« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第1試合~第5試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】 »

2007.04.29

第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第6試合~第10試合】

 ……休憩時間にいろいろあって走り回ったりしていたんですが、すっかり汗だくになってしまっているうちに休憩時間終了。
 ここで総当たりのリーグ戦は対戦相手が一巡し、それぞれのチームが第二の対戦相手に挑む事になります。

■Aリーグ第三試合 エレキベアーvsバンブーブリッジ

 先程星を落としてしまったエレキベア、強豪バンブーブリッジに挑みます。バンブーブリッジのキックが何気なくエレキベア側に押し込まれます。バンブー、サイドからキック員。ガルーがカットしますが、ボールは一瞬ゴール前へ。あれ、一体調整に入ってしまいます。エレキベアー、いきなり2vs3の不利な展開。
 しかし横歩きには横歩き、バンブーブリッジの攻めをインタラプトし、ボールを逃そうとするガルー、しかしバンブーも逃がさない。試合はエレキベアーが攻め込まれた展開のまま、バンブーブリッジが圧力をかけていきます。
 ガルーのコーナーキックが抜けますがボールは再びバンブーボール。あわやロングシュートか、と言うスローインですが、これはカット。反対側のサイドからガルーが蹴る…… しかしゴール前で踊ってしまうボール、バンブー、シュートを放ちますが決まりません。
 バンブー、しかし2体が上がって開いたところに隙を見て、ミドルシュートがするするとヒット。1点をいきなり先取します。
 今度は試合はバンブーサイドに移行。エレキベアーチームが押していくのを凌いでいきます。がらあきになったゴールにガルー回り込みますが、バンブーの19が素早い動きでカット。バンブーの試合にしては珍しく、ゴールの前で団子になってしまいます。
 にらみ合いからしかしボールがフリーに。バンブーチーム、キーパーを抜いて慎重に攻めていきますこれは防ぎきれない、位置取りを慎重に取ってバンブー、冷静な動きで2点目をゲットです。
 さて試合再開、エレキベアーチームとバンブー、ボールを中央に置いたままにらみ合い…… ここで前半時間切れ、インターバルに入ります。

 ガルーがバッテリを交換し、なんか首がまうしろ向いちゃってましたけど、ここで試合再開。
 さて後半戦開始l、ボールはエレキベアーチームが押し込んでいきますが、蹴りはしかしゴールポストに嫌われてサイドへ。バンブーブリッジ三人がかりでここは防御に入ります。跳ね返ったボールは中央へ、ボールを迎えるポジションにロボットがいるのがおいしいところで…… ああ、これはロングシュートをキーパーが押してしまった、エレキベアが痛恨のオウンゴール。ここで3-0となってしまいます。
 ガルーが単体で攻め込みますが、その隙に押し込むバンブー部隊。ぎりぎりボールはサイドを割りエレキベアー攻撃のチャンス、しかし受け取りきれず。おっと、ガルーがボールに乗っかってしまいます。なんとか起き上がり試合再開、バンブーが攻めていきます。転がったボールはバンブーブリッジを抜きますが、依然ボールはゴール前。ロボットがかんかん倒れてしまいます。バンブーのシュートを、エレキベアがディフェンダーとキーパーの二枚で回避。
 しかしキックが空振りし転倒してしまった隙に、がら空きのゴールにエレキベアーが回り込みます。しかしバンブー先に防御、バックキックで位し、ボールは再びエレキベアー側へと転がります。
 ここで残り1分。一矢報いる事ができるんでしょうか、エレキベアのスローインが続きますが、バンブーチームは編隊のような構えで守りを固めます。
 ここでさご以後のチャンスか、エレキベアのサイドキックはコーナーに。ボールを確保し反撃に転じるか、と言うところで、バンブーブリッジ、3-0。これで試合終となります。

