« あるべきものがないところに、ないはずのものがある。(☆☆☆) | トップページ | 冬とカレーの日 »

2006.12.09

俺がこんなに強いのは:疾風怒濤キングカイザー

リンク: コラム:戦歴1年半で勝率9割「マルファミリー」の秘密を探る.

 キングカイザー。最初にその名前だけを聞いた時には、「何か判んないけどかなり凄そう!?」と、すっかり名前だけで飲まれたものです。
 キングカイザー。そう言う名前の凄いロボットがいる。別の関係の友人に話した時、彼はこういいました。「まずキングなのかカイザーなのかはっきりして頂きたいと」。僕も思った。最初思った。
 キングカイザー。疾風の如く現れ破竹の如く勝ち進む強豪ロボット。記事によれば、勝率、実に92.4%。「ROBO-ONEの赤いロボット」の代名詞の座をいまや手にした感があります。

 というわけで、ココログお休み中の7日に掲載された、キングカイザーの製作者マルファミリーさんへのインタビュー記事です。
 これはちょっと、ロボットに関係の無い人でも学ぶことの多いお話だと思います。そして思うわけです。なるほど、キングカイザー確かに強い、と。
 総合力が高い、で片付けてしまうには、隙や弱点の見当たらないロボットだと言う印象は持っていたんですが、背後にきちんとした考え方があるからなんだなあ、と深く納得した次第でした。

「自分がクライアントだから、このくらいでいいかと思ってオーケーを出してしまう。でもクライアントは子ども達だから、決してオーケーは出ないんです」
「優勝するなんて思ってません、ってみんな言うんですけど、バッテリを持ってないと、思う思わない以前に物理的にできないんですよ」

 色々、違う事にあてはめて、考える事が出来ることだと思います。

 突如として現れた巨星キングカイザー、しかしその登場は、ほんの少しだけ昔のことでしかありません。ホビーロボットの裾野が広がるという事は、いまだ目覚めていない眠れる巨人達を呼び起こすことへと繋がっているのでしょう。
 新しい方法論を背骨に込めた、何か新しいロボット。そんなまだ見ぬものすごいものが、予告もなしにいきなり現れるのかも知れません。
 うわあ、何かわくわくしてきましたよ。

 ……というわけで、一回でも。そう本当に一回だけでも生でロボットを見れば、皆さん意見が変わりますよ! と、ライブでの観戦をこれお勧めする次第。
 詳しいことはまた載せますが、来年しょっぱなの1月7日には、第二回「わんだほーろぼっとか~にばる」の挙行も決定しております。

 百聞は一見に如かず、一次情報こそ人間の拠り所。あるいはそう、その日に起きる何か。その瞬間の、目撃者になれるかも知れませんよ。

|

« あるべきものがないところに、ないはずのものがある。(☆☆☆) | トップページ | 冬とカレーの日 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/13006139

この記事へのトラックバック一覧です: 俺がこんなに強いのは:疾風怒濤キングカイザー:

« あるべきものがないところに、ないはずのものがある。(☆☆☆) | トップページ | 冬とカレーの日 »