« 暗号攻防史:或いは暗号の欧州史(☆☆☆) | トップページ | 土曜の九時の映画館はかつてないほど混んでいて。(☆☆☆) »

2006.05.19

nanaco隊一号(☆☆☆)

リンク: ITmedia News:セブン&アイの独自電子マネー、名称は「nanaco(ナナコ)」.

 ヒットレンジの狭いタイトルで掴んでますが、ニュースは真面目な話です。もし将来この計画が傾いたら「nanacoSOS」ってタイトルでエントリ書こう。って、そんなもっとヒットレンジが狭い話ではなくてですね。
 以前ニュース速報だけが流れた、Edy、Suicaに続く、セブン&ワイグループの第三の電子マネー。名前も明らかにならないうち、Suica陣営がPasmoをも取り込む一方、NTTドコモはiDなどのポストペイじゃない電子決済に乗り出そうかと言う中。ようやく本日、第二報が発表となりました。
 ハードウェアとしては、SuicaやEdyと同じくFelicaを利用。将来的にはモバイルnanacoなんかも可能になるでしょうね。理屈的には。
 懐の太さを感じさせるのは、この一文。

セブン&アイホールディングスでは「Edy」「Suica」「iD」「スマートプラス」など全方式への対応を目指しており、それぞれの事業者と交渉を開始したという。

 このため、全方式に対応したFelicaカードリーダを、新型POSレジに搭載予定。セブンイレブンの中にはだいたいある、セブン銀行のATMでも、新型のものはnanacoへのチャージが可能になるようです。
 こちらに関しても、セブン銀行のATMで、他方式の電子マネー(EdyやSuicaなどでしょう)のチャージが可能になるように調整している、とのことで。電子マネー全体のインフラとなるような準備を整える。つまり、どんな電子マネーだろうが、とにかくセブンイレブンでは使えるし、セブン銀行ではチャージが出来る、と言う準備を整えてしまう、と言う事なのでしょう。
 じゃあnanaco使われないじゃん、と言う事になりそうですが、そこはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどグループ店舗では、独自のポイントサービスを付与する、と言う事で、差別化を図るようです。

 全規格への対応が本当に実現するかどうかはともかく、こういう方向に舵を切った事は、たとえ戦略的な判断にせよ、諸手を上げて賛同すべき、素晴らしき事態です。
 電子マネーの普及に肝要なのは、興味のある人に使いこなして貰う事ではなく、興味のない人に使わせるのか、そこのところだと思います。Suicaが出てこれだけ経つのに、自分の母なんかはSuicaを買って渡しても、いまだに電車に乗るのに使ってくれないくらいですからして。
「電子マネーの形式がいくつあっても関係ない、とにかくセブンイレブンであれば全部使える」と言うのは、実現すればとても素晴らしい事だと思います。後はそう、電子両替システムがあれば完璧ですね。

 がんばれnanaco! と声を大にして応援したいところですね。
 それも三ツ矢雄二の声で。

|

« 暗号攻防史:或いは暗号の欧州史(☆☆☆) | トップページ | 土曜の九時の映画館はかつてないほど混んでいて。(☆☆☆) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

じゃあDr.石川風に低い声で
「ななこちゃ~ん」(爆)

投稿: いしかわ | 2006.05.20 00:51

自分はその時間、戦隊シリーズを見ていたであります

投稿: サンドマン | 2006.05.20 16:06

 いやあの、お二方、本題はそこでは
 ……別にいいんですけど、なんでこんな精密射撃みたいなネタに食いつくんですか(笑)。

 原作のあの先生、今だお元気と言うか、お元気じゃないというか。相変わらずな調子みたいで。一寸ほっとしている昨今です。

投稿: sn | 2006.05.20 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/10144529

この記事へのトラックバック一覧です: nanaco隊一号(☆☆☆):

» セブン&i、世界最強の電子マネー環境を導入へ! [0番のりば]
セブン&アイの独自電子マネー、名称は「nanaco(ナナコ)」 1つ前のエントリーで、セゾン&西武の新クレジットブランド「SEIBU プリンスカード」の記事と、それに付随してセブン&iの新電子マネーでの共通化を…という話題を書きましたが、同じ日にそのセブン&iの新電子マネーのニュースが出ていたのを見逃していました。 記事によると、同グループが採用する電子マネーの方式は、事前の情報どおり、現在国内で主流となって�... [続きを読む]

受信: 2006.05.20 13:14

« 暗号攻防史:或いは暗号の欧州史(☆☆☆) | トップページ | 土曜の九時の映画館はかつてないほど混んでいて。(☆☆☆) »