■Bリーグ第三試合 四川会ジュニアvs道楽連合

 引き分けで勝ち点1の四川会に対し、さきほど星を落としている道楽連合の戦い。両者編成は先程と変わらず、ただしか~るがキーパーとなっています。
 道楽連合がまずは押し込む展開、リトルマジンガアが側転を打って大移動する中、まるでぴったりくっついた道楽連合チームが押し込んでいきます…… が、ボールは中央へ。マジンガア、大きなキックでボールを押し返し、試合は中央での展開となります。
 意外に両者冷静です、と言うか、あまりボールの周りでしゃかりきに群がってくる印象がないですね。シュートやロングパスは道楽連合の方が多め、ただ決定力に欠けると言うんでしょうか、得点に結びつきません。
 サイドぎりぎりにボールが残り、五体がサイドに密集してしまいます。話されて道楽連合の反撃から開始、メタリックファイター、X字開脚でボールを回避。……あ、ボールを三秒押さえてしまうと、ボールキャッチと言う状態になるんだそうです。これは知らなかった。
 さて中央で両チームのロボットが激しくぶつかりあいますが、ボールそのものはなかなか動き切りません。マノイのシュートはX字開脚でキーパーのコメタが回避。押し気味なのですが、道楽連合どうも押し切れません。そうこうしているうちに、
X字開脚したコメタの上からマノイが倒れ込むなど、一同一斉に倒れ込んでしまいます。みんな一斉に倒れた状態でボールが放置…… あれ……? と思っていたら、一足早く立ち直ったなぐさんのKHRがものすごく何気なくサイドキック。これで道楽連合、1点を先取します。
 反撃に転じた四川会、相手側コーナーまで追い込みますがここで時間切れ。ハーフタイムに入ります。

 コメタのライトは自転車のヘッドライトじゃないか、と言う事が話題になっている中、再び全ロボットが登場。
 コメタのキックオフから試合開始。四川会はキーパーのコメタも半分がた上がってきての試合となります。
 なぐさんのKHRが押していきますが、この蹴りがちょっと意外な展開。コメタのX字開脚の股下を通り抜け、ボールは一気に四川会サイドに! 次のシュートは凌いだと見るや、マノイのシュートが防御に入ったコメタの足に当たり、これでオウンゴール。2点目が入ってしまいます。
 いよいよ四川会、全員攻撃の態勢に。しかしコメタ、それにリトルマジンガア、どうしたのか安定性が落ちています。転倒がここで増えてきてしまっています。マノイが何気なく押していきますが、コメタ、トラブルか。ここでなんと一体、コートから出てしまいます。サイドラインでボールを押し合う攻防から、四川会のフリースロー。ロングキックはいいコースで行くのですが、KHRやマノイに阻まれてしまいます。四川会のコメタは足に故障が生じたか、動きに不具合が生じます。
 残り2分からマノイのロングキック、道楽連合またも攻勢に出ます。転倒して起き上がったマノイ、なんか背中からコネクタが出ちゃってますけど大丈夫なんでしょうか。マジンガアのサイドキックはKHRの背中を抜きますが後が続かず、ここで時間切れ。道楽連合、2-0で勝利を納めます。

■Aリーグ第四試合 はやくきてくれvs今日はとっても天気が良いぞ

 先程勝利を納めたはやくきてくれチームに対し、第一試合ではバンブーブリッジと当たることになった、とってもチーム(略称)の対決です。

 試合開始直前、SLANさんにトラブルが発生しますが、ここで試合開始。いきなりキックオフゴールをセーブ、はやくきてくれチームがボールをキー…… いや、両者なかなかゴールに絡めません。動き回ってはいるのですが、ボールに接触することが出来ません。
 とってもチームのロングシュートはここでゴールポストのほぼ手前に。このピンチをしかし、はやくきてくれチームが上手い事カット。はやくきてくれチームの青いロボットがのしのし歩いてボールを戻していきます。とってもチームのキーパーはころんと転がってしまいます。
 ボールを中央において、両チームにらみ合いが続く展開。サイドに飛んだボールはしかし、転んで上にのしかかってしまいます。ガノアヘッドの徒名が、いつのまにか社長ロボになる中。社長ロボのスローインで試合再開、じわじわと前進してとってもチームを押し込んでいきます。
 社長ロボの押し込みでボールはキーパーの目の前へ、周囲でロボットが転倒する中、起きているロボットは社長が一対一、ここでゴール内で倒れていたロボットが手で移動され、ボールは気がつくとノーマークで転がっていきます。はやくきてくれチーム、攻めるに攻めていけない中、0-0で時間切れとなります。

