに、勝手に髑髏シールを作って貼った身の上。興味はあるけど、どうしよう。
 そのうちUSB制御ロボとか出しそうではある。適度に、かつ確信犯的にヘボいの希望します。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.10.26

華麗なるマリーンズ

 何故か一日抜けていると思ったら、この日は調子悪くして寝てたんでした(これを更新しているのは10月29日)。

 別に阪神が負けたからフテ寝していたわけではなく。仕事帰りに母のところに寄り、優勝決定まで見届けてから帰ってきた次第。
 それにしても一方的を通り越して圧倒的と言うよりもむしろ蹂躙的な展開でした。第四戦になって、ようやく阪神の暖気も上がってきた、と言うところなのでしょうが。
 セパでルールが違うから阪神が不利だった、と言うのが戦後の評としてよく聞きますが、負ければ後がない短期決戦を、それも三連続で制した。そんなロッテの驚異的かつ安定した強さを称えるべき処だと思います。
 不利な条件下で、それでも勝つのがチャンピオンですからね。

 日本シリーズはともかく、レギュラーシーズンの結果を受けてみれば。来年の阪神はいよいよ「優勝しそうなオーラ」を放つ球団になりそうです。古豪中日、そして監督兼選手となった古田率いるヤクルト。来年は頑張って欲しい赤ヘル広島に、ちょっと今どうなってしまうのか不安な横浜も。来期に向けて捲土重来、楽しみにしたいところです。

 折角野球場のわりと近くに住んでるんだから、来年はもうちょっと試合見に行こうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.25

【風景】ズレた張り紙

2005102501

 なんか不満そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

陸海空の危機管理

リンク: 危機管理産業展:ヤマハ発動機、無人のヘリと車両で人命救助のデモ - nikkeibp.jp - 製造.

 危機管理産業展で無人ヘリと無人車輌がデモをした、と言うニュース。
 ……気のせいか、昼間どこかで画像の入ったニュースを見た気がするんですが、どうしても見つからず。
 無人車輌ってやつが格好よかったんですよね。後、無人ボートもあったはずなんですが……

【追記】

リンク: ヤマハ発動機、陸/海/空の無人ビークルを発表.

 ご教授頂き、URL判明しました。
 互いに連携をとりつつ行動する陸海空の三つのロボットビークル、これはある意味非常に正統的なロボットでありますよ。UGV、UAV、UMVと言う、ストレートな名前もなんか素敵で。

 そうそう、そういえば自分「喋る車」ネタとか大好物でした。最近すっかり忘れがちでしたけど。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.10.23

テレビつけたらダイナマイザー!

 今、ものすごく何気なく、日本シリーズ見ようかなと思ってテレビ付けたら、ダイナマイザーがテレビに出てました。
 ええッと思ってみていると、スギウラファミリー&ブラザーズの皆さんが。ダイナマイザーJr.も何気なく登場。
 これは一体!? と思ってみていたら、今度はスミイファミリーの皆さんも登場です。アリウスにアリキオンにありまろも。アリキオンの頭には、イギリスの近衛兵みたいな房つき帽子が。

 ちなみに紹介の仕方は………… えー… テレビですから…… しょうがないと…… そうじゃないよ違うよその説明絶対間違ってるよそれー(じたばたじたばた)。
 とりあえず、スミイさんのお父さんがものすごく可哀想だと思いました。はい。

 どうもフジテレビのスーパーニュース内のコーナーだった様子。
 それにしてもびっくりしました…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.22

【しらべもの】ユキ虫、雪虫

 北海道在住の知人の日記を読んでいたら「今年はなんかユキ虫が大発生した」と言う事が書いてありまして。
 いきなりそれを読んで吃驚した訳です。ユキ虫って何? と。北海道では当たり前の存在らしい、ユキ虫。
 なんでも綿毛のようなものが羽についた小さい虫で、雪の降り始める半月から一ヶ月前くらいに、ちらほらと飛び始めるのだとか。

 とりあえず羽虫のようなものであるらしい、とあれこれ検索。ウィキペディアには載っていない。
 日記サイトなどがときおり引っかかるものの、そこで交わされるのは、基本的には「ユキ虫がどんなものか」了解している人向けの話題であって、さて「ユキ虫」がなんなのか、と言う本質に迫る訳ではありません。
 日記書いた人に聞けば良さそうなもんですが、そうしないのが調べ者魂。

