« Robot Watch : 第11回ROBO-ONEレポート | トップページ | トランスフォームドロゴ(☆☆☆) »

2007.03.30

見上げる闇に月桜(★★☆)

 まあこの季節は人並みにいろいろあるので、桜をたしなんだとか花見をしたとか云う想い出はあんまりありません。
 仕事帰りに駅から降りて、ふうっと少し見上げれば。そこにほの白く桜が咲いているはずのに。俯いて歩く足の先に散った桜の花を見て。初めて桜が咲いて散った事に思い至る。そんな感じで毎年三月は、なんだか死に物狂いに目の前にのことに取り組んでいるうちに過ぎていく。そんな、あんまりいい思い出のない月(除くROBO-ONE)だったりします。大体において。

 しかしそういえば、たまたまいつもより遅く墓参りに行った年。青山墓地は桜が真っ盛りで、こんなにも桜が咲くものか。根元に(以下十数字抹消)事欠かないしなあ、と感心したものです。
 ここ数年は、仲間内となんとなく散歩に行く事もあり。千鳥が淵から九段下界隈、あるいは靖国神社と、十重も二十重の桜道。屋台の兄さんがお釣りが百万円とか言い出す、そんな風情も楽しげな風景でした。人また人は、もうしょうがない。これも風情とポジティブに。

 そんなことを思う、仕事帰りの日でした。
 家族一同は花見に出かけてお留守です。ギチチチ。

|

« Robot Watch : 第11回ROBO-ONEレポート | トップページ | トランスフォームドロゴ(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14461616

この記事へのトラックバック一覧です: 見上げる闇に月桜(★★☆):

« Robot Watch : 第11回ROBO-ONEレポート | トップページ | トランスフォームドロゴ(☆☆☆) »