« アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット徒競走】 | トップページ | アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット紅白玉入れ合戦】 »

2006.11.03

アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット大玉ころがし】

 今日はそれにしても、各種メディアがいっぱいです。取材を受けている関係者の皆さんを尻目に、会場の済でぼそぼそぼそ。

「すごいですねー。アキバのアイドルですよー」
「アキバのアイドルってなんか嬉しくなくないですか」
「あのアクトロイドにメイド服を着せるのはどうかと」

 色々毒された感じの会話を繰り返す待機時間。後ろで見ているけけさんは、数年ぶりにお会いしたわけですが、なにやらマノイに引き込まれそうになっているのを背中をやんわり露骨に押したりしているうちに、ステージの上はなにやらシュールな状態に。
 紅白に色分けされたリングの上に、やはり紅白の大玉がごろんと一つずつ。ロボット大玉ころがし、ルールはわかりませんが準備はばっちりのようです。

 11:30より、第二競技。ロボット大玉ころがしとなります。
 それぞれ、リングの角近くに陣取った二体のロボットが、それぞれ手足を使って大玉を転がしまして。真ん中にある、フラッグの回りを半回転。大玉ごとリングを廻って、戻ってくるまでの時間を競うルールです。

 言うまでもなく、途中で確信犯的にコースが交錯するので、そこをどう乗り切るのかがポイントになりますねー。

1.○noir vs ×ガルー

 新競技の大玉ころがし、第一試合はnoirとガルーの対決です。なにしろ、転がす大玉がロボットよりもはるかに大きいというこの対決。床の摩擦具合やボールの重さに大きく左右されそうな競技ですが、これはどうなってくるのでしょうか。

 noir、一撃目でボールをごろっと転がしていきます。ロボットは赤いけども白い担当のガルー、しかしこのガルーも慎重な制動でボールを押していきます。しかしボールを押すことで、自分が反対に倒れてしまうガルー。
 noir、ボールを二回ほどゴールの脇に落としつつも、ターンしてゴールラインへ帰還。第一試合はnoirの勝利となりました。
 一方のガルーはその時点で折り返し、戻りラインのなかばほど。左足が少し弱まっていたのか、体の角度がなかなか調整できません。
 残り1分をきったアナウンスがあったところで、なんとかボールがスタートラインを突破。ガルー、ここでゴールとなりました。


2.×ファイマン5 vs ○Think03

 Think03のHMDシステムはこういう競技で威力を発揮するでしょうか、積極的にボールを押して、言わば近接作戦のThink03に対し、ファイマンはボールを力強く転がして後を追いかける遠隔作戦です。
 ターンポイントで、ややThink03有利の展開。ファイマンがThink03の進路を塞ぐ形となってしまいます。そうこうしているうちにファイマン、赤いボールが転げ出てしまいます。ちょっと転がってしまいつつも、Thnik03、順調に駒を進めていきます。ファイマン5、ボールを転がすのは順調なのですが、歩行のスピードがどうなのかなかなか追いつく事が出来ません。何故か白玉を反対から押し戻すファイマン。
 そうこうしていうるうちに、ファイマンダウン、Think03のチャンスとなるも、ここでタイムアップ。両者ノーゴールでの決着となりました。

 両者がゴールしなかった場合、そこまでの移動距離を計測し、勝者を確定させます。154cmでThink03の勝利となりました。

3.○ワイルダー01 vs ×PLASSON

 フィジカルの強いワイルダー01に対し、紫のロボットPLASSON MA。解説のアニメイダーさんは、今日のステージのすべり具合と足裏設定のマッチングに注目です。ワイルダー有利と睨みましたが、いかがでしょうか。
 いきなり後方に転倒するも、ボールを勢い良く押し出し、軽快な横歩きで後を追うワイルダー。PLASSSONはちょっと床の属性と合っていないのか、足元が滑ってしまっている雰囲気です。
 後ろ向きで、また横向きで、最小の旋回半径でワイルダー、効率よく試合を進めていきます。ゴール寸前で大玉が制止したワイルダー、……あ、ゴールに到達していたようですね。ここでワイルダー01、勝利となります。
 PLASSON、安定動作を取り戻して試合に復帰。ボールを押していきます。残り1分のアナウンスですが、ここで蹴りだしたボールがゴールへ到達。残り25秒での走破となりました。

