« 朝の七時はロボットの時間。 | トップページ | 「2005国際ロボット展」、11月30日に開幕 »

2005.11.14

モバイルSuicaは、本当はいつ始まるのか

リンク: JR東日本、「モバイルSuica」を来年1月28日スタート.

 Felicaチップ搭載の携帯電話に、Suicaの機能をセットするモバイルSuica。
 携帯電話にFelicaが載るようになった当初から、近日公開と言われ続けたサービスがついに登場であります。なのですが、テンション低くて申し訳ないんですが、事前の説明を聞いていて感じていた違和感が解決している気配がなくて、あれ、あれ、あれれれ、と言う印象を正直受けております。

 発表の内容はリンク先の記事に詳しいとして。現行のカード型Suicaと、モバイルSuicaを比較した場合の、メリット/デメリットをざっと列記してみると、以下の如くになります。

【メリット】

・携帯電話での履歴確認
・入金や定期券購入をオンラインで行える
・Suicaグリーン券をオンラインで購入できる

【予定サービス】

・銀行口座からのチャージ
・携帯向けサイトで購入した商品を、Suicaのチャージで決済

【デメリット】

・購入するのに、本人名義のビューカード(JR東日本の発行するクレジットカード)が必要
※IMPRESSの記事ではビューカード、ITmediaの記事ではビュースイカカード及び提携カードとなっている)
・チャージ手段は、携帯の通信機能を利用したオンラインチャージのみ
・対応している携帯電話は、基本的に現行の最新モデル(ドコモで言えば902シリーズ)のみ対応

 正直、メリットとデメリットがつりあっているとは到底思えません。実際問題として、日常享受できるメリットは、使用履歴と履歴と残額の確認くらい。
 オンラインで入金を行えると言えば確かにメリットですが、オンラインでしか入金できない、となれば、これはかなり運用的に問題点です。まして決済手段が東日本のビューカードのみとなっている訳で。

 要するに、現状のSuicaでは普通に行える、券売機でのチャージや精算機でのチャージが行えない訳です。
 以前にモバイルSuicaを紹介していた、ITmediaのインタビュー記事でもこの点が気になっていたんですが、まさかそんなことはないだろう、と思っていたんですよ。

 例えば、電車を乗り越して精算しようとしたら、Suicaの残額が20円足りないとします。
 目の前に精算機があり、財布の中に小銭もあるのに、わざわざクレジットを利用して、手間隙かけて通信して、オンラインチャージしなくちゃいけない。
 精算くらいならいくらなんでも出来るだろう、と思うかも知れませんが、現状のSuica対応精算機は、カードを内部に読み込む構造になっています。モバイルSuicaはカード型じゃないから、当然精算機に入りません。つまり、もうなんていうか、物理的に精算ができないのです。
 Felica読み取り部を表面に設置した新型の精算機が、あるいは設置されるのかも知れませんが。そこまでするのなら、現金でチャージできなくする理由がありません(改札に持ち込むと言う方向はありますが、それは例外と言う事で)。

 そんなサービスがありえるのか、とシミュレーションした際、「まさかそんなこたないだろう」と思った訳ですが…… 例えばEdyであれば、一部のマクドナルドにはEdy自動販売機とも言うべき、無人チャージ機まで置いてある訳で、JR東日本が駅構内にそういうものを設置するのに、予算と納期以外の技術的な問題があるとは思えません…… 

 正直、MMORPGに例えるなら、これはサービスインと言うよりもクローズドβと言ったほうがいいような内容ではないかと思います。
 902系のような最新型の携帯とビュースイカカードの両方を持っていて、なおかつJRを日常的に利用している顧客だけを対象にして、なおかつ現行のSuicaよりも利便性において後退しているサービスを提供する訳ですから、当初はあえて顧客を限定して、負荷や実証性などのテストを行っている、と考えた方がいいのかも知れません。

 しかし記者会見では「2006年度末までには会員100万人を目指す」と謳っています。2005年7月10日時点で、発行枚数が1300万枚。その後の増加数を見込んでも、全体の5%はモバイルSuicaに切り替える、と謳っている訳です。
 つまり、2006年度末… 2007年3月までには、上記の問題が解決しているか改善している見込みがある、と、うがって考えて見ましょう。

 まず、対応機種が少ない問題については、これは文字通り時間が解決する問題です。携帯電話が半年に一回モデルチェンジしている現状を踏まえれば、一年半後には機種交換により、対応機種は相対的に相当数増加している事でしょうね。私見ですが、Felica搭載型のらくらくホンなどが出れば、増加数はなお見込めると思います(モバイルSuicaアプリをプリインストールしていることは必須でしょうが)。