 あれこれ調べるうち、どうやらユキ虫と言われるものが害虫であるらしいことが判ってきました。アブラムシ科のリンゴワタムシと言う虫が、成虫になると上記のような振る舞いをするようです。
 アブラムシが飛ぶと言う時点で、自分なんかはかなり驚く訳ですが、ユキ虫と言うとなんだか風物的な響きのあるものが。よもや害虫とは。見かけによらず悪ですなあ、などとオチをつけようと思ったら、まだ続きがある様子。
 Yahoo!知恵袋内の回答によれば、北海道に住むのは主にトドノネオオワタムシで、本州で目撃されるのは問題のリンゴワタムシがメインのようです。
 尤も、北海道でのリンゴ農家もリンゴワタムシに悩まされているとの事ですから、これは両方のケースがあるようですが。

 そこからのリンクで、ようやくユキ虫の画像にたどり着きました。
 北海道放送「テレポート2000」内、お天Qのコーナーのバックナンバー

「雪虫って?」

 なーるほど。こういう格好なんですね。

どうして初雪が降る時期が分かっちゃうのか?
やはり温度変化を敏感に感じている様です。
また日の長さの変化も ポイントかもしれないそうです。
あと、雪虫の餌であるトドマツの養分が変化する事も引越時期のヒントにしているらしいんです。

 との事。前触れを感じ取って行動している訳ですね。

 と言う訳で、今日の調べ物でした。
 こう言う事が気になると他のことが手につかなくなるので、まったく作業がはかどりません。とほ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

霧隠一番勝負

 昨日は会社の懇親会。最近酒飲むと頭痛がします。
 そんな感じで、軽い頭痛を覚えながら、出勤日なるが故にぼそぼそ一日仕事。

 最近、他所から異動になってきた人に、すっかり結婚していると勘違いされていた様で。どうも弁当を自作して持っていっているのが原因だった様子。
 一時期など、朝食と昼食の両方を鞄に詰めて通勤していた時期もあったものです。何故自分は一日分の食料を背嚢に詰め込んでますか。何処の歩兵ですか僕は。そんな感じで。
 通勤場所が遠くなったせいで、すっかり疎遠になってしまったジム通いを久々に再開。目が覚めるってないいもんですよ。

 なんとかかんとか家にたどり着き、野球をぽちり。
 これは稀なる現象です。ロッテvs阪神のカード第一戦、千葉マリンスタジアムにかかる濃い靄。
 ボールが見えなくなり、ホームランが入っても会場のお客さんが気付かないと言う異常事態。

 濃霧のために一時中断、となりました。いま現在中断中。
 思わずキャプチャした画像をUPしたい位ですけど、こういうのはまずいのかな。やっぱり。
 

| | コメント (0)

2005.10.21

引越し先を物色中

リンク: SAKURA Internet のレンタルサーバ、専用サーバ、メールボックス、ドメイン取得.

 と言っても、見ての通りプロバイダの話。

 長年DIONを使っていて、最近はココログのためにniftyと二刀流だったんですが。DDIポケットもウィルコムになってDDIグループと切れた事ですし、DIONで居続ける理由もあまりないかなあ、と、引越し先を探している昨今でした。

 くまったさんから別件で紹介された、さくらインターネットさん。かなりいい感じに見受けたので、DIONの環境をこっちに引越しちゃおうかなーとか思っております。相変わらずniftyはサブにしていこうかな、とか目論んで。

 ふたつあるblogのどっちかはさくらさんに引っ越すことになるやも。
 近日中にその場合はお知らせ致しまする。

| | コメント (2)

2005.10.20

まだ見ぬW-SIMを夢に描いて(後編)

リンク: WILLCOM|WS003SH.

 ぶつぶつ言ってたら隙なくとんでもないものが来ましたよ。オールインワンと言うかブチ込み過ぎというか、懐かしい表現をすれば、これはH''inが入ったPDA。
 詳しい事はインプレスさんの記事などにありますが、なんていうかこの、とんでもない凝縮具合が普通じゃありません。
 PDAにもなり音声通話も出来、ブラウジングも出来ればネット接続もOK、デジカメにもなれば動画再生もOK、無線LANもあればUSB接続で外接モデムにもなって、おまけにW-SIMが外せますよってキャー。ギャー。

 なにもかも、持てる全部を詰め込んだデバイスです。冷静に考えれば、何に使うのか、って言う用途を考えるべきものなんでしょう。ものなんでしょうけどでも。PDAがものすごく元気だった時期に、いずれこういうのが世に出るんじゃ、と、夢に描いた代物じゃないですか。

 いやなんだ。だしぬけって言うか、スマートフォンが発売するって言う話は前に出てましたし教えて貰いましたし、実物も写真を見ただけではこれほど興奮しなかったんですが… キーボードがスライド式って、ああいう風にスライドするのかオイと。

 ああなんだ。冷静になれ。冷静になるんだどうどう。
 久しぶりに、見れば見るほど血が沸騰するアイテムです。Linuxザウルスの置き換えになりそうな感じです。
 もし僕が散財を犯したとしても許して欲しい。そんな感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.19

まだ見ぬW-SIMを夢に描いて

リンク: ウィルコム、W-SIM対応の音声端末を11月25日発売.

