« 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第7試合~第10試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記インデックス »

2007.04.30

第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス PK戦~決勝戦~表彰式】

■PK戦

 ここでしかしなんというか、対戦表の前に黒山の人だかりが。そう、ここで大変な事が明らかになったのです。つまりあのですね。Bリーグは勝ち数、得失点、総得点が、三チーム並んでしまっていたという、そういうわけなんです。
 実に、3チーム同率一位。ロボット野郎Aチーム、ロボスクエアーズ、エスプレッソスギウラ。どのチームが決勝進出するのか。どうやら急遽PK戦を行い、その結果で決定する事になるようです。
 さて、急遽行われる事になったPK戦。代表者を集めてルールの説明と順番の抽選が行われています。あ、トーナメントになったみたいですね。じゃんけんはシード権決定のじゃんけんの様子。必死です。

 まずはKHRを使って、PKのルール説明と実演が行われます。各チーム、キッカーは三体のロボットが一回ずつ。キーパーは任意で交代可能。ボールはセンターサークルに。ロボットは自走で接近し、ボールをキック。移動中に触ってしまっても、サークルから出なければOK。サークルから転がり出た時点でシュート成立、となります。キーパーはペナルティエリア内を自由に移動可能…… いや、ちょっとなんかルールについて協議が入っています。あ、ペナルティエリア内を自由に移動可能みたいですね。

 抽選の結果、エスプレッソスギウラはシード。ロボスクエアーズとロボット野郎Aチームがまず一回戦を行い、その勝者とエスプレッソスギウラが対決、最終勝者がアエロとの挑戦権を得る事になります。PKは妙な緊張感。キックの前は会場が固唾を呑んで見守ります。

----

■ロボスクエアーズvsロボット野郎Aチーム

× 旋風丸vsワイルダー

 最初は旋風丸のキックから。宙を浮いたキックを、しかしワイルダーがブロック。

× オートモvsファイマン

 オートモのキックは正面、これもファイマンがブロック。

○ Tストームvsワイルダー

 さて、ここでTストーム登場。鋭いキックはゴールの端に滑り込み、ワイルダーのカットも間に合わず。

× GATvsファイマン

 キック前に転倒、ボールを転がしていまい、これは無効。

× 不知火vsワイルダー

 最後は不知火、しかしシュートはわずかにそれます。

× ワイルダーvsファイマン

 最後はワイルダー。横歩きから慎重に接近し、斜めの射角からキック! うまいコースでしたがファイマンがタイミング良くブロックし、これは×。ロボスクエアーズ惜しくも敗れ、ロボット野郎Aチームが駒を進めます。

----

■エスプレッソスギウラvsロボット野郎Aチーム

○ ダイナマイザー3vsファイマン

 ダイナマイザーのキックはゆるやかながら、ファイマンの伸ばした足とゴールの間にするすると突入。まずスコアを先行させます。

× 旋風丸vsレトロ

 レトロが転倒するも、旋風丸、ボールを斜めにけり出してしまいます。

(ダイナマイザー2vsファイマン)

 ここでトラブル、ダイナマイザーの電池切れにつき、先にレトロが蹴る事になります。

× レトロvsファイマン

 何事もなかったかのように、レトロのシュート。思わせぶりに慎重な位置取りから蹴りますが、これはファイマンの正面。ブロックされます。

× Tストームvsレトロ

 期待の集まったTストームのキックでしたが、これは圏外へ。斜め外に飛び出てしまいます。

○ ダイナマイザー2vsファイマン

 横歩きで接近したダイナマイザー、ちょっと浮き上がったキックがファイマンの脇へ。ゴールを襲い、これで2点先取。

----

 PK戦はこれにて終了! エスプレッソスギウラ、運をも味方につけて、Bリーグ優勝。決勝進出となります。

■決勝戦 Aero vs エスプレッソスギウラ

 さて、いよいよ最終戦。PK戦を勝ち抜いたエスプレッソスギウラ、スーパーキックのペントを擁するアエロとの対決です。
 いきなりのペントのキック、ダイナマイザーの頭に当たって跳ね返ります。アエロキッドのパスはしかし、ペント受けようとして倒れてしまいます。ここでダイナマイザーのサイドキック、ペントがブロック。サイドからの鋭い蹴りですが、モンのところに届く前にコーナーから漏れてしまいます。
 モンのキックは強烈、しかし戻したボールを拾ってダイナマイザー、大きく攻め込みます。ペントがクリア、ダイナマイザー2体と押し合いとなり、サイドから出たボールはペントのコーナーキック、しかし飛距離の出そうなキックは、ダイナマイザーに当たってブロック。右左右左みぎひだみひだみぎひだと駆けたペント、ダイナマイザーのサイドキックをカットしてそのまままっすぐドリブルで侵攻。レトロと一対一になったあとゴール前で空白となりますが、脚でボールを挟んだまま前進。アエロキッド、キックを空転させてしまいます。起き上がれないペント、起き上がると2体ばかり巻き込んで倒してしまいます。レトロ、乱戦の中、前に倒れ込んでボールをキャッチ。
 レトロのキックから再開、しかしレトロ蹴ることが出来ません。中途半端な蹴りとなったボールはしかしペントの前に。真上に蹴り上がったキックは再びペントの足下へ、そしてそのキックはコーナーポストへ! 弾き返されたボールを小競り合いの末に奪い取ったものの、このキックもダイナマイザーが体を張ってカット。レトロが倒れ込んでキャッチ、しかしまたボールはペントの前へ。攻め込み続けるアエロ、しかし攻撃に決め手が得られません。大きく後方に伸ばしたはずのキックはしかし、アエロキッドがカット。中央でダイナマイザー2体に包囲された状況、しかしここで前半終了。0-0のまま折り返し、ハーフに突入します。

