« ROBO-ONE GP in 厚木【一回戦前半】 | トップページ | ROBO-ONE GP in 厚木【二回戦~準決勝】 »

2006.11.19

ROBO-ONE GP in 厚木【一回戦後半】

 振り返ると、会場はさきほどよりさらにさらに人が増えていますよ。子供が会場の前のほうでころころ遊びまわってますが、再開時刻が近くなって会場が暗くなってくると「いそげー!」と席に駆け戻って行きます。

 さて、休憩の後は、一回戦の残り三試合です。

○"赤き闘神"キングカイザー
 vs
×"青き稲妻"ダイナマイザー

 片や真紅、片や紺碧。旗色も目に鮮やかな実力者同士の対決です。
 まずはキングカイザーのデモから。パワー、スピード、操縦者のテクニック、全てが高いレベルで統合された闘うロボットです。歩行の安定性とスピード、とんでもないスピードの横歩きから、マスタースレーヴでの腕の動きを披露。先ほどの試合を髣髴とさせる高速の連続打撃、さらにマスタースレーヴに拠らない攻撃モーション、サイドブローからフック、抜きの動作まできちんと入った攻撃を披露。そつのないアピールです。

 一方のダイナマイザーは、久々のスギウラファミリーお父さんの操縦です。柔軟から腕立て、ころっと転がってからの腹筋、前方に一回転してからS字を画いてスピンをしながらの歩行。高速再度ステップからその場旋回など、歩きの軽快さをアピールしていきます。さらには飛行機からの復帰など、こちらも安定性をアピールしてのデモとなりました。

 機動性では元祖スピードスター、ダイナマイザーに一日の長がありますが、速度戦型のロボットは、操縦者に要求される技量が非常にシビアです。操縦するお父さんの錬度に不安があるのでは、と云う声が実況席から飛びます。一方のキングカイザーは、専門パイロットのお子さんの操縦。この勝負は、如何なものでしょう。

 開始直後、いきなり中央での交錯! ダイナマイザーは常の通り速攻で仕掛けます。ダイナマイザー、さらに回り込んで攻撃しますが、キングカイザーもその場旋回で対応。凄まじいスピード同士の対決、攻撃を放った時には相手がそこにいないと言う展開で、両者中距離の間合いを計りあいます。ダイナマイザーがリング脇にいると、攻撃の余波で自分もリングから落ちかねないため。キングカイザーも迂闊に攻め入れません。
 キングカイザー、1ダウンを奪った後、再び両者中距離から突撃攻撃の打ち合い。手が伸ばしても届ききらない、微妙な距離を保ちます。ダイナマイザーしかし、ちょっと操縦にミスが混じるのか、攻撃が時折意図せぬものになってしまっているようです。
 攻撃ポジションを素早く奪いにくキングカイザー、ダイナマイザーも仕掛けていきますが、瞬間的に姿勢を落とすキングカイザーを押し切れません。手数はダイナマイザーの方が多いのですが、なかなか有効打になっていきません。キングカイザーもあと一歩が詰め切れないまま、ここで時間切れ。
 1-0でキングカイザー、押し切っての勝利となりました。

×"孤高の戦士"メタリックファイター
 vs
○"爪を隠した歌舞伎者"トコトコ丸

 まずはメタリックファイターのデモ。リング中央から一礼。小刻みな歩行から高速回転、前方倒立からの浴びせ蹴り、と見せかけて一回転立ち上がり、さらに両腕を広げて地面をつかんでの、しっかりした逆立ち。ここからは綺麗に復帰します。足をちょろっと捻っての立ちポーズから、ガッツポーズで〆。

 さて引き続いて登場のトコトコ丸。くるくる廻って扇子を出して、ゆるゆると扇子を広げて舞い踊ります。踊りの振り付けは操縦者あみのさんの自作との由。安定した歩行から扇子でちょろっと横突きなどを披露して、短めのデモの終了となります。