 小型通信モジュールと用途別のジャケットを組み合わせる事で、一台で様々な用途に適応できる合体変形PHS、W-SIM。
 シンプルな通話端末とUSB接続のデータ端末を同梱して、いよいよ11/25から発売のようです。

 つい先日、待望の新型端末も発表になりいよいよ逆襲の狼煙のウィルコムですが、ちょっと気になる点が一つ。

TTの数量限定販売について、八剣氏は「少ないロットでも作れるという提案。今後は戦略的なもの、トライアル的な端末はW-SIMでの提供となり、数が見込める端末は従来通り開発する」とし、

 と言う八剣社長のコメントが…。
 W-SIMに適合する端末が、もしトライアル的なもの、まあ極端に言えばイカものしか出ない… と言う意味だとすると。
 「ごく普通の端末」が出ないとすれば、折角の多用途性にケチがつくことにならないかなあ、とか思うのです。
 かと言って、例えば「W-SIM対応の新京ぽん」とか出たら、まあ欲しいんですけど、発表になったばかりの新端末群と食い合いになってしまう恐れがあります。

 W-SIMのコンセプトは非常に優れていると思うんですが、売り方的には難しいものなのかなあ、と考え始めた昨今。
 通常型モデルも、順次W-SIM対応に切り替えていく、みたいなアナウンスがもしあれば、安心して乗り換えられたんですが… ちょっと先行きが不安です。

 不安といえば、僕のCF型H''端末、とうとうプラスチックのとこにヒビが入って、今にも真っ二つになりそうです。
 折半する前に機種変更したいんですが、CF型でないとザウルスで使えなくなってしまう訳で…。

 帯に短いかも知れません。もう一声ー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ROBO-ONE GP final in 国際ロボット展

リンク: 2005 国際ロボット展.

日程 : 12/3
会場 : 東京国際展示場(東京ビッグサイト)

 本年最後のGPは、有明ビッグサイトでの国際ロボット展にて開催です。
 広大な会場を埋め尽くしてのロボットの大展示場といった様相。プロトタイプロボット展もやっているそうなので、万博で見逃した身としてはここは是非チェックです。
 全体としては産業用ロボット中心と言う感じですが、近藤科学さんやオーム社さんなど、見慣れた名前も多く発見。ふらふらしてても楽しそうです。
 ちなみに開催時間は… すいません、やっぱりわかりません。

 一応交通アクセスも。
 最寄り駅は、新交通ゆりかもめの「国際展示場正門」か、りんかい線の「国際展示場前」。りんかい線の駅の方がやや遠いですが、たいした距離ではないです。
 ゆりかもめには、JR山手線の新橋駅から乗り換え。パスネットが使えます。国際展示場前は終点の一個前、乗車は20分くらいですか。車窓の風景はこっちの方が面白いですが、無意味に一回展したりするので、急いでいる方にはお勧めしません。

 りんかい線はJRから直接乗り入れをしているので、埼京線からであれば直通になるので非常に便利。新宿から乗り換えなしでもたどり着けます。こちらはJRと同じ扱いなので、Suicaがあると便利。大崎から15分くらいという処です。
 りんかい線の終点は新木場となりますので、千葉方面の場合はここで乗り換えると便利です。

 後は水上バスとか色々ありますが、お好みで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ROBO-ONE GP in 富山 開催日程

リンク: ロボットフェスティバルinTOYAMA.

日程 : 11/6
会場 : 富山産業展示館

 スケジュール等は不明。
 ロボットフェスティバルinTOYAMAの中で開催されるそうです。ランドウォーカーやテムザック援竜など、普段なかなか見られない大物も登場ですよ。

 交通アクセス、富山産業展示会館までは、JR富山駅より車で15分、バスで25分との事。上記の会場のページに表記があります。

 Robot-fan.netさんでも書かれていましたが、大会ページの開催概要が、なんかなんとも言えず…。
 読む方がどういう情報を求めているのか… と言うか、どういう読み手を想定して書いているのか、その辺をあまり突き詰めていない印象を受けます。
 企業向けと一般向けの記事を分けるだけでも、だいぶわかりよくなると思うんですけどね。それ以前に、イベントスケジュール…。

 以て、他山の石とします(汗。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.18

復活の狼煙、あるいは浪費スパイラル

 余計な事をしたあげく、いじりすぎてお釈迦にしてしまった録画マシン二号機。
 部品を取り替えれば直るんじゃ、と言うか再生できるんじゃ、と言う淡い期待を抱き、追加注文をぼちり。

