« 第4回KONDO CUP観戦記【二日目~開場】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第7試合~第10試合】 »

2007.04.30

第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第1試合~第6試合】

■Aリーグ第一試合 Aerovsインフィニティ

 Aeroチームはペントとアエロキッド、それに…… ええと、カバ? のモンをキーパーとしたチーム編成。インフィニティはガシャペリオンをキーパーに、フロスティとサンダーがフォワードに回った編成です。
 しかしもう機動音が、KHRと違いますね…… ボールがどっか飛んでいかないか非常に不安です。先川原さんが解説であおりにあおる中、オープニングゲーム開始となります。

 まずフロスティのキックで試合開始! これをペント、大きなキックでゴール前まで運びます。ボールが宙を飛ぶキック。サンダーが体当たりでペントを倒し、さらに押したキックがしかし、弾き返されて転倒してしまいます。ちょっと不安定なのかフロスティ。しかしペントのキックがボールもろともフロスティに命中、反動でペント転倒。早速くちばしが取れてしまいます。キックの足が大きすぎるのか、反動で後ろに倒れてしまうんですね。そうこうしているうちにボールはインフィニティが支配、だんだんと着実にゴール近くへ押し込んでいきます。ペントを挟んでサンダーとフロスティが押していきますが…… あ、抜けたボールがキーパーの前へ、しかしアエロキッド、無線の不良か、ボールを無視してどんどん前進してしまいます。
 あー、でもすごいですね、ボールのキープ力が違います。3分近く経過して、ボールがラインを割ったのはこれが初めてです。大きなキックのペントのキックイン、しかしサンダーの肩に当たって弾き返されます。
 ボールは真ん中へ、ブロックするフロスティをなぎ倒し、ペントが強引にドリブルしていきます。真ん前からなぐさんが「たいがー、しょーっと!」とかけ声をかけたキックで、ガシャペリオンの真横を割って1点先取! しかし直後、キックオフで飛んできたボールがキーパー前へ。しかしボールはポスト横で停滞してしまいます。ここでボールが出て、ゴールキック。キーパーのいいキックが、真ん中のペントへパス。がらあきの状態で、ペントがゴールを狙います。しかし絶好のシュートチャンスになったところで、ここで時間切れ! 前半戦が終了となります。

 ペントに冷却スプレーが無い、と云う事実が明らかになりつつ、バッテリ交換の時間となるハーフタイム。一生懸命口で吹いての冷却が行われています。一方のインフィニティチームは、冷静に作戦会議。JinSatoさんが精密作業用でしょうか、ゴーグルをつけているのがちょっと気になります。

 さて後半戦! 黒い三機Aeroチームと、インフィニティ隊が…… あ、どうやらマシントラブル発生のようですが、どうやら復活。くちばしもつけて準備OK、ペントのキックから後半戦開始です。
 このキックをサンダーを押し返しますが、戻ってきた足がサンダーに引っかかってぱたーんと転んでしまいます。ペントのキックでボールが大きく飛び、それを皆が追いかけていく展開。サンダーのキックをアエロキッドが素早くカット、ボールはサイドから出てしまいます。大きく飛んだペントのロングシュートはフロスティの守るゴールを狙いますが、これはポストのやや外。再びしかしペントがシュート! これはフロスティの背中側を抜け、これで2-0。再開後、ガシャペリオンのキックを跳ね返しますが、一回ペントのキックが空振り。ガシャペリオンのキックも、相当綺麗なモーションです。ペントすごい勢いで転倒、再びくちばしが飛びます。サンダーの足下の上を飛んでいったボールはアウト、ゴールキックはアエロキッドの真正面、フロスティと一対一の対決はラインを割ります。サンダーのキックインをガシャペリオンとペントが奪い合う、転げたボールをアエロキッドが狙いますが、ガシャペリオンがクリア。再びガシャペリオンのキックイン、微妙なコースを描いてゴールの脇から転がり込み、これが3点目。
 残りは1分、ペント、ここでセンターからロングシュート! ゴールの真正面に転がり込むシュートが4点目、なんとハットトリックとなります。さて、にらみ合いからアエロキッドのキックがディフェンダーの間を抜け、ボールがゴール前へ。フロスティ、うまく動けないのか激しく振動しています。ここでライン上から、ペントがシュート! なんと倒れたフロスティの頭上を抜けて、5点目、ペントは4点目。再開直後時間切れ、5-0の圧倒的なスコア差で、Aeroチームが初戦をものにしました。

