« 第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(2)】 | トップページ | 第九回ROBO-ONE観戦記【宇宙大会記者発表】 »

2006.03.19

第九回ROBO-ONE観戦記【二回戦】

 短めのお昼休みを挟んで、13:05より競技再開。の前に、再びCMタイムが入ります。
 本当、カミロボのイベントって何やってたんでしょうねー。実に気になりますが……。各協賛企業によるプレゼンに続き、特別審査員の中須賀教授が紹介されます。
 このときは何をされている人なんだろう? と思っていたわけなんですが、その疑問はとりあえず他所に置いて。二回戦の開始です。

【二回戦】(13:20~12:35)

○光子力研九所 グレートマジンガアJr
×スギウラブラザーズ レトロ

 マジンガアの名を冠する、小さな強豪グレート。レトロに打ち勝ってマジンガア対決に持ち込めるのでしょうか。レトロも、破損したC型の手先の修復し準備万全です。
 一礼したレトロにマジンガア、どちらも旋回しつつ戦況をうかがう展開。グレート、打撃の拍子にまたまた頭がもげてしまいます。レトロの攻撃を防御姿勢で凌ぐグレート。しかしどちらもしゃがんでの姿勢に、レフェリーからはファイトの声がかかります。
 グレート、踊りかかったところを反撃され1ダウン。しかし後ろから迫り強引にゼロ距離ダイブ、レトロを薙ぎ倒して1ダウンを奪い返します。
 後退しつつ間合いを図るレトロ、投げを打ちますが回避されてしまいます。倒れるグレートを受け止めますが、倒すことができず。後方へ飛ぶダイブを狙いますが、グレートもなかなか打撃を決められません。
 両者1ダウンのまま、ここで時間切れ。両者短時間の調整で、延長戦に突入となります。

 ダイブロケットパンチが入りますが、打撃が浅く入りきれません。また頭が取れてしまうグレート。起き上がりに巻き込んでレトロを倒しますが、これは攻撃ではないようです。
 攻撃に入るグレートに、レトロが迫りますが、なかなか攻撃が入りません。最後は横薙ぎのダウン攻撃にレトロが当たり、側面方向にダウン。延長の末、グレートが勝利となりました。

×九州大学ヒューマノイドプロジェクト 2325-RNA
○光子力研九所 マジンガア

 グレート組がマジンガアのセコンドにつき、マジンガア軍団(なぜか菅原さん含む)vs2325の対決です。
 サイズはほぼ拮抗の両者、動きはマジンガアがかなり良好。前転がかすりましたが、マジンガアのダウンとはならず。ダイビングロケットが打点が今ひとつ遠く、入っていきません。2325、ゆっくりとした動作と、突然きびきびした歩行が繰り返し出てきます。
 歩いた2325に連続攻撃を繰り出しますが、2325倒れず。しかし復帰中にリングアウトしてしまい、これで両者1ダウンとなります。再開直後、2325が正面からのダイブをもろに食らって1ダウン。さらに復帰中、リングアウトまで入ってしまい、2325リングアウトまで転落してしまします。

 なんとこれで、準決勝はマジンガアvsグレートマジンガアが実現。マジンガア同士の対決ですよ!

○TeamLilac Black-Seed
×ジャパン△テント ベーチック

 レイヤードXを破ったブラックシードと、会場から「キャラメルコーンの袋に顔が似ている」と噂の立った小型ロボット・ベーチックの対決です。いきなりの挑発ポーズから頭が光るブラックシード、しかし接近したところでスリップしてしまいます。きびきびした歩きなんですが、ちょっとバランスが心配なんでしょうか。
 ブラックシードの攻撃で、ベーチック吹っ飛んでまずは1ダウン。中距離からの攻撃でさらに2ダウン目を奪われます。素早い起き上がりのブラックシード、両者同時にスリップしたり、ちょっと安定度に不安が見えてくる中。ブラックシードは次々と攻撃を放ち続けます。最後は爪を交互に繰り出しての突きが、ベーチックのアームを巻き込み、3ダウンを先取。完勝を果たしました。