 必要最小限の投資で再生できるか、それともただ単に浪費の上塗りになるのか。なんか後者になりそうな気配も濃厚なんですが。

 気がつくと、よく使う道具(除パソコン本体)には、あんまりお金をかけていない、と言う不思議な事実に気付きます。

 スキャナは買った当時でも一番安かった奴で、かれこれ7,8年は使ってる気がしますし。その前に使ってたスキャナはもらい物でした。
 プリンタは、キャノンがピクサスって言うブランドを使い始めた4年前のもの。付け加えると、母が年賀状を自分に印刷させんが為に購入したもので、厳密に言うと自分のものではありません。実際、旅行の写真のプリントだ何だと、ブラペラが始まるまでは自分で使う事ってあんまりありませんでしたしな。
 スピーカーは… いつ買ったか覚えてないですが、相当昔の、ソニーの変な形のミニスピーカー。おかしなもので、一時的に変えてもこれに戻しちゃうんですよね。それに、就職した年に買ったGatewayの、数少ない残余物であるサブウーファ。そうそう、Gatewayと言えば、CRTディスプレイは元気に現役です。
 ヘッドフォンは兄の置き土産。どうやらいい奴みたいですが、置いてったくらいだからあんまり愛着はなかったんでしょう。10年くらい経ってる気がします。
 そしてデジカメは… 三洋の動画デジカメの、初代か二代目。これいつのだ。

 …自分は一体、日頃何に散財しているのでしょうか。
 浪費の上塗りをしつつ、くらっと来た今日このごろ。……今後控えます。ちょっとだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.17

向かうところ晴間なし

 いろいろあってぐったり気味。
 大人しくテレビでロッテ優勝の瞬間を見てました。

 openoffice.orgの話を会社で知り、どういうものかとちょっとセットアップ。
 へー、本当にEXCELそっくりだなあ、と感心しながら、面白そうなのはDrawでしょうか。タブレットPCでいじると、またひとしおに不思議な感じです。
 最初、openofficeを商業化したのがstarsuiteだと思ってたんですが、starsuiteを過去にオープンソース化したのがopenoffice(の原版)だったんですな。ふーむ。

 富士通のタブレットPC、FMV LIFEBOOK P8210。富士通は昔から、タッチパネル搭載のミニPCを結構作ってましたから、その最新の流れとしては面白い結実ですね。
 X41Tを見て、もう少し小さければ、と思っていた人には朗報かもです。

 それにしてもよく降る事。
 例年みたいに、台風が来てないのが救いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

全システム再構成

 ソフトバンクvsロッテの対決を熱中しすぎて見ていた昨日。
 すっかり寝過ごした&仕事遅くなっちゃった今日は、あいかわらずマシン構成の建て直しと、ゲッターのアクション書きをやってました。

 売却するつもりだったC1MZXを発掘、各種パーツを取り付け、メインのDIM8300の補助とする、サブの録画マシンとしてセットアップ。やってから気が付いたんですけど、C1の録画機能って、蓋閉めててサスペンドにしててもお構いなしで起動するんですな。ひさびさに見た、ドットピッチの思い切り詰まったC1MZXの画面、改めて見るとやっぱり綺麗ですねー。

 しばらく前にリカバリして、環境を整理していてそのままだったので、環境は限り無くクリーン。ギガポケットは昔の代物だけあって、iPEGでの録画も出来ないと言う代物ですが、サブで使用するには充分充分。録画したデータはDIM8300に持ってきてエンコードしなおす手間がありますが、まあ、補機として考えれば充分過ぎ。

 ……FEATHER2005とか突っ込んだら、ハードウェアエンコーダもあるし、普通に動かないかな。今度試してみます。

 ゲッターのアクションを書かんがために、「マジンカイザー」とか「真ゲッターロボvsネオゲッターロボ」とか、ハイキックさんから送ってもらった動画とかを連続で視聴してテンションを上げる。
 しかし、バンダイチャンネルは… あそこ自身の責任ではないのは分かるんですが、今ひとつ不便です。決済に必要なアカウントが、作品ごとにばらばらなんじゃ、どこもやりにくいでしょうなあ。
 こういうのもiTunesで一括決済! とかだと便利そうだなあ。と、無責任にそんなことを思った日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.15

マシントラブル小顛末

 眠い頭で色々いじりまわしていたら、サブマシンのCA2に止めを刺してしまいました。うわーえらいこっちゃー。の声すらも、しばし棒読み。
 色々いじった結果やっぱり直らない。本格的に直らない。心当たりがありすぎて困ると言うか、むしろ僕がうっかり壊した。

 開き直って共食い整備決行。Dellの8300にメモリとHDDだけ取り外して組み込み、カノープスのエンコーダを組み込んで、なんとか録画だけは作動可能な状態に持っていく。
 しかしそもそも、8300に録画を任せると不安定だから、と言う理由で組んだのがCA2。一年経って元の編成に組みなおしたものの、不安定さにはやはりいまひとつ不安が…。
 とりあえず組みなおして録画実験した限りでは、そこそこきちんと動いているようですが。もしダメなようなら…… どうしよう。ちょうど今浮いてるC1を、録画専用マシンにするとか。意外にいいかも。