4.○繭 vs ×締め切りF

2006110306

 両者ともに、徒競走で安定した性能を発揮したロボット同士の対決となります。いきなりシールドアームを全開にして、ものすごい勢いでボールを飛ばした締め切りF、しかし反動で自分もリングの外に倒れてしまいます。
 繭、ボールを押しすぎてしまうのか、リングの外へ追い出してしまいます。締め切りFはアームでたくみにボールを押していきますが、しかし勢いあまって転倒してしまう展開が続きます。繭はボールを押しすぎて、反対側へボールがリングアウト。コース復帰後、繭が攻撃モーションでボールを制動しつつ、折り返しの体制に入ります。繭の赤玉はしばしばリングアウトしそうになり、子供達が押し戻す展開がしばしば。
 さて、折り返したところで、白玉と赤玉がひしめきあってしまいます。あと少しでゴールの繭ですが押し切れず… 最後は体ごと押し込んで勝利。締め切りFは、同じようなえリアにいるという事は…… 折り返しから押し込みきれず。ターンを廻りきれずの終了となりました。

「まさに締め切り間に合わず、というところですね」
「なかなか言いますね」

 アニメイダーさん、先川原さん風のコメントです。

5.○か~る vs ×バケーション

 か~るに対するは、膝にある出淵風の穴が気になる陸戦型ガンダム型ロボ・バケーション。歩きの安定性ではか~るに利がありますが、どうでしょう。回転キックでボールを押すか~る、バケーションは両腕パンチでボールを順調に進めていきます。
 両者着実な前進…… いや、か~るの調子はちょっとよくありません。2,3歩歩いて転倒する、そんな展開が続いてしまいます。前転を繰り返して起き上がるか~る、なかなか上手く動けません。両者、操縦者がどんどん移動していくのが印象的です。
 両方から押した二つの大玉が中央でぼいんとぶつかったりした後。折り返したバケーション、ボールをリング脇ギリギリに押し出しての勝利となりました。
 か~る、なかなか押し切れないうちにボールの前方に機体が出てしまい、残念ながら時間切れ。バケーションの勝利となりました。

6.×バケーション+ vs ○スーパーディガー

 バケーション+再び登場。お兄さんがサポートにつきます。スーパーディガーはロボットとボールが密着した姿勢からのスタート。
 スーパーディガー、初撃でボールを勢い良く飛ばし、小刻みな動きでボールを押します。さらにはバケーション+の白玉を反射壁に利用し、素早い折り返し。最後はボールを勢い良く押し出すと云う、運も味方しての壮絶なスピードゴール。すり足と飛ばしを活用しての、目が覚めるような勝利です。
 バケーション+、着実なボールさばきで折り返し。ちょっと操縦方法のレクチャを受けながらのようなので、少々おぼつかない動きの感じではあります。
 横歩きで姿勢を取りながら、バケーション+、ボールを押す位置へ。後ろ向きにボールを押していく体制でしょうか、回転と云うか、しりもちをつくような姿勢でボールを押しますが、しかしダウンしたところでちょっと操縦者が移動。ゆっくりしているけれど、丁寧な動きのモーションですね。
 またボールに密着し、後方打撃を放ちますが、ボールは届かず。ここでタイムアップとなりました。

7.×ブラックタイガー vs ○クロムキッド

 わりとプレーンな構成のブラックタイガーに対し、クロムキッドはまるでカマキリの鎌のような、戦闘用の大型アームが特徴のロボットです。
 腕でボールを押す技術も重要なこの競技、クロムキッドの動き目が気になります。両者スタート位置を慎重に調整した後、競技開始!
 ブラックタイガー、猛烈なスピードでボールを押していきます。しかしちょっと蛇行して折り返しが出来ないところまで進んでしまったところで、クロムキッドも折り返しを越えたところまで進行。両者旋回に苦労していましたが、クロムキッドがナイスキック。一気にブラックタイガーの位置までボールを薦めます。
 今度は綺麗に歩いてボールを押し出したクロムキッド、一気に本体もボールもろともゴールを割っての勝利となりました。一方、折り返しに苦労しているブラックタイガー、しかしうまくボールを操作しきることが出来ず。折り返す事ができないままに無念のタイムアウトとなりました。

8.○automo vs ×ファイティングγ

 さてこれも面白い対決。手元にデータの少ないロボット同志の対決です。両拳で一気にボールを押し出したautomo、しかしファイティングγは確実にロボットと玉が離れない手裁きで競技を進行させていきます。
 ボールを押した後、起き上がりに苦労していたautomo、復帰の後は横歩きで一気突撃。しかしボールはリングアウト…… しません。してまいません、絶妙なところで止まります。回り込んだautomo、もう一撃を加えてボールをうまいこと飛ばし、ゴールを割ります。ファイティングγ、ボールを着実に押して、転倒しつつもゴール。完走を果たしました。

 ここで、ちょっと長めの球形。次は13時から、ロボット紅白玉入れ合戦となります。

|

« アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット徒競走】 | トップページ | アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット紅白玉入れ合戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/12540624

この記事へのトラックバック一覧です: アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット大玉ころがし】:

« アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット徒競走】 | トップページ | アキバ・ロボット運動会2006 ロボットアスリート大会観戦記【ロボット紅白玉入れ合戦】 »