« 今年から、バトル系の大会は基本的に | トップページ | 散財一家のデジカメ事情(☆) »

2007.03.08

ヒューマノイドカップの記事 : 後楽園の五機

リンク: 第18回ヒューマノイドカップ・ロボットバトル大会レポート.

 先週日曜日、九州ロボスクエアで行われたロボットイベント・ヒューマノイドカップ。その様子がRobot Watchさんの記事に掲載されていましたよ。
 九州三銃士や九共大チームはじめ、地元九州勢の皆さんは勿論のこと。GP組のアリウス&アリキオン、メタリックファイターにクロムキッド、そして勿論道楽、さんのか~るも参戦されていた由。今度行われる時は見に行きたいものです。
 ……早めに予定をチェックする癖を身につけないとなあ。一ヶ月以上先の事を考えるのが苦手な自分です。

 さてそれはともかく。ヒューマノイドカップのロボットバトルで優勝したのは、きゃのんさんの成龍。優勝者のあかし、認定証は九州から出さない、誓いを実現させた勝利です。すごかったとか! 最後は電池の続く限り斗うサドンデスだったとか! おめでとうございますー。

 さてこれにて、本大会に残すところ三週間、認定大会から決勝に進む招待選手・五大ロボット、その全容が決まった事になります。

 まず一番手、アキバロボット運動会を制したのは遊さんのivre。前々回三位・前回二位の強豪は、一切の無駄を削ぎ落としたソリッドな戦闘機械。唸る豪腕は、再びキングカイザーとあい見えるのでしょうか。

 続くは二番手、大阪ロボファイト4を制した、だうとさんのヨゴローザ。何でも掴み投げ飛ばす、巨大な爪と強靭な腕。そしてそれを自在に操る、だうとさんの腕の冴えに期待です。それにしてもザクレロヘッドはお目見えするんでしょうか。

 四国・姫路のロボ・チャレンジを制したのは、KAZZさんのKZR-4。捻る足裏、腕に角材のハードパンチャー。第九回決勝トーナメントに引き続いての登場です。

 年も改まり、わんだほーろぼっとか~にばるからは四番手。緑の新星・クロムキッド。サッカーコートを駆け回る軽快な運動性、訓練と実戦を重ねた、操縦者くぱぱさんとの同調率も高レベル。飛躍に期待がかかります。

 そして最後に、九州大会をみごと制して、後楽園にいざ乗り込むのが、力尽きるまでの死闘を制し、九州代表として名乗りを上げた成龍です。

 以上シードの五大ロボット、そして予選を勝ち抜く27体。
 指折り数えれば、駒を進めるロボットの五体十体はゆうに上がります。しかしその日にならなければ判らないのが勝負事。

 16日後の午後7時半、勝鬨を上げるのはどの機体なのか。
 勝負はまだ、始まっていません。

|

« 今年から、バトル系の大会は基本的に | トップページ | 散財一家のデジカメ事情(☆) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14194504

この記事へのトラックバック一覧です: ヒューマノイドカップの記事 : 後楽園の五機:

« 今年から、バトル系の大会は基本的に | トップページ | 散財一家のデジカメ事情(☆) »