« 第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(1)】 | トップページ | 第九回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 »

2006.03.19

第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(2)】

【一回戦(続き)】

○スギウラファミリー ダイナマイザー
×Jin Sato サンダー

 優勝候補筆頭いよいよ登場。青い稲妻ダイナマイザーに対し、サンダーはわきわき手を動かしながら迫ります。ダイナマイザー、いきなりのダッシュ。サンダー、ダウンから身をよじりながら起き上がります。なかなか的が絞れないサンダー。
 ダイナマイザーの方が大きさは小さいのに加え、動きのスピードはいかんせん、段違いものがあります。しかし重量差はかなりのもの。サンダーは、ダイナマイザーの真正面からの蹴りを受けても、びくともしません。掴みのモーションを機敏にかわすダイナマイザー。
 サンダー転落しますが、これはデンジャーゾーンにいたから、という事でダウンとはなりません。わきわきしながら迫るサンダー、もがきながら起き上がりますが、なかなかダイナマイザーを掴むことができません。ダイナマイザーも、いつになく慎重な攻めです。あの手がやっぱり気持ち悪いんでしょうか。
 をうこうしているうちに、リング脇から見事に間合いを見切ったダイナマイザーのダッシュアタックがヒット。サンダー、リングアウトまで追い込まれます。ダイナマイザー、1ダウン先取!
 時間追い込まれてからのこのダウンが決め手となり。Jinさんへの黄色い声援がぎりぎりまで飛びましたが、掴みを放てず、ダイナマイザーの勝利となりました。

○チームマリモト WR-07
×すがわらゆうすけ&影 A-Do

 続いては、異色ロボット同士の対決です。可変式WR-07に挑むのは、今回は本来の影さんが操縦に戻ったアフロ=アド。いよいよ実力を発揮する時が来たのでしょうか。
 激しく振動するWR-07、落ち着いたところで試合開始です。変な方に傾きながら、アドが移動していきます。にじり歩くWRに対し、アドがだんだん曲がっていきます。両者なにげなくダウン。
 アド、斜めにかしぎながら移動していきます。これは意図しているものなのか、バランスが崩れているんでしょうか。判定しにくい試合ですね、と言う声の飛ぶ中、アドが移動してはころんころんと転んでしまいます。
 WRのダッシュアタック、しかし服には引っかかりますが当たっていません。アド、後方を取りますが、押し込めません。WRは後方へと攻撃を放ちますが、これも有効にならず。素早く回り込むWR、アドの頭をきゅっと押して、まずは1ダウンを奪います。
 アド、安定を失うか失わないかのぎりぎりのところに… WRの正面からのダッシュ蹴りが入り、これで2ダウンを確保。激しく武者震いするWRも、時間切れ。2-0でWR-07が勝利となりました。
 最後は変形しての、ウィニングランを披露していました。

○Dr.GIY ヨコヅナグレート不知火
×Taekwon-Boy Taekwon-Boy

 豪腕不知火に挑むのは、クラッカーで減点を受けてしまったテコンボーイ、決勝には道着を着こんでの登場です。大きさはかなり違いますが、機動性も強いのが不知火。接近しての打撃にも、なかなか攻撃が入りません。引っ掛けて倒すのを狙っていくテコンボーイに対し、不知火は打撃を与えに行きますが、小さすぎるのかなかなか突きが決まっていきません。
 攻撃の勢い余って倒れてしまうことが多いのですが、不知火大丈夫でしょうか? 真正面からつめたところから、なかなかダウンを奪えるほどの一撃が入らないようです。
 不知火の後ろに回りこんだテコンボーイ、背後から一撃を放って1ダウンを奪います! 膝を踏み込んで攻撃するのがうまく入らないんでしょうか、不知火、一撃を決めることができません。……あれ。

 最後の攻撃は、どうやら返し技でダウンと判断されたようです。両者1ダウンのまま、再び延長に突入となります。
 ルールの確認作業が入る中、不知火は冷静に調整を終了。

 ここで延長戦に突入。一発目を放ったところで、テコンボーイ停止してしまいます。これはどうしたんでしょう、完全に沈黙してしまいます。最後はバッテリを消費してしまい、開始直後に動作停止。不知火、延長での勝利となりました。

×KAZZ KZR-4
○Taekwon-V Taekwon-V

 初登場の空手ロボットKZR-4、挑むのは韓国最強のロボット・テコンV。サイズ的にもかなり違うこの勝負、どうなるんでしょう。機敏な動きでチャンスを狙うKZRですが、重量差が違うのかかなりの吹っ飛ばされ具合を見せています。
 まずはテコンV、攻撃中を薙ぎ倒して連続で2ダウンを先取。今度は慎重な睨み合いから、一撃を狙っていく体制に入ります。狙い済ました一撃を狙っていきます。手数そのものは少ないのですが、攻撃はかなり的確です。
 KZR、有効な攻撃を放つことができません。後方を取って追い込むテコンV、胴薙ぎも重量差で自分がすべってしまいます。
 跳ねながらの一撃も及ばず、ここで時間切れ。テコンV、圧倒的な安定性でKZRを弾き返し、2-0での圧勝でした。