 綺麗なシュートで点数を量産するペント、恐るべし、であります。

■Bリーグ第一試合 ロボット野郎Aチームvsロボスクエアーズ

 機動性の旋風丸、キックのTストーム、そして鉄壁のファイマン。自他ともに認める個性派三体から成る、強豪ロボット野郎Aチーム。対するは博多ロボスクエアで幾多の練習を積んできた、九州から来た強豪・ロボスクエアーズです。

 それぞれファイマンとワイルダーがキーパーを務め、試合開始。まずオートモのキックがサイドへ。転がり込んだボールはライン脇を移動していきます。Aチームは三人がかりの総攻撃、しかしがらあきのところにオートモが切り込む、旋風丸とTストームが素早く回り込みカバー。大きなキックをワイルダーがフォロー、しかし前に転んだ頭がボールに当たってゴールキック。スクエアーズはロボット同士が絡んでしまいます。
 センターあたりでボールを尻目にモールになってしまっているような状況、オートモと旋風丸が中央でにらみ合い………… あ。ボールが旋風丸の足に当たってしまい、後ろにころころころと転がって。なんとこのボールがゴールラインを割ってしまいます。オウンゴールで1ー0、スクエアーズ先制です。
 さて、ワイルダーのゴールキックとなった試合は、再び中央部でのにらみ合い。両者が同時にボールを蹴るため、ボールが横へと飛んでラインを割る、そんな状況が続きます。キーパーが前に出たところに、オートモが絶好の位置にスタンド。斜めに蹴ったボールががら空きのゴールに飛び込み、スクエアーズが二点目を決めます。
 残り1分強、旋風丸とTストームが攻める! Tストームのキックは大きく大きく頭上を飛び、もう少しでオートモの頭上を飛び越えかねないほどの高度。しかしボールはロボスクエアーズがブロック。旋風丸、歩行が早すぎてボールを追い抜いてしまい、なかなかドリブルが決まりません。
 旋風丸の腕が変な方を向いたりしている中、再びボールは外へ。Tストームのキック、ディフェンダーの頭上を飛び越えて、ボールは背後へ! これは旋風丸の体で弾き返し、1点を返します。
 再開直後、押し込むロボスクエアーズ、ゴール前で止まったボールはぽろっと停止…… しかしオートモを押し返した拍子に、旋風丸またボールを押し込んでしまいます。二回目のオウンゴールとともに前半終了、スコア3-1で折り返し、となります。

 旋風丸は腕まで分解整備、大丈夫なんでしょうか……。ロボスクエアーズは試合再開を心静かに待っている様子です。
 さて、旋風丸の修理も終了し、試合再開。さきほどと同じ布陣で試合再開します。再開! 旋風丸のキックは弾き返されますが、あっと云う間の攻め込みで1点を返します。
 再開直後の電撃作戦から、オートモがキックイン、しかし受け止めたTストーム、大きなキックで一気にゴール前まで押し返します。ワイルダーと1vs2となったTストームと旋風丸、Tストームの蹴ったボールはゴール前、ワイルダーの後ろへ! 突っ込んだ旋風丸、押し込みに行きますが…… ボールを通り過ぎてしまいます。試合再開、スクエアーズのピンチが続く。コーナーキックを凌ぎ、スクエアーズのゴールキック、これをTストームに当て、ややボールを戻してサイドへ。じょじょにサイドから押していく展開、しかし受け止めたTストームが一気に押し戻します。センターから高く飛んだキックを、オートモが胸でトラッピング。ボールはスクエアーズのゴール前とセンター辺りを、大きく左右していきます。オートモの足にあたったキックがTストームの足下へ、ボールを皆が押し合う展開。しかし後ろへボールを押し戻してしまい、ゴール前からファイマンがゴールキック、しかしオートモ、単独で敵中へ攻め込むも、これはファイマンがサイドへ逃げる。コーナーから残り10秒で再開するも、ここで時間切れ。3-2でロボスクエアーズ勝利を納め、Aチーム、厳しい開幕となります。

