« 散財に付き合わされる。(☆☆) | トップページ | セットアップデイ。(☆) »

2006.05.04

蕎麦酒オフライン(☆☆)

 久しぶりにこっち側に来た風花店長(How many miles to stars?とか書いてる人)と一緒に、くまったさん地元近くの蕎麦屋へ。
 ゆったり蕎麦屋で酒を飲もうと、そういう企画であります。

 考えてみれば初めて乗るような気がするつくばエクスプレスに乗り、予想外の人手にびっくりしながら浅草で降りると、実にスムーズに三名集合。「集合時間前に揃うなんてけしからん」と言いつつ、開店時間まで浅草をぶらぶら。秋葉原とはまた違う、年季の入ったあやしいイメージに酔いしれつつ、時間ぎりぎりに引き返して、くだんのお蕎麦屋へ。

 古い家屋みたいな店舗の中は、老夫婦だけで切り盛りしてるこじんまりしたお店でした。今日のテーマは蕎麦屋酒と言う事で、てんぷらだ板わさだ、と注文したのち、酒の段に。

「辛口のがいいんですけどー」
「辛口もいろいろありますよー。どんなのがいいでしょ」
「そうですね…… まったりしたの」

 と風花店長が言ったのが運のつき。お婆ちゃん、大声で厨房の旦那さんに「まったりしたのってどういうのかねー」と三回くらい確認され、風花さんが頭抱えます。

 注意事項:いいかげんな事を言う時は、シチュエーションに気をつけましょう。

 辛口と言っても色々、と言うところから、

「一見辛口で本当に辛口なのと、甘口と見せかけて実は辛口なのと、辛口を一生懸命気取ってるって言うのはどうかと」
「なんですかそのツンデレ酒」
「ツンデレって言えば、昔この定義が出始めた頃、友達に解説のページを教えてもらって。そのツンデレキャラリストの中にベジータって名前を見てわけがわからなく」
「ああ、ベジータはツンデレですよ」

 などと言う軽いジャブから、何故か秋葉原改革特区と言う話になり、「秋葉原は政府の保護を得た。その代わり、ゆるやかに衰退することになった」と言う話に。
 何故か話は一気に「三十年後の秋葉原」を舞台にしたPBMの話題にヒートアップ。三十年と言う時限立法で、改革特別区となった秋葉原。しかし政府の庇護の代わりに、精神の自由を売り渡した秋葉原は、商業的な発展の傍ら、甘美で緩慢な死と腐敗にまみれつつあった。
 三十年の立法年限が迫り、国会で秋葉原保護法の延長が議論される中。「ファイナルファンタジー28」の発売前日、深夜の行列で起こった虐殺事件をきっかけに、近未来の秋葉原を巡る巨大な陰謀が渦巻き始める。「表の顔」が露見したら即退場のルールの中、「裏の顔」だけを使い分けて戦うPC、ゲームに緊張感を添える「緊急密告ルール」。近未来特殊PBM「アキバの動物園」、堂々企画会議中。

 -君は萌えているんじゃない。萌えさせられているんだ。

 とかそんな感じの話を延々と続ける、そんな酔っ払い三人でありました。
 お蕎麦は美味でしたー。煮え立つ蕎麦湯を前に、蕎麦湯非蕎麦湯論とかを展開しつつ。

 食後、話の元ネタの秋葉原特区(嘘)へ。「このあたりに検問があるんだろうなあ」とか適当な実地調査をしつつ、最後は喫茶店で半分寝ながらの状態。はっと気を取り直して、解散となりました。

 帰宅後、ちょっとPRを書いたりしたのち、母のところへ。
 昨日の母のとこの大散財の結果の整理を、今日から明日の午前にかけてやることになりました。と言うわけで、まだ届いてない液晶やデスクはさておいて、まずはルータを設定設定。

 首尾よくいったついでに、無線LANにX41Tをちゃっかり登録。母のところから更新してる按配です。よしよしと。

|

« 散財に付き合わされる。(☆☆) | トップページ | セットアップデイ。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/9903640

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦酒オフライン(☆☆):

« 散財に付き合わされる。(☆☆) | トップページ | セットアップデイ。(☆) »