« 猛暑キャプチャ。(★) | トップページ | 散財に付き合わされる。(☆☆) »

2006.05.02

剣よ舞え!拳よ唸れ!(☆☆)

 サンドマンさんから借りていた、多情剣客無情剣の下巻をようやく読了。
 天下無双の豪傑を番付した「兵器譜」。仕損じなしの小李飛刀で天下の第三席を占めるのは、我等が好漢・李尋歓。
 この下巻では、兵器譜に名を連ねた勇者が、次々と現れ消えていきます。
 第二席は「龍鳳双輪」の上官金虹、そしてその息子・上官飛。第四席を占めるのは、「崇陽鉄剣」を振るう豪傑郭崇陽。第五席に上げられながらそれを屈辱と恥じる、誇り高い「銀戟温候」呂鳳先。
 彼らの戦いに、さらに李尋歓の若き親友阿飛の消息、それに上官金虹に影のごとく仕える、謎の剣士・荊無命の思惑。さらには彼らを裏で操る悪女の陰謀もあいまって、もう話はてんでごろごろ。ノンストップもいいところで暴走していきます。それがたまらなく面白い。それでいい。

 不器用な李尋歓と、もっと不器用な阿飛。上巻とはまったく違う境遇となった二人の友情は、だがしかし胸を打ちます。

 李尋歓みたいなPCをPBMで出来たら、きっとものすごくかっこいいなあと思うのですが、これはもうプレイヤーの人格を問われるくらいのレベルまで要求されそうですからなあ。果てしなく難しそうです。

 ちなみに作中、もっともおとろちいと思った技は、大歓喜女菩薩の門下が使った『肉陣』。
 太った人を大量に用意してみっしり取り囲み、微塵の隙もない肉の壁で圧死させると言う、なんていうかそれは技ですか技なんですかと喚きたくなるような技。こんなアレな技に取り囲まれた李尋歓はどうやって肉の囲いを逃れるのか。気になる向きは本書を読まれたし。なんとかして。

|

« 猛暑キャプチャ。(★) | トップページ | 散財に付き合わされる。(☆☆) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 よりによって大歓喜女菩薩を引っ張り出すとはひどいコメントだなぁ(笑)
 女菩薩、裏人気は高そうですけど。

 でもボクらのヒーローはやっぱり呂鳳先ですよ。

投稿: サンドマン | 2006.05.03 23:50

ぬう、話題についていきたいが…
実は中華(武侠)な方面は門外漢な私が居ます。

くちおしや。

でも”肉陣”にはちょっと興味を惹かれました。
技そのものではなく、その脱出方法って何だろう?と

投稿: rainplug | 2006.05.04 01:14

 武侠版男塾?

投稿: 宙 未来 | 2006.05.04 23:09

>サンドマンさん

 よりにもよって「肉陣」はないだろうと思いましたよ(笑)。作中1,2を争うストレートなネーミングです。ええ。

 呂鳳先の二つ名が「銀戟温候」なのが気になってたんですけど、「温候」なのはやっぱり姓が呂だからなんですかねー。
 全く白装束であんなにかっこいいのに(以下略)。

>rainplugさん

 いや、僕も武侠小説はこれしか読んだことないですよ。一瞬でおおはまりしましたけども(笑)。
 まるで昔のPBMのように登場人物が死んでいきます。お勧めです。

>宙未来さん

 ある意味、男塾を越えています。
 男塾では一応は奥義を繰り出してから死にますけど、奥義どころかどんな技持ってるのか判る前に死んじゃう人とかいますからねー。

投稿: sn | 2006.05.05 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/9885594

この記事へのトラックバック一覧です: 剣よ舞え!拳よ唸れ!(☆☆):

« 猛暑キャプチャ。(★) | トップページ | 散財に付き合わされる。(☆☆) »