 後半戦はいきなりの強襲キック、しかしこれはキーパー正面。しかしとってもチーム、キーパーが目前のボールをクリアできません。とってもチームが押し込まれる展開。そしてはやくきてくれチームは社長がキーパーとなっています。
 はやくきてくれチームが押し込んでいきます。ふらふらと転がったボールは目の前へ、しかしとってもチームのキーパーがおいしい位置へとボールを転がしてしまいます。転倒したロボットが体を張ってボールを止める展開に。シュートはとってもチームのキーパーが横に体を伸ばしてブロックします。
 両チーム転倒する機体が増えてきてしまいました、どうやらここでバッテリ交換のようです。いいところに転がったボールを反撃に試みますが、位置取りを慎重にしているうちに攻めきれず、キーパーが弾いてブロック。 ボールにたどり着いたはやく来てくれチーム、しかしバックキックのフォワードの攻撃を気パー上手いこと防いでいきます。アンテナが引っかかってしまっています。苦しそうだ。
 ゴールぎりぎりでラインに乗ったボールを、押し返すはやくきてくれチーム。ゴール前にボールを押し込めるか押し込めないかの攻防の中。ここで0-0、無得点での試合終了となりました。

■Bリーグ第四試合 工芸大ロボ研vsミステイクス

 さきほど引き分けの工芸大と、個性的な三機編成のミステイクス。さきほど勝ち星を挙げているチームです。
 さていきなり工芸大ロボの押し込んだキックが、ゴール前まで転がってきます。キーパーのアッシマーが押し戻そうとしますが、なかなかクリアする事ができません。いけません、ゴールがすごいマズい方に。真っ正面に転がっていってしまいます。これを押し返し真正面の位置からブロック。危ういところでしたが、工芸大チームがここで転倒してしまいます。
 そうこうしているうちにボールは一気に工芸大サイド、小刻みに振動するような横移動で一気に攻勢に転じた、んですが。キーパーのアッシマーが転んだ拍子に、腕のフォークがゴールネットにひっかかって注目を集めてしまいます。
 さて、そうこうしているうちにボールは再びミステイクスサイドへ。キーパーが蹴り返そうとして、ボールの上に乗っかってしまいます。全員がボールから離れた状態でsきりなおし、再開。工芸大が攻めていくのを、クイックな横移動でミステイクス、確実にカットしていきます。もはや孤軍奮闘状態。
 ミステイクス、一気に蹴り返してサイドラインを割り、サイドは再び工芸大サイドへ。防御姿勢のまま固まっていたキーパーがボールキャッチを取られてしまいます。キーパー、小刻みに振動してしまっています。大丈夫なんでしょうか。ミステイクスのロボットが一体倒れている状況下でここでインターバル。時間切れでハーフタイムに入ります。

 後半…… あ、あのいい動きを見せていたロボットがキーパーになるようですミステイクスチーム。黄色いアッシマーみたいなロボットがフォワードに入ります。
 素早い動きでフォローしたミステイクスのロボット、的確な反応で弾き返していきますが、工芸大サイドがサイドからのスローインで、着実に距離を稼いでいきます。ロボットがどんどん巻き込まれて玉突き衝突のごとくみんなまとめて転倒、無事なのは両者キーパーだけみたいな状態。アッシマーもボールに絡みますが、転倒した拍子にボールの上に野買ってしまいます。
 工芸大、スローインがゴールの目の前に転がります。これは処理されますが工芸大セットプレイ。ミステイクスのキーパーが外れている隙に…… いや、とんでもなく素早い。どこからともなく回り込んでカット。とうとうキーパーにも関わらず攻撃に参加していきます。二枚看板で防ぐ工芸大に対し、キーパーまで動員してミステイクス、攻勢に転じます。
 ここでミステイクスが攻勢に転じ、2対1の状況からミステイクス、再度スルー。これがラストプレイか、ゴール前に転がったボールの前に、蹴ったロボットが回り込みます。が、工芸大がボールを弾きます。黄色いアッシマーみたいなロボットはゴールに突っ込んで絡んでいます。
 残り2秒、センターでのにらみ合い。ここで試合は時間切れ、0-0の引き分けとなりました。

