« 10000と5。(☆) | トップページ | 謎の午前三時。(★) »

2006.06.21

マイクロソフト製ロボット開発プラットフォーム、またはウィンテルトロンへの第一歩?(☆☆)

リンク: Microsoft、ロボット開発プラットフォーム「Robotics Studio」CTP版を公開.

 マイクロソフトが作ったのは、ウィンドウズベースで動くロボット開発用のプラットフォームなのだそうです。開発者ごとに別々の環境下でロボットを作っている現状を変え、互換性の問題を解決する、とのことなのですが、まあでも、はるかはるか将来のwindowsロボットエディションを目指した、遠い遠い一歩のような気がしてなりません。

 唐沢なをきさんの昔の漫画で、よくmacっぽいデザインのロボットが「ぽーん」とか言ってフリーズして止まっちゃう(のがオチになる)話がありましたが、あれが現実になるのかも知れませんね。なんか一寸やだなあ。

 さてこのツール、ちょっと面白いと思ったのがPhysXに対応している、というところ。
 PhysXは物理演算をするためのチップで、その開発の動機は主にPCゲームに使うためのもの。去年の3月ごろのニュース解説にも、すでにその名前が見えます。
 近年、家庭用ゲームでもPCゲームでも、3Dグラフィックが大幅に進歩していますが、特にFPSみたいな、現実に即したリアルなグラフィックはPCゲームの(特に海外のゲームの)得意分野でした。
 処が近年は急速に進歩するグラフィックに対し、肝心の「描写されるもの」の挙動が不自然だ、不自然とは言わないまでも物足りない、と言われるようになってきました。つまり、リアルなドラム缶やリアルな人体が、とてもリアルとはいえない挙動で吹っ飛んだり、転がったりするわけで。「絵」はきれいだけど、[動き」がなんか追いついてこない、と言う状況になってきたわけです。
 これらを解決するには、アイテム相互がどういうふうに力学的に作用しているのかとかを、とにかくごりごり計算する必要があります。物理演算です。
 しかし複雑な物理演算なんかやらせると、CPUやGPUでも処理能力が足りなくなる可能性があります。そこでAGEIAさんと言う会社が考えたのは。昔はCPUで処理していたグラフィック処理をGPUに専業で任せたように、今度は物理演算を専門に行うチップを後付けでアドオンしよう、と。そういう発想で開発されたのが、PhysXであると。どうもそういうことみたいです。(ここのところのアプローチが違うのがHavok FXで、こちらは物理演算をソフトウェアだけで処理している様です)。

 そのPhysXが搭載されたパーツが出荷され始めたのは、つい先月のこと

 考えてみれば、現実にものがどう動くかをシミュレートするためのツールなわけですから、ロボットの開発ツールがこの物理エンジンをサポートするというのは、意外にして、しかしもっともな考えです。
 もともとは3Dゲーム用に開発された技術が、実際の開発シミュレーションに採用される。バーチャルからリアルへ、と言っちゃうとちょっとなんなんですけど。垣根を越えちゃった用途が出てきた感じで、これは面白いことじゃないかと思っております。

|

« 10000と5。(☆) | トップページ | 謎の午前三時。(★) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

まいどです~。ネタ半分くらい被ってしまいました (^^;
しかし、面白そうなモノが出てきましたね。とりあえず、もうちょっとこなれるまで放置しておいて、その隙にC#を勉強しておこうかしらとか考えています。

投稿: KAZZ | 2006.06.22 22:28

 コメントありがとうございますー。
 KAZZLOGさんの記事から、(森山さんのページ経由で)関係者の方のブログも拝見しました。KHR-1がビル・ゲイツを動かした! と言うと感慨深いというか反り返りすぎかもですが、でもあの人、もともとああいうの好きそうですよね(笑)。

 PhysXにこんな利用法があるんだー、と言うのもびっくりですけど、KHR-1が既に視野に入ってるって言うのも吃驚で。
 記事を読んではいたものの、これって自動車とか塗装するロボット用なのかなー。とか、遠い世界のことだとばっかり思っていたせいで。思ったよりも身近なんでびっくりしましたです(笑)。

投稿: sn | 2006.06.23 23:00

 おおー、大和田秀樹の「ガンダムさん」が現実になるのですね…。

大気圏突入①「何か無いのか!」「あった!」『アプリケーションをインストールしてください』
大気圏突入②「あった!」『インストール完了まであと60分…』
大気圏突入③
「終わった!」『アプリケーションエラーです』「ビルの野郎…(プルプル)」

投稿: 宙 未来 | 2006.06.24 00:48

 まあ、組み込み用途用であることを考えると、CEベース(今はそういわないんでしょうが)になるほうが可能性は高そうな気もしますね。

 VAIO Uくらいであれば、そのまんまロボットに埋め込んじゃうくらいのことは出来そうな気がしますけども(笑)。

投稿: sn | 2006.06.25 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/10625824

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト製ロボット開発プラットフォーム、またはウィンテルトロンへの第一歩?(☆☆):

» Microsoft Robotics Studio [KAZZLOG]
あの 巨人Microsoft が動いていた!という事で、かなりインパクトがあったようで、方々でネタになっています。ロボティクスをとりまく大きな流れを感じて、ちょっと感慨深いものもあります。 自分でいぢってからネタにしようとも思いましたが、軽く情報整理だけしておきまし..... [続きを読む]

受信: 2006.06.22 22:24

« 10000と5。(☆) | トップページ | 謎の午前三時。(★) »