 ともあれ、そんなマシントラブルで休日を潰した一日でした。
 午後四時に朝食。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ミスラの不思議な旅】グスタベルグに旗がくりゃ

2005101501

 グスタベルク、陥落。

 珍しい事もあるものです。mixiでお話を伺い、ひーひー言っていたアクションもきのう終わったので(まだゲッターがあるんですが)、補給クエストを実行すべくグスタベルクへ急行。
 なんかホントにウィンダス支配になってました。またいつ見られるか判らぬガードNPCをぱちり。

2005101502

 もちろんアウトポストに立つのも連邦旗です。
 ウィンダスの外勤ガードって、タルタルばっかりだなあ。

 戦績でリターンリングかなにか貰えば、アウトポストへの移動も楽になるってもんでしょう。
 それよりも戦車(女帝)の指輪が気になる処ですが。でもフェローも取ってないしなあ。うううん。

 クロウ(レイヴン)系なる新装備が出ていて、ちょっと気になりました。回避が大幅に上昇し、敵対心がものすごく下がるシステムのようです。モンクには嬉しい処だけど、レベルもお金も足りないなぁ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.14

部屋と無意識とシュレッダと

 「部屋の混沌の度合いは、その人の無意識の強さに左右される」と言う散財心理学上のテーゼがあり、つまりそんな学問はないので、僕が一人で時々思っているわけなんですが、それはともかく。くだけて言うと、ちっとは自分に厳しくしないと、部屋はどんどん汚くなるわけです。はい。
 ちょっと気合を入れて掃除をした処で、元々が環境を統御しようという意思がないと、あれがあっちに行ったりこれがこっちに行ったり、あっという間に元の木阿弥になりがちです。
 部屋を本格的に綺麗にするには、部屋がごちゃごちゃしないようなシステムを同時に構築せねばならない訳で、そんな事を考え出すと、夜もzzz-zzz。

 まあ、こんなことをしていては、いつまでも片付かぬ訳です。
 えー、まず絶対的かつ有効な方法としては、「ものをへらす」と言うのがあります。これを実行するためには、二つの行動が必要です。

 一つ、増やさない。
 二つ、捨てる。

 まずニが難しい。
 捨てるったって、おいおい待てよ。あれも大事これも大事、これだっていつ使うか判らない、と思うと、なかなかどれもこれも捨てられないのが人情。捨てたものは捨てた直後に必要になる、とマーフィの法則だって言っている。
 まして、買えるものなら捨てるもあるが、買えないものこそ惜しむべし。そう思うと、あれも捨てられぬこれも捨てられぬ、となっていってしまいます。

 そこで、まず一に立ち返って考える。
 何か買うときは、それを「捨てる」「売る」「処分する」ケースを、予め織り込んでおくこと。欲しい! と思った一時の感情が、心のゴミになってしまった時の事を考えて。
 しかしそんな冷静に人間なれるわけがありません。せめてその場合、処分するアテと、それを「どのくらい使うつもりなのか」、「有効に使った後どうするつもりなのか」をしっかり見極めてから、買う。
 かっこよく言うと出口戦略の確立なのです。
 冷静に言うと後先考えようねってことなのです。

 さて、本は古本屋があります。なんか一時の気の迷いで買ってしまった変なものは、貰ってくれる人を探すか、いっそ処断する。
 手紙類、こういうのは難しいです。その辺に捨てるのは危険甚だしい上、もっとも捨てるに、心理的に困難を来たすものでもあります。

 しかしまあ、ものは考えようで。実体としての手紙や文書はなくても、そこにあるものがデータとして残ればいいわけで。スキャナさんに大車輪で活躍して貰って、チラシや紙や何やはガンガン取り込んでいき、実体としての紙は処分していけばいいわけでしょう。
 心理的な抵抗がないといえば嘘になりますが、なにかに「触れない」ことは、それを大事にしていることとはやや位相がずれています。言うなれば、それを大事にしているかどうか、その価値判断を留保しているに過ぎません。
 一歩踏み込んで、それは本当に大事なのか? 本当に大事なのなら、どうすべきなのか? そんな積極的な価値付けを行ってこそ、ものを大事にしている、と言えましょう。そんな大それたことをいちいちやらないといけないのかと思うとzzz-zzz。