 両者、冷却を万全にして後半戦に備える状況。押され気味のエスプレッソスギウラ、しかし見事なカットで凌ぎ続けました。後半、状況を切り返す事が出来るのでしょうか。

 さて、両者ロボットをセッティング終了。後半戦の準備は万端、審判のホイッスルを待ちます。
 ダイナマイザーのキックをトラッピング、後半はスギウラ押し気味の状況から開始。ゴール前にキーパーしかいない状況、しかしボールは斜めに。体ごとのしかかったペント、ボールの上にのしかかってボールをキープ。そうこうしているうちに一瞬パワーダウンしたペント、くちばしがずれてしまいますが、復活。ダイナマイザーのキックをアエロキッドが凌ぎます。
 サイドからのダイナマイザーのキックは逸れ、モンのゴールキックから再開。慎重に狙い…… ええと、外れてしまいます。ペントがボールを確保、センターラインの後ろから突進、ボールはサイドからアエロボール。
 とうとうくちばしが取れたペントがサイドからキック、しかしペントの蹴りは阻まれます。ここでピンチ、レトロが大きく上がったところで、ペント攻撃のチャンス、しかしここで後ろ向きに倒れてしまいます。アエロキッド戻れるか、エスプレッソスギウラは全員攻撃の態勢。
 戻ったところでダイナマイザー、セットプレイのチャンス、モンがしかし体を横に伸ばしてブロック、ペントが真横から突っ込み、ダイナマイザーのキックが弾かれる状況、しかしレトロ倒れ、ボールに絡んだダイナマイザー倒れ、ボールがゴールのすぐ脇で絡んでいる状況………… あー!
 キーパーが防御姿勢から立ち直ろうとしたところで、立ち上がりにボールが巻き込まれ、なんとオウンゴール! 残り1秒でのオウンゴール、ラスト1秒、再開直後にペントがロングシュートの打ち込みを狙いますが、ダイナマイザーの胴に弾かれ、ここで試合終了!

 ……なんと云うことでしょう。ラスト1秒でのオウンゴール、それが決勝点となろうとは。予想もしない展開というか、こういうことを予想している人がいたらむしろ心配になるくらいの、そんな意外すぎる展開で。熱戦のオープンクラスは、エスプレッソスギウラの優勝に決定しました。

■表彰式・閉会式
 
 さて、最後は表彰式が行われます。
 準優勝はAeroチーム。なぐさんは二日連続、昨日に引き続いての受賞なんですが、このことは黙ってたほうがいいんでしょうかひょっとして。
 そして優勝はエスプレッソスギウラチーム。お父さんが代表して、最初に賞状を受け取ります。

 優勝カップの授与、そして主催者挨拶で〆となり、閉会式が終了となります。

 次は6月の2・3日、KHR 3rdアニバーサリーが、秋葉原UDXにて開催となります。

 いやー、オープンクラスは期待以上の面白さでした。パワーやスピードにおいてKHRクラスを上回っている事をはじめとして、それぞれのロボットの設計の自由さが、例えばロボット野郎Aチームにあざやかな役割分担もあれば、カイザー・オールスターズのように粒の揃ったロボットによる総合力勝負。そして鮮やかに光ったペントやTストームのキックなど、思想豊か、個性豊かなぶつかりあいが魅力でした。
 不運や幸運の重なった偶然もありました。思いもかけず一日早く実戦経験を積んでしまったなぐさん。カイザー・オールスターズの棄権。そして何か大きなものが味方についていたとしか思えない、エスプレッソスギウラの快進撃。
 KHRクラスに比べ、ロボットの性能で自然に役割が決まる部分もあり、また元々ファミリーチームが多い事から、作戦の打ち合わせや役割分担がしっかり決まっているのも、オープンクラスの試合の面白さにつながっているのだと思います。変事が起きた時の、先川原さん達のネタの拾い方の面白さも。
 きのうといい、今日といい。初めてサッカーを、と云うかロボットを見る人も多かったと思うのですが、笑いあり驚きあり、で皆さん楽しまれていたのではないかと思います。
 大会中、KHRをお買い上げになった方もいらっしゃいましたし。こういう楽しい、仕込みのないサプライズもありの大会。見に来てくれる人が、増えてくれるといいと思いますー。

 いや、面白かったですー。……ずっと座ってたら、腰痛くなってきましたけど……(苦笑)。

|

« 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第7試合~第10試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記インデックス »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14904940

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス PK戦~決勝戦~表彰式】:

« 第4回KONDO CUP観戦記【オープンクラス 第7試合~第10試合】 | トップページ | 第4回KONDO CUP観戦記インデックス »