 さて試合開始。攻め入ったメタリックファイターに対し回り込んだトコトコ丸、後ろからなぎ倒しに入ります。逆襲のメタリックファイター、浴びせ蹴りを放ちますが倒しきれず。逆にトコトコ丸の横突きを受けてバランスを崩し、1ダウンを失います。
 起き上がりぎわにちょっと髪の毛の乱れたトコトコ丸、対するメタリックファイターもちょっと起き上がりに苦労してしまいます。正面からの交錯は頭の大きいトコトコ丸に利があるか、押し戻すようにトコトコ丸、2ダウン目を確保。絡んだ展開からレフェリーが分けます。
 トコトコ丸しかし、扇子が敗れ頭が割れつつあるという厳しい戦い。がつーん、とひときわ痛そうな音とともに、メタリックファイターがリング脇へ。起き上がりぎわに転落してしまいますが、これはスリップダウンとなります。
 2-0のまま、試合は続行。最後はトコトコ丸の猛烈な突きがメタリックファイターにヒット、起き上がりざまにリングから勢い良く転落するほどの勢いで、トコトコ丸、バトルダメージを受けながらも、3-0で勝利を掴みます。

○"銀河の魔術師"アフロ
 vs
×"白刃の妖精"アリキオン

 アフロの二つ名、ちゃんと聞き取れていたかちょっと自信がありません。後半が「魔術師」なのは間違いないんですが……。ともあれ、やや漠戦風味入ってるアフロと、見るたびにスーパーゴージャスに強化されていくアリキオン、我が道を行く二体の勝負です。

 まずはアフロのデモからスタート。第十回予選でお目見えした、会場の手拍子に反応し、アフロが動き出して停止する、と云うデモがふたたび登場です。
 会場の手拍子一回で旋回、二回で前進し、拍手を打ちまくると頭突きをする、と云うデモ。ちょっと調子が悪かったのか何回か調整しつつ、しかし会場は手が痛くなるほどの大拍手。最後は泡まで吹き出しつつ、仮想標的キングカイザー(紙製)にヘッドバットを叩き込み、見事終了となりました。

 続いてはアリキオンのデモ。トランスミッタから声を飛ばして、声を出しながらの動作を披露します。一個一個の動作に声が入っており、攻撃モーションも自ら技名を叫びながら繰り出すと云うデモとなります。
 UFOからカーニバルに進歩した、おなじみダンスのモーションも、もちろんきっちり織り込んできています。

 さてアピールこそ本領と云う感じの両者ですが、もちろん試合もきちんとやります。
 開始直後、両者中央で交錯…… しますが、アリキオンいきなりダウンしてしまいます。アリキオン、特徴となる伸びる両腕を伸ばして攻撃しますが、アフロに対しては服がクッションになるのか、打撃が浅くなり倒せません。アフロの攻撃もやや遠い間合いか、放ってはいきますが、アリキオンを倒すに至りません。
 しかしアリキオンの攻撃の隙をついて肉薄し、ほぼゼロ距離からの頭突き。これで強引に1ダウンをもぎ取ります。ちょっとアリキオン不安定なんでしょうか、自分で倒れてしまう展開が続きます。アフロ、慎重に位置を読んで攻撃を睨む展開。リングの脇にアリキオンを追い込んでいくんでしょうか。頭を地についての浴びせ蹴りも疲労しますが、これはあさっての方向に。アリキオン積極的に攻めますが、なかなか打撃に結びつきません。一方のアフロも、いまひとつ攻め口が見つけられないのか、攻めにくそうな展開。あ、残り10秒でイエローカードが出たようです。
 時間切れ、1-0でアフロの勝利となりますが、なんか実況席から「えー」とか言う低い呻きが聞こえています。因みにイエローカードは捨て身攻撃の二回使用に対するもの、とのことでした。

 さて、これで次は二回戦。シードとなるプティとペントは直接決勝となりますが、残る四台で準々決勝が争われます。

|

« ROBO-ONE GP in 厚木【一回戦前半】 | トップページ | ROBO-ONE GP in 厚木【二回戦~準決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/12749485

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GP in 厚木【一回戦後半】:

« ROBO-ONE GP in 厚木【一回戦前半】 | トップページ | ROBO-ONE GP in 厚木【二回戦~準決勝】 »