« ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【一回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【三位決定戦~決勝】 »

2006.11.23

ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【二回戦~準決勝】

【二回戦】

○旋風丸 vs ×メタリックファイター

 厚木準優勝の旋風丸に対するは、連覇のペントを制したメタリックファイター。二回戦第一試合です。
 両者真正面から交錯、いきなりの一撃目で接近ざまに1ダウン! メタリックファイターも捨て身技を放ちますがタイミングが送れ、吹っ飛びながら捨て身技を繰り出してしまいます。
 リング脇の旋風丸、しかしメタリックファイターが近付くとするすると位置を変えていきます。メタリックファイター、真横に腕をまっすぐに、恐らく体重を乗せて突き出す豪快な突きで、旋風丸がリングから転げ落ちるほどの打撃。これで1ダウンを奪います。
 リングでの小競り合いのあと、メタリックファイターが再び先ほどの大技を繰り出します。勢いで再び、旋風丸がリングから転げ落ちるほどの凄まじい横突き! これで2ダウンとなります。

 ダッシュ攻撃を二回放ってしまいイエローを貰う旋風丸ですが、今度はお返しとばかりメタリックファイターをリングアウトさせる一撃。これで2-2。リング中央での競り合いのうちに時間切れ、これも延長戦となります。

 さて両者、調整時間に電池交換作業。両者パワーを充電して再開です。慎重に慎重に、旋風丸が先に接近。旋風丸の攻撃でメタリックファイター、その場でスピンしてしまいますが倒れません。最後はしかし、豪快な横突きを繰り出した瞬間に旋風丸が後方へと攻撃を放ち、メタリックファイターは構えの姿勢のままダウン! 旋風丸が次へと駒を進めます。

○キングカイザー vs ×アフロ

 さて次は、キングカイザーとアフロの対決となり…… あれ。アフロサイドに城間さん(アフロTシャツ装備)が。
 さて試合開始。アフロにキングカイザー、素早く接近して横から攻撃を仕掛けます。横パンチはアフロに凌がれますが、ダッシュアタックを放って1ダウン。しかしアフロもリング脇で連続頭突きを放ち、キングカイザーを押しのけて1ダウンを奪い返します。
 キングカイザー、強烈な攻撃を放ちますが、アフロなにもないところでふんにゃりと倒れてしまいます。キングカイザーの、すくう、と云うか地面に押し付けるような縦にフックするパンチがアフロを弾き倒しますが、ファイトの掛け声が入る前のため、これはダウンとして認定されません。

 動きがおかしいのは電池が足りないからなのか、積極的に仕掛けられないアフロに対し、キングカイザーもアフロを押し切ることが出来ません。パンチはヒットするのですが、アフロの防御力は格段に向上しています。なんていう安定がいい感じで。頭に打撃を貰っても、しゃがんでいると倒れていきません。なんでやねんパンチと称されたアフロの横パンチ、真横に入ったあと、少しすくい上げるように動くんですね。キングカイザーの下にフックす横攻撃とは逆を向いているんでしょうか。そうこうしているうちに、1-1で延長戦に突入となります。

 延長時間内に電池を交換し、両者戦闘準備よろし。延長戦に入ります。動きの非常によくなったアフロですが、ごろんと転がってしまいます。両者、接近して姿勢を落とします。打撃はお互いの体をかすりますが、倒すところまで辿り着きません。この姿勢を落としてのパンチの打ち合いは、過去の大会で時折見た覚えのある一寸懐かしい雰囲気。キングカイザー、立ち上がって接近し、ひたすらにパンチを連打。最後は右フックを引っ掛けるように当て、アフロがダウン。延長戦を制したのはキングカイザーでした。

【準決勝】

×アリキオン vs ○旋風丸

 シード選手のアリキオン、対するは旋風丸。多少タイプは違いますが、長得物を持ったロボット同士の勝負となります。
 積極的に攻める両者、ぴたりとしかし停止して、横に移動しての位置の読見合いとなります。お互いに横にスライドするように動きながら、攻撃正面を読み合います。真横から攻撃を放つ旋風丸、しかしアリキオンが後退してこれを凌ぎ、逆に両腕の剣で挟み込むようにして、旋風丸をほとんど巻き込むようにして倒します。アリキオン、まずは1ダウン先取。
 旋風丸の突きを下がって凌いでいたアリキオン、リング脇に追いつめられても脱出しますが、しかし旋風丸ここで1ダウンを奪回。お互いスピードはとても速く目まぐるしく、背中を向けたままリング中央を移動していたかと思うと、リング脇を弧を画いて移動していきます。

 旋風丸は位置の読み合いから、一気にリングアウトに追い込む戦術でしょうか。アリキオンは攻撃を受け止めてはいますが、そのたびに後方に大きく押されています。リング脇で受け続けると危険でしょう。旋風丸、アリキオンの足元めがけて一撃を放ち、2ダウン。最後は真後ろから背中めがけて一撃を放ち、アリキオンこれで3ダウン。3-1で旋風丸、勝利。前回に引き続き、決勝戦に駒を進めます。

×トコトコ丸 vs ○キングカイザー

 そろそろ扇子にもバトルダメージが目立ち始めたトコトコ丸、キングカイザーとの対決。まっしぐらに接近したキングカイザー、しかし位置を読むトコトコ丸に対し慎重姿勢にシフト。位置の読み合いから後ろを奪い、すかさず突撃。トコトコ丸を薙ぎ倒し、1ダウンを奪います。
 のしかかるように動くとかなりの迫力のあるトコトコ丸。軽快に駆け回るキングカイザーと、それを追うトコトコ丸と云う展開となります。トコトコ丸も攻撃を放ちますが、キングカイザーからスリップ以上の打撃をなかなか奪えません、頭でのしかかるように仕掛けますが、キングカイザーに押し戻されてしまいます。そのトコトコ丸が、接近しざまに生じた隙に、キングカイザーがカウンター。2ダウン目を奪います。トコトコ丸、扇子の攻撃を放ちますが、姿勢を落としたキングカイザーに防御されてしまい、なかなか攻め手を見つけることが出来ません。そうこうしているうちに残り30秒、トコトコ丸、追いつめてリングアウトを狙う作戦でしょうか。キングカイザー、トコトコ丸の後頭部を小突きますが、これは浅いと言う判断。キングカイザーも縦に一回転するほどの猛攻ですが、3ダウン目を奪う事が出来ず。2-0で、キングカイザーの勝利となります。

|

« ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【一回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【三位決定戦~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/12795712

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【二回戦~準決勝】:

« ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【一回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GP in 東京ドームシティ【三位決定戦~決勝】 »