« 第3回KONDO CUP観戦記【概略】 | トップページ | 第3回KONDO CUP観戦記【第5~第8試合】 »

2007.02.12

第3回KONDO CUP観戦記【第1~第4試合】

A-1 第一試合

ロボスクエアーズ vs 大沼城

 まず一番手に登場したのは、博多からやってきた九州部隊ロボスクエアーズ! 対するは、色違いの三色マノイからなるチーム大沼城といった組み合わせ。因みにオープンクラスの試合は六分通しての試合となります。
 さて緒戦、試合開始。
 最初は大沼城が攻める展開、しかしいきなり赤マノイにトラブル。青マノイも転んだまま動いている状態で、ロボスクエアーズが攻めに転じます。automo、キーパーと一対一になったところで、ロボスクエアーズ先制します。

 試合再開後、今度はロボスクエアーズの防御を抜いて、赤マノイが攻めてゆきます。しかしロボスクエアーズがブロックにまわる。大回りした赤マノイの前に、キーパーのワイルダー01が立ちふさがります。
 ロボスクエアコースで試合は続行、ロボットが五体ひしめきあう展開となります。コーナーでボールが出て、大沼城の押していく展開。抜けたボールがキーパーの前に出て、ちょっと押し戻していきます。ロボスクエアーズもボールをキープしますが又も揉みあい。しかしバックキックで押し戻し、ボールはセンターに。再び青マノイ、押していきます。
 サイドに逃げたロボスクエアーズ、小競り合いも少しずつ押し戻しセンターへ。隙をついてロボスクエアーズが進出、キーパーと2vs1になります。このチャンスにキーパー転倒、一度審判の手で待てが入り、キーパーのマノイが転んだ状態からの再開。このピンチに、瞬間的に開脚姿勢を取ったキーパーマノイ、ボールを弾いてしのぎます。
 勝負はコーナーキックから、大沼城側での押し合いへし合いに。あ、やべ、と言う声が飛ぶ中、大沼城のマノイがごんごん転んでしまいます。大丈夫なんでしょうか、つぎつぎ転ぶのに巻き込まれ、ロボスクエアーズも攻め切れません。
 残り1分で試合再開。しかし大沼城、動ききれません。がらあきのゴールの前にボールが転がり、ロボスクエアーズ、チャンス。キーパーも調子が悪くなってダウン。いつのまにか青マノイが退場しています。ひとり足りない大沼城、追い込まれてしまっています。
 ロボスクエアのコーナーキック、これが最後の見せ場になるでしょうか。しかしキックを大きく開脚してしのぐキーパー。それはいいんですが、開脚したまま立ち上がれません。
 再びもみあいとなる中、試合終了。1-0でロボスクエアーズ、緒戦を制します。

B-1 第二試合

四川会 vs 謎のチーム

 さてこの両チームの対決ですが。四川会はトコトコ丸、アフロ、メタリックファイター、そしてリザーバーにR-ブルー。うーわあー、上に超がつくほどのオールスター布陣。いいんでしょうか、途方もない豪華さ加減です。対するは高橋敏也さんと谷中六丁目兄妹からなる「謎のチーム」です。
 四川会、押し気味で試合開始。アフロとトコトコ丸のダブルアタッカー、キーパーはメタリックファイターです。日本代表仕様のトコトコ丸は、かつてないほど涼やかなデザイン。……と思っていたんですが、あとで聞いたらチョコチョコ丸と云う別のロボットだったそうです。これはしたり。
 試合はメタリックファイターとアフロが次々と転倒し、ゴール前ががら空きになるピンチ。しかしメタリックファイター、一瞬で開脚着地してボールをはじきます。とはいえ謎のチーム、押し気味の展開。〆切F改とグリーンビリジアン、バケーションの三体からなる謎のチームが攻めてゆきます。
 メタリックファイターはそして、なにやら開脚したまま横移動していきます。一瞬の隙をつくシュートをしかし、メタリックファイターが開脚したままボールを挟んでキープ。足でボールをつかんだ格好で、ボールをキャッチします。
 そしてキーパーのメタリックファイター、ゴールキック…… のびる…… のびます…… ゴールキックがそのまま相手ゴールに! なんとこれが先取点となります。

 このあいだ、アフロに変わってリトルブルーが登場。しかしちょっと不調が続く四川会、今度はチョコチョコ丸もちょっと不調なのか退場、アフロが再び登場します。
 残り4分30秒、謎のチーム、一点先取はされていますがなかなか互角の勝負になってきています。ロボットが一直線に並んでしまう状態から…… リトルブルー、ボールを弾いた先には誰もおらず。ボールはするするとゴールへ。二点目が入ります。
 ちょっとアフロの動きが思わしく有りません、リトルブルー、単身でゴールを割っていきます。
 センターまで戻ったボールを、アフロのしかかるようにキープ。センターあたりで睨み合いの展開、四川会着実にボールをキープします。

 リトルブルー、強引にボールを押していきます。謎のチーム、キーパーが前に出ますがボールが抜ける。しかしのしかかってボールを守る謎のチーム、のそりと接近するアフロがボールを押しに行きます。
 ゴール前にロボットがひしめきあう状態から再開! アフロのキックは寸前で止まってしまいますが、戻ってきたキーパーがなんとオウンゴール。三点差となります。
 残り20秒で再開、キックをアフロがはじいているうちに試合終了。3-0で四川会、勝利となります。