■Aリーグ第二試合 トリニティvsカイザー・オールスターズ

 さて次も、強豪同士の顔合わせ。快足クロムキッドとrsv3、キャバリエからなる前回覇者トリニティーに対するは、鉄壁の皇帝・キングカイザー三機からなる超編成、赤い旅団カイザー・オールスターズです。
 ちょっと後ろ目に構えたカイザーズに対し、クロムキッド、まずキックで攻め込みます。カイザー7がちょっと起き上がりに困難を来している中、トリニティとrsvが攻め込んでいきます。そうこうしているうちに、ボールはゴール前へ。クロムキッドの打ち込んだボールは、勢い余って反対のサイドまで飛んでしまいます。
 コーナーキックはカイザー7の前へ、しかしこれは抜けてしまいます。ボールはゴール前、キャバリア、止めますがもろともに倒されてしまいます。rsvとキャバリアの二枚を同時に押すフォワードキングカイザー、転がったボールは目の前へ、カイザー絶好のチャンスですが、キャバリア、起き上がってなんとかクリア。
 試合はセンターへ、ライン上から猛烈なキックがゴールを猛襲しますが、キーパーのカイザーが押し戻します。ボールは未だゴール前、一回サイドに出たボールを、クロムキッド慎重に角度を取って狙いますが、これは逆サイドへ。逆へ逆へ、とつぎつぎ逆サイドへ飛ぶボールで、なかなか試合は止まりがちな展開、ボールはゴール前、しかし逆サイドにいたキーパーの前を滑り込むrsv、足でカットしてシュートを外へ! ボールを挟んでカイザーとクロムキッドが横移動、ボールをキープしたまま斜めにコートを横切ります。
 中央で激しい小競り合いが続く中、rsvがキックを披露! 一気にカイザーゴールの目の前へ! クロムキッドのシュートがぎりぎりにそれたところで前半終了。これで0-0のまま、前半戦終了となります。

 さて、キングカイザーのテーマが会場の皆さんに配布されている中、ハーフタイム。云うのを忘れていましたが、先程から会場の中はずっとキングカイザーのテーマが流れています。

 さて、拮抗伯仲のまま後半戦突入! カイザー10のキックオフをクロムキッドがカットし、試合再開です。rsvのボールがカイザーの後ろに転がり、足を行かしてクロムキッド突撃、しかし転がったボールは一気に反対側へ、待っていたカイザー7がドリブルに入りますが、これは外れてコーナーへ。rsvの猛烈なインタラプトにボールはコーナーへ逃げますが、転がったゴールをカイザーがキーパーモーションでブロック、サイドのカイザー7からカイザー10へ、見事なパスが通ります。猛攻のブロックでしかし押し切れず、形はセンターへ。rsv、背後にボールを構えて攻撃の態勢、クロムキッドがカイザー7のボールを奪い、しかし蹴り出したボールをカイザー10がさらにカット。押し合い奪い合いをしつつ、ボールはカイザーコートのゴール
前へ。反対へ抜けたボールは一気にトリニティ側、しかしクロムキッド、ドリブルしてカイザーを抜いていきます。一歩後ろに構えたrsvのフォローも地味に怖い、キックを放てばボールはきちんと宙を飛びます。ゴール前で群がったロボット、クロムキッドのキックがカイザーに当たってがちーんと音を立てます。カイザーが一体転がってしまっています、大丈夫でしょうか。トリニティの攻撃がずっと続きますが…… 機体が倒れ、ボールを塞いでしまいます。足を広げた防御姿勢のまま待機していたキーパーカイザー、なんとクロムキッド、ボールもろとも無理矢理キーパーをゴールに押し込んでしまいます。力づくで押し勝って1点を確保。
 しかし再開直後の猛攻、カイザーオールスターズ絶好のシュートチャンスを、キャバリエ倒れざまに頭でカット。カイザーズ、キーパーまで含めて総攻撃です。残り2秒でラストキック、しかしこれが逸れてしまい、痛恨の1ポイント差、1-0でトリニティ、死闘を制します。

