« 夢のゼロスピンドルマシン。(☆☆☆) | トップページ | アトランジャーアーム。(☆☆) »

2006.06.28

霙の乱れ打ち。(★)

・四半期決算を乗り切るべく鋭意努力中です。お返事とか色々遅れて申し訳ありません……。

・事務所の鍵が閉められそうな勢いの中、ぎりぎりまで粘っていたら、忽ち起こる稲光。「なんか今の雷の音、映画みたいでしたねえ」とかのんきなことを言ってみます。
 会社の外に出ても雨の降る気配はなく、丁度やってきたバスに乗ったらぽつぽつと雨粒が。やれやれ、これなら駅まで走ればなんとかなるかな、と思っていたら、ぽつぽつの雨はばつっばつっと云う感じに大粒になり、どざあばさあと横殴りの津波になり、さらにはがらんがががんと明らかになんか雨じゃねえ感じの音が混じり始めやがります。
 あっと云う間に視界は悪化。雨に煙るといえば格好もいいですが、八方に徒党を組んで飛び散る雨粒にそこらの光が反射し続けると云う有様で。なんじゃこりゃ。
 とにかく走るしかない。しかないんだと自分に言い聞かせバスを降り、水たまりにいきなり沈みながら駆け出そうとしたら、うわなんだこれちょっと痛い痛い痛い。塊が!塊が!窓に!

 ……氷粒です。雨かと思ったら霰、むしろ霙でいやがります。
 霙とか氷雨とか云う言葉のイメージからなんとなく感じる、はかなさとか美しさとかそんな生易しいロマンチシズムはどっか吹っ飛ぶ有様で。なんていうかこうオールレンジ攻撃で爆散するMSってこんな感じなんだろうなってくらいに、ぼつんぼつんとぶつかってきます。
 正面を見て開けていられないほどの降り具合。走るスピードが鈍化するほどの向かい風で。駅まで滑り込む僅か20m弱の間に、どこ泳いだんだと思うほどのずぶ濡れ加減と相成りました。
 駅から出るに出られず、そもそもホームにも上がれない皆さんの見ること見ること。陸に上がった水棲人類みたいな感じでなんとか帰ってきましたが、新宿あたりまで来るとほんのこれっぽっちも降っていなかったりなんかして。

 雑踏の中をひたひたと、ふだんにも増してインスマウス面で帰ってまいりました。
 ええと。きょうは早く寝ます……。
 

|

« 夢のゼロスピンドルマシン。(☆☆☆) | トップページ | アトランジャーアーム。(☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/10716717

この記事へのトラックバック一覧です: 霙の乱れ打ち。(★):

« 夢のゼロスピンドルマシン。(☆☆☆) | トップページ | アトランジャーアーム。(☆☆) »