○ゆ ivre
×坂本元 HAJIME ROBOT

 重量のある武器を装備したivre、脅威の攻撃範囲を敵にはじめロボットはどう対策を立ててくるのでしょうか。体勢を落とすはじめロボットの回転攻撃に、攻撃中のivreのアームが地面についてしまいます。これはどうやら攻撃ダウンと見なされる様子。ivreが爪を突き出して、今度はダッシュ攻撃を披露です。
 ivreの背後取ったはじめロボット、しかし有効打撃を入れられないままダウンしてしまいます。中距離から今度はivre、両腕の武器を交錯させてダッシュアタック。真正面から入った一撃がはじめロボットからダウンを奪い、さらに立て続けに二撃目が入ります。
 回転パンチが、はじめロボットに連続ヒット! がっちんがちんとすごい金属音が響く中、しかししゃがんだはじめロボットは倒れません。打撃を加え続けるうちに体勢を崩すはじめロボット、五月雨式の攻撃で、ivreが強引に3ダウン目を奪い取ります。
 はじめロボットを打ち破り、ivre、3-1でみごと勝利となりました。

○スギウラファミリー ダイナマイザー
×チームマリモト WR-07

 高速ロボットのダイナマイザー、これも違う意味で高速ロボットのHR-07に挑みます。両者回りこみながらの、有利なポイントを探し出す展開。それにしても、どちらも旋回運動が非常に早い。リーチはHR有利ですが、しかし機動性はダイナマイザーにかなり有利な点があります。
 ダイナマイザー、前転からの攻撃がHRの肩口をかすり、これで1ダウン。しかし猛攻か、ダイナマイザーの頭がもげて、胴体からぶら下がってしまいます。ダイナマイザーが壊れたのを見るのは非常に珍しいのですが…。
 後ろを見せて迫るダイナマイザー、攻撃のチャンスをうかがいます。足をにじるにように低速で横を目指すHR、のしかかるようにして攻撃しますが、ダイナマイザーを倒すことができません。
 大きな足をぴんと伸ばしての回転攻撃も、ダイナマイザーには微妙に届かず。そうこうしているうちに後方へのダッシュから、飛び上がるようにHR-07の胸元に一撃を加えると、崩れるようにたまらずダウン。2-0でダイナマイザーの星となりました。

×Dr.GIY ヨコヅナグレート不知火
○Taekwon-V Taekwon-V

 テコンボーイを打ち破ったヨコヅナグレート不知火、今度はテコンVとの対決です。パワー対パワー、重量級同士の真っ向勝負。
 テコンV、回りこもうとした不知火を、一撃で吹き飛ばして1ダウン。起き上がってファイトの掛け声がかかったところにもう一撃を放ち、あっと言う間に2ダウンを奪います。
 踏みとどまった不知火、リング脇のレッドゾーンに近付いてしまいますが、なんとか復帰。直後にスリップダウンを喫しますが、「離れて」の指示にテコンV動かず、いや動けず。そうこうしているうちにテコンV、ダウンを申請。これでスコアが2-1となります。

 再開直後、不知火の攻撃をテコンVが抱え込んでしまい、分けが入ります。何故か両者ともに横向きでセットになったところで、接近。不動の構えのテコンVに不知火も挑みますが、リング脇ぎりぎりでの起き上がりの拍子に、不知火がリングから転等してしまいます。

