« 高速で回転する独楽は止まっているように見えるもの。(★) | トップページ | 安藤さん2.0(☆☆☆) »

2006.10.06

神様のくれた電球。(☆☆)

 いきなりでなんですが、特定の電球がしょっちゅう切れます。具体的には自宅の階段照明が。
 階段にあるものなので、lだいたい足元がぼんやり見えるくらいの明かりがあればいいのですが、なにしろこれがよく切れる。三ヶ月に一回くらいは確実に切れています。家の他の電球や電灯は、下手をすると数年以上のスパンで換えていないところもあるのに。よくもまあ、と思うくらいの切れ具合。
 頻繁に電源をオンオフしているのがたぶんいけないんでしょう。でも電球だから、換えても同じだしなあ… と思っていた日、ニュースを見ていてふと気になったのがLED電球の話。

 光量はさすがに普通の電球には遠く及びませんが、だいたい階段の照明に使うものですから、足元がぎりぎり見える程度の明るさがあれば必要充分です。なにしろ電球は交換しにくいところにあるため、交換の手間が省ければそれに越した事はありません。省電力などの特徴もありますが、電球一個ではいかんともしがたく。まあ、そのへんはおまけ程度で。

 さて思い立って帰り道。新宿ビックの上の方に行って見ると。なんと照明コーナーにはLEDや電球型蛍光灯などの代わり電球コーナーが設けられていました。特にLED電球は、赤や青や緑など、数種類のカラーバリエーションが実際に点灯した状態で展示されいます。商品はと見れば、記事にもあった朝日電機製ELPAブランドの商品です。
 白や温白色はともかく、赤や青は一般家庭では使わないよなあ。と思いつつ、普通の電球と同じ口金E26のものを一つ確保。1980円なりです。
 蛍光灯を眺めながらレジにそれを持っていったとき、事件は起こりました。

 たまさか細かいのがなかったので、一万円札を出したところ。店員さんが打ち出されたレシートと、一万円札をまじまじと見ています。え。何々。まさか偽云々と思っていたら、だしぬけに「おめでとうございます!」と。そのままきょろきょろしばらくレジを探して、取り出したベルをがらんがらん鳴らしはじめました。
 ……こ、これはッ。噂に聞いた「100人に一人タダ」ッ!?

 周りの店員さんが拍手していますが、照明・ベッド売り場というのはそもそもお客さんがあまりいませんで、店員さんの方がお客さんよりはるかに多いような状態。つまりアウェー。アウェーで拍手の嵐。思わず「……結構恥ずかしいですね」と、レジの人に心情を吐露してしまう始末でした。

 ちなみにあれ、当選すると専用のレシートが出てきて(というか、専用のレシートが出てくると当選で)、自筆でレシートへサインした後、「処理済」の割り印が押され、レシートは二分割。サインした方はお店の控えとなり、もう一方は手元に残ります。
 ちなみにお徳かどうか知りませんが追加情報。タダに当選しても、本来支払うはずだった金額分、ビックポイントは入るみたいですよ。ふふふ。

 さて、そんなこんなで買ってきたというか貰ってきたLED電球を、自宅に帰ってさっそく装填。光の量は今までの電球とは全然全く比較にはなりませんが、あの場の照明としては必要充分。
 しばらくは来客に話の種が出来たなあ、とそんな風に思った昨今でした。

 灯りネタでもう一つ。
 最近はじまりました、家電Watchさんで取り上げられていた持ち運びできるあかり
 随分昔に入手したことがあったのですが、何故かバッテリがすぐにダメになってしまい、それっきりお蔵入りしていたのを思い出しました。この製品がどうというのではなく、うちの電気供給環境に何か問題があるんじゃないか、と疑ってみたりしている、そんな昨今です。
 

|

« 高速で回転する独楽は止まっているように見えるもの。(★) | トップページ | 安藤さん2.0(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/12176853

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のくれた電球。(☆☆):

« 高速で回転する独楽は止まっているように見えるもの。(★) | トップページ | 安藤さん2.0(☆☆☆) »