« 第十一回ROBO-ONE観戦記【予選編(3)】 | トップページ | 第十一回ROBO-ONE観戦記【結果発表】 »

2007.03.24

第十一回ROBO-ONE観戦記【予選編(4)】

【午後の部・3】

 いよいよ予選も最終フェーズ。ここからはROBO-ONEのトップファイター十数機、ROBO-ONE GP組によるデモが行われます!

 まずは前回覇者・キングカイザーを擁するマルファミリーの皆さんから、チャンピオンベルトの返還が行われます。BGMはもちろんキングカイザーのテーマ。うわああああ。やるなあ。
 マルファミリーの皆さんは大会の意気込みを尋ねられ、「二連覇をしてみんなに自慢したいです!」と力強い言葉が。
 王は勝ってこそ王。皇帝とは王を統べる王。キングカイザーの大活躍に期待がかかります。

No.14 キングカイザー(マルファミリー)

 BGMがなぜ落ちたのか。キングカイザーの縄飛びは、なんと二重飛び。「二重飛びは見てはだめです。耳で聞くんです」。一回目のBGM演奏ありでのジャンプですが、二回目のジャンプは、BGMを落としての二重飛び。風が唸りました。
 「引っかかったのは三回目のジャンプです。上手く行けば三重飛びもいけます」とのこと。
 人の役に立つ、は地雷除去。地面にある地雷形オブジェの場所を感知し、掴んだところでぴたりタイムアップ。ぎりぎりながらも見事なデモで

No.5 マジンガア(光子力研九所)

 今回はマジンガアで登場。まずは一回、普通に飛んだ後、断続的に五連続ジャンプ。さらには二回連続でひゅんひゅんと飛行。
 のっしのっしと腕を振っての力強い歩きから、今度は観客に協力してもらい「人の役に立つ」デモ。空き缶を選んでマジンガアのお盆の上に載せると、カンの材質を自動的に判別して、アルミとスチールを別々に捨てると言う技を披露。
 キングカイザー、マジンガアと続き、完成度の高いデモが続きます。

No.1 ヨコヅナグレート不知火二代目(Dr.GIY)

 不知火が蘇った! 不知火が帰ってきた! 元々マッシヴでフィジカルの強い不知火、縄跳びの技にも期待がかかります。不知火唐竹割りまで繰り出す空手の型から、ゴミを掴んで足を高く上げて歩行。最後に足で蹴り出したのはどうかと思いますが。
 GIYさんのボルテージの上がったカウントダウン(正確にはカウントアップ)叫びとともに、不知火が繰り出す縄跳びは、これまでとはアプローチの違うもの。片足でジャンプして、前後前後と縄を飛び越えます。余った時間に再度ジャンプを疲労し、ヴォルテージの上がったまま終了となりました。

No.11 プティ(Toin Phoenix)

 しばらく見ないうちに、胸にPマークをつけてキュートになってきたプティ。縄跳びにチャレンジしますが、二回続けて失敗。三回目もなんとも上手く行きません。屈伸から逆関節屈伸、手首足首といったユニークな動きから、今度は料理。なんとナイフを持ったプティ、きちんとバナナを切っていきます。
 さて、今度はなとお茶をたてるプティ。お湯に抹茶に茶せんを持って、きちんとお茶を立ててきます。どうして思いついたのか非常に気になるところですが、なにかいかにもな感じのデモでした。

No.8 ARIUS(スミイファミリー)

 外見はソリッドになりましたが、頭の突起物は変わらず。新型アリウスは相変わらず軽快な動き、胴体を横に向けて、少しタイミングをずらして片足ずつ跳躍するスタイルで、縄跳びは難なくクリア。
 箒と塵取りでの掃除から、アリウスはお家芸の雑巾掛け。さらに泥棒(配役:ROBO-NOVA)を超音波センサで探知、ドリルアタックを仕掛けてなぎ倒します。

No.78 AerobattlerPENTO(なぐ)

 「原点復帰完了!」が途中でキャンセルされましたが、ペントがここで登場。七節棍みたいな縄を飛び越えた後、右左右左みぎひだみぎひだ、と言う感じで高速移動。さらには去年にGPを荒らしまわった、センサによる自動攻撃がいま再来。「いまだー!」と言う絶叫と共に、2lのペットボトルを薙ぎ倒します。さらにはある程度敵を追尾します。
 人の役に立つ事は、足裏にモップをつけての雑巾掛け、しかし対物センサで壁を検地し、方向を変えるテクニックを組み込んできました。

No.15 キングカイザー・Jr(マルファミリー)

 キングカイザーの小型版、キングカイザーJrもここで登場。さすがにキングカイザーほどの切れ味はありませんが、縄跳びも難なく披露。ボールをける動作を披露し、さらに「サッカーの相手をする」と言う事で、センサーでボールを感知し、飛んできたボールをトラップしてけり返します。
「会場にいるお子さんに聞いてみたいと思います。役に立つと思いますか」「思います」 自分自身のお子さんに聞くという堂々たる反則で〆となりました。

No.92 レトロ(スギウラブラザーズ)

 悟りスマイルも素敵なレトロ。人の役に立つということにかけては、一日も二日も長があるのがこのレトロです。まずは縄跳びを難なくこなし、人の役に立つ事に関しては、素敵な音声合成で自己紹介。
 手品を連続披露。小さなマジックグッズをレトロが自分で掴み、花を咲かせたりハンカチの色を変えたり、次々大技を披露。「ロボットだからからくりいっぱい仕込めますよね。もっとロボットにしかできない手品があるといいですね」とのコメントでした。