■Bリーグ第二試合 四川会vsエスプレッソスギウラ

 メタリックファイター! マジンガア! トコトコ丸! そしてアフロ! ROBO-ONE GP組選抜チームと云うべき四川会に対するは、スギウラファミリーのロボット軍団エスプレッソスギウラ。擁するは歴代ダイナマイザーの揃い踏み、ダイナマイザー4、ダイナマイザー3、そしてキーパーはレトロとなります。

 まずはダイナマイザーのキックオフで試合開始、メタリックファイターをキーパーに、中央部でにらみ合いが行われます。猛烈なスピードの横歩きであっと云う間に回り込むダイナマイザー2、レトロの前にボールが転がりますが、レトロとトコトコ丸が揃って転がってしまいます。ボールはスギウラ側の前、しかしダイナマイザー、渋いキックでセンターへ押し戻します。あああ、なんか新型のダイナマイザー4、いつのまにか頭が取れてしまっています。大丈夫でしょうか?
 キーパーのメタリックファイターが突出したところに、フォワードが狙いますが、これは真横へけり出してしまいます。中央部で攻め…… あれ、アフロが転んだまま立ち上がれません。大丈夫でしょうか? ボールはコーナーからキック、メタリックファイターの攻めはスギウラ側ゴール前で停滞しますが、レトロが冷静に後ろに回り込んで着実なクリア。そうこうしているうちに、ぱちんと頭がはめ直されます。正面からにらみ合いのレトロとトコトコ丸、両方から蹴り合ってすぱーんと倒れてしまいます。
 アフロのコーナーからスローイン、なんか今日はどうしてなでしょう、トコトコ丸の袖が破損して、扇子が出てしまっています。ボールはゴール前で団子状態、バックキックでダイナマイザー、逃がします。ボールは大きくメタリックファイターの前に出ますが、これは四川会ボール。反撃…… あ、トコトコ丸、本気で調子がおかしくなってしまったようです。キックができないまま時間切れとなり、ここで前半戦が終了となります。

 ここで残念ながら時間切れとなり、ハーフタイム。アフロが中途で交代し、マジンガアが後半から登場することになります。今日はスクランダーもスクランブルダッシュもついていない地上用バージョン。
 おお、このハーフタイムでKHR-2をお買い上げの方が! 会場から拍手が巻き起こります。

 さて、交代したマジンガアのキックオフで試合再開! トコトコ丸は扇子の修復も終わって準備完了。ダイナマイザーのキックを足を広げてメタリックファイターがブロック、蹴り戻したボールは再びセンターでの勝負となります。マジンガアとトコトコ丸、ちょっと調子が良くないんでしょうか、歩きながら転倒してしまいます。
 押し込んだスギウラチーム、ゴール前でボールをにらみ合い、メタリックファイターの蹴り返したキックをダイナマイザーが受け、これを真正面からシュートしますが、メタリックファイターがこれをブロック。さらに再度の攻撃もキャッチ、しかしゴールキックで転倒し、メタリックファイターの横にボールが転がってしまいます。ここでダイナマイザーが駆け込み、メタリックファイターの体に沿うようにキック。メタリックの体がまるでガイドのようになってボールが滑り込み、スギウラチームが一点先制します。
 さて、そうこうしているうちに、ボールは一気にスギウラサイド。マジンガアとトコトコ丸が一丸となってボールを押していき、ボールがはゴール前へ。しかしなかなか押し込む事が出来ません。レトロ、ゴールキックで押しだし、逃げたボールをダイナマイザーが何気なくキック! これが一気にメタリックファイターのところまで飛んでいってしまいます。転んだ拍子に、またダイナマイザー4の頭がもげてしまいます。
 ダイナマイザー、単独の状況下に、ブロックするトコトコ丸、そしてメタリックファイター。ここにキーパーチャージの判定で、今大会初のイエローカードが出ます。
 ボールは一蹴りで逆から逆へ、ボールは一気にスギウラサイドで四川会ボール。キックを受け止めますがそこから進展が出来ず、ここで時間切れ。1-0でエスプレッソスギウラ、一気に勝利を収めました。

