« レイトン教授はエウレカとか叫んだりはしないわけですが。(☆☆☆) | トップページ | 第16回関東組ロボット練習会 in 法政大学小金井キャンパス »

2007.02.16

「きっとあの梅酒はすっぱいに違いない」オオカミはそう思いました。(☆☆)

 主に北九州空域で目撃されている風波さんから、いきなり「飲みに往きませんかー」と云うお誘いメッセージが入ったのは今朝方の事でありました。新宿で合流し移動したのは、かなり前々から気になっていたあのお店。前はよく通るけど中に入った事は一度も無い、紀伊国屋直下の珈穂音 でありました。
 入るなりメニューに梅酒すっぱいって云うのを発見して噴出し、枝豆を注文しようと思ったら「枝豆はないけどソラマメならあるよ」と云われて迷わずソラマメを頼んだり、出てきたソラマメはえらくでっかいサヤが添えてあったり。真面目な話をしている最中、いきなり風波さんの背後の壁が空いて人が出入りしたりして、なんていうか短い時間に、ずいぶんネタを回収してしまった一日でした。話す事にばかり中心になって、あんまり飲み食いは実はしなかったものの(「砌を継ぐとマイルがたまります」があんなに受けるとは思わなかった)、最後はくだんのすっぱいで〆。
 「そんなすっぱくないですね」「そうですねー」…… 不満か。そんなに不満なのか我々。だからネタ体質とか云われちゃうんだまったくもう。
 出た頃には、紀伊国屋ビルが既に閉館済みで、シャッターが閉まっているという時間帯。ほかのお客さんともども、店員さんに案内されて複雑な経路を辿り、最後は物品搬入口から出てきました。なんだかちょっと楽しかったメタルギア風遠回りを経て、散会となったそんな金曜日でありました。

 仕事帰りに飲みに行くなんて、自分にしては珍しいなあと思いつつ。風波氏の任地の博多での飲みの話など漏れ聞いて。今年中には一回くらいは、北九州まで足を伸ばしてみたいなあ、とそんな風に思った昨今でした。ロボスクエアのイベントと、九州プライベが相前後してる、そんな日程があるといいなあ、と思いつつ。

|

« レイトン教授はエウレカとか叫んだりはしないわけですが。(☆☆☆) | トップページ | 第16回関東組ロボット練習会 in 法政大学小金井キャンパス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/13936110

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっとあの梅酒はすっぱいに違いない」オオカミはそう思いました。(☆☆):

« レイトン教授はエウレカとか叫んだりはしないわけですが。(☆☆☆) | トップページ | 第16回関東組ロボット練習会 in 法政大学小金井キャンパス »