 軽く散らかった部屋の居心地の良さは、無意識に心を委ねる「なんとなく」の心地よさに相通じるのではないか、とか言うと話のはじめに戻った気がしますが。まあ、人間ってのはたいがい、環境をコントロールしたい願望と、環境に身を任せたい願望の間をふらふらしているもののような気がしてなりません。
 自分が流れに任せすぎだと思った時に、少しく周囲の環境をコントロールしてみようと言うのも悪い試みではないでしょう。大きく見れば、それも自分を操縦していることなわけですから。

 そんなわけで、まず部屋の整理にはスキャナとシュレッダが必要、という結論に。
 スキャナは6年くらい使ってる奴があるので、後はシュレッダですな。うむ。


 …などと言っていると新しいスキャナが欲しくなってくる大きな罠です。
 問題は買えるか買えないかじゃないんだ! 今持ってるのをどうするかなんだっ。ああもうっ。元の木阿弥一歩前。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.13

サンサントラトラ

 サウンドトラックって割と好きなんですよ。と言う話題を振ろうと思って、最近買った/買う予定のCDなどを軽く省みてみると。

・「シン・シティ」サウンドトラック
・スーパーロボット魂オリジナル・テーマソング編
・ドラマ「アストロ球団」オリジナル・サウンドトラック 全曲完全燃焼!!!

 ……サウンドトラック縛りとかなんとか言う以前に、我ながらあんまりなラインナップ……。軽く失意。

 処で、iTunesで初めて曲を購入してみました。右上の窓に残額が出るのが面白いとかそんな理由で、ミュージックカードの方で。
 最初にアカウント登録するのでちょっともたつきました(思わずクレジット情報入力しそうになった)けど、ややスムーズに終了。先にあげた「シン・シティ」のサントラを購入です。一枚まるまる、\1,500-也。
 買ったのは2500円のカードなので、残り1000円。なにか一曲追加しようかな、とあれこれ見て回ったり。
 一ヶ月いくら! と、予算を決めて制限を決めるには、こっちのほうが便利そうですね。まあ、なんだかんだ言って、結局きっと使いすぎにはなるんですけれども(笑)。

 iTunesもいつのまにかバージョン6です。これ、バンダイチャンネルとか東映BBとかと提携したら脅威ですなあ。

                   極めて個人的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

イナズマバードでつかまえて

 自慢じゃありませんが、マシンの環境はお世辞にもぐじゃぐじゃです。
 ネットの環境だけで言うと、デスクトップのブラウザがOpera7とIE、メーラがShurikenPro3。
 そしてX41Tはと言えば、何故かOpera8とIEとLunascape3。そしてメーラが…… 無いと言う。

 今まではメーラがなくても困らない不思議生活だったのですが(汗、ブラッドオペラがはじまってからこっち、メールでも頻繁にやりとりをする機会が増えまして。しばらくOperaに添付のメーラを使っていたんですが。
 このメーラ、どうもメールを管理するのに、フォルダと言う概念がないようなのです。フィルタを何通りか用意して、それを適宜適用することで、フォルダごとに管理しているのと同じ状態を作り出すようなのですが…… しばらくいじってみて、かなり断念。便利そうではあったのですが……。

 というわけで、別途メーラを探そうと思い立ち、まずはThunderbirdに食いついてみました。
 そんなにものすごくメールをやりとりするわけじゃなし、と軽い気持ちでセットアップしてみましたが、ちょっと迷惑メールフィルタの感度が良すぎるほかは(受信トレイにあるメールを全部「迷惑メール」に放り込まれたのには苦笑いしましたが)、他のメーラでわりと四苦八苦して設定した振り分けだの何だのが、あっさりと設定できたりなんかして。
 感触の軽さが気に入ったので、しばらく使ってみようと思います。否、本腰入れて使ってみようと思います。
 メーラは、これと決めると、乗り換えるのが大変ですからねー……。

 プライベで会った方はGMAILのアカウントをお持ちらしく、そこで全部完結しているのだとか。
 羨ましいなあと思いつつ、メールが全部サーバってのもちょっと怖いな、と思う今日この頃。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.11

あっぷあっぷ

 しております。

 ブラッドオペラとゲッターの〆切が間近なのと、土日と飲み会でふらついていたりしていたので。
 最近、とみに酒に弱くなったような気がします。その場はなんてことないんだけど、帰ってからもがき掻き毟るんだよなあ……。

 シン・シティのサントラと、アストロ球団のサントラを探す日々。
 前者はiTunesで買えるかな? と思いつつも、まだ探していません。後者は物そのものが見つかりません。

 「逆転裁判」を終了、スーパーロボット大戦Jに移行。
 テッカマンブレードってこんなに熱い話だったっけ? と、記憶をせっせと書き換えている最中です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.10