 次に、現金でチャージできない問題。もちろんJR東日本の方針変更が必須となりますが、ハードウェア的にも券売機や精算機の置き換えが必要となります。一年半は時間としては充分ですが、果たして行われる見込みはあるでしょうか。
 なんだか最近あんまり聞きませんが、2006年以降にパスネット・バス共通カードのIC化と、Suicaとの規格統一が行われる予定です。規格統一と言うのがどういう形になるのかは判りませんが、Suicaブランドだけが生き残り、パスネットが消滅するとは考えにくいものがあります。現行のパスネットの名称がとりあえずは残り(Suicaパスネットとかの名前になるかも判りませんが)、レオカードやTカードと同じレベルのブランドとして、Suicaと言う名前が継続する形くらいに落ち着くのではないかと思います。

 現状の販売形態が維持されるかどうかも判りませんが、統合カードは無論現行のSuicaと同じように、それぞれ券売機でのチャージや精算などが行えるようになるはずです。当然、券売機や精算機の更新も、そのタイミングで更新が行われる事でしょう。
 これは、パスネット各社のモバイルSuicaへの温度差にもよるわけですが。この切り替えの時に、現行JR東日本で使用している券売機やらと同じタイプではなく、直接Felica携帯にもチャージが出来る、読み取り面が表面に設置されたタイプに切り替えられるのではないでしょうか?
 その頃合を見計らって、ビューカードのみの対応から、現金チャージにも対応するようになるのではないかと思うのですが……。

 たとえ持っている機種がSH901iCで対応区分に入っていなくたって(メラメラメラ)、これは期待しているサービスの一つです。
 それに個人的には、電子マネーの最終的なサバイバーはSuicaになるだろうと思っています。前述のようにパスネット統合や、更には関西圏のICOCAなどとの統合により、利用範囲が一気に面で拡大してしまえば。規模のメリットでEdyを淘汰してしまうのは、時間の問題になるかと思います。
 多分、SuicaとEdyの両方が使えるサービスが過渡的に設置された後(セガのアミューズメント施設等で一部その傾向があるようですが)、Edyはゆるやかに死を迎えていくのではないかと。……大好きなんですけどね。Edy。転勤前はam/pmが最寄のコンビ二で、何故か今でも三枚も持ってるですし。

 まあ、それはともかく。電子マネーによる小額決済のサービスは、是非うまく立ち上がって欲しいサービスの一つです。スーパーやコンビニのコピー機など、小銭が必要となる局面で、時間の節約に多いに役立つこのシステム(消費税も上がるって言ってますし)。

 FelicaのFeliは、FelicityのFeli。幸せのカードの与えてくれるささやかな幸せまで、パイの奪い合いで台無しにしてほしくないものです。

|

« 朝の七時はロボットの時間。 | トップページ | 「2005国際ロボット展」、11月30日に開幕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ニュースサイトで最初に記事を見たときは、ちょっと小躍りしたんですが、読みすすめてだんだんがっかりしましたね(笑

PHSに追加でSH902を狙っていただけに。

それにしても、統合はいいんですけど競争がないのは不健全な気もしますし、かといって利用者不在で技術と企業の都合による変更はもうこりごりという気もしますし、悩ましいですねえ。

そういう意味では、Suicaと組織の統合は無しとして、互換性のあるカードと読み取り機を普及させて、お金に関しては銀行みたいに使われた分を月イチで相殺して会社間で解消してくれ!と思ったり。

投稿: Aruyo | 2005.11.15 17:11

 正直、JRの営業さん達は今ごろ、「……えー」って思われてるんじゃないかと……(笑)>モバイルSuica。
 あの内容で100万台って言われても、と素直にこう。前提になる(らしい)VIEWスイカカードでさえ、60万枚くらいしか出てないらしいのに。

 正直、自分としてはパスネット統合のタイミングまで見送る気満々になってしまいました…… 折角のFelica携帯なんですけどね。でもまあもとより対応してないわけですが。どすん。

 統合の件、私鉄とJRとバスを全部使って通勤している僕には、ちょっと切実な問題なので(苦笑)。モバイルSuicaはさておいて、こっちは早めに実現してほしいものだと思います。
 電子マネー実装とか絡んできたから、利益問題とかややこしくなってきちゃったのかなあ、とか。手の空いた暇に邪推してみたりしております(苦笑)。

 EdyとSuicaとを統合運用できる上位電子マネーみたいなもの、今後実現しそうな気もしますよね。その上位電子マネーをチャージしておけば、一台の携帯内だけで、いつでもSuicaやEdyに「振り替え」が出来る、って言うような。

 会社間相殺は面白そうですね(笑)。なんだか支配リージョンの集計みたいです(笑)。

投稿: sn | 2005.11.15 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/7111299

この記事へのトラックバック一覧です: モバイルSuicaは、本当はいつ始まるのか:

« 朝の七時はロボットの時間。 | トップページ | 「2005国際ロボット展」、11月30日に開幕 »