« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第6試合~第10試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 決勝戦~表彰式】 »

2007.04.29

第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】

■Aリーグ第五試合 エレキベアーvs今日はとっても天気が良いぞ

 勝ち星のほしいエレキベアーととってもチーム同士の対決。オーバーフィフティの試合を見た後だからでしょうか、こころもちスピーディな足運びのような気がする試合です。
 試合はとってもチームが優勢、エレキベアーを押し込んでいきます。ロングスローインはぎりぎりポストの目の前に、とってもチーム、足でぽん、とボールを軽く弾いてカット。綺麗な動きでボールを確保し、エレキベアーが一体一瞬減った隙を突いて。とってもチーム、綺麗なキックモーションで攻め込みますが、弾き返されたボールは反対にとってもチームの目の前に飛んでいってしまいます。
 とってもチームのコーナーキック、しかしキックが大きすぎて反対まで転がり出てしまいます。エレキベア、着実に相手側へと攻め込んでいきます。無防備な前にゴールか転がりますが、エレキベア、キーパーをなぎ倒してゴール前までボールを……! あ、入りません! まだ入りません。しかしもう一押し、無事にこれで1-0。先取点を奪います。

 とってもチームのキックオフで試合再開、動きの良くなったガルーがカットし、再びエレキベアーが押しがちの展開です。センターでしかしボールは抜け、ここでキーパーと一対一に…… いや、とってもチーム、倒れてしまいます。エレキベア、キーパーが出てキック。しかし真横に出たボールがピンチを招いてしまいます。しかし立ち直りの時間に、体制を立て直したエレキベアー。反転攻勢に転じるか、と言うところで、ここで時間切れ。ハーフタイムに入ります。

 ガルーが力有り余るほどの振動を見せ、再び全機がコートへと投入。後半戦はエレキベアーのキックオフから再開です。ガルーのキックを押し戻し、試合はセンターへ。交錯で倒れている隙に、ボールをセンタリングしてエレキベアー前進。ガルーが強引にボールを押し込んでいきますが、ディフェンダーの正面に回り込んで弾かれてしまいます。
 ガルーが戻したボールに、両チームのロボットがのしかかっていまいます。両者絡み合った状態から分け、試合再開。とってもチームのキーパーの目の前からボールがそれたところに、しかしお互い、ロボットが転倒して障害物となってしまった状況に…… ガルー、強引に割り込んでここで2得点。2-0となります。
 キックオフから一気に押し込んだとってもチーム、ゴール前にボールを転がしますが、キーパーが綺麗なキックで中央までボールを戻します。キーパーまで前進して全員攻撃に出たとってもチーム、しかし横にボールが抜けてしまいます。エレキベアーの青いロボットが起き上がれません、大丈夫でしょうか。時間残り2分、にらみ合いからエレキベア、反撃…… なんとハーフラインの向こうから放ったシュートが、ゴールに吸い込まれます! このロングシュートが三点目。3-0となります。リードを広げたエレキベア、今度はボールを支配している展開。センターの向こうへボールを押していきます。ボールに絡まないところで転倒しているロボットが増えていきています。大丈夫でしょうか。
 さて、がらあきのゴールの前にガルーが。しかしこれをカットしたところで、試合終了。3-0の勝負は、エレキベアーの勝利となりました。

■Bリーグ第五試合 四川会ジュニアvsミステイクス

 一勝一分けのミステイクス、対するは一敗一分けの四川会ジュニア。なんとか星を五分に戻したいところですが、この勝負はどうなるでしょう。あの顔が光ってるロボットの名前が知りたいところですねそれにしても。
 リトルマジンガアのキックオフで試合開始。ボールを綺麗に弾き返し、試合はやや四川会ジュニアが押し気味の展開。しかしミステイクスも一蹴りでボールを押し戻してしまいます。
 三体で防御に入る四川会に対し、ミステイクスが真正面から突っ込んでいきます。転倒した隙にボールはサイドへ、しかしミステイクスのチャンスがまだ続きます。マジンガアがちょっと離れた他は団子になってしまった状態から、やや団子のままセンターへ、そしてリトルマジンガアがキックを相手に当てて、着実にミステイクスサイドへゲームを戻していきます。
 ここで問題が。ミステイクスのストライカーが足を破損したか、起き上がりに困難を来たしてコートから出てしまいます。2-3の状況下で四川会、押していきますがキーパーを押し切れません。そのキーパーはなにもないところで転んでしまいますが…… リトルマジンガア、隙を見ロングシュート! これで先取し、1-0となります。
 ミステイクス、奇襲のキックオフシュートはコメタに阻まれボールはセンターへ。キーパーが頭で回転してるのが不安なんで卯が。起き上がりに困難を来しているうち、コメタがボール前にがらあきのボール前に。しかしゴールを決められません、そこに側転で突っ込んでくるリトルマジンガア、しかし弾き返されてしまいます。コメタ、なにげなーくキックを放って1点追加…… あー、キーパーが。起き上がれないで苦労していると思ったら。腕が。腕が。もげてケーブルでぶら下がっていますひい。
 腕がもげた事実に目を奪われているうちにホイッスル。ここで前半が終了し、後半戦に入ります。