○ちーむトコトコ トコトコ丸
×マルファミリー キングカイザー

 ピエロなデザインの前回王者・新式トコトコ丸に挑むのは、赤い鉢巻が凛々しい、真っ赤なロボット・キングカイザー。マスタースレイブシステムでの登場です。開始前にマスタースレーブのテストをちょっとだけ見せていましたが期待大ですよ。
 キングカイザー、トコトコ丸の打撃の前に1ダウンを先取。ダッシュ攻撃の反動で、キングカイザー頭がもげてしまいます。ちょっと変わったポーズからの起き上がり。トコトコ丸はどうやら歩行の調子が良くないようです。ダッシュを打ちますが、なかなか有効が入ってくれません。のしかかるような一撃でトコトコ丸、1ダウンを奪い返します。
 回転しつつ扇子を打ち払い、攻撃を放ちます。扇子のぎざぎざで引っ掛けて倒す戦術のようです。最後はリング脇ぎりぎりで操作ミスが出てしまい、キングカイザー、リング脇に転落。3-1で惜しくもキングカイザーが倒れ、トコトコ丸が駒を進めました。

×なぐ AerobattlerPENTO
○スミイファミリー ARIUS

 かろやかな電子音とともに立ち上がるのは、くちばしが弱点、ペンギンメカのペント。強豪アリウスとのくちばしロボット対決(解説談)です。
 積極的に仕掛けていくアリウス、側面や後方への攻撃を放つペント、アリウスを倒しますが、ファイトのかけ声の前なのでダウンが入りません。
 横パンチでペントから1ダウンを奪うアリウス。しかしダウンしてしまいます。なんか猛烈に喋り続けるペント。アリウスの打撃でリングぎりぎりまで1ダウン。落下するかと思ったところでぎりぎり自力復帰しますが、立ち直ったところでアリウスに止めの一撃を貰って3ダウン。くりばしが取れるほどの奮闘でしたが、アリウスの完全勝利となりました。

×中川デンキ 振武Ⅱa
○前田武志 OmniZero.2

 振武が挑むのは、これも強豪・オムニゼロ。横から見ると、かなりスリムになっているのが判ります。軽量化は、トーナメントでどう影響してくるのでしょうか。
 一例したオムニゼロ、いきなりの速攻で開幕、振武から1ダウンを奪います。回転パンチを放ちますが、振武、防御姿勢で防いでいきます。ダッシュで駆け寄って、軽やかに攻撃を放つオムニ。振武も防御を入れて固めていきますが、転倒の瞬間に部品が飛んでいきます。
 一瞬起き上がれないかと思われてた姿勢になった振武、激しく振動して(振動で向きを買える機能化と思うほどにですが)そのあとなんとか復帰。「後ろ向きのボディアタックは、違う技と認められますかね」と実況で言われた瞬間に、後方ダッシュアタックを狙うオムニ。起動は柔軟です。
 10ダウン寸前、振動しつつも復帰する振武。回転キックを放ちますが、オムニゼロも的確にかわします。時間ぎりぎりまで、かろやかでありながらも猛烈な攻防の続く中、オムニゼロが1-0、華麗な勝利となりました。

×飛騨神岡高校 ニュートリノネロ
○Myongji Robot MYRO-3

 飛騨から来たニュートリノネロに相対するは、韓国の大巨人・超重量級ロボットMYRO3。調整に時間がかかり、16試合よりも後にまわったこの両者の戦い。
 まずはMYROが駆け寄りますが、攻撃認めらめず。次にはネロ・MYRO、両者の攻撃が同時に交錯し、両者が一斉にダウン。ニュートリノネロがダウンを奪われますが、しかしMYROも何か問題が発生。スリップダウン中にダウンを申請し、これで両者1ダウンの状態となります。
 調整の後、再開。マイロは猛烈な前転攻撃からまず開始。ちょっと安定に不安のあるマイロ、掴んで倒したいネロ。MYROの歩行の最中、振動中に打撃を与えるべく後ろから接近するものの、その打撃が与えられません。対するMYROはなにやら座り込むような攻撃、そして押すようなパンチでネロに一撃。ダウンを奪います。
 マトリックス避けまで繰り出される猛攻。正面から放たれる溜めた重いパンチを、ネロがかわしていきます。しかし最後は強烈な前転攻撃をもろに貰い。ネロの善戦も及ばず。MYRO3、3ダウンを先取しての勝利となりました。

|

« 第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(1)】 | トップページ | 第九回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/9168773

この記事へのトラックバック一覧です: 第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(2)】:

« 第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(1)】 | トップページ | 第九回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 »