わくわくする話。

 第一回の東京練習会が、今月中に開催される運びとなったようです。わくわく。わくわく。
 かく言う自分、なんとか見学にまぎれこませて貰えそうです(笑)。

 自分のところも書類を受け取って手元に…… ああっ、お金渡してなかった。
 ともあれ、第二回(予定)の場所も確保であります。

 第一回の様子をつぶさに見せてもらって、準備すべきことはなんなのか、しっかり考えておかなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.09

シン・シティ

 見てきましたシン・シティ!
 酔いしれる映画ですなこれは。5点をつけられるか、0点をつけるしかないか。ダメな人には、これほど決定的にダメな映画はないような気もします。逃げ道をふさがれるかのような。
 基本的には三人の男…… 凶暴なマーヴ、タフなドワイト、老いたるハーディガン…… が主人公の話が、それぞれ一本ずつ語られる、と言うスタイル。話ごとに基本的には独立している為、時系列は少しばかり前後します。これもそうなんですが、基本的にいくつかの基礎知識を頭に入れておかないと、置いていかれるタイプの映画かも知れません。「三つのストーリーが一本の映画にまとまっている」、これだけは理解して見に行きましょう。

 キャストが豪華なのもそう、グラフィックノベルそっくり(と言うより、フランク・ミラーの絵そっくり)な画像もそう。それら全てがひっくるめて、ついてこれる奴だけついてこい的な、突き放した硬質さを放っています。演出といい、登場人物の行動といい、角を丸める気も飲みやすくする気も、初めから持ち合わせて居ないようなこの感じ。だから、ダメな人には存在までも拒絶される映画だろうし、これはそれでいいんだと思います。
 怒涛のような罵詈雑言こそきっと、この映画がシン・シティたる所以なればこそ。

 処で、見ていてふっと、なぜか松本零士作品の雰囲気を思い浮かべたりもしました。同じような酔いしれ方をしていたんでしょうなあ。自分きっと。

 豆情報。
 新宿TOKYU MILANOビルでは、ミッキー・ロークさんが来日した時にキックで壊した宣伝用のパネルが展示されています。
 パンフレット購入者の中から、抽選でこのパネルをプレゼントしてくれる(メインキャストのサインしたパンフレットも選べます)とか。
 どんなものか見てみたい方は、歌舞伎町までどうぞー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.08

ゴーヤードライ

2005100801

 小雨さえ世間を洗う気もなくしたか、他人事のように冷やかすように、街に降り渋る土曜。
 陰気な書き出しとは何の関連もなく。文京区のプライベ会場に福岡からワープしてきた、そんな風波さんが持ってきたのは、陽気さんさんと降りそそぐ沖縄からのお土産でした。

 ゴーヤーDRY

 …あのー、そもそもこれはあれですか。ビールなんですか。こどもびいるとかそういう類のものではなく。
 沖縄旅行中、あまりのアレさに感動した風波さんが、わざわざ僕とかともみずさんとか飲ませるために買ってきたそうです。
 またそういう余計なことをせっかくのご好意に甘えて、まずはともみずさんがその場でぐーっと開けてみる事に。
 盛大にむせてました。苦味とか後味とか言う、なにかそういう言葉のカテゴリを越えたものが残るのだそうです。口の中とか胃の中とかに。

 自分も後で某所にて開封してみたんですが、プルトップがちょっと触っただけで爆発するかのごとき勢いで吹っ飛び、指がしばらく痺れる羽目になりました。違う意味で仰天。
 しかしある程度飲んでいたせいか、普通にまずいくらいかなあ、と言う面白みのないリアクションに。
 先週もらったお土産から受けたダメージはかなり深刻だったんですけどね。

2005100802

 ジンギスカンキャラメル。

 …しばらくは各地のユニークなお土産物を強制する会が続きそうな予感です。
 うちの田舎だとでも、あしたばゴーフレットくらいしかないんだよなあ…・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

猫が!猫が!窓に!

リンク: 特養入所の80代女性、猫にかじられ右足指すべて失う : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

その後、ホームの中庭に住みついていた猫の口元が赤くなっていることや、女性のベッド周辺に猫の足跡があることが判明。

 なんて言うか、記事の書き方そのものが、既にホラーな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.06

最古の一字

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 中国最古の絵文字発見、甲骨文字の数千年前か.

 寧夏回族自治区は、ちょうど宗時代の西夏王国のあたりに当たるそうです(西夏文字と関係あるのかとか一瞬思ったんですが、全然それとは違うみたいですな)。
 いわゆる「中原」の中心とはかなり外れているあたりに思えます。黄河文明圏の枠内に入ってるんでしょうかねー。

 甲骨文の実物は万博で見て、激しくわくわくしたものですが。それすらもしのぐ文物がまだ眠っている、って言うのも、またわくわくするものです。ううん。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.05

レノボ、新シリーズ「Z」発表会で、こだわりを強調

リンク: レノボ、新シリーズ「Z」発表会で、こだわりを強調.