■オーバーフィフティ BチームvsAチーム

 ここで再び、オーバーフィフティによる試合が行われます。この試合は優勝は取らず、のちほどMVPを決定する、とのこと。
 今回はブラックタイガーがキーパーに回るようですね。試合開始直後、ボールは後方に。しかしこのボールは捕まれて押し戻されます。中央でのにらみ合いから、ボールはAチームサイドに押し込まれ…… ここで側転! なんかもう皆さん大喜びです。このアクションを待っていたとばかりに。

 Aチームのスローインから試合再開、なかなかオーバーフィフティの試合は団子になりにくいですね。一気に押し戻されてAチーム側に転がったボールは、再びBチーム側に。ゴール前にボールが転がった状態で、サイドラインぎりぎりでの攻防というか、にらみ合いが続きます。
 スローインからボールはセンターへ、又サイド脇で安定。転がりに巻き込まれ、ボールは外へと出てしまいます。Bチームの選手が攻め上っていきますが、サイドに止まったボールをなかなかさわる事ができません。ボールを挟んでにらみ合う状態から、再びボールは中央で停滞。しかし一気に押し込んだAチーム、ブラックタイガーの足がからんでボールを脇に避けてしまいます。ここで転倒したロボットが…… あー。ロボットが絡み合って起き上がりでこんがらがってしまったところで、イエローカード。頭を蹴ったから、と言う事でイエローとのことでした。

 イエローと同時に時間切れ。ここでハーフタイムに突入となります。

 ここで試合再開。いきなり蹴ったボールを開脚でブロックし、再びBチームサイドにボールが押し込まれる展開。ボールの前に五体が群がっている状態から、一気にシュートを放ってこれがAチームの得点! 1点を先取となります。
 さて再開後、今後はBチームが押していきます。しかしAチームも押し込まれてはいきません、センターライン上あたりでボールが待機して、そこにロボットが群がってくる感じになってきています。
 Aチームは全員攻撃態勢、しかしボールはややBチーム寄りで停滞。転がったまま、あ、ブラックタイガーに引っかかってKHRが側転していしまいます。転がったボールはわずかにそれてゴールポスト前に。キーパーも必死になっていますがこれをクリアできず。これはなんだ、ゴール前で倒れているのはどっち側のロボットなんでしょう。なんともいえない状況になっています。
 相変わらずボールはBチームサイド。Aチーム側が押していきますが、ここで一対一に。センタリングしてボールを押しますが、キーパーがきっちりと両腕を広げセーブ。さらにボールを掴むようにしてクリア、ここで残り10秒を切り、Bチーム寄りのまま試合終了。ここで1-0でAチーム、先取点を守っての勝利となります。

|

« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第1試合~第5試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

えへへ、こんにちはー。

Bリーグ第三試合は、今でも思い出すと笑いがこみ上げます。
「か~るくん、動いていませんね」
「小刻みに震えているだけですね」
がツボに入ってしまって、もう、可笑しくて。
爆笑したいのを我慢していたら、涙が出てきた。

今でも映像が浮かぶと笑いそうになってしまって、やばいです。

投稿: ユーニ | 2007.05.02 01:35

 やや、コメントありがとうございますー。ロボットサッカー観戦、楽しんで頂けたようで何よりです。なんか、ある意味ほっとしています(笑)。

 僕もKHRクラスのサッカーを見たのは初めてで、見る前はもう少しこう、なんていうか渋い試合運びの試合が多いのかな、と思っていたのですが、……弾けてましたね(笑)。思った以上に。
 たまたま先川原さんが巻き込まれて解説されていたのも、思わぬラッキーでした。解説されるときはいつもあんな感じで、名調子の方ですから(笑)。

 近場ではロボットのイベントが結構わりと行われていますし、またお知らせさせていただきますねー。

投稿: sn@散財 | 2007.05.02 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14889161

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第6試合~第10試合】:

« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第1試合~第5試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】 »