No.6 OmniZero.4(前田武志)

 超巨大な爪を搭載した真っ赤な機械・オムニゼロ。キチンキチンと言う金属の音も響く中、リング下から自分ではしごを上り、前転してリング内へと自らリングイン。
 縄跳びを難なく披露した後、今度はなんと「卵割り」を披露! 卵をまるごと掴める巨大な腕は力制御で、卵を割らずに掴むこともできます。これを膝に叩きつけて割り、鍋の中へ。
 ちなみに卵はゆで卵だったそうでした。

No.3 AFURO(A-Do Type10)(すがわらゆうすけ&影)

 今回のアフロはなぜか宇宙服バージョン。テーマは宇宙とのこと。先にRブルーのついた縄飛び機械を飛び…… いやちょっと踏んじゃいましたが。
 さて、ここでなぜかあのメタボリックファイターが再登場。「宇宙大会でまけちゃって宇宙のゴミになっちゃったんですねー」とのこと。これを宇宙ゴミ箱に捨てる、というデモになります。丸まった紙を掴みます。いやなんか縄跳びマシンの裏に、宇宙大会へのカウントダウンが書いてあるんですが、細かいです。
 アフロは時間ぎりぎりになんとかゴミを掴みますが、ここでタイムアウト。ゴミを放り込むところまで行きます、さらには、拍手の音を探知してロケットを飛ばす、と言うデモにかかります。アフロが拍手の大きさを感知して、大きい方にロケットを飛ばす、と言うデモなのですが、完全に時間切れで「あと1分」と言う声が。ちょっと上手く行かなかったのか、「あ」ってすがわらさんが。
 ……もう一回だけという許可が出て、アフロ最後のトライ。やっとこさロケットの発射は成功、これにてデモは終了となります。

No.2 ダイナマイザー(スギウラファミリー)

 完全新作、今度のダイナマイザーは…… なにやら肩や頭の突起物が減った、マイルドなデザインになっています。腕に増えた自由度度を使って、縄を体の周りを回して飛んでみせます。
 さてこのダイナマイザー、スギウラ父さんの体重などのデータを打ち込んでいて、ロボットと同じアクションをとると、どれだけのカロリー消費があったか図れるようになっているとのこと。最後に2分間での消費カロリー量を読み上げ、終了となりました。

No.10 Metallic Fighter(森永 英一郎)

 古強者、メタリックファイターここで推参。調子のいい時も悪いときもある、とのコメントの中、縄跳びにチャレンジしますが、縄かわりの鎖がひっかかってしまい、なかなか上手く行きません。なにやら背中のあたりに外れたコネクタが見えますが、大丈夫なんでしょうか。
 カウントダウンが着々と進む中、メンテナンスに。しかし肩のサーボが壊れてしまい入らないと言う事で、残念ながら棄権。ここで終了となってしまいました。

No.9 アリキオン(スミイファミリー)

 今日はまたなんていうか、全身電飾を装備したアリキオン。どちらかというとクリスマスツリーと言う感じです。毎回毎回ダンスを披露するアリキオン、今回はインフィックスの曲を流しながらのオープニング。
 縄跳びへのトライ、一回目で転倒してしまいます。二回目でも引っかかって転んでしまいますが、「できたー!」の声が途中まで出かかかってから、

「人の役に立つため、デブリを消滅させます!」

 消滅って言った!?

 差し出された風船を見事に粉砕し、テーマソングの結びのところとシンクロさせて終了となりました。……消滅……。

No.4 トコトコ丸(ちーむトコトコ)

 最後に登場したのはトコトコ丸です。緑の髪に、着物はいつにもまして絢爛なもの.…… うしろのプロジェクタ上の映像には、踊りのお師匠さんと共に舞を舞うトコトコ丸の姿が。一方リング上でも、扇子を出して舞い踊ったトコトコ丸、縄跳びを軽く披露した後、人を検地して自動的に扇ぐ、と言うデモをさらに繰り出しますが、これは人を上手く発見することができず終了となりました。

 これでGP組のデモも全て終了。そして全てのロボットの予選が終了となります。
 この後は18時から、結果発表が行われます。

☆No.401 ND5(ND5)

 ここで再度、特別デモが行われます。韓国から来たロボットのうち、予選審査を通過することのできなかったロボット。ND5です。
 内部構造を大部分リサイクルで賄い、頭部や腕などはペットボトルを利用しているとのこと。はたきを使っての埃落とし、塵取りと箒を使っての清掃、そしてひじを使っての雑巾掛けを繰り出します。起き上がる時の音を聞いていると、やっぱり材質が樹脂っぽい感じがしますね。
 最後は縄跳びにチャレンジしかかったものの、ちょっとトラブルが発生。中途にて終了となりました。

|

« 第十一回ROBO-ONE観戦記【予選編(3)】 | トップページ | 第十一回ROBO-ONE観戦記【結果発表】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14374514

この記事へのトラックバック一覧です: 第十一回ROBO-ONE観戦記【予選編(4)】:

« 第十一回ROBO-ONE観戦記【予選編(3)】 | トップページ | 第十一回ROBO-ONE観戦記【結果発表】 »