« X < 1.2kg | トップページ | 援竜、長岡にて雪庇に挑むの段 »

2006.02.01

SH901iCふたたび

 雨雨雨。雨でございます。
 マイルドな頭痛がする中、埼京線は遅れバスも遅れ、ぎりぎりで会社に到着。二月はなんだかイヤな始まり方をしましたよ。実際にげんなりすることもあったんですが、これはまた違う日に。
 思えば去年も二月頭は、インフルエンザにやられたりとか携帯壊しちゃって気の向かない機種変更したりとか、あんまりろくなことがなかった訳ですが。ああ、そういえばカレーの会は一周年なのか。そうか。
 その時機種変更した携帯電話、SH901iCの挙動が変です。メールを見ようとすれば再起動し、iモードを開こうとすれば再起動し、再起動の最中に固まり、電源が切れなくなり、やむなく電池パックを外して入れなおせばなんか「処理中」とか出てきて、またフリーズです。
 家族が出張で不在なこともあり、連絡手段がないととてもとても困ります。♪変だなどうしておかしいぞ、と、同じ機種を持っている同僚にも相談。結果として「こりゃあダメだ。修理してもらおう」と言う事に。

 不注意でブッ壊したP900iを持ち込んで以来、ちょうど一年ぶりに赤羽のドコモショップへ。
 ちょうど一年ぶり?
 ちょうど一年ぶり。上記の日記の日付を見よ。機種変更したのは2005年1月29日。

 …………三日前に保証が切れています。めそめそ。

 ソニータイマーもびっくりのタイミングですよ。そういえばおかしくなりはじめたの今週入ってからだよ、と恐るべき会話を同僚と交わしたのを思い出します。
 ともあれ、修理窓口へ。うまいこと窓口で現象が再現できたので、説明は楽でした。ドコモショップの方のご厚意で、ぎりぎり切れてるけど保証で処理してくださる事に……。どうやら電源系統の故障らしく、交換で対応してくれる、との事。えっ。つまりそれってSH901iCあたらしいのいっこくれるってことですか。

 ……本当に交換でしたよ。FOMAカードを差し替えるだけなので、移行は簡単なわけですな。そのFOMAカードも、一年前の水没の影響でなにやら錆びていたことがわかり、丸々交換してもらうことに(原因はこれだったのやも知れぬ)。
 データをコピーするのに手間取らせてしまった(なにしろ、データを吸い出してる最中にも再起動しちゃう訳で)わけですが。なんとかかんとか、一時間程度で新しいSH901iCと交換していただきました。

 新品の同じ機種を手元に持っていると、なんだか不思議な感慨がありますな。一年経って新しく生まれ変わってくれたんだ、とご都合良く捉えるか。そっくりで同じものなんだけど、この一年ずっと持ち歩いた「あの端末」は、いまどこかの倉庫に置き去りにされているんだ、と捉えるか。

 お店の人のご好意に感謝しつつ、今日は前者のコースでお願いします。

 ……え? うっかり破壊したP900iはどうしたって?
 沈黙したままの彼は、いまだに僕の枕元で無言の恨み節を放っております。

|

« X < 1.2kg | トップページ | 援竜、長岡にて雪庇に挑むの段 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/8455335

この記事へのトラックバック一覧です: SH901iCふたたび:

« X < 1.2kg | トップページ | 援竜、長岡にて雪庇に挑むの段 »