« 2/25、関東組ロボット練習会 | トップページ | 譲歩と選択 »

2006.02.26

見知らぬメモリヰ

 真を写すと書いて写真と為す。とは言うものの。
 持っているカメラに、写したおぼえのない画像が入っている事実は、こりゃどう考えたらいいものか。

 気付いたのは昨日、ロボット製作者の皆さんとの飲み会の最中。
 ふとその日に携帯のカメラで撮った写真が見たくなり、携帯を取り出して静止画のフォルダを見てみたら。

 なんかあの。見知らぬ子供の写真がですね。

 …………果てしなくぎくりとしたものの、その場はアルコールの性もあり、深く考えず流しまして。
 家に帰り、あれこれの雑務を仕上げようと再び携帯のフォルダを見たら、あいも変わらずそれらはそこに鎮座しておりました。
 期待している向きには申しわけないものの、それはいかがわしい写真と言う訳では全くなく。恐らく、家族か親戚を撮ったとおぼしき写真。手ぶれして取り直していたりいる様子も見受けられます。撮影日時は、12月28日から1月7日にかけて。

 写っている子供達の顔に見覚えはありませんし、むろん写真を撮った覚えもない。第一、この携帯がこの写真を撮ったとされている日、僕は知らない子供達に会うような状況には、特になかった訳で。
 仕事納めの翌日で軽く潰れてたり、赤い帽子を作るために必死になってたり、追加HDDを買ってきて、録画マシンをばらしてたりしていた筈なのであるからして。

 携帯用のスパムからフォルダに入ったんでしょうか? 自動で画像を保存する新手のスタンド使いか何かですかジョースターさん? この線は強そうだけれど、その場合、携帯電話向けのアドレスに来たメールでないといけないはず。
 携帯のメールアドレスは幸いにして漏れておらず、今のところいやでも、それでもメールやダウンロードで入ってきたファイルは、別フォルダに普通なるはず。もちろん明示的にダウンロードした覚えはありませぬ。そもそも、SPAMに使うにしては、画像があまりにも普通に過ぎます。

 この写真はどこから来たのだろう?

 ひとつだけ心当たりがあると言えばあるのは。この携帯に、なにかの理由で混入した言う可能性かもしれない。と言うのは、2月1日にこの携帯、同一機種の別機体と交換しているわけです。
 前の携帯が電源系統に異常を来たし、交換用の同一機種にメモリを詰めなおしてくれたわけですが…… あるいはその際に、どこかで混入が起きたのかも知れません。

 そのつもりで見てみると。この写真ファイルのファイル名の着き方、シャープ系ではなく、富士通の端末で、写真撮ったときのファイル名に似通っています。かなり前ですが、F使ってた時の印象からすると。

 機種交換の時に、誰かのメモリーが混入した。そんなことが果たしてありえうるのでしょうか……。
 ふしぎふしぎ。またふしぎ。 

|

« 2/25、関東組ロボット練習会 | トップページ | 譲歩と選択 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そして月日は流れ。
snさんは結婚し、子供が生まれます。
そしてある日……
撮ったはずのその子供の写真のメモリが消えていたという事件が起こるのです。

……すいません(汗)

投稿: 神子 | 2006.02.26 20:18

>神子さん

 うおーッ!? タイムスリップテーマ!(笑)

 ……思わず、くだんの写真まじまじ見ちゃったじゃないですか!(笑)

投稿: sn | 2006.02.26 20:21

前のお客さんのメモリーが上書きされずに残っていたのが、間違って一緒に移植されたっぽいですね、と言うと身もフタもないですか?

いやきっと、これは知らぬ内に念写しちゃったのですよ、きっと(笑)。

投稿: LILY | 2006.02.26 21:46

 「承太郎さん!これは吉良の親父のスタンド攻撃に違いない!」

投稿: 宙 未来 | 2006.02.26 23:13

マジレスすると、

1)前機種からメモリ転送する時に、別のお客様のと間違って、やりなおしたのだが、ソフトの仕様で電話帳は「入れ直し」するがデータフォルだは「追加」というふうになっていて、消し損なっている。
2)ソフトそのもののバグで、キャッシュにのこったデータを転送してしまっている。

とかそんなところなんでしょうかね。
なんにせよ、ぷち個人情報漏洩でちょっと怖いですなあ。

投稿: Aruyo | 2006.02.27 02:03

>LILYさん

 「デジカメに念写する能力を持っているヒーロー」って言うネタを、アメコミPBMで何年も前に考えたのをふと思い出しましたよ(笑)。
 でもまあ、ほかのお客さんのデータが混じったっぽいですね。なんともはや。

>宙未来さん

 ほかならぬジョセフ・ジョースターの能力も。なんかそれっぽい気も。>スタンド

>Aruyoさん

 写真のファイルネームからすると、他の人のデータが混じっちゃったっぽい雰囲気です。データを写す元の携帯、電源系がおかしくなってただけあって、データ転送中に再起動、なんてのを何回も繰り返してたみたいですし。

 写真のデータで起きるとすると、メールやら電話帳やらで起きないとも限らないんですよね。むしろ僕の携帯に入ってたデータが、どっかヨソに行ってる可能性もあるわけで。

 ………………。
 いや大丈夫、うん大丈夫(何を心配した)。

 まあ変な話ですけど、僕としてはヒューマンエラーであるほうが安心かなあ。と思う次第です。バグだとか思うとちょっと……。

投稿: sn | 2006.02.27 22:17

数日後、たまたま目に止まった一枚の古新聞。
行方不明の子供の消息を案ずる記事に掲載されていたのは、見まごうことなく。
携帯に残されていた、あの写真の子供だった。

行方不明になった日時は12月27日。
では、この写真を撮ったのは誰なのか。
なぜ、その写真がここにあるのか。
子供は無事なのか。

写真の出所を単身追い始めた「私」は容疑者として追われる身になってしまう。
「私」はこの悪夢の連鎖を断ち切ることができるのか。


(ちなみに落ちは「私」が多重人格だったという最低の結末。がっかりですね)

投稿: キャプテン | 2006.02.28 01:11

>キャプテンさん

●ふくせんのはりすぎです。2点

 話の過程で伏線をはりすぎて収拾がつかなくなり、いまさらプロットも修正できないので、掴みは古典派だったのに、いつのまにかサイコスリラーに、と言う展開で。

 ……首筋がぞくぞくしますな。こう。リアルな転落、そして破滅の恐怖を感じます(苦笑)。

投稿: sn | 2006.02.28 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/8841858

この記事へのトラックバック一覧です: 見知らぬメモリヰ:

« 2/25、関東組ロボット練習会 | トップページ | 譲歩と選択 »