 余裕の四川会に対し、腕がもげたり足が折れたり、満身創痍のミステイクス。なんか復帰してきましたけど…… 腕が…… 反対の…… 向きに。
 足が折れたロボットは結局復帰できず。これはミステイクス、大変な危機的状態のままに試合再開。2vs3の状態のままとなります。
 コメタがボールを運んでゴールへ。しかしアッシマーが意地を見せ、コメタを倒してボールを弾きます。一方でキーパーのコメタも上がってきて攻撃に参画します。全員工芸の体制、しかしボールが抜ける! ミステイクスチーム走りますが転倒、コメタ2体に挟まれる状態でボールをカットされてしまいます。キーパーの前進に、思わず同じペースで後退するマジンガア。ミステイクス、腕が反対についているのに起き上がれるのはすごい、と言う声に。
 しかしこの状況下でも、なかなか追加点を許しません。残りは2分、マジンガアもボールの近くには止まりますが、起き上がれない黄色いロボットを挟んでボールを押し切れません。マジンガアが弾いたボールを追いかけるコメタ、相手が転倒したところでまさに阻止する者なしの状況。、正面から教科書通りのシュートを放ち、追加点を奪います。

 さらに試合再開、ボールは四川会ジュニアサイドへ。しかしいかんせん3対2、攻撃は有効に出来ません。マジンガア、センタリングで一気にボールは中央に。押し戻していきますが、ここで試合終了。3-0で四川会ジュニア、勝利を納めます。

■Aリーグ第六試合 はやくきてくれvsバンブーブリッジ

 外でちょっとコントローラーが落ちるトラブルが起きたりとしている中。連覇街道へと突き進むバンブーブリッジ、最後の相手ははやくきてくれチームとの対決となります。

 はやくきてくれチーム、綺麗なキックオフから一気にサイドへ。コーナーキックで押し込むはやくきてくれ、しかしバンブーブリッジ、ボールをカットして反転攻勢、今度は相手サイドへ押し込んでいきます。転がったボールはサイドでオンライン。割ったボールを、はやくきてくれチームがフリースロー…… ボールを掴みますが、フリースローに失敗。ごろんとコートからこぼれ出てしまった後、サイドフリースロー。バンブー、まだボールを譲らない展開です。見事なパスだったのですが、追いつけないバンブーブリッジ。ボールは二転三転し、はやくきてくれチームがキープしたところに転倒し、再びボールを奪われてしまいます。しかしここまでスコアは両者0-0。今度は普通にコーナーキック、はやくきてくれチームがボールをセンターまで戻しますが、目を離した隙にバンブーブリッジがキーパーと一対一に。キーパーの社長、しかしゴールを一度ブロック。再びブロック! サイドを割って社長のゴールキックから再開、しかし勢いが伸びません。バンブーブリッジの真正面、しかし横へのキックはポストにはねかえって………… あ。バンブーが普通に押し込んで1点。これで先取となります。

 バンブー2体の壁を抜いたはやくきてくれ、今度は押し気味の展開なのですが、バンブーは冷静に事態に対処します。社長が前進して一対一となったところで、五分が経過。前半戦が終了します。

 インターバルはほとんど整備は無く、全機試合に参加。ここではやくきてくれはチームメンバー交代、社長ロボが攻撃陣に参加するようです。
 合図とともに試合再開。キックオフを切り返し、相手の間を切り抜けたバンブーのキックを、キーパーが正面で受けて切り返します。社長、キックが空振ってしまいます。なかなか当たりません。
 バンブーチーム、押し込んでキックを決めていきますが、キーパーが正面に回り込んでうまく守っていきます。キーパーを牽制するバンブー、抜けるかと思ったボールはしかし、うまくカットされてしまいます。見事にボールを掴んでしまったはやくきてくれ、「故意ではない」と言う事でハンドは取られませんが、フリースローから投げ込んでバンブーブリッジ、これで2点目が入ります。
 攻め込んだバンブー、足の間にボールが挟まってしまいます。これは珍しい。バンブーのロングキックでボールはキーパーの前へ、しかしキーパーが前進したところでゴールががらあきになってしまいます。クリアしたボールはぎりぎりでラインから出ず。見事にフォわーどの足下に止まります。
 社長、目の前のボールを蹴ってセンタリング。素早い旋回移動で回り込み、ボールを確保しに動きます。この距離は油断するとボールが一気に入ってしまうかも知れない距離です。社長のサイドキックはバンブーの真正面、このシュートをキーパーがカットしたところで、2-0でバンブーブリッジの勝利となります。リーグ全勝、さすがですねー。

