« アクセス解析二段返し(★☆) | トップページ | 第十回ROBO-ONEの改善点 : 観客の手元に情報を! »

2006.09.23

写真でロボバスこぼれ旅 其の三(☆☆)

 予選本戦すき焼きと、つつがなく楽しみも終了。
 街も黒獅子祭を終えて、静かな朝を迎えます。バスが来るまでの間、ちょっとあたりを散歩してみることに。

2006092301

 篝火の後片付けあとが、宿のすぐ前に。

2006092302

 水音につられてちょっと道から入ってみると、おもむきのある水門がありました。

2006092303

 山の稜線を雲が泳ぐこの光景。
 店先に生けられた花に、蜂がもぐりこみ、あちこちで少しずつ街が目を覚ますのを見やる朝の散歩です。美しい空気と風景を大人しく呼吸して、心が洗われていればいいものを、ついつい。

2006092304

 石屋さんの店先を覗きこんでしまったり。
 しかし石屋さんの店先には、本当に謎のオブジェクトが多い。そのうち石屋さん店先観察日記を作りたいと思っている自分です。

2006092305

 存在感溢れるタンク。

 さてあれこれありまして。お世話になったとらやさんを、後にしますはロボバスツアーご一行。
 台風情報に対応して繰上げスタートとなったバスは、途中寄り道をしつつ帰路東京を目指します。
 車中では、さすがに皆さんお疲れムード。と見せかけて、あちこちで局地的に盛り上がりを見せたりしています。この時間帯では、ロボット製作者の皆さんの間で大人気のデジカメはXactiであることが確認されてたり。

2006092306

 来るときのバスの中から見て、ずーっと気になっていた美容室さん。帰り際にようやく写真確保!

2006092307

 さて、お昼時。バスは休憩ポイント、福島県は飯坂温泉に到着。ここでしばしの休憩と観光となります。
 奥州三名湯の一つに数えられる飯坂温泉。小雨ぱらつく中ですが、とにかく観光案内所に行って見ることに。

「飯坂でおいしいものって言うとなんですか?」
「ラーメンとギョーザですね」

                        潔い!

 詳しく伺うと、飯坂ラーメンは麺そのものに豚骨が練りこんであるのが特徴との由です。
 へぇー! と一緒にいた皆さんと、どんなものなんだろうという興味がふつふつと。早速、飯坂ラーメンの店に入ってみる事にします。後から後からバスの人が一杯来て、なかば貸切と貸してました。

 変なメニューがあると、頼みたくなるのは人のすいません僕の性で。
「ええと、チーズトッピングで」「すいませんチーズ切れてました」「じゃあこの黒つけ麺」「つけ麺終わっちゃいまして……」

 こここ、これは。振り上げた拳の落としどころに迷う展開。ネタは諦めて普通にラーメンを頼むべきなんでしょうか。それとも如何にも在庫切れっぽいメニューを延々と注文し続けるべきなんでしょうか。いやしかし。

「塩ラーメンお願いします」

 玉虫色の解決とはかくのごときものか、と一寸納得。せめてもの抵抗というかなんと言うか。

2006092308

 でも塩ラーメンは普通に美味しかったですよ。普通にもやしとかそれっぽいトッピングを頼んだりしておけばよかったかも知れません。片意地は張るものじゃないですね。

 さて食後、とりあえずお土産を探しに和菓子屋さんへ。買い物を済ませて表に出ると、なんかすごい気になる看板が。

2006092309

 ……最終 ……案内所?

 取って返して、飯坂温泉駅へ。飯坂温泉駅は、私鉄飯坂線(多分)の終着駅。福島駅と飯坂温泉をつないでいます。

2006092310

2006092311

 ラッシュ時は15分間隔で運行です。

 駅のすぐそこは橋になっていて、改札脇の大窓からは、摺上川の水面が一面に望めます。

2006092312

 トイレの前で発見した、あまりに怪しいガチャガチャ。

2006092313

 秀才的なまでにそつのない突っ込みどころ満載の有様に、思わず小銭を取り出してチャレンジです。
 出てきたのは、ラジコン操作と云うミニカー! うわー当たりかも、と云う話をしていたら、ただしプロポは別売りです、の一文が。予想していたのとは違う意味で、裏切られない展開でした。うわーい。

2006092314

 その駅の脇にあった白ポスト。うーん。


 さて、廃墟を探検していたと云う人たちを回収したのち、一時間後にバスは再び東京へ。
 途中、適宜休憩を挟みましたが、特に渋滞に巻き込まれる事もなく。むしろ台風のお陰でかえってスムーズになったんじゃないか、と云う風情で、出発したRTへと。無事皆さん、戻ってまいりました。

 最後はRTの前で、終了式のあと流れ解散。自分はロボット王国にちょろっとだけお邪魔して、荷物を抱えて帰って参りました。

 ロボバスこぼれ旅は、これにて最終回。うじさん、いしかわさん、参加された皆さん。楽しい旅をありがとうございました。又これからも宜しく御願い致しますー。

|

« アクセス解析二段返し(★☆) | トップページ | 第十回ROBO-ONEの改善点 : 観客の手元に情報を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ロボットとは無関係で恐縮でありますが、ひとつ閃いた事が…。

 余ったブ●ッ●オ●ラのルールブック、●と●誌。
 始末に困っていませんか?

 そんな時、役に立つのが白ポスト♪
 だってさ とてもじゃないが青少年には見せられない、そんなゲームだったと思いませんか。

投稿: サンドマン | 2006.09.24 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/12017461

この記事へのトラックバック一覧です: 写真でロボバスこぼれ旅 其の三(☆☆) :

« アクセス解析二段返し(★☆) | トップページ | 第十回ROBO-ONEの改善点 : 観客の手元に情報を! »