« 第2回わんだほーろぼっとか~にばる インデックス | トップページ | 本は扉が取れるまで。(☆) »

2007.01.08

狂詩曲CD-R(★☆)

・わんだほーの打ち上げで終電で帰宅し、のろくさのろくさと起き出したのはしかし結構朝早く。
 何故かチョコレートと云う気分になって、何年かぶりに買った普通の普通の板チョコを齧りつつ、ココアを飲みつつ原稿書き。
・と云うか、原稿はほぼ仕上がっているので、誤字と云うか明らかにどう考えても間違っている部分やら、書きかけで途中で欠けている部分の補足やらを実行。普段は記憶だけが頼りで、ああでもないこうでもないと悩むところなんですが、今日は心強い情報ストックがあります。なぐさんと道楽、さんが撮影されていたわんだほーの全画像データが、なりゆきでX41Tにバックアップされていたんですねー。

・そんなわけで適宜、画像を再生して記憶を新たにしたり、見られなかったところを補ったりしながら原稿を修正。……自分が、こう、いかに。勢いで適当な事を書いているのか。それを目の当たりにする羽目になり、一寸失意してココアと友達に。へえー。ヴァンホーテンって云うのはオランダ人の名前なのかー。←逃避中

・自分を取り戻して原稿を書いているうちに連絡が入り、このデータをいしかわさんに受け渡すため、夕方から出かけることに。……はて、受け渡すのはいいけれど、媒体はどうしよう。家にあるメディアカードは、最大で1GB。画像データは約1.3GB。ここは現実的なのはCD-Rだなあ、と思い、家でCD-Rを探すと、なんとこれが無い。
・いや、正確にはあるんですけど、8インチのCD-Rで容量200MB。……なんでこんな半端なもの買うかなあ自分。それならDVDだ。うちのドライブはDVD書き込み可能! 探してみると、ディスクの買い置きが(正確にはあるんですが)ありません。
・しょうがないなあ、近場で買うか。と思って、出かけてみたら。コンビニで売ってるだろうくらいのつもりで気軽に出かけたら。自分の了見の甘さを思い知る羽目になりました。無い、無い、何処にも無い。DVD-Rはあるけど、CD-Rが無い。……何故? DVD-Rが売ってるのは判る。デジタルレコーダで使うから。でも、もう少しくらいCD-Rが。一枚くらいはあっても。コンビニにも無く、西友にも売っていません。一枚たりともありゃしないとはこのことです。ならDVD-Rを買えばいいじゃない、と思った貴方は鋭いです。パンが無ければケーキを食べればいいのです。ああしかし、なんということでしょう。家にあるのはですね。あのですね。

 DVD+Rドライブなんです。

・正確にはDVD+RWドライブ。もちろんDVD-Rメディアを使う事は出来ず、DVD+Rなど、CD-Rも無いのに売っているはずもありません。「昔、DVDには+Rと-Rの二種類があってのう」「またじっちゃのホラがはじまっただ、DVD-Rが二種類もあるわけねえだ」等と、日本ガジェットむかしばなしが脳内で絶賛展開しはじめる中。諦めて家に帰り、善後策を練っていたら、「あるよ」と母がCD-Rを。……なんでお袋CD-Rを持ってるの。
・経緯はともかく、CD-Rが無事に手に入り、さあデータのバックアップだ。とコピーしたものの、なんか変です。振る舞いが変。書き込んだドライブだと普通に読めるんですが、試しにとX41TにCDドライブをつないで読んでみたら、一枚は読むんですが、一枚は読み込みません。……何故。お袋の手元にあったブランクディスクは丁度で、余りはありません。余分は手に入らないのです。いや正確には手に入ったのです。諦めて帰った時点で、寄ってないコンビニがあと一軒だけあったんですが。そこにはCD-Rが売ってたんですね。いつも帰宅に寄るコンビニだったので、「CD-Rくらい売ってるか」と云う刷り込みはそこで為されていたと云うのに。云うのに。ああ。

・ともかく、持って行きました読めませんでした、では話になりません。まだ手元に何かないでしょうか、きっと何かがあるはずです。あったあった、ありました。DVD+RWが。なんていうかもう、互換性がどうこうと云うのを考えるだに不安になる代物ですが、まあ、……これの出番が無いことを祈りましょう。と云うか、CD-Rを新調するなり、書き込みソフトだけでも新しくするなり、大規模データのやりとりに備えるべきだ自分。

・などと云うはっちゃけた争いを自宅で一人で繰り広げたあと、なんとかレポートをアップロード。待ち合わせの時間と場所を指定してもらい、秋葉原へ移動し、ロボット王国へデータを配達。あれ? 九十九の一階、店頭でマノイがデモしてる! と思っていたら。わんだほー疲れでぐったりしているいしかわさんの横で、城間さんが勤務中でした。お仕事、お疲れ様です。
・いろいろ改善点について、いしかわさんとお話し、手持ちのガジェットがどうやら役立つかも、と云う結論が出たところで、辞して帰宅。途中ちょろっとだけ寄り道してデジカメを物色したり、メディアのお値段をチェックしたりした後、有楽町に寄るか寄らないか迷ったあとで帰宅した次第でした。

・いやー、経緯はともかく、CD-R一枚といえども侮るなかれ、と云うお話ですね。
・というか、マシントラブルで嵌ると、たいていひとりでこんな風にわたわたしている次第です。

|

« 第2回わんだほーろぼっとか~にばる インデックス | トップページ | 本は扉が取れるまで。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

他力に本願されたTOBBYです。
わんだほー結果ページの叩き込みと確認が終わってアンテナ確認して
このエントリに辿り着いてこんな時間に声出して笑わせてもらいました。
もうなんかね。ありえないっすよ。いろいろと。みんな吉日魔空間。

投稿: TOBBY | 2007.01.10 04:33

 コメントありがとうございますー&お仕事お疲れ様です。

 ええもうなんか、偶然で片付けるにはあまりにもアレな事態が色々起きていたんです……(笑)。

 それはそれとして、大規模データの受け渡しが簡単に出来る、USBメモリみたいなデバイスの有り難味を、いまさらに感じた出来事でした。あれが普及してがために、CD-Rってあんまり売らなくなったんでしょうね。きっと。

投稿: sn | 2007.01.10 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/13410768

この記事へのトラックバック一覧です: 狂詩曲CD-R(★☆):

« 第2回わんだほーろぼっとか~にばる インデックス | トップページ | 本は扉が取れるまで。(☆) »