■Bリーグ第六試合 工芸大ロボ研vs道楽連合

 さてリーグ戦最後の試合は。工芸大ロボ研と道楽連合の戦いとなります! 試合開始のホイッスルとともに、工芸大チームのロボットが転倒。道楽連合の攻めを切り返した工芸大ロボ研、しかしマノイが素早い横歩きで正面へ移動。進路を塞いで工芸大の攻撃を凌ぎます。
 ボールは道楽連合サイドですが、安定性を欠いたか、倒れてしまう工芸大ロボのロボット達。わけてもキーパーは膝を破損してしまったか、ここで退場。2-3の試合となってしまいます。
 お、キーパーどうやら復帰したようです。試合は中央、やや道楽連合側のサイドでボールの押し合いへし合い。工芸大、綺麗なキックで押し戻しますが、これはマノイの正面。マノイ、しかし突っ込んだキックがサイドへ。なぐさんのKHRがボールに接近する前に、工芸大チームの壁が立ちはだかります。
 倒れた工芸大チームが妨害になってしまっている中。再開直後、マノイの転がしたボールがゴールの前に。工芸大のロボットに跳ね返ったボールは、ゴール前に停滞。そこになぐさんのKHRが何気なく前進、ゴールにボールを押し込んで、ここで1点を先制します。
 再開後、工芸大攻撃に転じます。ゴール前でキーパーのか~ると一対一、しかし押し込まれたボールを、サイドキックの勢いでか~るがボールを弾き防御。さらにマノイのキックとKHRのドリブルでゴール寸前までたどり着きますが…… あといま少しでシュート、と言うところで、ここで時間切れ。ハーフタイムに入ります。

 道楽連合優位の状態で、ここで後半戦に入ります。ちょっとフライングが一回入った後、道楽連合のキックオフで試合再開。なにやら斜め方向に転がり出たボールを、マノイがフォロー…… いや、倒れ込んでしまいます。工芸大のキックは綺麗なモーションで、しかし道楽連合チームの目の前に。
 マノイが倒れ込みざまセンタリングし、ボールは目の前で。逆サイドに飛んだボールを、再びマノイ。ディフェンダーごと押していきますが、ンマノイが逆に倒れてしまいます。ゴールはセンターやや道楽連合寄り、ここからロングシュートが入り、2-0。追加点を入れて道楽連合一気に有利となります。
 再開直後、サイドから工芸大の攻撃。スローインはいいポイントまで飛びますが、ボールはゴールの目の前に。か~るのブロックでボールは外に逃げるも、ここで工芸大のセットプレイ。コーナー聞くは目の前に、しかしマノイがこれをけり出してしまいます。
 やや距離は戻りますが、工芸大のボール。マノイがこおでどいてしまいます。マノイが復帰、しかしロボットが絡んだ状態となってしまい、工芸大が攻撃に転じる事ができません。
 道楽連合、ボールをキープして反撃、ここでセンター間近まで試合が戻ります。倒れつつも道楽連合、試合を戻していきます。道楽連合はバッテリが切れてしまい、ここで退場。勢いの遅くなったボールは、ぎりぎりシュートが届かずか~るがブロック。サイドキックで放ったキックは、ものすごい勢いで工芸大側コートへ。追いすがる内に主戦場が移動するも残り7秒。全てのロボットが上がったところで、試合終了となりました。
 最後の試合は2-0、道楽連合の勝利となります。

 ここで決勝の組み合わせが決定!
 Aリーグは全勝のバンブーブリッジ。それに挑むのは、Bリーグを勝ち進んだ道楽連合。この両者の顔合わせとなります。

 決勝まで時間があったので、ちょっとお外で休憩。
 なぐさんといそぜんさんとあれこれ話をしていたら、女の子型のロボットがコートでチアをしていたみたいですよ。うっかり面白いものを見逃してしまいました。

 さて予選の予定は、バンブーブリッジさんがちょっと調整中。17時半から少し伸びての開催となります。

 道楽連合チームからの意気込みが語られます。「外装をつけて参加しましょう!」とえまのんさん。「参加費は払ってませんので!」となぐさん。そして道楽、さん。「(攻略方法を聞かれて)どうしようかっていうところです」

 さてスペシャルゲストとして、Dr.GIYさんとくぱぱさんへのインタビューが行われまして。その間にバンブーブリッジも登場。いよいよ決勝戦の開始となります。

|

« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第6試合~第10試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 決勝戦~表彰式】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14889180

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】:

« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第6試合~第10試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 決勝戦~表彰式】 »