IBMからレノボになったことで、黒以外の色が出てきたと思われている方もいるようだが、実はそうではない。

 と言う言葉を素直に信じたいものであります…… 今はまだ。
 そのうち、トラックポイントも7段キーボードも消えていってしまう、その最初の足音では決してないに違いない。今はまだ。IBMのロゴも、まだついてるし。

 それはそれとして。
 銀トップのやつ、本当にアルマイトの弁当箱みたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.04

オレゴンの、爆発する鯨の伝説

リンク: 鯨の爆発 - Wikipedia.

鯨の爆発については、これまで顕著な事例について2件が記録されている。

 ウィキペディアの新着記事の項目を見た瞬間に、思わず突入してしまった頁。
 なんて言うか、落ち着いた筆致が。逆に心底、おかしみを燻りだしております。
 都市伝説のためのニュースグループってあるんだ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.03

ツングースカの大爆発

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 戦争1週間分の兵器が消失=カムチャツカの武器庫で大爆発-ロシア.

 ちなみにツングースカは中央シベリアで、カムチャツカではありません。

カムチャツカ半島に保管される兵器の60%が失われたと述べた。

 兵器って言ってるけど、弾薬とか砲弾のたぐいなのかな。
 それにしても、もしこれ本当だったら、地震計に反応があったでしょうな。そのへんどうだったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

百人のウルヴィー

リンク: BUZZSCOPE :: X-Men and Power Pack #1 (of 4).

 グリヒルさん画の新作、X-Men and Power Packのプリビューが出てました。
 ハロウィンの仮想でみんなしてぞろぞろウルヴァリンの格好をしてるシーンがあるんですが、なんかものすごく濃いです(笑)。歴代コスチュームみんなそろってるんじゃないかって位。

 昔風の茶色いカラーリング、私服のファー着きジャケット、おなじみ青と黄色の奴でも、オンスロートくらいの頃の頭がバンダナになってるのがあったり。そして映画版にアルティメット版まで。キャー。

 て言うかそんなことよりむしろそう、よくよく見ると中にダーククローが混じってるじゃないですか!(笑)
 いやー、こんなところでダーククロウにお目にかかれるとは思ってませんでした… しかもグリヒルさん画で。
 これはやっぱり買っておかなくちゃ。と心に誓った一品。

 第一話ではウルヴァリンとチームアップするようですが、毎回違うXマンと競演する予定のようです。
 マルチプルマン出てくれないかなあ(いくらなんでも無理です)。

注)ダーククロー

 アマルガムユニバースと言う単発シリーズで登場した、ウルヴァリンとバットマンがまざっちゃったキャラクター。

 犯罪で両親を失ったローガン・ウェイン(だったっけ)が、ダーククローのコスチュームを纏い、相棒スパロー(ロビン+ジュビリー)と共に、ゴッサムを脅かす宿敵ハイエナ(こっちはジョーカー+セイバートゥース)らと戦いを繰り広げる。

 ウルヴァリンの野生の能力に、バットマンの装備と知性を兼ね備えた、素直にムチャなヒーロー。ハイソなウルヴィーにはまた妙な魅力がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.01

週末だけど仕事でした。

 そんなわけで、あれこれのことに手がつかず出遅れ風味がちょっと漂います。
 明日は一日休みですし頑張らねば。

 お袋の所に出張っていって夕食。兄は今日が結婚記念日。なのに電話がつながらない。心配だからメールを送れと言う。

「結婚記念日だからこそ、電話がつながんないんじゃないの? どっか食事行ってるとかさ」
「あの子がそんな気の利いたことするかね」
「……あああ、そだね」

 なんだかやけに評価の低い兄。

 テレビではツタンカーメンネタの話をやってましたよ。吉村先生が出てるから、早々ひょんげなことにはならないかな、と思っていたら、やっぱり呪いネタも投入ですよ。さすが日テレ、期待を裏切らない。
 「現代科学がツタンカーメンの謎に挑みます」って言うナレーションなのに、画面には「古代医学のスペシャリストが謎を解明」の文字が。古代医学は現代科学ではないような気もしますが。このへんのおおらかさがあれです。実に。たまりませんな! うひるり。

 「逆転裁判 蘇る逆転」はようやく新シナリオに突入。
 なんて言うか、相変わらずキャラが濃いです。それも脇役になればなるほど。
 ゲームでしか有り得ないというか、このゲームでしか有り得ないような超極端仕様。詳しくは語りませんので、是非皆さんご購入をひとつ。

 会社の帰りに、押さえていただいた会場を下見。何度も行ってるところなんですけど、一応場所を確認しておきませんとね。
 どうやら問題なさそうな感じ。交通アクセスはもちろんばっちり。なんにせよ、皆さんのお役にちょっとでも立てるといいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »