« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【二日目~開場】 »

2007.04.29

第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 決勝戦~表彰式】

■決勝 バンブーブリッジvs道楽連合

 道楽連合のキーパーはか~る、キックオフは道楽連合から行われます。いよいよ最終戦、試合開始。
 なぐさんのキックが空振り、その間にマノイが前進しますが、ボールを挟んで転倒してしまいます。起き上がってボールは抜けた、これをバンブーが掴んで前進開始。逆サイドに不利ながら前進、しかしマノイがボールを押し戻し、センターの向こうへ運びます。サイドから出たボールはバンブーボールに。浮き上がったボールは相手を抜いて、一気にゴール前へ運ばれます。ゴール前でロボとが絡んでしまっている状況、しかしKHRの蹴ったボールはバンブーの目の前に。蹴ったボールは再びバンブーのキックに。道楽、さんが「ああ、なんかやな音が!」と言う声とともに、か~るの足首!、なんか異様な音がしてきます。転んだマノイがゴールをカバーしますが、バンブーが押し込んで一点先取。
 か~るは足首が破損してしまったのか、キーパー無しで2対3の組み合わせ。今度は道楽連合攻め上がりますが、破られると薄い。ゴールには誰もいない状況、バンブーブリッジの攻撃にマノイが回り込んでカバーします。転がったボールはゴールキック、キックはキーパーがいないのでKHR,しかしバンブーが正面から受け止め、一対一から攻め込みます。わずかな隙間から打ち返したKHR、ボールが転がっていく中、ちょっと手前ではマノイが三体ほど巻き込んで転倒してしまいます。ナイスセンタリングからバンブーブリッジ、慎重に攻めていきます。さすがに最終戦ともなると、転倒して絡んでが増えてしまいます。素早い回り込みでバンブーゴール雨のボールを拾いに行きます。絡んだKHRが倒れたわずかな隙間をついて、前半残り4秒で2点目を確保。
 そして再開しますが、ここで前半終了。バンブーブリッジ、2-0のリードのまま、時間の半分が終了します。

 「ギアワンセット売ってくださいー」。即売状態で備品を確保し、か~るの急速修理が行われてます。工場で戦ってるようなもんですからね。すごいなあ。

 一方のバンブーブリッジ側は余裕の調整。試合の再開を待っています。

 時間中に社長さんから驚く話が。部品を作る加工機が、ROBOSPOTに投入されるとのことです。だんだん工場みたいになってきましたねー。うわー。

 さて急速修理が終了し、か~る復活! 2点のビハインドを抱えての後半戦、これがいよいよ最終五分の試合となります。
 サイドキックを放ってバンブーブリッジのキックオフ、マノイがちょっと安定を失ったか、ボールにのしかかったりバンブーにのしかかったりしてしまいます。中央部での交錯から、バンブーブリッジチーム、いいところにボールを放り込んで、横歩きで追跡していきます。
 バンブーのサイドキックから再開した試合は、ボールは一回ゴール前に停滞した後、逆サイドのライン上に。けり込まれますがか~るが落下する用にセーブ。シュートを防ぎます。再びバンブーから開始したゲームですが、ボールはバンブーチームのゴール前に。ボールをさばききれない状況から、か~るがもう一度ボールをクリア。サイドに出たボールは、道楽連合ボールとなります。
 しかし押し返したボールは再びバックキック、か~るが田尾sれた目の前にボールが! しかしこのボールはか~るの正面、このボールを弾いて防ぎます。これで3セーブ、しかしボールはずっと道楽連合サイドで推移しています。
 なかなかセンターの向こうに戦場を移す事が出来ない道楽連合、しかしボールはサイドラインからバンブーチームのスローインに。堅く守っては居ますが、反撃の糸口を掴む事が出来ません。攻め続ける道楽連合、センターの向こうへ。マノイとKHRが群れて押していきますが、固まったバンブーブリッジの陣を抜く事ができません。転がったKHR、しかしここで5分間の試合が終了!
 後半は1点も許さなかった道楽連合ですが、前半2点の点差のまま終了。これで2-0、バンブーブリッジが勝利を納め、なんと破竹の四連覇達成となります。

■閉会式・表彰

 さて、全ての競技が終了し、表彰式が行われます。
 準優勝の道楽連合チーム、優勝のバンブーブリッジチームが表彰され、オーバーフィフティはMVPの表彰。KEIZOさんとワシオさんが表彰されました。

 優勝したバンブーブリッジの皆さんからご挨拶。試合のレベルが上がってきている、と言う事と、チームメイトを見つけてほしい、とのこと。訓練に裏打ちされた強さですよね。

 さてこれにて、KHRクラスは無事終了。やはり強い、チームとしての機能が他にぬきんでたバンブーブリッジ。失点すら許さない連携ぶりで、見事な四連覇を達成しました。
 しかし翻って考えてみれば、機体性能はもちろんのこと、使用しているモーションも公開されているわけですから、決してフィジカルな能力で圧倒的な差がついているわけではありません。操縦技術と戦術、それを裏打ちする練習の差が実力となっているわけで、翻ってみれば、それはまずもって「チームを組んで挑む」と言う前提をクリアしているからこその強さではないか、と言う気がします。

 予めチームを組み、練習を積んで、互いの能力を知悉し弱点を塞いだチームが今後出てくれば、バンブーブリッジを脅かす存在が育つのは、それほど遠い日ではないのではないのかも知れません。そうなると、また次元の違う、ロボットサッカーの次のステージが見えてきそうですよね。うわあ、わくわくします。

 そしてそんな先の話をするまでもなく、明日はオープンクラス。ROBO-ONEの強豪マシンがコート狭しと(本当に狭しと)駆け巡る無差別級蹴球マッチです。
 時間は13時より開催。興味とお時間のある方は、是非是非ROBOSPOTへ。ですよ。

|

« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【二日目~開場】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14889296

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 決勝戦~表彰式】:

« 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第11試合~第14試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【二日目~開場】 »