 3-1でこの勝負、テコンVの勝利となりました。

×ちーむトコトコ トコトコ丸
○スミイファミリー ARIUS

 GP組の実力者同士の対決、トコトコ丸vsアリウス。トコトコ丸の足は修復されたんでしょうか。アリウスの機動性についていけるのでしょうか。
 真正面からのロケットへッドバットを受け止めるトコトコ丸、しかしトコトコ丸の扇子による攻撃も、入ったと認められません。何度も繰り返すうちに、ばちーんと言う強烈な音とともに打撃認定。トコトコ1ダウンを奪いますが、アリウスも直後に反撃、ダウンを奪い返します。なんだかトコトコ丸の当たるたび、当たったところの材質の差か、いろんな音がするアリウスです。回り込もうとしますがトコトコ丸も早く、なかなか回り込めません。
 トコトコ丸の服に腕が引っかかり、ちょっと分けた後。今度はトコトコ丸がヘッドバットに入ります。ダウンしたトコトコ丸、起き上がりにちょっと苦労しています。前方から後方に向けて攻撃を放ちますが… どうやらアリウスの攻撃でダウンと認められたらしく、2ダウン目が入ります。
 最後のトコトコ丸、アリウスの打撃への反撃が時間ぎりぎりのものが有効だったかどうかについて、ちょっと協議が入ります。認められなければ延長となりますが……

 物言いがついていたのですが、どうやらアリウス、2-1での勝利となったようです。

○前田武志 OmniZero.2
×Myongji Robot MYRO-3

 二回戦最後、重量級のMYRO-3と、抜群の機動性を見せたオムニゼロの対決です。不沈艦MYROに対し、一体どんな風にしてダウンを奪いに行くんでしょうか。
 一番見てみたかった対決、と土田さんも言うような対決。MYRO、ダッシュからの頭突きですが、オムニに届く前にダウンしてしまいます。いきなりのダッシュ攻撃のあと、タイムを申請。1ダウンを進呈してしまいます。
 オムニの攻撃はヒットはするのですが、ダメージが通りません。ちょっと離れて助走をつけてからの攻撃にも見える動作にも見えるのですが、とにかく走り続けます。その最中、攻撃ダッシュで両腕を広げて突っ込みますが、マイロはびくともしません。
 突撃したところにスピンアタックが入り、マイロも1ダウンを確保。マイロの攻撃の出がかりにオムニが入りますがこれは両者スリップ、マイロの後ろからのオムニの攻撃、一度目はスリップとなりますが、二撃目は足元を狙ってダウンを奪います。マイロのダッシュ項壁、その落下の重量音に会場からどよめきが起きる中、オムニは走って走って逃げ回ります。マイロのしゃがんでからの攻撃も耐え凌ぎ。2-0でしょうか。オムニゼロ、MYROを破ってのベスト8進出となりました。

【ランブル】

 ベスト16によるランブルが、ここで開催。注目点はMYRO3が文字通り台風の目になるかどうか、そして新設されたリング脇の赤い部分が、複数のロボットの重量に耐えられるかどうかでしょうか。
 MYRO、トコトコ丸、YG不知火と超ド級が集まったこのランブル。ちっちゃいベーチックの身と審判さんの怪我に、皆さんの心配が集まります。
 マイロ、いきなり回転しながら突撃。レトロが倒れています。はじめロボットがはじき出されて転落、トコトコ丸も腕がもげてしまいます。2325はスタンディングダウン。トコトコ丸、アウトしてしまいます。巻き込まれないようにベーチック、逃げ回ります。
 WR-07が復帰、リング中央ではMYROvs不知火の勝負が繰り広げられています。ベーチックは独自の戦いです。不知火にダブルキックが炸裂。マイロがしかしどうしたんでしょう、足にきたのか立てなくなってしまいます。不知火も立ち上がれずアウトとなってしまいます。

 なんと最後に、ベーチックとWR-07が残りました。なんてことでしょう。
 会場の拍手は圧倒的にベーチック。なんとランブル優勝となりました。

|

« 第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(2)】 | トップページ | 第九回ROBO-ONE観戦記【宇宙大会記者発表】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/9168788

この記事へのトラックバック一覧です: 第九回ROBO-ONE観戦記【二回戦】:

« 第九回ROBO-ONE観戦記【一回戦(2)】 | トップページ | 第九回ROBO-ONE観戦記【宇宙大会記者発表】 »