 さて、これでまずは全チーム、試合一巡。それぞれ組み合わせを変えて、第二試合に突入します。

■Aリーグ第三試合 Aerovsトリニティー

 ペントのキックで圧倒的な勝利を収めたアエロ、対するはカイザー・オールスターズとの死闘を制したトリニティ。勝利チーム同士の対決、ここで勝てばリーグ優勝に大きく近づきます。おしゃべりペントは相変わらず絶好調。うるさいとまで云われています。
 そのペントのキックから、第五試合開始! 慎重なキックは、コーナーへと一気に転がっていきます。クロムキッドのキックインから再開した試合は、ライン際での攻防から再開。アエロキッドの攻撃でアエロ、まずは一転を先制します。
 再開、クロムキッドの慎重なキックは、アエロキッドとペントの間を抜けてコートアウト、コーナーキックに変わりますが、直接の蹴り入りは失敗。しかしゴール前でクロムキッド、ボールを確保しますが、ペントに阻まれてシュートを打ち込めません。キーパーがボールをキープしますが、rsvが突っ込んでいってキーパーチャージ。再開直後、キックが足から離れず、そのままボールの上にのしかかって倒れてしまいますが、これもボールキープに。ゴールキックからコートは反対側へ、しかしゴール前で遊んでしまったボール、ペントが倒れてしまっている内に、クロムキッドが横っ飛びに強烈なクリア。再開直後、クロムキッドの蹴りがペントの足の間を抜けるも、これは攻めきれません。クロムキッドがトラッピングし受け止めます。rsvも大きなキック、これは勢いがつきすぎて自分が転倒してしまいます。
 ペントのキックはrsvが弾いて、アエロキッドのサイドキックに変化。ペントのキックはコーナーぎりぎり、コートの脇に転がります。クリアしようと三機が必死に回るうち、キャバリエが転倒……! 頭で押し込んでしまい、「これは誰も責められませんね」と云う痛恨のオウンゴール。時間ぎりぎりで1-0に変わって、前半戦終了となります。

 さて、ここでハーフタイム。ペントもちゃんと冷却です。

 同じ布陣で配置し、クロムキッドの大きな大きなキックから試合再開! 直撃コースを狙ったボールはサイドへ、キーパーのキックを押し戻し、試合は今度はアエロサイドでの展開となります。ペントのキックは一気に逆サイドへ、クロムキッド、一気にゴールを狙うキックを放ちますが、これはキーパーがたくみに弾きます。さてトリニティのチャンスが続く、どちらもいいキックを放つロボットがいるだけにキックインには油断ができません。アエロ、久々のチャンス、しかしボールは再びアエロサイドへ。rsv、猛烈な旋回キックを放つたびに転倒してしまいます。ペントのキックを受け止めたrsv、ゴール前での大チャンスに、しかしクロムキッドがキーパーモーションでしょうか、rsvも逆側の足でキックを放ってボールの上にのしかかってしまい、ボールはゴール前へ、ロボットが群がって混戦状態となった中、最後はクロムキッドが押し込んで反撃、これで1-1となります。
 サイドぎりぎりでのクロムキッドとアエロキッドのボールの奪い合いから、クロムキッドが見事なサイドキック。しかしペントがトラッピング。再度のキックは逆サイドへと転がってしまいます。
 ペントのキックも強烈です。クロムキッドのキックを的確に止めるアエロ。大きさを行かして壁になります。ここでrsv、見事なキックを放ってボールは一気にゴール前! rsv、自ら突撃してボールを押し戻します、残り5秒でクロムキッドとペントのにらみ合い、しかしここは決着つかず。時間切れで…… あれ? 2-1。アエロの勝利となります……
 ううん…… 2点目、いつ入ったんでしょう。……見てませんでした……。

