« 第18回関東組ロボット練習会 in 文京シビックセンター | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第1試合~第5試合】 »

2007.04.29

第4回KONDO CUP観戦記【概略】

 ROBO SPOTで開催されるロボットサッカーリーグ・KONDO CUP。
 第四回となる今回は、29日・30日の二回の開催となります。本日29日は主にKHRシリーズ、およびその改造機のみを使用して行われるKHRクラス、及び50歳以上の参加者によって行われるオーバー50の大会が行われます。
 明日30日は、ROBO-ONEに登場するような完全自作機によるオープンクラスでの試合が行われます。

 ロボットサッカーは三機一小隊によるチーム戦。壁に貼っているトーナメント表からすると、今回は8チーム24体によるA・B2リーグで行われるようです。
 そうこうしているうちに12時55分。お客さんの入りは…… まあ、これからですよね。はい。

 壁には新型の電光掲示板が。なんか「はやくきてくれ」って紙が貼ってあるんですけど…… あ、チーム名ですかあれ。びっくりした。

 さて、選手の打ち合わせも終わったとのアナウンスのあと、ぞろぞろと参加者の皆さんが降りてきます。
 なんかだんだん形見が狭くなってきました。

 さてここで13時。選手の皆さんも勢揃いして、いよいよ社長のご挨拶と開会宣言から、大会の開始となります。
 まず前回優勝、バンブーブリッジチームから優勝カップの返還。なんかお互いに取材を行ったり写真撮ったりしております。そしてバンブーブリッジを代表して、梓さんからきっちり選手宣誓。
 さっそく10分から予選第一試合が行われます。なにやらなぐさんがチームに急に組み込まれたり、見に来ていた先川原さんがいきなり解説として引っ張り出されちゃったり。二十四体にいろいろ変事が起きつつも、試合開始の時を待ちます。

 さて、KHRクラスのおもしろさは、なんと言ってもほとんどの機体が同じ性能で試合に挑む、と言う点です。ROBO-ONE本戦でまず問われるのは機体の性能、そしてそれをどう使いこなせるかと言う点になりますが、KHRクラスでは、問われるのは操縦者の能力。複数機体によるチームワークや作戦、そして戦術の妙が問われる戦いとなります。
 実に8チーム24体ものロボットが参加する今回の大会。連勝街道まっしぐらのバンブーブリッジに土をつけるのは誰なのか。いよいよこのあと、試合開始です。

|

« 第18回関東組ロボット練習会 in 文京シビックセンター | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第1試合~第5試合】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14889108

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回KONDO CUP観戦記【概略】:

« 第18回関東組ロボット練習会 in 文京シビックセンター | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記【KHRクラス 第1試合~第5試合】 »