A-2 第三試合

エスプレッソスギウラ vs オープン個人参加

 ダイナマイザーHV! ダイナマイザー2! そしてレトロ! スギウラファミリーの青い機動部隊・エスプレッソスギウラ、対するはオープン個人参加チーム、アームの付属物も短く換装されたクロムキッドをフォワードに、素体kunとキャバリエから成る混成部隊の三体です。
 スギウラチームはレトロをキーパーに、新旧ダイナマイザーがフォワード。あれ。試合開始直後、しかしダイナマイザーHVが動かなくなってしまいます。ああ、すぐに復帰してますね。ダイナマイザー2体をかいくぐったクロムキッドのキックを、しかし正面から受け止めるレトロ。動きのいいロボット同士の目まぐるしい展開です。ダイナマイザーチーム押し切れないのか、なぜか守りの展開。勢いのいいキックで一気に向こうコートで押し返します。
 あがれあがれ、とスギウラチームの号令の中、ゴール寸前で停滞したボールを、クロムキッドしのぎます。ゴール寸前、コーナーエリアでの押し合いへし合い、しかしクロムキッドも大キックでセンターまで押し戻します。
 キャバリアはじっとゴール前で守ります。二体でゴール前で粘り、クロムキッドが駆け回ってかく乱する展開。ダイナマイザー二体が引っかかって転んでしまいます。抜けたボールをしかし、レトロが慎重にキープ。レトロが転倒しますが、ダイナマイザー、ボールを押し戻します。がらあきになったゴールをクロムキッドが狙いますが、しかしとっさにゴールに戻ったダイナマイザー、これを弾きます。
 クロムキッド、コーナーキックでいいキックを出しますが、しかし弾かれてしまいます。これはフォローがほしいところでしたが、ちょっと苦しいクロムキッド。遊んだボールを一気に押し戻すエスプレッソスギウラ。残り1分、押し込み気味のスギウラチームですが、なかなか割っていけません。
 スギウラチーム、サイドからのキックはするするとゴールへ! ゴールぎりぎりに滑り込み、この時間帯に一点を奪取します。
 再開した時点で残り50秒。一気にけり戻しますが、これはスギウラチームのゴールのわずか脇へ。奇襲から一転、クロムキッド突撃してキーパーと一対一に持ち込みます。ゴール前で遊んだゴールを、なんとクロムキッド、キーパーのレトロごと強引に押し込んでポイント! 1-1となった段階で残り20秒。
 奇襲のキックから押していくスギウラチーム、しかし転倒したロボットが障害となり押し切れません。ここで時間切れ、1-1の引き分けとなります。

B-2 第四試合

カイザーオールスターズ vs ロボット野郎Aチーム

 なんとキングカイザーファミリー三体から構成される、赤い衝撃カイザーオールスターズ、対するは旋風丸・Tストーム、そしてファイマン。前回優勝のこの三体こそは、ロボット野郎Aチームです。
 ファイマンとキングカイザーがキーパー、カイザーオールスターズはキングカイザーとキングカイザーがフォワードです。これはいけません、みんなキングカイザーです。どう書けばいいんでしょう。
 旋風丸とTストームが攻めていくAチーム、キングカイザーのキックはAチームがブロック。カイザーチーム、ゴールキックを続けますが、旋風丸が弾いていきます。今度は抜けた、一気にボールはAチームコートへ。
 素早い横歩きでゴールを固めるのはファイマン。かたかたと軽快な横歩きと大きな腕で守りを固めますが、離れた隙にキングカイザーのキック! 隙間を抜いてカイザーオールスターズ、1点を先制します!
 しかしピンチのあとにはチャンス、Aチームゴール前までボールを追い込みます! カイザー三体が戻ってのもみ合いの中、旋風丸が蹴りこんで1点を奪い返します。
 残り4分20秒で1-1。カイザー、押していきます。旋風丸の蹴りはサイドからサイドへ。しかしキングカイザーの蹴りをカイザーはじいていきます。凌ぐキングカイザー、旋風丸にぶつけてコートアウトさせボールをキープ。
 しかしキングカイザー、ここでバッテリ切れ。2vs3の勝負となってしまいます。トラブルはしかしバッテリではない様子。あっと云う間に復活し、戦線に復帰します。旋風丸とカイザーが交錯して倒れる中。サイドからのキックを壁を作って防ぐAチーム、再度、カイザーの蹴りが抜けていきます。五体が絡み合う展開、ファイマンも攻めてゆきます。ここでゴール前が開いている、しかしAチーム、しのいでいきます。
 転倒の隙に旋風丸、ボールをキープ。ハーフからロボット野郎Aチーム、逆サイドの旋風丸を目指します…… が、蹴りが入っていきません。
 旋風丸、サイドから慎重にキック。キングカイザー二体を抜いてゴール前に辿り着きますが、Tストームゴール前からシュート! しかしゴール前から奪い返し、一気にセンターまでも押し返します。
 ここで残り1分20秒、逆サイドでボールを待つキングカイザーを強引に押しのけ、旋風丸がボールをキープ。激しいぶつかりあいが続きます、叩きあいと云うべき展開、ファイマンがなにやら蹴り合いに巻き込まれています。
 ゴール前での再開から。ロボットが狭い空間に五体もからむ展開から、一瞬隙間を着くようにAチーム突撃! 1点を強引に奪い取ります!

 再開後、全員攻勢に出るカイザーオールスターズ、しかしAチーム粘ります。旋風丸が横突きなんかを繰り出す中、1-0でAチーム、ぎりぎりの一点を守っての勝利となりました。

|

« 第3回KONDO CUP観戦記【概略】 | トップページ | 第3回KONDO CUP観戦記【第5~第8試合】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/13885982

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回KONDO CUP観戦記【第1~第4試合】:

« 第3回KONDO CUP観戦記【概略】 | トップページ | 第3回KONDO CUP観戦記【第5~第8試合】 »