■Bリーグ第三試合 ロボット野郎Aチームvs四川会

 今度はトコトコ丸が控えに回った四川会に対し、ロボット野郎Aチームは前回と同じ布陣での対決。序盤はAチーム、不知火が入り込んで押し気味の展開となります。四川会は、メタリックファイターの森永さんが指揮官となって指示を出しているみたいですね。ボールは中央からTストーム、センターからの蹴りは勢いは半分くらいで転がりますが、メタリックファイターが防御姿勢からちょうど戻ったところを、ゴール端ぎりぎりを突破。1-0でAチーム先制します。
 Tストームが先行し、旋風丸がボールを送る作戦でしょうか、しかしボールはAチーム側へ、トコトコ丸のキックでボールが入りますが、少しボールが戻ってしまいます。旋風丸が大きな蹴りで押し込み、Tストームがシュートチャンスを狙います。真正面にTストームを置いて、掴みにかかるメタリックファイター。ボールは集団を抜けて、ファイマンが守るゴール側へ。しかしボールは一回の蹴りで一気に反対側へ、Tストームのキックをメタリックファイター、X字開脚で凌ぎ続けます。小刻みなメンバーチェンジでコートに入ったアフロが前に立っている間に、メタリックファイターがボールをキャッチ。これを入れたところで、中央でのにらみ合い小競り合いです。「アフロはハンドに注意!」と言う審判の声が飛ぶ中、ここで時間切れ。前半終了、ハーフタイムに突入します。

 慎重な整備を行う四川会に対し、Aチームはごく普通に待機の情勢。見ると後ろには二代目ヨコヅナグレート不知火が控えているのが見えますね。リザーバーでしょうか。
 ここで後半戦、マジンガアのキックから再開。いいキックですが、左右から殺到したTストームと旋風丸が同時にカット。サイドからのマジンガアのキックをファイマンが受け止め、さらに旋風丸が起き上がりざまパンチしてしまいボールはコートアウト。マジンガアのコーナーキックをトコトコ丸が受け止め、四川会攻撃のチャンス。しかしこの情勢でTストームが整備…… あ、復帰したようです。あ、ここでファイマン、ボールを受け止めて止めますが、マジンガアにキーパーチャージの判定。試合はゴールキックから再開します。ボール寸前での鍔迫り合い、トコトコ丸のキックはぎりぎりコーナーへ。トコトコのコーナーキックは、旋風丸の足下にするりと吸い込まれていきます。ちょっとトコトコ丸、どうしたんでしょう。無線のトラブルかと思いアフロが登場した瞬間、トコトコが動き出してしまいます。さて、コーナーではマジンガアが孤軍奮闘、Aチームは三体がかりで防御を行います。ファイマン、防御姿勢を繰り出し、旋風丸は三体絡んで転んでしまいます。ボールはライン上を転がり、その周りでロボットがにらみあう展開。小刻みな試合運びが続きます。ここでボールが抜けて、Tストーム、大きなキック。メタリックファイター、飛んできたボールを腕で見事にキャッチ。しかしゴールキックは真正面のTストームに。受け止めたTストーム、シュートを放ちますが不発に終わってしまいます。
 さて一点追加したいAチーム、Tストームが攻撃のチャンスをうかがいますが、巨大なアフロに進路をふさがれます。Tストームのコーナーは見事にかいくぐって旋風丸のもとへ。しかし旋風丸の足が、このボールを押し戻してしまいます……!
 惜しい、の声も飛ぶ中。これで時間切れ試合終了、1-0でAチーム、勝利を納めました。

 さて、ここで前半六試合が終了し、20分の休憩となります。
 密度の高い試合が多いですー。うわー。

 休憩時間にちょっとした連絡があり、惜しくもカイザー・オールスターズ、ここで中途棄権、リタイアとなってしまいます。
 ここでインフィニティ、Aeroの2チームは三試合目をスキップ。本来の第八試合であるBリーグ第四試合が、休憩後に繰り上げ開催となります。

|

« 第4回KONDO CUP観戦記【二日目~開場】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第7試合~第10試合】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14904303

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第1試合~第6試合】:

« 第4回KONDO CUP観戦記【二日目~開場】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第7試合~第10試合】 »